年収2.5倍を実現した『鉄板3社』

【職場で必要とされていないと感じる理由は?】必要な人材に変わる方法

必要とされる人材に変わる方法≫

期待されていない環境から再スタートを切る≫

職場で必要とされていないと感じる…。会社や上司から仕事を任せてもらえない…。

まなぶ君
仕事の成果が出なくて、あからさまに職場で必要とされていないと感じると、居場所がなくなってつらいですよね…。

厳しい話、職場で必要とされていないと感じるのは、必要とされていない証拠です。

客観的に自分の悪い部分と向き合い、仕事の取り組み方やメンバーとの関わり方を改善する必要があります。

今回は「職場で必要とされていないと感じる人」に向けて、必要とされる人になれる方法を紹介します。

本記事を読めば「職場で必要とされる人材」に変わり、責任感と頼られる喜びを感じながら仕事ができるようになります。

職場で必要とされないと、今の会社で働く意義を見出せず、自信を失うどころか、仕事の機会に恵まれずキャリアアップもできません。

本記事の内容を実践して自分を変えることで、職場で必要とされ、大きなチャンスが巡ってくるビジネスライフを目指してください。

【職場で必要とされない期間が続く場合、今すぐ環境を変えよう】

  • 職場で必要とされず、仕事の機会が巡らない場合は今すぐ環境を変えましょう
  • なぜなら仕事の機会がないと成長できず、仕事の幅が広がらないので、キャリアUPできないからです。
  • 仕事がない状態から信頼を取り戻し、仕事を任せてもらえるまでには時間がかかりすぎるので、環境をリセットして期待された状態から再スタートを切りましょう。
でんさん
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は30代で、現役戦略コンサルタントとして10年働いています。
当ブログ『ビジネスギーク』で転職情報や年収を上げる方法を発信しています
https://twitter.com/yuro_tasteearth

1.職場で必要とされていないと感じる理由

1.職場で必要とされていないと感じる理由

第1章では職場で必要とされていないと感じる理由について紹介します。

理由を知ることで、今の自分の状況を変えるきっかけになるはずです。

理由①:会社や上司から仕事を任せてもらえない

職場で必要とされていないと感じる1つめの理由は「仕事を任せてもらえない」パターンです。

なぜなら、仕事を任せてもらえない=必要とされていないからです。

  • 全然、仕事を任せてもらえない
  • 自分だけ他の人より小さな案件ばかりアサインされる
  • 雑用業務ばかり依頼される
よめちゃん
仕事を任せてもらえるかどうかは、職場で必要とされていることとイコールだから任せてもらえないと必要とされてないと感じるわよね…。

【仕事を任せてもらえない人の特徴】上司が任せられない理由と変えてほしいこと

理由②:同僚やチームメンバーから頼ってもらえない

職場で必要とされていないと感じる2つ目の理由は同僚やチームメンバーから頼ってもらえないケースです。

なぜなら頼ってもらえないのは、実力が無く、教えてほしいことが無いからです。

また人間関係面でも相談しにくい理由から、チームや後輩から頼ってもらえないパターンもあります。

理由③:自分が居ても居なくても変わらない

3つ目の理由が「自分がいてもいなくても変わらない」ケースです。

理由は、自分が辞めても大して影響がない「影響力のなさ」に惨めさを感じるからです。

  • 自分が辞めたところで、会社にダメージは一切ない。
  • その横で「○○さんが辞めたらヤバイ」と信頼されている人がいる

誰でもできる仕事に甘んじている自分に「会社から必要とされていない」と感じるのです。

【職場で馴染めない人の特徴は?】新人や転職者がすぐ職場に馴染める13の方法

理由④:ノルマを達成できず結果も出せていない

4つ目は「ノルマを達成できず、成果も出せていない」場合です。

なぜなら、ノルマを達成できないと会社やチームに迷惑をかけてると感じるからです。

また、成果の出ていない自分に嫌気がさして「会社から必要とされていない」と自己嫌悪におちいるのです。

【営業ノルマがきつい】目標達成の秘訣とすぐ辞めるべき職場の『5パターン』

理由➄:仕事のやりがいを感じられない

5つ目の理由は「仕事のやりがいを感じられない」パターンです。

なぜなら、やりがいを感じない=自分が必要とされている瞬間が少ないからです。

必要とされる瞬間が少ないと「何のために働いてるんだっけ?」と最終的に、働く意義や目的を失ってしまいます。

仕事がつまらないと感じる理由と誰でもやりがいを感じる秘訣を紹介

理由⑥:職場になじめず一人ぼっち

職場で必要とされていないと感じる最後の理由が「職場になじめず独りぼっち」な場合です。

なぜなら、職場になじめないと「誰とも合わない」「必要とされていない」と感じるからです。

自分の価値感と合う人が少ないと「自分が働くのはこの場所ではない」とさらに落ち込んでしまいます。

【職場でひとりぼっち】孤立感…寂しい…つらいから脱却する12の方法

【会社に必要とされていないには必ず理由がある】

  • 会社で必要とされていないのは①あなたに実力が無いか②会社があなたに無関心かの2択です。
  • ①の場合は、実力をつけて成果を出せば、状況は変わり必要とされる人材になります。
  • 一方で、実力が合って成果も出しているのに会社が無頓着な場合は、あなたの良さが消える可能性があります。
  • その場合は環境を変えて、必要とされる場所で働く方が、生きがいを感じながら最短でキャリアUPできるようになります。

2.職場で必要とされないデメリット

2.職場で必要とされないデメリット

第1章では職場で必要とされないと感じる理由について解説しました。

第2章では、職場で必要とされない状況が続くと、大きなデメリットがあることを理解しておきましょう。

デメリット①:仕事の幅が広がらない

職場で必要とされない1つめのデメリットは「仕事の幅が広がらない」ことです。

なぜなら職場で必要とされないと、新しい仕事のチャンスが無いからです。

ゆーろ
チャンスが無いと、新領域の仕事を経験できず、市場価値が高まりません。結果的に、キャリアや年収を積み上げることができず、今のポジションに留まるしかない人生になるのです。

デメリット②:自信がなくなる

2つ目のデメリットは「自信がなくなる」ことです。

理由は、職場で必要とされない=実力が無いことを示している為、自信がなくなるからです。

  • 必要とされていない自分はダメな人間だ
  • 会社で必要とされない自分が何をやっても無理に決まってる
よめちゃん
自信がなくなると、仕事に思い切りが無くなって更に成果が出なくなるわよ!自信だけは絶対に失ったらだめだからね!

デメリット③:キャリアUPできず給料が上がらない

職場で必要とされない3つ目のデメリットはキャリアUPできずに給料も上がらないことです。

理由は、職場で必要とされないため、仕事のチャンスが巡ってこないからです。

新しい領域の仕事を引き受けられないと、できる仕事が増えず市場価値が高まりません。

でんさん
実力の差は「環境と機会の差」と言われるように、必要とされて新しい仕事を任される同期との差は広がるばかりだぞ…。

デメリット④:会社に居場所がなくなる

最後のデメリットは、会社に居場所がなくなって自分のことが惨めに思えることです。

なぜなら必要とされていない自分に毎日直面すると、孤独感や無力感、空虚感を感じるからです。

  • 必要とされていない自分は実力が無くて、なんて無力で惨めなんだ…。
  • 誰も相手にしてくれなくて寂しい‥。
  • 現状を変えられない自分に腹が立つし、空虚感も感じる…。
ゆーろ
居場所がなくなると、会社に居づらくなって、可能性を感じない小さな自分になるので注意が必要です。

【必要とされない会社で働くのはデメリットが多すぎる】

  • 必要とされる会社とされない会社を選べるなら、絶対に必要とされる会社を選びましょう。
  • 必要とされない会社では、仕事の機会が無く成長できず、自信もなくなります。
  • 結果的にキャリアも給料も上がらないので、必要とされる会社で絶対働くことを、強く意識してください。

3.「職場で必要とされてない」ときの対処法7つ

2.「職場で必要とされてない」ときの対処法7つ

第3章では職場で必要とされていない時の対処法を7つご紹介します。

本章を読むことで、職場やチームから必要とされる人財に生まれ変わることができます。

方法①:企業に利益をもたらす人になる

職場で必要とされていないときの1つめの対処法は「企業に利益をもたらす人材」になることです。

なぜなら、企業の目的は「継続的な利益」なので、利益を稼げる人を重宝するからです。

具体的にできることは、下記の3つです。

  1.  継続的な利益を生み出す商品開発
  2. 商品を徹底的にセールスする
  3.  コストを削減して、利益を生み出す
ゆーろ
上記、3つのどれかができれば会社もあなたのことを放っておくことはなくなります。顧客の成果を追究しながら、会社に利益をもたらせる自分を目指しましょう。

方法②:時間ではなく付加価値を提供する

職場で必要とされる2つ目の方法は「時間でなく付加価値を提供する」ことです。

なぜなら会社が求めているのは、8時間働くことではなく、顧客に価値を提供して報酬をもらうことだからです。

【顧客に付加価値を提供する方法】

  1. 顧客の悩みを正確に理解する
  2. 悩みを解決する方法と流れを理解する
  3. 解決できる商品が無ければつくる
  4. 顧客の悩みを解決できれば「付加価値」の高い仕事である

このように、顧客の悩みが解決されれば、1時間であっても付加価値の高い仕事と言えます。

時間のことは一切気にせず「顧客の悩みを解決する」ことに命を懸けていきましょう。

方法③:会社やチームのために、献身的に働く

3つ目の方法は会社やチームのために、献身的に働くことです。

なぜなら献身的にサポートすれば「この人は使える」と思ってもらえるからです。

最初は雑用かもしれませんが「返報性の法則」で、「頑張っているから、仕事を任せてみよう」と徐々に仕事を割り振ってもらえます。

まずは社内営業が大切で「あなたが会社やチームにできること」を増やしていきましょう。

方法④:後輩に仕事を渡しながら育成する

職場で必要とされる4つ目の方法は「後輩に仕事を渡しながら育成する」ことです。

なぜなら後輩に仕事を渡すと、後輩から感謝されて頼りにされるからです。

更に、会社や上司からも「後輩の面倒見がいい」「会社や上司に貢献している」と感謝されて評価も上がります。

ゆーろ
自分の仕事を手放したくない人が多い中で、貢献の精神を持って取り組むと、より仕事の機会やチャンスが巡ってきますよ!
注意
「ギブの精神が重要」とよく聞かれますが、会社にとって都合のいいことをさせて、実際の評価や報酬に関連しない会社もあります。そのような会社では、自分が損するだけなので、良く見極めて感謝画家たちにならない会社は早めに去りましょう。

方法➄:周囲とのコミュニケーションを活発に取る

5つ目の方法は周囲とのコミュニケーションを活発に取ることです。

なぜなら周囲とのコミュニケーションが取れると、周りからの好感度が上がり仕事を依頼してもらえるからです。

  • どうせ仕事を頼むなら、仲の良いAさんに頼もう。
  • コミュニケーションを取りやすい人の方が、仕事を依頼しやすいな。

ポイントは仕事をアサインする権力者・上司とのコミュニケーションを活発にすることです。

【情報共有しない上司の目的は?】”情報モラハラ”上司の下で働くデメリット

方法⑥:強みを最大限活かして「なくてはならない存在」になる

職場で必要とされる6つ目の方法は、強みを活かして「なくてはならない存在」になることです。

なぜなら、あなたにしかできないことがあれば、自然と仕事は舞い込んでくるからです。

【仕事が舞い込む能力】

  • あなたにしかできないコト
  • 周囲の人より簡単にできるコト
  • 周りより早くできるコト

強みを活かして、能力を差別化することで必要とされるのは、原理原則なので常に強みを意識して働きましょう。

方法⑦:努力を継続して成長しつづける

職場で必要とされる最後の方法は「努力して成長し続ける」ことです。

理由は、努力して成長すると「対応できる仕事の領域」が広がるからです。

結果的に社内や顧客の問題解決ができるようになるので、仕事がどんどん増えていくのです。

よめちゃん
逆に言えば、努力せずにできることが増えないと、仕事は絶対もらえないので、必要とされたいなら人よりも努力するのは当り前よ!

【あなたの努力と能力を見出してくれる会社を探そう】

  • 職場で必要とされるためには、あなたの努力と能力を見てくれる会社の存在が必要です。
  • なぜなら、どれだけ頑張ってもあなたの努力と能力を会社が認知しないと、仕事のチャンスは増えないからです。
  • 経営層や上司が「メンバーの努力や実力」を見ているか、成長したら仕事の機会をくれるか必ず見ておきましょう。
  • 仮にメンバーの努力や成長を見ていない場合、どれだけ頑張っても無駄なので別の会社でチャンスを掴んでください。

4.職場で必要とされないなら環境を変えよう

職場でどうしても必要とされないなら、今すぐ環境を変えましょう。

なぜなら、あなたの努力と成長を認知し、仕事の機会を与えてくれないとあなたが成長できないからです。

ゆーろ
必要とされる会社に転職したいなら、特にベンチャー企業がおすすめです。僕自身、ベンチャー企業で10年働いていますが、実力があればどんどん仕事を任せてもらえ、必要とされていると実感できます。

ちなみに「好条件で必要とされるベンチャー企業」に転職できる、エージェント条件は次の通りです。

  1. 非公開求人数が多く、仕事の選択肢が多い
  2. ハイクラス求人もあり、着実に給料アップが狙える
  3. ブランドや企業とのコネクションが豊富
  4. 履歴書・職務経歴書作成・面接サポートが充実

上記4つの条件を満たすのはリクルートエージェントJACリクルートメントビズリーチです。

それぞれのメリットは次の通りです。

【営業職への転職におすすめエージェント】

  1. リクルートエージェント:求人数No.1なので、非公開求人数が最も多いので登録マスト
  2. JACリクルートメント:サポート力がNo.1。書類・面接対策、その他サポートもめちゃくちゃ丁寧。
  3. ビズリーチ:営業マネージャーなど年収800万を超える求人が多数。低年収で転職しないためのストッパーとして活用

リクルートエージェントは社員の営業力がピカイチで非公開求人も豊富なので求人数を網羅するために利用します。

またビズリーチは課長職以上の800万求人を狙います。チャレンジすることで自分の市場価値がわかるので必ず併用しましょう。

またJACリクルートメントのコンサルタントのサポートは20社以上のエージェントに登録する僕の中で1番なので、転職や営業未経験者は必ず活用してください。

3社のメリットは全く異なるので、必ずこの3社を併用することをおすすめします。

ゆーろ
僕も転職するときは必ず上記3社を併用していますよ!

5.必要とされる職場で生きがいを感じながら働こう

4.必要とされる職場で生きがいを感じながら働こう

ここまで、職場で必要とされていないと感じる理由と、必要な人材になれる方法を紹介しました。

職場で仕事を任せてもらえず、チームメンバーや後輩から頼ってもらえないと「必要とされていない」と感じます。

また自分が居ても居なくても変わらない状況も「必要とされていない」と感じる典型例です。

よめちゃん
職場で必要とされないと、仕事の幅が広がらずキャリアUPできず、年収も上がらないどころか「自分は使えないから仕事が無いんだ」と自信を失うから、そうならないために、企業に利益をもたらせる人材を目指そうね!

具体的には、時間ではなく付加価値を意識して働き、会社やチームとコミュニケーションを取りながら献身的に働くことです。

また強みを最大限活かして「あなたにしかできないこと」を追究するのもポイントです。

努力してできることが増えても「仕事ができないイメージ」でチャンスや仕事の機会をもらえないなら、求められる環境に転職してください。

ゆーろ
僕自身も前職では全く必要とされませんでしたが、転職したことで圧倒的に必要とされて、経験を詰めたり、経験を積むことで実力がついてまた仕事をもらえる全循環に入ることができました。

必要とされない毎日は孤独感や空虚感を感じ、成長できません。

今すぐ「求められる自分と環境」を手に入れて、人生変えてくださいね!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です