【ランキングTOP10】おすすめ転職エージェント

仕事を押しつけられる原因は?面倒な雑用キャラから脱出する『7つの対処法』

仕事を押しつけられる原因は?面倒な雑用キャラから脱出する『7の対処法』

 

仕事を押し付けてくる上司がめんどくさい…。これ以上仕事を割り振らないでほしい…。

ゆーろ
めんどくさい仕事を押し付ける上司ってめんどくさいですよね…。こっちにも仕事が合って早く帰りたいのに、パシリのように使ってきて耐えれたもんじゃないです。

仕事の押し付けが無くならないのは①あなたが押し付けやすいキャラであり②断り方を知らないからです。

依頼しやすく断れないと、評価に全く繋がらない雑用に1時間以上使わされて、無駄な時間が増えるるばかりです。

今回は仕事を押し付けられる人に向けて【雑用キャラから脱出する7つの対処法】についてお伝えします。

本記事の内容を実践すれば、そもそも仕事を押し付けられなくなり、依頼されても軽く断ることができるようになります。

価値のない業務に時間を使うと、営業時間やプライベート時間・家族との時間が減るどころが、疲れも抜けなくなりデメリットばかりです。

7つの対処法を実践して、自分の仕事に集中できる環境を整えて、最短で成果を出して定時帰りできるよう頑張りましょう!

でんさん
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は30代で、現役戦略コンサルタントとして10年働いています。
当ブログ『ビジネスギーク』で転職情報や年収を上げる方法を発信しています
https://twitter.com/yuro_tasteearth

目次(クリックすると見れます)

1.仕事を任せてもらうと押し付けられるの違い

1.仕事を任せてもらうと押し付けられるの違い

まず初めに仕事を任せてくれているのと、仕事を押し付ける違いについて紹介します。

多くの会社では「仕事を任せている」ように見えて「仕事を押し付ける・丸投げする」無責任な状態がありますので注意が必要です。

1.1.違い①:面倒・苦手な仕事を押し付けるだけ

「仕事を任せる」と「押し付ける」の1つめの違いは、面倒・苦手な仕事を押し付けていないかです。

任せる:好きな仕事・嫌いな仕事関わらず本人のためになることを依頼する

押し付ける:嫌いな仕事・面倒な仕事を部下に依頼する

このように依頼先の部下の成長を考えているか、面倒だから使いパシリにしているかの違いが出ます。

1.2.違い②:業務内容や手順を教えていない

2つ目の違いは業務内容や手順を教えているかどうかです。

  • 仕事を任せる:業務内容の目的・概要・進め方の手順を丁寧に説明している
  • 仕事を押し付ける:適当に概要だけ伝えて「あとはできるでしょ?やっといてね」と投げやり

本当に仕事を任せていればタスク完了できるように、依頼事項の目的や手順を丁寧に教えるはずです。

一方で仕事を押し付けるだけの人は、手順を教えず、無責任に投げやりの依頼をする違いがあります。

よめちゃん
ホント投げやりの人とは仕事をしたくないわね!

1.3.違い③:上司が仕事の責任を取っていない

3つ目の違いは上司が最終的な仕事の責任を取らないパターンです。

  • 仕事を任せる:彼に頼んだのは私なので、最終的な責任は私にあります。
  • 押し付ける:あいつに頼んだのにできなかったからあいつのせいですよ!頼まなけりゃよかった!

このように、仕事を依頼したにもかかわらず、依頼先のせいにする無責任な人もいます。

ゆーろ
仕事を丸投げする人は自分で責任逃れする人も多いので、むやみに仕事を受けないことが大切ですよ!

→仕事を押し付けられる環境から最短で逃げ出せる『転職エージェントTOP10」 

2.仕事を押し付けられる『8つの原因』

2.仕事を押し付けられる『8つの原因』

仕事を押し付けられる原因と特徴についてお伝えします。

押し付けられる原因を解明しておくことで、適切に改善に移ることができるようになります。

2.1.仕事が断れないYESマン

仕事を押し付けられる1つめの原因は「仕事が断れない」からです。

なぜなら仕事が断れないと「あいつには依頼しても大丈夫だろう」と、どんどん仕事を押し付けられるからです。

よめちゃん
断らないのが続くと「何でもやってくれる」と勘違いされて仕事を押し付けられるから注意が必要よ!

2.2.何でもポジティブに捉えてしまう

仕事を押し付けられる2つ目の要因は「何でもポジティブに捉えてしまう」パターンです。

なぜなら「この仕事は自分のためになる」「ここで頑張れば評価が上がる」とポジティブに捉えすぎると、自分にとってメリットのない仕事でも、取り組んでしまうからです。

ゆーろ
雑用を行って社内で徳を積むのが悪いことではありませんが、営業時間や着進べきに取り掛かれないと本末転倒ですよ!

2.3.考えない人・正しく判断できない人

3つ目の原因は「考えない人」「正しく判断できない人」です。

なぜなら考えられないと「本当にこの仕事を自分がやるべきか」「この仕事に取り組んで役に立つのか?」適切に判断できないからです。

結果的に無駄な仕事ばかりに取り組んでしまい、肝心の本業の成果が出ないケースがよくあるので注意が必要です。

2.4.責任感が強く引き受けてしまう(誰かがやらないと)

4つ目の原因は責任が強く、何でも引き受けてしまうパターンです。

理由は責任感が強いと「誰かがやらないと困る人が出る」と自分が仕事を引き受けてしまうからです。

あなたの配慮や思いやりに社員が甘えて「あの人がやってくれる」と余計に仕事に着手しなくなります。

2.5.無駄に優しい・相手の気持ちを優先する

仕事を押し付けられる5つ目の理由はあなたが優しすぎる・相手の気持ちを優先しすぎなケースです。

  • 依頼を断ると嫌われるかもしれない、嫌なイメージを持たれるかもしれない
  • 断ったら相手が困るかもしれない。相手がかわいそう

こんなことを考えると仕事が断れなくなってしまい、立て続けに仕事を押し付けられるのです。

2.6.会社や上司からの評価を気にしすぎている

6つ目の理由は会社や上司の評価を気にしすぎているケースです。

なぜなら会社や上司の評価を気にすると、嫌な仕事でも断れなくなるからです。

  • 雑用でも率先した方が社内から評価される…。
  • 上司の雑用だから、断ったら評価が下がる…。

会社や上司の評価を気にしすぎるあまり、断れなくなり「彼に頼んでおけばいい」と仕事を押し付けられてしまいます。

2.7.周りの力を借りれない人

仕事を押し付けられる7つ目の理由は周りの力を借りれない人です。

理由は仕事を押し付けられたときに「代わりにサポートしてもらえる?」とサポートがもらえないからです。

周りの力を借りられないと押し付けられた仕事を100%受けなければならず苦労します。

2.8.仕事量と忙しさを伝えきれていない

仕事を押し付けられる最後の理由は「あなたの仕事量と忙しさを伝えきれていない」パターンです。

なぜなら仕事量や忙しさが伝わらないと「まだ仕事を依頼しても大丈夫」と勘違いされて仕事を押し付けられるからです。

よめちゃん
上司は「あいつはまだ暇だろう」と部下が暇だと勘違いしやすいので「忙しいオーラ」をどれだけ出せるかがポイントね!

→仕事を押し付けられる環境から最短で逃げ出せる『転職エージェントTOP10」 

3.仕事を押し付ける人の5つの特徴

3.仕事を押し付ける人の5つの特徴

次に仕事を押し付ける人の特徴をお伝えしていきます。

仕事を押し付ける人の特徴を理解し、なるベく避けるか事前に対処できるように策を練っていきましょう。

3.1.価値感を他人に押し付ける

仕事を押し付ける人の1つめの特徴は価値観を他人に押し付けてくるケースです。

なぜなら価値観を押し付ける人だと「自分が正解」「上司の言うことは必ず聞け」と当たり前のように仕事を押し付けるからです。

よめちゃん
価値観を押し付ける上司は「自分の言うことは全部正しい」「評価を上げてほしければ言うこと聞いとけ」とパワハラまがいの依頼の仕方する人もいるので注意ね!

参考:【マジで耐えられない】仕事で上司にパシられるときの『解決法10パターン』

3.2.自分の仕事を最優先に考えている

仕事を押し付ける人の2つ目の特徴は「自分の仕事を最優先に考えている」ケースです。

なぜなら上記のような人は「自分の仕事が早く終わればいい」「何より自分の仕事が重要」と考えているからです。

注意
自分のことばかり考えてる自己中心的な人は、サポートした分のお返しをくれない可能性が高いです。サポートをしても自分にメリットが無いため安易に仕事を引き受けないようにしましょう。

3.3.部下や後輩を駒としか考えていない

仕事を押し付ける人は部下や後輩を「駒」として考えてない場合があります。

自分の年や年次が上だからという理由で、後輩に横柄かつ高圧的な態度を取ってきます。

ゆーろ
「自分も同じような扱いを受けてきたから」「社内の文化だから」と謎の理由で丸め込もうとする上司がいたら、すぐに部署異動や転職を考えましょう。

3.4.楽することばかり考えている

4つ目の理由は「楽することばかり考えている人」です。

このパターンの人は仕事のモチベーションが低く、給料をもらえたらOKと考えています。

また残業をするのが嫌で、「面倒」「時間がかかる」仕事は後輩に押し付ける傾向にあるのです。

3.5.責任やリスクを負わない人

仕事を押し付ける人の特徴の5つ目は「責任やリスクを負わない人」です。

なぜなら仕事を引き受けて自分の評価が下がるリスクを取りたくないからです。

仕事を引き受けなければミスする可能性もないため、なるべく仕事を引き受けず「○○やってみたら?」と仕事を押し付けるのです。

→仕事を押し付けられる環境から最短で逃げ出せる『転職エージェントTOP10」 

4.仕事を押し付けられない『7つの対処法』

4.仕事を押し付けられない『7つの対処法』

ここまでは仕事を押し付けられる原因と、仕事を押し付けやすい人の特徴を理解しました。

ここからは仕事を押し付けられないようにする『7つの対処法』をお伝えします。

本記事の内容を実践することで、仕事を押し付けられない自分になれ、自分の仕事に集中できるでしょう。

4.1.無理なものはきっぱり断る。何でも引き受けない。

仕事を押し付けられないための1つめの対処法は「無理なものは引き受けずはっきり断る」ことです。

なぜなら無理な仕事量を引き受けても、あなたがキャパオーバーしてしまうからです。

また安易に仕事を引き受けると責任がプレッシャーになったり、納期に間に合わず評価が下がるなどリスクが増えます。

よめちゃん
何度も雑用に応じていると、依頼される癖が付くから、どこかのタイミングで1回は断っておくことが大切よ!

4.2.自分が仕事を引き受けるべきか考える

2つ目の対処法は「押し付けられた仕事を自分が引き受けるべきか」考えましょう。

理由は自分が得意でない仕事を引き受けず、適任者に依頼した方が会社と本人の双方にメリットが大きいからです。

  • 私が得意な領域ではないので、○○さんに依頼された方がいいと思うので話しておきますね。
  • 自分にとって学びやメリットがないので、申し訳ないが別の人に依頼しよう

その分、あなたの力が発揮できるところでは、とことん仕事の成果にこだわりましょう。

ゆーろ
期待された部分で成果を出せば「あいつは営業の部分で頑張らせた方がいいな」と仕事を押し付けられなくなりますよ!

4.3.自分が損する優しさは不要

仕事を押し付けられない3つ目の対処法は「自分が損する優しさ」を提供しないことです。

なぜなら自分が損して雑用を頑張っても、評価のタイミングであなたは評価されないからです。

残酷な話をしますが、どれだけ徳を積んでいても成果を出していなければ、会社はあなたを評価できません。

嫌われるかもしれない。別の人が雑用をしないといけないので可哀そうという気持ちはわかりますが、まずは成果に何よりこだわりましょう。

でんさん
目標を達成した後であれば、あとはサポートした分だけプラスになるだけですから、思う存分サポートすればいいぞ!

4.4.自分が損する責任感は感じないようにする

仕事を押し付けられない4つ目の方法は「あなたが損する責任感」は感じなくていいということです。

理由は「損する責任感」を感じないことで「何でも自分がやらないといけない」プレシャーや罪悪感から解放されるからです。

また「自分が活躍できる部分で頑張る」と割り切ることで、100%自分の仕事に集中でき、成果も出るようになります。

4.5.会社や上司からに媚びない。評価を気にしない。

5つ目の対処法は会社や上司に媚びるのを辞めて評価を気にしないことです。

なぜなら会社や上司からの評価を気にしないことで「不要・無駄な仕事」は引き受けないようになるからです。

会社や上司に媚びらなくても「お客様の問題解決」ができれば評価は上がります。評価においては数字がすべてだからです。

影響力のある上司に対しては戦略的に媚を売る必要もありますが、関係ない仕事でむやみに仕事を押し付ける上司には媚びないようにしましょう。

4.6.周りのサポートをもらう

周りのサポートをもらうことで自分の作業量や責任を軽減できます。

普段からサポートをもらえるよう、部署や隣の島のメンバーとは関係性を構築しておくべきです。

でんさん
率先してメンバーを助けることであなたが忙しい時に「助けようか?」と力を貸してくれるメンバーが増えるぞ!

4.7.自身の仕事量と忙しさを普段から伝えておく

最後は自身の仕事量と忙しさを普段から会社や上司にアピールしておきましょう。

アピールしておくことで「あいつは忙しいから依頼したら可哀そうだな・依頼しにくいな」と伝わり仕事を依頼されにくくなります。

ゆーろ
変な余裕を見せると仕事を押し付けられるので、忙しくなくても忙しい振りは常にしておきましょう!

→仕事を押し付けられる環境から最短で逃げ出せる『転職エージェントTOP10」 

5.仕事の押し付けをプラスに変える方法

5.仕事の押し付けをプラスに変える方法

仕事を押し付けられるのはデメリットばかりではありません。

ここでは押し付けられた仕事をプラスに変える方法もお伝えしていこうと思います。

5.1.徳を積んで仕事をもらう

仕事での押し付けをプラスに変える1つめの方法は徳を積んで仕事をもらうことです。

なぜなら押し付けられた仕事をこなすことで「いつもサポートしてくれてるし案件を引き継ごうかな」と思ってもらえるからです。

ただ仕事をこなしているだけでは、案件は引き継げないため、どうすれば仕事をもらえるか考えて種を蒔いておきましょう。

  • 是非今度○○先輩から学びたいので、案件をご一緒させてください!と成長欲を見せる。
  • 押し付けられた仕事を爆速でこなして「上司から使いやすい」と思ってもらう
  • 成果を出したら上司のことを棚に上げて「評価を上げてくれる後輩」と思ってもらう

このように上司に働きかけることで、仕事を押し付けられるだけでなく案件ももらえるようになるでしょう。

5.2.仕事を押し付ける人から学ぶ機会をもらう

2つ目は仕事を押し付けてくる人から学びつくすことです。

なぜなら仕事を押し付ける人は上層部のケースが多く、依頼の仕方は微妙でも仕事ができる人が一定数いるからです。

  • 仕事ができる人から仕事がうまくいっている理由を聞き出す
  • 1日の時間の使い方、優先順位の使い方
  • 営業やマーケティングにおける考え方

この当たりを学んでいくと、圧倒的に成長できます。

ゆーろ
ただ仕事を押し付けられるだけでなく、売れてる先輩から学びまくりましょう!

5.3.自分が困った時は倍返しで助けてもらう

最後に仕事の押し付けをプラスに変える方法は「自分が困ったときは倍返しで助けてもらう」ことです。

なぜならサポートした分あなたは上司や先輩に「貸し」を作っているからです。

先輩を助けているのに上司は部下を助けないことはありません。もしサポートを断ると悪い評判が広がるのできっと助けてくれるはずです。

ゆーろ
この評価を気にする上司を逆手にとって、力を借りれるときはどんどん力を借りてしまいましょう。

6.仕事の押し付けが無くならないときの最終手段

6.仕事の押し付けが無くならないときの最終手段

仕事の押し付けが一向に無くならないときは、下記3つの対処法を願い出ましょう。

6.1.会社・上司・友人に相談する

まず一つ目の手段は会社・上司・信頼できる友人に相談してみましょう。

なぜなら相談することで、仕事を押し付けられる原因や対処法が導き出せる場合があるからです。

特に上司や同期は客観的に現場が見えているため、客観的なアドバイスをくれること間違いなしです。

参考:【仕事を辞めたい時の相談相手の選び方】悩み別&相手別で解説

6.2.部署異動を願い出る

2つ目の対処法は「部署移動」を願い出るパターンです。

理由は部署異動を願い出ることで、仕事を押し付けられる環境から離れられるからです。

仕事を押し付ける上司や先輩から離れることで、100%仕事に集中できて仕事が楽しくなる実感が湧いてきます。

6.3.どうしても押しつけが無くならないなら転職する

相談しても効果が無い…。部署異動も受け入れてもらえない場合は転職してしまいましょう。

なぜなら同じ会社にいても、仕事を押し付けられる環境は絶対に変わらないからです。

悪い環境に対応できない会社にいても今後状況が良くなるわけがなく、どんどん仕事が増えて体力的にも精神的にも疲弊します。

ゆーろ
僕自身も前職はブラック環境で仕事を押し付けられないよう頑張りましたが、やはり環境は変わりませんでした。

優良求人に出会うためには、転職エージェントを複数利用して、有料非公開求人を探すのがベストです。

【年収別】あなたにピッタリな「おすすめ転職エージェント」ランキングTOP10を参考にあなたに合ったエージェントを探してみてください。

どのエージェントを選べばいいかわからないという人は、僕が普段から活用しているおすすめエージェントにまず登録してみてください。

おすすめ①:リクルートエージェント

転職エージェント,リクルートエージェント

リクルートエージェントは40年以上の歴史がある実績No.1のエージェントです。

業界最大手だけあって全コンサル転職エージェントの中でも群を抜いて求人案件数がNo.1です

【リクルートエージェントがおすすめな理由】

  1. 92%の人が登録しており圧倒的な人気(登録しないと機会損失)
  2. 高品質な求人数を増やせて、どの地域にも対応)
  3. 大手求人も豊富でホワイト企業転職が目指せる
  4. 百戦錬磨の大手総合エージェントのため手厚いサポートを受けられる

いずれにせよ転職を成功させたければ優良求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録必須といえます。

どの転職エージェントを登録すべきか迷っている方はリクルートエージェントを登録しておけば間違いありません。

でんさん
9割以上が登録してるリクルートエージェントは登録しないと絶対損するよ!
\業界人気No.1の転職エージェント/

 

参考:リクルートエージェントの評判と口コミは?第二新卒で利用した僕が徹底解説

おすすめ②:JACリクルートメント

JACリクルートメント

数ある転職エージェントの中でもNo.1におすすめなのがJACリクルートメントです。

JACは外資系・国内企業のグローバルポジション求人数が国内実績No.1で、なんと外資系案件が全体の60%を占めています。

僕も2人ほどJACの方に相談しましたが、どなたも人柄が素晴らしく、対応がスピーディで大変信頼できました。

そして何より真剣にキャリアについて一緒に考えてくれているのが伝わってきます。

グローバル案件に関わる転職を行いたかったので僕は登録しましたが、個人的にはNo.1の転職エージェントで、今後も100%信頼をしてサポートしていただきたいと思えるエージェントです。

でんさん
キャリアコンサルタントの社内異動が少ないので安定して質の高いコンサル業界用の支援を受けることができるみたいだぞ。
よめさま
JACリクルートメントは企業と転職者に対する担当を一人で行う「両面型スタイル」を取ってるから企業内情に精通していて、キャリア提案が具体的なためマッチング精度が高いのもいいわよね。

【JACリクルートメントがおすすめな人】

  1. グローバル勤務・海外駐在求人を探している人
  2. 外資系企業で働きたい年収500万以上の人
  3. 超手厚い転職サポートを受けたい人
\ 外資系・グローバルポジション求人実績No.1/

 

参考:JACリクルートメントの評判と口コミは?使った感想と僕が1番おすすめする理由

おすすめ③:パソナキャリア

転職エージェント,転職サイト,パソナキャリア

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアはリクルートエージェントに次ぐ2番目に大きな転職エージェントで、パソナの強みは転職時の年収アップ率が67.1%と確かな実績を誇っていることです。

またエージェント利用者の半数以上がこれまで転職経験がなく、転職が初めての人に高評価を受けています。

僕も実際にお世話になりましたが、最もコンサルタントに清潔感があり、キャリア相談に親身になってくれました。

更にはパートナーのきめ細かなサポートが目立つ転職が初めての人でも安心感抜群の会社です。

スタッフが若くサポート経験値が低い場合があります。任せきりにせずに仕事を探すことも成功のポイントです。

でんさん
転職が初めての人や年収を確実に上げたい人におすすめだね

\ 初心者に1番オススメ‼業界トップクラスのサポート/

かんたん3分で完了。無料登録可能です。

 

参考:【パソナキャリアの評判】初心者にサポートが手厚いのは本当?実体験と口コミを解説

7.押し付けられた仕事に時間を使う暇はない!

7.押し付けられた仕事に時間を使う暇はない!

本記事では【仕事を押し付けられる原因と対処法】についてお伝えしました。

よめちゃん
仕事を押し付けられるのは、仕事が断れないYESマンだったり、無駄なポジティブさや優しさが原因だったわね!

仕事を押し付ける人は自分のことしか考えていないので、仕事を押し付けられないよう本記事の「7つの対処法」で解決してください。

ゆーろ
無理なものは一度きっぱり断る。会社や上司に媚びず、あなた自身が損する優しさは一切捨ててください。

押しつけが病まない場合は部署異動を願い出て、どうしても耐えられない場合はエージェントに相談して転職しましょう。

「押し付け癖のある上司」や社内文化は修復不可能なので、環境を変えるのが精神安定上最も効果的です。

仕事を押し付けられると、仕事に集中できず成果が出ないのと、時間が無くなり勉強や家族との時間が無くなってしまいます。

本記事を読んでくれたあなたは対処法を1つでも実践して、仕事に集中できる環境を手に入れ、仕事終わりの余暇を思う存分手に入れてください!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です