世界で働くコンサルタントのTwitter

【逃げたい。涙が止まらない】仕事を辞めたいほど辛い時の対処法15選

仕事が辛い、辞めたい
ゆーろ
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は、現在ブログ歴1年3か月ほど(30歳前半)
副業で当ブログを運営しており、生活の質をUPさせる情報を配信してます
Twitter:https://twitter.com/yuro_tasteearth

☑コンサル会社で10年目になりました

☑現在は海外専門リサーチャーもやってます
(キャリア4年:渡航国数10か国以上)

☑営業マン歴10年

本記事では【仕事がつらい。辞めたい。毎日が辛くて耐えられない人を救う15の方法】について解説していきます。

でんさん

・仕事を辞めたい。仕事が辛い。
・仕事が辛い理由って何だろう?
・仕事を辞めたい時にやるべきことって何?

本記事はこんな方の悩みを解決する記事です。

なぜなら僕自身が本記事の内容で仕事が辛い・辞めたい時期を乗り越えたからです。

仕事が辛いことや仕事を辞めたい時期は社会人であれば、幾度となくやってきます。

僕自身も前職で年間休日50日・月400時間弱の前職の超ブラック企業働いてました。

毎日疲労困憊。家に帰る気力もない。

辞めたい。逃げ出したい。の連続でした。

光の見えない暗闇を歩いているような、不安で仕方ない日々を送っていました。

でんさん

日本は世界の中でも、ブラック企業が本当に多いから気をつけよう

しかし、本記事の『仕事が辛い・辞めたい理由と対処法』を知ったことで人生が変わりました。

毎日仕事が楽しみになり、徐々に仕事を覚えて成果が出るようになりました。

心に平安も訪れて、今では毎日幸せな生活を送れています。

本記事を読めば、仕事が辛い理由と対処法について必ず理解できます。

仕事が辛い、辞めたい状況で仕事をするのは心身に対して本当にマイナスです。

僕も経験しましたが鬱になったり、社会復帰できなくなる場合もあります。

自分を傷つける前に、必ず仕事が辛い原因を突き止めましょう。

根本理由を見つけないと、絶対に『仕事が辛い』から抜け出せません。

自分に正直に『仕事が辛い』要因を突き止めて、適切な対処できる方法を学びましょう。

目次(クリックすると見れます)

1.『仕事が辛い・辞めたい』は100%甘えじゃない

1.『仕事が辛い・辞めたい』は100%甘えじゃない

まず初めに知るべきは『仕事が辛い・辞めたい』は甘えじゃないということです

甘えとは相手から圧力を受けて、屈服を強いられるときに圧力を弱める手段です。

言い換えると『辛い状況に対して抵抗する』とも言えます。

しかし、本当につらい状況に対して抵抗するのが甘えでしょうか?

  • 仕事が難しいのに、何も教えてくれない
  • 仕事量が多すぎて、毎日残業・始発終電・休日出勤
  • 定時帰りはできない雰囲気、有給申請もできない
  • 上司からのパワハラやいじめ。社長からの無言の圧力

上記職場環境で、長期間働くのは不可能ですし、絶対にやめるべきです。

普通に考えると、並の人間であっても絶対に耐えられない状況なのです。

もはや会社には個人で片づけられないほど、大きな問題やストレス要因が隠れているのを忘れてはいけないのです。

実際に、仕事のストレスはほとんどの社員が抱えています。

仕事が辛い・辞めたい

引用元:エン派遣アンケート調査:https://corp.en-japan.com/newsrelease/2015/3107.html

上記画像は2667人に『仕事のストレス有無』についてアンケート調査を行った結果です。

  • 全体の67%
  • 正規雇用者の約81%
  • 非正規雇用者の64%

全体の70%の方がストレスを抱えているのがわかります。

仮に100人に7人がストレスを抱えているなら『仕事が辛い?それって甘えじゃない?』と言えます。

しかし、事実100人中70人がストレスを抱える日本・職場でってどう考えても普通じゃないですよね?

70%が必ずストレスを抱える職場に、日本人は働きに行くということです。

決してあなたの仕事が辛い・辞めたい状況は変ではありません。

次以降の仕事が辛い理由と対処法を実践して、一刻も早く現状打破してください。

2.仕事が辛い理由は?原因追及なくして解決なし。

2.仕事が辛い理由は?

仕事が辛くてやめたくなる理由は、大体以下の理由です。

順に説明していきます。

  1. 人間関係がうまくいかない
  2. 仕事ができない
  3. 給料と福利厚生の問題
  4. 会社の社風や風土が合わない
  5. 業界や企業の将来性がない
  6. 人事評価に不満がある
  7. 優秀な人との成果の比較
  8. 労働環境が悪い(残業・休日出勤)
  9. お客様からのクレームと無理な要求
  10. 体調が悪い
  11. 朝が来るのが怖くて眠れない・回復しない
  12. 人生に目的や目標がない
  13. 本当はやりたいことがある

2.1.人間関係がうまくいかない

仕事が辛い一番の理由は人間関係がうまくいかないことです。

人間関係がうまくいかないと、ストレスを感じる理由は下記の通りです。

  • 上司とのコミュニケーション・激詰め
  • 仕事をしない同僚のせいで自分に負担がかかる
  • 意思疎通ができない部下とのやり取り
  • 家族との人間関係不良で頭がいっぱいになる

1515名にアンケートをした『退職理由のホンネとタテマエ』によると、転職の理由で最も多いのは人間関係でした。

約4分の1が人間関係を理由に退職していることがわかります。

仕事が辛い理由

出典元:エン・ジャパン『ホンネとタテマエ』:https://ten-navi.com/hacks/retire-21-8400

2.2.仕事ができない

人間関係と同じくらい、仕事で辛いと感じるのが仕事ができないことです。

理由は仕事ができないと、以下のような心境になり、ストレスを抱えるからです。

  • 上司から話しかけられるのが怖い。
  • 毎プロジェクト・仕事がうまくできるか不安で仕方ない
  • 仕事ができない評判が回っていないか、人目を気にする
注意

仕事ができない悩みは『入社半年までから3年目まで』の時期が多いです。

仕事の悩みは短期的に解決できず、長期間仕事が辛い状況が続くのが特徴です。

でんさん

1日の3分の1を仕事で費やすから、仕事が辛い最も大きな理由の一つだね

2.3.会社の社風や風土が合わない

会社の社風や風土が合わないと、仕事が辛く、会社も辞めたくなります。

なぜなら、自分と会社が大切にしていることが不一致の状態が続くからです。

  • お客様主義より売上主義
  • 社員の労働環境よりも自社の成長・成功
  • 日本国内で満足、海外には目を向けない

『自分の大切にしている価値観』と違う考え方や行動をとる会社で働くと、日に日にストレスを抱えてしまうと理解しましょう。

2.4.達成不可能な売上目標

達成不可能な売上目標が仕事を辛くするケースが日本に多いです。

働いても目標達成ができない、それによって褒めらない。

日々達成できない売上を追いかける、蟻地獄のような毎日を送れば、仕事で辛くなるのは当たり前です。

注意

会社員としては働く以上、会社の目標は変えられません。

企業は株主・経営者の者なので、無理な状況に耐えれないなら辞めるのが一番です

2.5.業界や企業の将来性がない

業界や企業に将来性がない場合ことが分かると途端に仕事が辛くなります。

なぜなら人は自分に利益・メリットなど働くうま味がないと頑張れないからです。

  • 市場が伸びないため、働いても給料が上がらない
  • 今後AIや自動化が進むにつれ、仕事がなくなる
  • 投資をしない会社で成長がない、未来が見えない

入社や転職前は業界や企業の10年20年先の成長性をチェックしておくことが大切です。

2.6.給料と福利厚生の問題

給料と福利厚生が悪い場合も、仕事が辛くなります。

理由は、生活や将来に対しての不安が襲うからです。

  • 働いても、18万しか給料がもらえない
  • 始発終電まで働いても、残業代はゼロ
  • 退職金が出ない、交通費や携帯代、営業のカフェ代が出ない

また、給料や福利厚生は大企業やホワイト企業を見れば見るほど辛くなります。

生きるうえで、給料や福利厚生は心の平安を保つ重要観点なので、妥協せずに検討しましょう。

注意

今は成長したいと、給料や福利厚生を度外視する人がいますが、絶対にやめましょう。

給料や福利厚生が良くても、成長できる会社は必ずあります。

転職会議で事前に会社の給料・福利厚生・評判を必ずチェックしましょう。

2.7.人事評価に不満がある

人事評価に不満があると、会社を辞めたくなります。

なぜなら自分の成果ともらえる想定報酬に対して、会社からの評価が低いと不満足になるからです。

具体的には「年間3000万売り上げたから、これくらいもらえるだろう」と思ったところに、

ボーナスが思っていたほどもらえなかったり、グレードや役職が上がらない状況です。

評価されないにもかかわらず、また1年頑張ろうなんて普通の人は思えないのが当たり前です。

2.8.優秀な人との比較

優秀な社員との比較は、仕事を辛くしたり、仕事を辞めたくなります。

  • 自分の能力のなさが露呈して、みじめになる
  • 周りからの評価が気になり始めて集中できない
  • 会社に居場所がなくなり、肩身が狭い
  • どれだけ頑張っても勝てない状況に絶望する

『他人との比較』は入社3か月から1年にかけて、顕著に起こります。

比較して頑張れる人と頑張れない人がいますが、後者の場合が圧倒的に多いです。

20代の若いうちから、他人との比較しない方法を身につける必要があります。

でんさん

他人にはなれないし『自分らしく、自分のペースで』頑張るしかないよ

2.9.労働環境が悪い(残業・休日出勤)

労働環境が悪いと、体調不良や絶望感を毎日味わうなど仕事が辛くなります。

  • 毎日始発出社・終電帰りの超ブラック企業
  • 残業は当たり前、残業代はもちろんゼロ
  • 定時で帰ると嫌な目で見られる
  • 有給申請ができない、休むと上司から文句を言われる
  • 辞める時も周りが有給消化をしていない

上記条件が顕著なのは『ベンチャー企業』です。

成長を誘い言葉に労働環境を無視している会社が多く、多くの社員が心身崩壊するのを見てきました。

ベンチャー企業に入る時は、それなりの覚悟をして入社・転職しましょう。

ベンチャー企業に入る時の注意点

僕もベンチャー企業で10年働いていますが、本当にブラック企業の労働環境は劣悪です。

  • 成長できるから、労働環境は無視
  • そもそも労働環境がひどいことに気づいていない
  • 文句言う人を個人の原因にする(根性がない・実力がないとか)

上記『理不尽な環境や提案』が幾度となくありますので、必ず入社前にOB/OG訪問しましょう

2.10.お客様からのクレームと無理な要求

社会人としては楽以上、お客様からのクレームや無理な要求は避けられません。

理不尽な要求は、自分で対処できないものが多くストレスを感じてしまいます。

個人事業主であれば、クレーマーに対応しなければ済む話ですが、

企業に所属する場合、長年の得意先で無下にできない状況もあります。

クレームや無理な要求に対処する技術や方法を身に着けて、自分を守りましょう。

でんさん

クレームや無理な要求に対応できず、辞めていく社員もいるから、本当に注意だぞ

2.11.体調が悪い。精神的に限界。

体調が悪い、精神的に限界になったら、もうアウトです。

上記は、仕事が辛い状況が表に現れた状態です。

これまで耐えてきた心と体が、耐え切れなくなり、糸がぷつんと切れた状態になります。

仕事が辛い・辞めたいではなく、下記のような異常症状が起きます(自分の経験談です)

  • 疲れすぎて、仕事ができない
  • 精神的に不安点活体がだるく、起きれない
  • たとえ会社にいっても、頭が回らない、話が理解できない

対処法は『休む・自分の時間を取る』しかなく、場合によっては、精神科に通院するケースも出てきます。

大げさな話ではなく、一度心身が崩壊すると、社会復帰できなくなります。

仕事が辛い・辞めたい状態を放っておかない・必ず事前に対処しましょう。

2.12.朝が来るのが怖くて眠れない・回復しない

精神的な辛さがまた、仕事を辛くする悪循環を生みます。

朝が来るのが怖くて眠れない不眠症や、それに伴い体調が回復しない状態です。

体調が回復しないと、正常な判断ができず、ポジティブな気持ちにもなれません。

常に1日ごとに、体調と気持ちをリセットして臨むことが重要です。

2.13.人生に目的や目標がない

仕事が辛い理由には『人生に目的や目標がない』ことが結構あります。

  • 自分にとって幸せな状態ってどんな状態?
  • たった一度きりの人生で何がしたいんだろう?
  • 誰のために、何のために、なぜ働くのか?
  • 会社や仕事を通して何を実現したい?

人生の目的や目標を考えないまま、働くと辛いことがあったときに心がすぐ折れてしまいます。

また働く意義が自分の中で見えてないので、モチベーションも上がりません。

2.14.本当はやりたいことがある

本当はやりたいことがある人ほど仕事が辛いことがあります。

裏を返せば『やりたくもないことをやっている』のと同じことだからです。

やりたいことができないのは、スキルや実力・学歴・運など様々な要因が挙げられます。

いずれにせよ、早いうちにやりたいことができる環境を作らなければ、実現できない現実から挑戦するやる気も失ってしまいます。

特に20代のうちは、人生における選択肢を増やせるように日々取り組んでおきましょう。

でんさん

どれだけ早い段階で自分がやりたいことができる環境を整えられるかがポイントだぞ

2.14.仕事が辛いけど相談する相手がいない

仕事が辛いけど相談する相手がいないと、より仕事が辛くなります。

誰かに相談することで、自分の不安を和らげたり、解決することができますが、

相談する相手がいないと、仕事の辛さを自分で抱え込んでしまうからです。

仕事が辛くて悩む自分さえ惨めに思えてきて、恥ずかしさで、誰にも相談できなくなります。

辛い時は、家族でも地元の友人でも同僚でも相談できる人を見つけておきましょう。

3.仕事が辛い時期は?時期によって辛さの内容が違う。

3.仕事が辛い時期は?時期によって辛さの内容が違う。

一般的に、仕事が辛い時期はいつでしょうか?

仕事が辛い時期は5つのタイミングでやってきます。

それぞれのタイミングで、悩む内容が違うのが特徴です。順に説明していきます。

  1. 入社1~3か月『仕事についていけない』
  2. 入社3か月から半年『結果に差が出始める』
  3. 入社1年『2年目への絶望と自分この仕事向いてるかな病』
  4. 入社3年『転職を考える時期』
  5. リーダー・マネージャーになってから『悩みが自分以外のことになる』

3.1.入社1~3か月『仕事についていけず辛い』

入社1~3か月目は『仕事についていけずに辛い』状態です。

なぜなら新入社員時代は『知識』『技術』『実績』全てが不足しているからです。

全ての仕事がうまくいきませんので、毎日が辛い状態からのスタートです。

新入社員で仕事ができないのは当たり前なので、心配は不要です。

少しずつできることが、増えていくことに喜びと期待を感じながら、一日を乗り切りましょう。

MEMO

仕事ができない中でも、毎日の仕事の取り組み方で同僚と差が出ます。

毎日以下について振り返り、なりたい自分に向かって自己研鑽しましょう。

  • できなかったことを振り返り、次回はできるようになっているか?
  • 仕事で成果を出している先輩社員から学んでいるか?
  • 同僚の誰よりも知識と技術で負けないように鍛錬を積んでいるか?
でんさん

入社してからの働き方・習慣化で10年後に周りと大きな差がつくぞ

3.2.入社3か月から半年『結果に差が出始めて辛い』

入社3か月から半年は企業の新人教育研修が終わり始める時期です。

3か月から半年にかけて、現場に出た時に、実力の差が顕著に出ます。

『優秀な動機が成果を出す中で、自分は成果が出ていない』と、多くの新人が一度は仕事が辛くて辞めたい時期を迎えます。

3か月から半年の成果は、これまでの20年間の努力とビジネスセンス、大学生活での準備で決まります。

現在負けてしまっている人は、上司や同期を超えるために、努力の量も質も勝たなければなりません。

3.3.入社1年『自分この仕事向いてるかな』で辛い

入社1年経つと『自分は仕事に向いてない』と辛くて辞めたくなります。

  • 努力しても思ったように成果が出ない
  • 同期は簡単に成果を出して昇進昇格する。
  • 『自分はくる会社を間違えた、向いていない』

当時は上記を感じながら、僕も社内で肩身の狭い思いをしました。

辛いかもしれませんが、それでも1年では自分の実力や向き不向きを判断するのは早すぎます。

個人的3年は不要ですが、最低でも真剣に2年取り組んでみましょう。

徐々に成果が出始めて、自信がついてくることを感じるはずです。

注意

逆に2年やって成果が出てなければ、仕事で向いてない確率が高いです

転職で『人より簡単にできること』を探して仕事にしてみましょう

3.4.入社3年『転職を考える時期』将来に対する不安で辛い

入社1-2年を乗り越えると、3年目に『転職を考える時期』がやってきます。

理由は以下3の理由がメインです。

  • 自分の新しい可能性を確かめたい
  • キャリアアップしたい・さらに成長したい
  • 給料や待遇に不満がある

入社3年目までは『第二新卒(可能性がある人材)』と呼ばれ、企業からも需要があります。

今働いている企業が辛い。将来に不安がある人は、転職しなくても以下に取り組むことをおすすめします。

3.5.リーダー・マネージャーになってから『悩みが自分以外のこと』で辛い

3-5年目以降で経験するのはリーダー・マネージャーになった後の『自分以外の悩み』です。

要はマネジメントの悩みになります。

  • メンバーのモチベーション・意識が低い
  • 個人で成果を出しても、チーム単位での目標未達
  • 部下の育成に時間がかかる

『名選手名監督にあらず』の言葉があるように、個人で成果を出す人がチームで成果を出せるわけではありません。

3年目以降チームリーダーや役職を目指す人は、マネジメント能力とチームで目標達成できるスキルを身につけましょう。

4.仕事が辛い時の乗り越え方『15個の方法』

4.仕事が辛い時の乗り越え方『15個の方法』

仕事が辛い時の仕事の乗り越え方は以下15つ方法があります。

自分の状況に合わせて、使えそうなものに取り組んでみてください。

  1. 長期間ゆっくり休む
  2. 考えるための時間を作る
  3. 本当にやりたいことに挑戦する
  4. 人生の目的や目標を明確にする
  5. 人間関係(上司・同僚・家族・仲間)を克服する
  6. スルースキルを身に着ける
  7. 仕事のミスを減らす
  8. 仕組みを変える
  9. 環境を変えるために転職する
  10. 給料と福利厚生の良い会社に転職する
  11. 社風や風土の合った会社に転職する
  12. きちんと評価してくれる会社に転職する
  13. 評価を気にしないために、副業を始める
  14. 周りとの比較を一切辞める
  15. クレーム対応能力を身に着ける

4.仕事を辞めていい人、辞めないほうがいい人

4.仕事を辞めていい人、辞めないほうがいい人

仕事が辛い、仕事を辞めたいと思う人でも辞めていい人と、辞めない方がいい人がいます。

仕事を辞めていい人は、以下のような人です。

  • 人間関係が辛すぎる人は辞めていい
  • うつ病で仕事が辛い人は今すぐ辞めよう
  • 今の仕事が向いていない人は辞めたほうがいい
  • 希望職種や自分のやりたいことができない人
  • 現状を変えようと努力と挑戦をした人は転職しよう

 

一方で仕事を辞めない方がいい人は、以下の通りです。

  • 不平不満を言い続けている人は辞めない方がいい
  • 家族のためや、親の介護のために仕事を辞める
  • 仕事で疲れている人は辞めない方がいい
  • 40代以上や、脱サラを希望している人

仕事が辛い理由と、自分の現状に合わせて後悔と失敗のない選択が必要です。

6.仕事が辛いけど、辞められない人の理由

6.仕事が辛いけど、辞められない人の理由

仕事が辛いけど辞められない人にも理由があります。

この辞められないの以下理由からです。

  1. 『石の上にも三年』という謎の文化
  2. 『今の仕事でダメならどこに行ってもダメ』の幻想
  3. 引き留めに合って、辞められない
  4. お金の不安と生活への不安
  5. 疲れ果てて、辞める気すら起きなくなる
  6. 人手不足と引継ぎの問題
  7. 周りの目や評価が気になる
  8. 転職の仕方が分からない

 

辞められない状況を乗り越えるためには、『辞めます』の一言しか現状打破のすべはありません。

どうしても辞められない人は転職エージェントに相談してみましょう。

7.仕事を辞めたいときの上手な伝え方

7.仕事を辞めたいときの上手な伝え方

仕事を辞めたいときは、上手に退職を伝えましょう。

伝え方は以下の通りです。

  1. チームメンバーには事前に話しておく
  2. 自分の後輩を育てておく・引継ぎを入念に
  3. 辞める理由を考え、言えない理由をつぶしておく
  4. 転職先を決めてしまう
  5. 伝え方を考えて、当日のシュミレーションをする
  6. 反論に対する答えを用意しておく
  7. 一度辞めると決めたら、決断は絶対変えない
  8. 迷惑をかけてもしょうがないと割り切る
  9. 退職届は書いておく
  10. 最終的には自分を守るためと信じる

 

伝え方を間違えて、会社・上司・同僚とトラブルになると辞めにくくなります。

また後味の悪い体色の形になるので、事前に準備と根回しをするのは必須です。

8.まとめ:仕事が辛い時は転職すべき。絶対逃げじゃない。

8.まとめ:仕事が辛い時は転職すべき。絶対逃げじゃない。

ここまで仕事が辛い。辞めたい。毎日が耐えられない人がやるべき15の方法についてお伝えしました。

本記事を読めば仕事が辛い理由が理解でき、対処方法を身につけることができますので、辛い時は何度も読み直してください。

どうしても仕事辛くてしょうがない時は『転職』を検討してください。

転職は逃げではありませんし、自分を守る手段です。

僕自身も、鬱の状態から逃れて、幸せに生きていけるのは転職のおかげです。

辛い状況を放っておくと、心身ともに疲弊して、転職すらする気にならなくなります。

また25歳から32歳にかけて転職しておかなければ、実力がない限り転職に苦労します。

今であればまだ間に合うので、異常を感じる前に転職エージェントや転職サイトに登録しておきましょう。

元気なうちに、自分を守る手段を持っておくことをおすすめします。

本日は以上です。

「ビジネスギーク」では、あなたの生活の質を1ランク上げる

ビジネス / 勉強 / スキルアップ / トラベル / ワードプレス・ブログに関する上質な情報を公開しています。

📝世界で戦う「副業ブロガー」の生い立ちはこちら プロフィール画像 【地球を味わい尽くしたい‼】ゆーろのプロフィール&ブログ開設由来

是非、お時間がある時に他の記事も是非読んでみてくださいね★

これからもビジネスギークをよろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です