おすすめ転職エージェントランキング

【30代で転職サイトはNG】現役コンサルが本当におすすめの転職エージェント9社※合格率と年収に差が出ます

【合格率と年収に差】30代は転職サイトを使うな!おすすめ転職エージェントを紹介!

ゆーろ
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は30代で、現役戦略コンサルタントとして10年働いています。
当ブログ『ビジネスギーク』で転職情報や年収を上げる方法を発信しています
https://twitter.com/yuro_tasteearth
でんさん
・30代で転職したいけど、どの転職エージェントを使えばいいかわからない。
・30代で転職したいけど、なかなか採用してもらえない・年収が上がらない
・各転職エージェントの違いや、どれが自分に合うか知りたい。

こんな悩みを抱える人に、これまで20社以上の転職エージェント・サイトに登録してきた僕が『30代転職でおすすめの転職エージェント』を紹介していきます。

本記事を読むことで、下記内容を勉強できます。

  • 30代で本当におすすめの転職エージェント(経験者・未経験者別)
  • 30代の転職で失敗する理由とうまくいかない人の特徴
  • 30代転職を成功させるためのポイント
ゆーろ
転職エージェントを活用することで、30代転職の成功率と年収アップが期待できますよ!

30代転職は『即戦力人材』が求められるのと、周りの人材も実績・実力が備わった最も会社に必要とされる中堅世代です。

そのため、転職戦略を練らずにのぞむと、採用してもらえなかったり、年収が上がらない転職になりキャリアが詰んでしまいます。

そうならないためにも、本記事で①失敗する理由②転職を成功させる方法③本当におすすめの転職エージェントを理解して、確実にキャリアアップしていきましょう!

よめちゃん
さっさとおすすめの転職エージェントが知りたい人はここから飛んでね!

目次(クリックすると見れます)

1.30代転職で失敗する人と、上手くいかない8つの理由

1.30代転職で失敗する人と、上手くいかない8つの理由

まず初めに、そもそも30代の転職で失敗する人と、上手くいかない8つの理由について説明します。

転職で年収が上がらない理由と、失敗続きな理由を理解していないと、悪い所を改善できないので、当てはまる人は改善しておきましょう。

1.1.転職サイトを利用している

1つめの30代転職で失敗する理由は『転職サイト』を利用していることです。

なぜなら転職サイトを利用していては、非公開求人に出会えず、企業とのコネクションも使えないため合格率が上がらないからです。

また転職サイトは、転職エージェントに比べて年収アップ率も低いため、30代の転職では絶対使うべきではないのです。

30代で転職が上手くいかない人や、転職未経験者は『転職サイトと転職エージェントの違い』を正しく理解しておきましょう。

よめちゃん
転職になれている30代は、業界専門エージェントを利用して、キャリアアドバイザーに優良求人を紹介してもらっているわよ!

参考記事:転職エージェントと転職サイトの『10の違い』と『正しい使い分け方』

1.2.年収が上がる利用すべき転職エージェントを知らない

2つ目に失敗する理由は「年収UPを実現できる有料転職エージェントを知らない』ことです。

例えば、多くの人は転職活動時に『リクルートエージェント』や『doda』に登録しますが、これは間違いです。

本当に合格したければ、コンサル・IT・金融・製造業など、得意業界を専門とする転職エージェントにサポートしてもらう必要があります。

でんさん
例えるなら野球で推薦入学したいのに、サッカーのエージェントにサポートもらってるようなもんだぞ
企業側も『自社業界を理解している転職エージェント』から求職者を紹介してもらいたいので、自分の転職志望業界に詳しいエージェントを常に把握しておきましょう。

 

1.3.優秀なキャリアアドバイザーを選べていない

3つ目に30代転職が上手くいかない理由が『優秀なキャリアアドバイザー』を選べていないことです。

なぜならキャリアアドバイザーの力量によって、転職の合否に大きな差が出るからです。

【キャリアアドバイザーで差が出るポイント】

  • 求職者の転職ニーズを正確に読み取る力
  • 最適な求人を紹介する・検索&求人発掘力
  • 書類添削や面接対策のクオリティ
  • 推薦文作成のアピール力
  • 企業に対して、求職者をアピールする営業力

「転職エージェントに相談しておけば大丈夫」という受け身の人は、超危険です。

エージェントの新入社員や中途数年目のキャリアアドバイザーと、その道5~10年の中堅&ベテランアドバイザーでは転職合格率に大きな差が出ると肝に銘じておきましょう。

参考記事:キャリアアドバイザーの選び方

1.4.即戦力(実績)であることが伝わっていない

4つ目は志望企業にあなたが「即戦力人材」であると伝わっていないパターンです。なぜなら企業は30代の即戦力人材を求めているからです。

「この子を採用すれば、入社してすぐに売上が上がる」と思われない限り、企業には採用されません。

また「この子は優秀だから、他者からも引く手あまただろう」と、どれだけ思ってもらえているかがポイントになります。

1.5.実務経験・実績を積むより資格保有に時間をかけている

優秀なのに採用されない人の特徴の多くが「保有資格はあるが、実務経験と実績に乏しい」ことです。

採用担当は「自分が採用した人材の働きぶりで評価される」ため、資格だけ持っていて実績がない人材を採用するのはリスキーなのです。

20代であれば『ポテンシャル採用』も許されますが、30代においては資格を持っているだけでは絶対採用してもらえないと心得ましょう。

ゆーろ
厳しい言い方ですが、僕が経営者でも『30代の資格&ノウハウコレクター』は絶対採用しませんね…

1.6.グローバル人材化に対応できていない

日本企業の成功は『グローバル戦略』にあり、語学が全くできない人にチャンスは与えられません。

なぜなら日本人口は年々縮小しており、国内総生産も下がるため、日本企業は減った売上を海外で稼ぐしかないからです。

参考記事:外資系企業で働くためのTOEIC点数

合格率と年収を高めたいなら、ビジネス英語は必ず求められます。短期間で取得できるものではないため、少しずつでも勉強とビジネス英会話量を増やしておきましょう。

1.7.自己投資が足りない【30代転職で年収が上がる人は4割】

1つめの転職で失敗する理由が『自己投資が足りない』ことです。

なぜなら自己投資をしなければ、知識や技術が身につかず実績を出せないからです。

実績を積めないと転職時に、即戦力人材として雇ってもらえないためどれだけ20代の頃から自分自身に投資できるかがポイントになります。

30歳の転職で年収が上がるのは約4割から5割と言われており、実績がなければ需要が徐々になくなる年齢と覚えておきましょう。

1.7.自己投資が足りない【30代転職で年収が上がる人は4割】

1.8.30代転職で転職未経験は今後リスクになる理由

現在年収が300万円程度の人は、30代までに転職を上げておかないと年収が上がりにくいことを覚えておきましょう。

理由は30代で年収が低いと「20代では成果を出せなかった」と思われて、転職時に安く買いたたかれるからです。

そのため、20代の早めのうちに年収を5-600万円まで上げて、30代で800万から1000万を狙える位置にいる必要があります。

今の会社で、年々給料が上がればよいですが、給料が上がりにくい業界や会社にいる場合は早急に転職を考えましょう。

2.30代転職を成功させる7つの方法

30代で転職が上手くいかない理由をお伝えしたところで、30代転職を成功させる7つの方法をお伝えします。

2.1.30代は転職サイトではなく業界に特化した転職エージェントを利用する

1つめに最も重要なのは転職サイトではなく業界に特化した転職エージェントを利用することです。

なぜなら業界に特化した転職エージェントはそれぞれ強みを持っているため、利用しないと合格率が下がってしまうからです。

企業は「自社の業界に特化した転職エージェントから企業紹介してもらいたい」と思っているため、業界特化エージェントから求人を紹介してもらう=安心感につながっているため、必然的に合格率も高まるのです。

ゆーろ
業界特化エージェントは非公開求人も豊富なので、利用しないと優良求人に出会うチャンスを逃してしまうので注意が必要です!

2.2.転職エージェントは絶対『複数利用』する

2つ目の成功の法則は「転職エージェントを複数活用する」ことです。

なぜなら、転職エージェントによっては自分に合わないものもあり、 複数の転職エージェントを利用するとで自分に合ったエージェントを見つけられるからです。また、複数エージェントを活用することでそれぞれの強みや弱みを比較できます。

よめちゃん
リクナビ NEXT によると、転職で成功している人は平均4.2社を利用しているそうよ!

2.3.30代転職成功のポイントは需要がある業界に入ること

3つめの成功ポイントは、需要がある業界に入ることです。

なぜなら、どれだけ頑張っても「需要がある業界」にいなければ、求人の募集がされていないからです。

また需要のある業界に入れば、今後の大幅が年収UPが見込めます。例えば飲食店と金融業界では、平均年収が倍程度違います。

需要のある業界は、それだけ競争率も高く転職難易度が高めですが、必ず年収の上がりやすい業界に行きましょう。

3.30代転職成功のポイントは需要がある業界に入ること

2.4.優秀なキャリアアドバイザーのサポートをもらう

キャリアアドバイザーの質によって転職の合格率が大きく変わるので、必ず優秀なキャリアアドバイザーからサポートしてもらいましょう。

具体的には入社1年目から3年目のアドバイザーと、入社5年目から10年目のコンサルタントでは提案できる求人や書類添削力・面接対策力・さらには推薦してあなたをアピールする力も全く違います。

ゆーろ
プロのエージェントにサポートしてもらうか、入社したての新米にサポートしてもらうかでは、今後の人生が大きく変わるのでアドバイザーについては妥協をしないようにしましょう。

2.5.30代の転職は保有資格より実績と実務経験がすべて

企業は、30代求職者において「保有資格よりも実績を重要視」しています。

何故なら企業においては、短期間で売上を稼げる人材とマネジメントできる人材が不足しているからです。

どれだけ輝かしい保有資格があっても採用してもらえるのは20代までです。30代であればとにかく実績を早く積み上げることを意識しましょう。

ゆーろ
今自分には実績がないという人は、早めにベンチャー企業など人が少なく実践が詰みやすい場所で実績を積み上げましょう。

2.6.即戦力であることを採用担当者に伝える

転職で成功したければ、あなた自身が即戦力であることを採用担当者に伝える必要があります。

  • この人材は入社したら必ず成果を出してくれる
  • 他の会社に取られたら非常にもったいない人材だ

上記の様に採用担当に感じてもらう必要があります。

冒頭でもお伝えした通り30代の転職は即戦力でなければ採用してもらえませんので、あなたが入社後どれぐらいの売上拡大に貢献できるのかを採用担当者に認識してもらいましょう。

2.7.誰にも負けない実績とアピールポイントを身につけておく

最後に誰にも負けない実績とアピールポイントを考えておきましょう。

理由は、差別化要因があると採用担当があなたのことを採用しなければ損をすると感じてくれるからです。

また明確な差別化要素があれば、 採用担当はあなたを採用しやすくなります。自分にできて他の人にはできないことは何か、 自分が簡単にできて他の人が難しく感じることは何かについて常に考えておきましょう。

ここまでは「転職に失敗する理由」と「成功するための方法」についてお伝えしてきました。

第3章以降で『30代の転職経験者・未経験者』におすすめな転職エージェント&サイトをお伝えしていきます。

3.30代におすすめの総合転職エージェント

総合型転職エージェントは求人数が多く、サポートが手厚いのが特徴で、広く求人を探したい人には特におすすめです。

一方で、広い業界の求人を取り扱うため、コンサルタントが専門性に欠ける場合があるのがデメリットです。

30代の転職経験者におすすめの総合転職エージェントは次の通りです。

第1位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは業界第3位に位置する大手総合エージェントです。

外資系・国内企業のグローバルポジション求人数が国内実績No.1で、なんと外資系案件が全体の60%を占めています。

でんさん
キャリアコンサルタントの社内異動が少ないので安定して質の高いコンサル業界用の支援を受けることができるみたいだぞ。
よめさま
JACリクルートメントは企業と転職者に対する担当を一人で行う「両面型スタイル」を取ってるから企業内情に精通していて、キャリア提案が具体的なためマッチング精度が高いのもいいわよね。

【JACリクルートメントがおすすめな人】

  1. グローバル勤務・海外駐在求人を探している人
  2. 外資系企業で働きたい年収500万以上の人
  3. 超手厚い転職サポートを受けたい人

僕も2人ほどJACの方に相談しましたが、どなたも人柄が素晴らしく、対応がスピーディで大変信頼できます。そして何より真剣にキャリアについて一緒に考えてくれているのが伝わってきます。

グローバル案件に関わる転職を行いたかったので僕は登録しましたが、個人的にはNo.1の転職エージェントで、今後も100%信頼をしてサポートしていただきたいと思えるエージェントです。

\ 外資系・グローバルポジション求人実績No.1/

 

JACリクルートメントJACリクルートメントの評判と口コミは?使った感想と僕が1番おすすめする理由

第2位:ビズリーチ

4位:ビズリーチ

ビズリーチは「ハイクラス」「管理職・グローバル人材」に特化した人気No.1の会員制ヘッドハンティングサイトです。

年収を上げたい方や『将来のキャリアアップ』を狙いたい人はマストで登録すべき転職サービスです。

年収1000万円以上の求人が3分の1を占めており、高確率で年収アップが期待できます。

ゆーろ
僕のコンサル仲間は全員がビズリーチを活用して100%年収を上げていますよ!

【ビズリーチがおすすめな人】

  • 年収600万円以上の人
  • 年収を確実に上げたい・キャリアアップしたい人
  • 自分の現在の市場価値を知りたい人
\確実に年収UPを狙いたい人向け/

 

ビズリーチの評判が悪いのは嘘!コンサルが120%活用する理由!【全員年収UP】

第3位:キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けのスカウト型エージェントサービスです。

匿名レジュメを登録することで、厳選された100社800名以上のヘッドハンターからスカウトが届きます。

結論、キャリアカーバーがおすすめな人は次のような人です。

  • 担当のコンサルタントを自分で選びたい。
  • まずは無料でヘッドハンティングサービスを使ってみたい。
  • 好条件のヘッドハンティングを受けて高収入を狙いたい。
  • ハイキャリアコンサル求人を自分で探したい。
  • スカウトを待つだけなので、在職中で転職活動がなかなかできない人にぴったり。

ハイクラスという特性上、コンサル系の求人を持つヘッドハンターが多いのが特徴です。

ビズリーチとの違いは、キャリアカーバーはすべてのサービスの利用料が無料となっている点に違いがあるので、ヘッドハンティングサービスの仕組みや雰囲気をまず知りたい方はキャリアカーバーが良いでしょう。

コンサルへの転職を目指す人はもちろん、コンサルから経営幹部への転職を目指す人も必ずチェックしておきましょう。

\ 年収800万円以上の求人が多数/

 

【キャリアカーバーの評判と口コミ】ビズリーチとの違いから徹底解説‼

4.30代におすすめの特化型転職エージェント

続いて、30代転職におすすめの『特化型エージェント』について紹介していきます。

『特化型エージェント』の特徴は業界の専門知識が豊富で、特定企業とのコネクションも強いことです。

逆に一般的に、求人数が少ないのがデメリットなので、総合型エージェントを併用して求人数を担保しましょう。

第1位:アクシスコンサルティング【IT・コンサル】

1.2.アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは15年以上の歴史を持つ大手コンサル系企業・IT業界の転職に強いエージェントです。

2014年から2016年の大手コンサルティングファーム在籍者の転職支援数第一位を誇り、リクルートキャリアが取材している「Most Valuable Agent」で2015年に2015SpringMVAを受賞するなど非常に高い評価を得ています。

【アクシスがコンサルタントから選ばれる理由】

  • これまで10000名を超えるコンサル転職志望者の支援実績
  • 現在約3000名の現役コンサルタントがアクシスコンサルティングに登録
  • 大手・中堅コンサルファームに在籍する5人に1人が登録するほどの人気

アクシスは特化型専門転職エージェントです、キャリアアドバイザーの多くは、コンサルティング業界出身者やIT業界、監査法人出身者などが占めており、業界知識が豊富な点も高い評価を獲得している理由の一つです。

ゆーろ
専門知識や非公開のコンサル求人数は総合転職エージェントと比べ物になりません。

IT系・総合系コンサルティングファームに行きたい人は、登録必須のエージェントです。

【アクシスがおすすめな人】

  1. IT系人材※エンジニアなど
  2. コンサル業界でキャリアアップしたい人
  3. 求人の『量より質』にこだわっている人
  4. 経営企画・事業企画・財務・会計士・金融系の人
  5. 面談など手厚いフォローを求めている人

【僕のアクシスコンサルティング体験談】

  • IT系と大手総合系コンサルファームへの転職実績に強みがあり、SEなど事業会社からの転職相談にも丁寧に対応してくれる。
  • 親身にキャリア相談をしてくれ、未経験からコンサル業界への転職を希望する人にもおすすめ。
  • コンサル専門エージェントの中では、面接や書類対策といった部分で最も転職支援が手厚い。
  • 志望度が高いコンサルファーム用に面接対策があるため、コンサル専門エージェントの中でも評価が高い。
\コンサル転職支援数No.1/

かんたん3分で完了。無料登録可能です。

アクシスコンサルティング,評判,口コミアクシスコンサルティングの転職サポート評判は?口コミを解説‼

第2位:コトラ【金融・IT】

【金融・IT系】コトラ

コトラは金融系・IT・メーカーに強みを持つ金融系プロフェッショナル寄りのエージェントです。

全求人のうち、金融機関関連の転職支援実績が700件以上あり、コンサルタント自身も財務・会計・金融関連のスキルを持ったうえで、

  • 金融アドバイザリー
  • M&Aファーム
  • 企業・事業再生系のコンサルティングファーム

への転職にも力を発揮します。

POINT
また近年ではAIやビックデータ解析・フィンテック・デジタルトランスフォーメーション分野のコンサルポジションも増えていますので、今後5年・10年先を見据えた転職を検討している人にも追い風になるエージェントです。

コトラの一番の強みは「マッチング力」にあります。

転職後の定着率は驚異の97%で、過去5年間に紹介した人材の平均離職率が2%がそのすごさを物語っています。

理由は転職後の価値観サーベイ「KOTORA25」という診断テスト実施にあり「仕事を通じてどのような行動や考え方に価値観を置くか」の意識と行動を測定する価値観測定ツールが非常に役立つシステムになっています。

【コトラがおすすめな人】

  • 金融・IT・コンサル業界でさらにキャリアアップしたい人
  • これから金融・IT業界に挑戦してみたい年収500万円以上の人
  • 製造業や経営管理業務を担当している人
\金融・IT業界に強み/

 

コトラ,転職,評判【コンサル歴10年の僕が使った感想】コトラ(KOTORA)転職エージェントの評判&口コミは?

第3位:コンコードエグゼクティブ【外資系・エグゼ向け】

転職エージェント,転職サイト,コンコードエグゼクティブ

コンコードエグゼクティブはハイクラスの戦略系の案件が多いコンサル専門の転職エージェントです。

コンコードのコンサルタントは優秀かつ優しい方が多いので、初期から付き合いアドバイスをもらいながら、好条件の求人を紹介してもらうのがおすすめです。

ムービンやアクシスコンサルティングとの併用をしながら比較材料として活用するのも一つの手かもしれません。

【コンコードエグゼクティブがおすすめな人】

  • ハイクラスの外資系・日系コンサル企業に転職したい人
  • 外資系コンサルキャリア志望で手厚いサポートが欲しい人
ゆーろ
コンコードエグゼクティブは、優秀な方が一生懸命ヒアリングや案件紹介をしてくれます。自分の将来について真摯にヒアリングし、適切な案件も紹介してくれました。僕が前回に利用した転職エージェントの中で熱意があり担当者が最も光っていたのは、このコンコードエグゼクティブでした。

\ ハイクラスの戦略コンサル求人が豊富‼/

 

コンコードエグゼクティブ_ロゴ【コンコードエグゼクティブの評判&口コミ】100%使うべき理由をコンサル歴10年の僕が解説します。

5.30代の転職未経験者におすすめなエージェント

第1位:リクルートエージェント

転職エージェント,リクルートエージェント

リクルートエージェントは40年以上の歴史がある実績No.1のエージェントです。

業界最大手だけあって全コンサル転職エージェントの中でも群を抜いて求人案件数がNo.1です。※2017年8月6日の時点でコンサル求人案件は15000件以上と圧倒的な求人数を誇ります。

リクルートエージェントは次のような人におすすめです。

【リクルートエージェントがおすすめな人】

  1. コンサル転職したいなら登録必須(92%の人がおすすめ)
  2. コンサル転職の求人数を増やしたい人(どの地域にも対応)
  3. 大手への転職を目指している人
  4. 手厚いサポートを受けたい人

いずれにせよ転職を成功させたければ優良求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録必須といえます。

どの転職エージェントを登録すべきか迷っている方はリクルートエージェントを登録しておけば間違いありません。

でんさん
9割以上のコンサルタントが登録してるリクルートエージェントは登録しないと絶対損するよ!
\業界人気No.1の転職エージェント/

かんたん3分で完了。無料登録可能です。

リクルートエージェント,リクナビNEXT,違いリクルートエージェントの評判と口コミは?第二新卒で利用した僕が徹底解説

第2位:doda

dodaは8万件以上の求人情報を取り扱う大手転職エージェントで、2特徴は顧客満足度がNo.1で求人年収が比較的高めであることです。

HPを見ても業種・職種別に求人がわかりやすく、自分が探したい求人をスムーズに見つけることができます。

また大手転職エージェントだけあって、転職ノウハウ、他の人の転職エピソード、転職Q&Aも豊富です。

その他にも人気サービスが満載で、下記様々なサポートを行っています。

  • 年収査定(自分の適正年収が分かる)
  • キャリアタイプ診断(自分適正キャリアがわかる)
  • 人気企業合格診断(人気企業に合格できるかわかる)
  • 履歴書作成ツール(履歴書のテンプレートから書き方までサポート)

【dodaがおすすめな人】

  • IT転職を検討されている方
  • 業界経験がある程度ある方
  • 海外転職を視野に入れている方

ある程度業界経験があり、年収を上げたい、満足度の高いサービスを受けたい人におすすめです。

\ 顧客満足度No.1 /

かんたん3分で完了。無料登録可能です。

doda,評判doda(デューダ)の評判・口コミは?『2大エージェント』がすごい11の理由

第3位:パソナキャリア

転職エージェント,転職サイト,パソナキャリア

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアはリクルートエージェントに次ぐ2番目に大きな転職エージェントです。

パソナキャリアの強みは転職時の年収アップ率が67.1%と確かな実績を誇っていることです。

またエージェント利用者の半数以上がこれまで転職経験がなく、転職が初めての人に高評価を受けています。

でんさん
転職が初めての人年収を確実に上げたい人におすすめだね

【僕のパソナキャリア体験談】

 

僕も実際にお世話になりましたが、最もコンサルタントに清潔感があり、キャリア相談に親身になってくれました。更にはパートナーのきめ細かなサポートが目立つ転職が初めての人でも安心感抜群の会社です。スタッフが若くサポート経験値が低い場合があります。任せきりにせずに仕事を探すことも成功のポイントです。

\ 初心者に1番オススメ‼業界トップクラスのサポート/

かんたん3分で完了。無料登録可能です。

【パソナキャリアの評判】初心者にサポートが手厚いのは本当?実体験と口コミを解説‼

6.30代転職で転職エージェントと合わせてみるべきサイト

転職エージェントや転職サイトで確認しにくいのが①年収・給与相場②仕事環境です。

そこで別途、企業で働いている人の口コミや自分の市場価値(適正年収)を確認する必要があります。

ここでは転職エージェントや転職サイトと合わせて使うべき『情報収集サイト』を紹介します。

ミイダス:【市場価値(想定年収)診断】

転職エージェント,転職サイト,ミイダス

公式サイト:https://miidas.jp/

ミイダスはあなたの現状の市場価値(年収)を診断する転職アプリです。

いくつかの質問に答えるだけで簡単に自分の適性年収や紹介される求人レベルが分かります。

20代で転職した時の年収は、20代後半から30代にかけてとても重要になります。

企業にあなたのことを安く買いたたかれると、後々の年収に響くので、必ず1度やっておくことをおすすめします。

\ 自分の市場価値(想定年収)が診断できる/

かんたん3分で完了。無料登録可能です。

ミイダス【ミイダスの評判】20代の僕が転職市場価値(想定年収)を調べて感じた特徴と注意点

転職会議【志望企業の口コミ&評判をチェック】

転職エージェント,転職サイト,転職会議

公式サイト:https://jobtalk.jp/

転職会議は企業の口コミが登録されたサイトで、転職サイトに掲載されている企業の評判をチェックできます。

現役・OB社員のリアルな口コミが載っているのでかなり参考になります。転職時に必ず活用すべきサイトです。

僕も『転職会議』を使って、企業のネガティブな部分を重点的に見るようにしています。

企業やエージェントは良いことばかり言うので、転職前にネガティブ要素は必ず収集しておくことをおすすめします。

\ 志望企業の口コミと評判がチェックできる/
かんたん3分で完了。無料登録可能です。
転職会議_ロゴ転職会議の口コミは信頼できる?【実際に使ってみた感想と評判の信憑性を解説】

7.30代転職でよくある質問

再度に30代の転職でよくある質問にお答えしていきます。

30代前半と30代後半で転職難易度は変わりますか?

変わります。30代からは1年経つごとに転職の難易度が上がります。

下記の通り20代後半をピークに、年収が上がる人の割合が下がることを理解して転職活動は早めに戦略を立てておきましょう。

6.1.30代前半と30代後半では転職市場の状況は変わるか?

引用:doda公式サイト【年収をアップさせた転職者の年齢分布】

転職未経験者でも30代で転職はできますか?

できます。重要なのは実績とスキルがあることです。

ただし、転職未経験者は転職ノウハウと面談経験が少ないため、本番で力が発揮できない傾向にあります。

JACリクルートメントリクルートエージェントなど転職サポートの手厚い企業2社と、特化型エージェントを1社併用しましょう。

30代で別の業界に転職できますか?今更別業界はリスキーですか?

結論、実績があれば別の業界への転職は可能です。

ただし未経験の業界に転職すると年収が下がる可能性が高いのでおすすめしません。

どうしても転職したい場合は伸びている業界に転職して、次回以降の転職でも給料が上がる土俵に上がりましょう。

30代の転職に必要な資格は?

MBA・TOEIC(700点以上)・簿記・中小企業診断士・ファイナンシャルプランナーなど、実務に活かせる資格は効果的です。

ただし、重要なのは保有資格よりも実績です。

資格勉強に時間を費やしすぎて「転職活動の時間がない」「現場で実績を残せていない」といった本末転倒の失敗パターンにならないようにしましょう。

8.30代におすすめの転職エージェントまとめ

8.30代におすすめの転職エージェントまとめ

ここまで30代の転職で本当におすすめできるエージェントを紹介しました。

改めて30代は「20代で積み上げた実績を活かして年収を最大化できるチャンス』です。

非公開求人の紹介と、あなたの実績&スキルを最大限アピールしてもらうために転職サイトではなく必ず転職エージェントを利用しましょう。

また『総合転職エージェント』と『特化型エージェント』を複数利用することで、①求人数②手厚いサポート③業界専門性④コネクションのメリット全てを得ることが重要です。

30代は1年経つごとに転職難易度が上がるのと、場合によっては最後の転職になります。

納得いく人生と、成功キャリアに乗るために、常に3~4社のエージェントから情報収集を続けて、いつでも転職できる準備を整えておきましょう。

30代のあなたの転職が最高の結果になることを心から応援しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です