年収2.5倍を実現した『鉄板3社』

つらい・きつい仕事ランキングTOP30【職種別】|楽な仕事の選び方も紹介!

≫今すぐ、楽な仕事に転職する。

今の仕事がきつい…つらい…転職したい…

きつすぎる。労働時間長すぎ…。

給料安すぎ。上司や職場環境が理不尽すぎ‼

よめちゃん
職場がブラックだと、本当に毎日辞めたい気持ちになるわよね…あなたと同じように考えている人はたくさんいるから安心して!

今の仕事がきつすぎてつらいのは『業界や職種がそもそもきついから』です。

それぞれの仕事は尊いですが、きつくて給料も安い仕事だと心も体も持たないのが正直なところでしょう。

今回は、仕事がきつい&つらいと感じる人に【きつい仕事ランキングTOP30】を紹介していきます。

本記事を読めば「どの仕事がきついのか」「どうすれば楽な仕事を選べるのか?」「ラクな職種は何か」選べるようになります。

参考:【年収別】あなたにピッタリな「おすすめ転職エージェント」ランキングTOP10

どの職種で働くかによって、仕事のきつさは変わり、厳しい環境を選ぶとお金も時間のない苦しい生活が待っていますので、本記事を読んだ後に今一度職業は検討してください。

参考:【楽な仕事ランキング】①肉体的②精神的③時間的④好条件別のおすすめ職種

でんさん
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は30代で、現役戦略コンサルタントとして10年働いています。
当ブログ『ビジネスギーク』で転職情報や年収を上げる方法を発信しています
https://twitter.com/yuro_tasteearth

目次※クリックで好きな場所に飛ぶ

1.仕事がきつすぎる状態とは?

1.仕事がきつすぎる状態とは?

まず自分の仕事がきつすぎる仕事なのか確認しましょう。

仕事がきついとは「身体的・精神的にネガティブな要素がある」状態のことを指します。

【こころとからだにネガティブな要素がある】

  • 長時間労働で体力的にきつい
  • 給料が低すぎて、メンタル的に不安でしょうがない
  • 人間関係がつらくて、精神的につらい
  • 仕事のやりがいを感じられず、働くのがつらい

上記のように今あなたが働いている職場で「心と体にネガティブな要素」がある時は「仕事がきつい」と感じている状態です。

よめちゃん
人によって仕事がきついと感じるポイントは違うわよ!周りから「そんなの全然きつくないだろう」と言われても、あなたにとってはきついことだって沢山あるから、周りの声に惑わされないようにね!

参考:【”仕事がきつすぎる”は我慢禁止】きつい時の対処法と避けるべき業界や職種を解説

2.仕事がきつすぎる業界・職種の選定基準

2.仕事がきつすぎる業界・職種の選定基準

仕事がきつすぎる業界・職種の選定基準は次の10項目です。

本記事で紹介する「きつい業界・職種」は下記10項目のいずれかがきつい職種になります。

  1. 肉体労働が多い
  2. 仕事量が多い
  3. プレッシャーが半端ない
  4. 単純作業の繰り返しでつまらない
  5. 成長できない仕事
  6. 人間関係が悪い
  7. 営業ノルマが厳しい
  8. 労働時間が長すぎる・休憩時間が少ない
  9. 給料が安すぎる・残業代やボーナスが少ない
  10. 理不尽な仕事が多すぎる
よめちゃん
これから紹介する職種は10項目のいずれかを含んでいるから、入社する前に本当にその仕事でいいか10項目を基準に考えてみてね!

3.仕事がきつい業界・職種ランキング

5.仕事がきつすぎる業界・職種ランキング

あなたが働いている業界や職種に原因できついと感じる場合もあります。

辛い仕事を避けたい人は、下記仕事がきつすぎる業界や業種を避けることで楽な仕事を選べるはずです。

数が多いので、下記リンクから気になる職種を見つけてみてください。

ゆーろ
どうしても頑張りたい人は僕が読んだおすすめ本を紹介しておきますので、成果に役立ててください!

1位:介護福祉士

【業務内容】

介護福祉士は日常生活に介護が必要な人に対して、ケアマネジャーがあらかじめ決めたい計画に沿って下記援助を行います。

・身体介護(食事・移動・排泄・衣類の着脱・体の衛生管理など)
・生活援助(炊事・洗濯・掃除・買い物など)
・介護を必要とする方と家族を含めた、介護に関する相談とサポート
・社会的活動支援(要介護者・家族・近隣住民間の対人関係の構築)

【介護福祉がつらい理由】

  • 介護福祉の仕事は長時間労働・少ない給料・目上の型への対応でネガティブになります。
  • 10代から60代と一緒に働くので人間関係の問題が多い
  • 給料がとにかく少ない、割に合わないと感じる人が大半
  • 高齢者や障害者の身の回りのお世話が必要なので常に忙しい

介護福祉は、高齢化社会が進む日本でで大変価値ある仕事にもかかわらず給料が少ないため、誰も働こうと思いません。

また人間関係や、高齢者&障害者への対応に疲れてうつ病になる人も少なくないようです。

2位:看護師

【業務内容】

看護師は医師の診察・指示に基づいて監査の診療を補助したり、患者が入院生活を過ごしやすいよう日常生活の援助や看護を行います。

具体的には問診や各種検査、点滴や注射、食事・排泄の補助、患者移送、検温や入浴の介助、体位交換、記録、巡回、ベッドメイキングなどがあります。

【きつい理由】

  • 看護師の仕事は24時間のため、夜勤など勤務時間が不規則。
  • 新時代は体力的になんとかなるものの、30代以降や子供ができてからは心身ともに疲弊する人が多い。
  • 体位交換など体が悪い人のサポート行うため、肉体的な疲労もある。

3位:救命救急医

【業務内容】

救急医は、重症患者の生命を救うため、初期治療から集中治療まで一貫した診療スキルを要します。

また院内での対応はもちろんのこと、院外で起こる災害や大事故などにも現地で対応することがあります。

【きつい理由】

  • 意識不明・心肺停止など、人命にかかわる仕事のため精神的にはいつも緊張状態
  • 助けられない命もあり、落ち込みなどメンタル面の浮き沈みが避けられない。
  • また昼夜問わず働き、緊急の依頼も多いため家族との時間が取れず心も休まらない。
ゆーろ
常に命と向き合う仕事のため、知識・技術もさることながら精神的に強くないと務まらない仕事ですね…。

4位:消防士

【業務内容】

消防士の仕事内容は「消火活動」「救急活動」「援助活動」の3つです。

・消火活動:消防車で火災現場に駆けつけ消化を行う
・救急活動:救急車で急病人やけが人を病院に搬送する
・援助活動:事故や災害で脱出できない人を援助する

それぞれ消防本部・消防署内に編成されている専門部隊が担当します。

【きつい理由】

  • 消化・救急・援助活動はそれぞれいつ起きるか全く予想がつかず、継続的な緊張感がある。
  • 援助活動のために日々訓練の必要があり、身体はぼろぼろの状態がほとんど。
  • また勤務日は消防署で食事や仮眠を取り、常に通報に備えるため、家族との時間も取りにくい。

5位:自衛隊

【業務内容】

自衛官は防衛相・自衛隊に勤務する特別職の国家公務員で、日本の平和・独立・安全を守ることを第一の任務としている。

射撃訓練・武器の手入れ・体力づくりのほか、海上自衛隊では水泳訓練、航空自衛隊ではフライト・整備訓練が行われている。

【きつい理由】

  • 毎日の訓練で体力的にかなりハード
  • 家族に会えない、緊張場面への出動もあり精神的にきつい
  • 死と隣り合わせの恐怖で、家族や人生が不安になることもしばしば。

国を守るために毎日ハードな訓練を課されるため、きつい仕事は避けて通れません。

ゆーろ
我々が安心して生活できるのは自衛隊の方々のおかげと感謝しなければなりませんね!

6位:引っ越し業者

【業務内容】

営業訪問し、引っ越し代の見積もりから受発注業務を行う。

作業員は引っ越し時の荷物搬入から、荷出しまでを行う。

【きつい理由】

  • 朝は6-7時出勤から夜遅くまで働く必要があり体力的にきつい。
  • 1日3-5件分の引っ越し作業に対応するため、肉体的にもボロボロになる。
  • 給料も低く、キャリアも積み上げにくい。また定年まで働くのはほぼ不可能。

引っ越し業者は肉体的に最もきつい職種です。朝から晩まで仕事して寝ても疲れが取れず体が痛い状態での作業になります。

ゆーろ
僕も引っ越しの仕事をしましたが、朝早くから夜遅くまで荷物運びをしていると筋肉痛が毎日ありました。もう一度やれと言われてもできないくらいきつい仕事です‥泣

7位:物流業界・トラック運転手

【業務内容】

物流業界の主な仕事内容は受注→梱包→仕訳→流通加工→ピッキング→入出庫・商品管理→輸送・配送となります。

トラック運転手はその中でも輸送・配送を担当しており、深夜の長時間ドライブなど体力的にもかなりきつい仕事です。

【きつい理由】

  • 長距離運転と荷物の積み下ろしで体力的にかなりきつい。
  • 給料もそこまで高くなく、キャリアップや別業界への転職が難しい。
  • 今後、搬送ロボットの導入や自動運転の影響で仕事がなくなる可能性もある。

物流業者やトラック運転手は長時間労働で薄給料のため、働き手が見つからずドライバーの高齢化が進んでいます。

今後搬送ロボットや自動運転の普及で、仕事がなくなる可能性が高いため、働くべきか慎重に選びたいものです。

8位:飲食店|労働時間が長すぎ・給料安すぎ

2つ目のつらい業種は飲食店です。僕も飲食店で働きましたが、理由は次の通りです。

【飲食店がきつい理由】

  • ランチ&ディナーがあれば朝から晩まで長時間労働
  • 給料が少なすぎる。残業代やボーナスも基本無し。
  • 次のキャリアが無い。使えるスキルが少ないので転職が難しい。

飲食店は長時間労働を給料が異常に少ないのがネックです。また経験上、飲食店を避ける最大の理由がキャリアアップが難しいことです。

ゆーろ
飲食店で働くなら、転職時に「実績やスキル」をアピールしずらく、中々転職先が決まらないことがあると理解しておきましょう。

9位:施工現場員・とび職

【業務内容】

建築資材の搬入から組み立てまでを担う仕事。

鳶の仕事は建設現場で足場を組み、鉄骨を組み立てるなど高所作業を行う技術職です。

仕事現場によって作業内容が変わり「足場とび」「鉄骨飛び・橋梁とび」「重量とび」に分けられます。

【きつい理由】

  • 高所での作業が求められるので、命の危険と隣り合わせの仕事になる。
  • また納期に間に合わせるために、雨の日も夏の暑い日も重労働が必要になる
  • また親方含め上司が厳しいため、ストレス耐性の強い人でなければ難しい。

建設現場においては「現場の華」と言われるとび職ですが、給料が低かったり、体力的にもかなりきつい仕事です。

10位:客室乗務員

【業務内容】

客室乗務員の仕事内容は大きく①機内サービス業務➁保安業務があります。

・機内サービス業務:飲み物の提供・機内販売・機内アナウンスなど
・保安業務:諸客搭乗前の機内確認/ドア開閉操作/非常用設備案内/離陸着陸前の安全確認など

朝7時ごろの出社から帰りは22時ごろになることが多く、プライベートは全く取れないため、体力的・精神的にかなりきつい仕事です。

【きつい理由】

  • フライトが不規則なうえに、常に立っている必要があるので足が痛む・むくむなどの悩みが多い
  • 気圧の変化で体調や肌によくない影響が起きる
  • 朝早く夜遅くまでの仕事が多く、フライト中は仮眠室での睡眠など体力的にもかなりきつい。

キャビンアテンダントに憧れて入社したものの、あまりの大変さに値を上げてしまう人も少なくないようです。

11位:マスコミ業界関連職種

マスコミ業界とはテレビや雑誌、新聞・広告などメディアを介して情報発信を行う企業全体のことを指します。

一口にマスコミと言っても放送業界・出版業界・広告業界などさらに細かく業界は分類され、そこで働く人の職種も様々です。

  1. TVディレクター・プロデューサー
  2. アナウンサー・キャスター
  3. 放送記者
  4. 新聞記者
  5. 編集者・ライター
  6. 広告プランナー
  7. イベントプランナーなど

【仕事がきつい理由】

  • 拘束時間の長さ:他の人の確認待ちや作業待ちなど待ち時間が長い
  • 勤務時間の不規則さ:自分自身で時間をコントロールできないことにストレスが溜まる
  • 下積み時代の長さ:アシスタント時代が長く、キャリアを無駄にしてしまう場合が多い

かっこいいイメージのあるマスコミ業界ですが、裏方周りの仕事で待ち時間や勤務時間が不規則です。

ゆーろ
またいつ昇進昇格できるかわからない下積み時代を送り、最終的に次のキャリアの幅が広がらないと悩む人も多いです。

12位:保育士

保育園の仕事内容は子供たちの生活全般のお世話をしながら、心身の発達を促し、社会性を養うことです。

食事・睡眠・排泄・整理整頓や清潔さ・衣類の着脱など基本的な生活習慣を身に着けさせる役割も担っています。

【仕事がきつい理由】

  • 遊びまわる子供を相手にするため、とにかく体力的にきつい。
  • 泣く子や親からのクレームなど精神的にもきつい。
  • また朝早い出勤から遅くまで働いた後にお遊戯会の準備などプライベートの時間も取れない。

保育士の給料が安い問題が度々ニュースでもある通り、長時間労働にもかかわらず給料が少ないです。

13位:期間工

期間工とは期間従業員とも呼ばれる「働く期間が決められている契約社員」のことです。

仕事内容は例えば自動車・航空機・機械工作・電子部品などの業種でオートメーション(自動制御装置の)作業を受け持ちます。

決められた製造ラインで行う作業がメインなので、フリーターや未経験者、初心者でも働きやすい特徴があります。

【期間工がきつい理由】

  • 仕事内容が体力的にきつい(力仕事・立ち仕事・きつい姿勢での作業)
  • 覚えることが多く、ミスしたら怒られる精神的不安が大きい
  • 工場内の環境がきつい(クーラー効いてない)
  • 単純作業がきつい
  • 深夜勤務や残業も多い

期間工と言えばかげぽんさんのブログを見るとめちゃくちゃ分かりやすいので参考にしてください。

参考  かげぽんの期間工ブログ | アラサー期間工がトヨタ、日産、ホンダの求人情報を比較したブログ。 かげぽんの期間工ブログ

14位:保険営業など営業職種

仕事がきつい1つめの職種は『営業職』です。

【営業職がきつい理由】

  • 営業ノルマでプレッシャーがつらい
  • 新規顧客開拓(電話・訪問など)がつらい
  • 販売業務・プレゼンなど対人スキルが求められる
  • 売れてないと長時間働かないといけないのが心身ともにつらい

営業職は特に終わりのないノルマとの戦いに耐えられない人は辞めておいた方が無難です。

15位:プロスポーツ選手

15位はプロスポーツ選手です。文字通り野球・サッカー・テニスなどのプロスポーツ選手として生計を立てていく人です。

体力的に自らを追い込むのはもちろんのこと、1回の勝負の成果で勝たなくては生き残れない精神的な強さも求められます。

また、生計を立てられるのはほんの一握りで、選手生命も長くないため非常に厳しい職業になります。

16位:産婦人科医

産婦人科は産科と婦人科に分かれています。

産科は外来と病棟に分けられ、外来に勤務する看護師は妊婦検診の介助や産後1ヶ月検診がメインになります。病棟では入院になった妊婦には検温や点滴の管理のほか、清潔ケアなどの身の回りのケアをします。

一方で婦人科の外来は、がん検診をはじめ、診察や処置の介助が主な業務になります。病棟では患者に対して検温や処置の介助、治療の説明や点滴管理、服薬管理。服薬指導などを行います。

【きつい理由】

  • 分娩も手掛けていると時間的制約もきつく訴訟リスクも高いから
  • 赤ちゃんに少しでも異変があるとクレームなどがあり精神的にきつい
  • 毎日いつ呼び出されるかわからず、上手く出産出来て当たり前のプレッシャーがつらい

命に係わる産婦人科医は特に精神的にきつい職種と言えそうです。

17位:警察官

警察官は管内のパトロールのほか、遺失・拾得届の受理、交通案内、各家庭や企業を訪問し防犯活動を行うなど、住民と接する仕事が中心です。

また事件や事故があった時は、現場への駆け付け、救助活動や現場保存、犯人確保などの初動操作に関わります。

【警察官が大変なポイント】

  • 上下関係が厳しくパワハラセクハラが激しい、口答えもできない。
  • 犯罪者・異常者・反社会組織を相手にするため、下手したら命を落とす
  • 死体と関わる必要がある
  • 勤務時間が長く、批判されやすい(税金で生活/隠れての取り締まりなど)ためメンタル的にもつらい

給料自体は比較的高いものの、労働時間が長く自給換算すると激安の職業です。

また休みもゆっくりできないため、プライベートも皆無と考えておいた方がいいでしょう。

18位:アニメーター・イラストレーター

アニメーターは動画マンと原画マンに分けられ、それぞれが作業分担しながら1つの作品を作ります。

一方でイラストレーターは、雑誌などの紙媒体やWEB、ソーシャルゲームで使われるイラストを描く人のことを指します。

【仕事がきつい理由】

  • あくまでクライアントありきのため、自分が書きたい作品を書けるわけではない
  • 限られた時間の中で、どれだけ自分の実力を出せるかの苦しさとプレッシャーと常に戦う必要がある
  • 生計を立てるための十分な収入が得られない

アニメーターやイラストレータは実力や知名度によってギャラが変わるため、生計を立てるのが難しいです。

またクライアントニーズに沿った絵をかいたり、納期へのプレッシャーも計り知れない職種と言えるでしょう。

19位:俳優など

俳優は映画やテレビ番組、舞台などで演技を行い、見る人を楽しませる仕事になります。

【俳優がつらい理由】

  • 収入がないため、日々バイトをしながらオーディションを受けないといけない
  • 素晴らしい演技力があっても、良い作品や政策人に合わないと日の目を見ない(運も必要)
  • プライベートもなく台本を覚えるなど日々の努力が必須
  • 一時的に売れても将来の保証がなく、替えが効かない職業となる。

当たるかもわからない中で、夢を追いかけるのは並大抵のつらさではありません。

また頑張っても努力が報われるわけではなく、失敗すればキャリアの替えが効かないプレッシャーとも戦う厳しい職業です。

20位:アパレル関連(デザイナー・服飾)

アパレルの仕事は、アパレルショップで洋服やファッション小物を販売する仕事です。

お店に来店するお客に着こなしなどのアドバイス・試着サポート・レジ業務などの販売に付随する業務を行います。

【アパレルが大変な理由】

  • 年収200万円台もざらにある低賃金の給料
  • 接客・入荷作業・ストック業務など男女関係なく体力勝負の世界
  • 店舗売りでも個人売りでも、常に売上へのプレッシャーがかかり精神的にきつい

服が好きでアパレルを仕事にする人は多いですが、給料が安いのが最もきついポイントです。

また立ち仕事や力仕事で体力的にもきつく、売上のプレッシャーもあるため給料に見合わないと感じる人が多数います。

21位:金融業界

金融業界は大きく①銀行業務②証券会社③保険会社の仕事を担っています。

①銀行:顧客から預かったお金を、個人や法人に貸して利益を上げる
②証券:投資家が株式や投資信託といった金融商品を購入する際の仲介を行い仲介手数料を得たり、株の売買で利益を得る
③保険:加入者から集めた資金を元に、加入者が病気やけがの被害にあった際に保険金を支払う

【金融業界がきつい理由】

  • 事務処理の正確さを求められるプレッシャー
  • 膨大なノルマ(貸出金・預金額・投資信託・デリバティブ商品・保険・関連会社営業)
  • 転勤が頻繁にある
  • 期日管理が必要なプレッシャー

業務に正確さと勉強すべきことが多いため、長時間労働を強いられますが仕方ありませんね…。

性格の向き不向きが大きく影響し、精神的なタフネスさと体力が求められる金融業でした。

22位:経営コンサルタント

コンサル業界がきつい最大の理由はプレッシャーが半端ないことです。

【コンサル業界がつらい理由】

  • 全業界が営業対象のため、覚える仕事が多い。
  • 受注金額が大きいため、プレッシャーが半端ない。
  • プレゼン相手は社長や部長以上のため、自信がないと心が折れる
  • 長時間労働や徹夜も多く、上司から詰められることもしばしば

上記業界は高い給料が魅力的なものの、社内外からのプレッシャーは他の業界とは比べ物になりません。

僕自身コンサル業界で10年働いていますが、プレッシャーから体調を崩したことや、徹夜したことは数え切れません。

23位:コールセンター

コールセンターがつらいのは絶え間ないクレーム対応が求められるからです。

【コールセンターがつらい理由】

  • 毎日数百以上のクレームに対応しなければならない
  • ストレスの割に給料は少なめ
  • こちらからは失礼なお客に文句を言えない

上記から機械的に作業できる人以外は、感情移入してネガティブになってしまうためコールセンターをおすすめしません。

24位:プログラマー・エンジニア

プログラマーの仕事内容は、プログラミング言語を書いてシステム開発を行うことです。

またシステムエンジニア(SE)の仕事は、クライアントから要望をヒアリングし、それに基づいて仕様決定と設計を担当することです。

【プログラマーがきつい理由】

  • 労働時間が長い(月末月初・四半期末・年度末)
  • 給料が上がらない(年功序列、ある程度キャリアを積むと成長が頭打ちする)
  • 顧客先での常駐を余儀なくされる(会社に振り回されて心の余裕がない)
  • 人手不足で、前任者からの引継ぎやフォローが無く、初心者には地獄

プログラマーやSEは実力が求められるため、経験がないと失敗続きで、毎日辞めたくなります。

また自分だけでの作業であればいいですが、周りと協力して作業する場合は、自分のミスがメンバーに影響するためストレスで辞める人も多いです。

25位:学校職員

学校職員は庶務や経理、広報といった幅広い業務を担います。

【学校職員を辞めたい理由】

  • やる気のある若手社員がどんどん辞めて、労咳ばかりの活気ない職場になる
  • 年功序列で上司は威張ってばかり。給料アップも中々見込めない。
  • オープンキャンパスシーズンは全く休みが取れない

その他にも給料が安く、先生や教授に気を使わないといけないなど大変なことが多いのが公務員です。

また学生やその親に単位不足の説明をしたり、理不尽なクレームが来たりなど精神的にもつらいのが職員です。

26位:国家公務員※総合職

国家公務員の仕事は多岐にわたります。また国家公務員は総合職と一般職に分けられます。

・総合職:幹部候補として政策立案・法案改正・予算編成に携わります
・一般職:中央省庁や出先機関で政策の実行を行い、企画立案を支える立場として活躍

その中でもきついのがやはり国家公務員の総合職です。

【国家公務員総合職がきつい理由】

  • スケールの大きな仕事や行売領域が広く、ストレスやプレッシャーを感じる
  • 人間関係が面倒で精神的に参る
  • 官僚たたきなどイメージが悪く、損をしてしまう。

国のために働いている国家公務員ですが、一部の怠惰な社員のせいでイメージが悪くなっていることもあります。

スケールの大きな仕事や上下関係の面倒さに嫌気がさす社員もいるようです。

27位:葬儀屋さんのスタッフ

葬儀屋の仕事はなくなった遺族などから依頼を受けて、ご遺体の管理や葬儀全体の進行・管理を行うものです。

依頼を受けてから遺体の搬送・安置を行い、遺族相談のもと通夜や葬儀の手配、進行を行います。

【葬儀屋がきつい理由】

  • 重い荷物や遺体を運ぶので以外に力仕事が多く体力的にきつい
  • 忙しくて葬儀当日までに2~3時間睡眠しかとれないこともある(中や土日問わずの勤務)
  • 人の死を商売にしているなど「世間体が悪い」
  • 亡くなり方も色々あったり、覚えるマニュアルも多く精神的にきつい

どの仕事でもそうですが、特に葬儀会社で働くことは、メンタル面でかなりの負担がかかります。

目に見える喜びは冠婚に比べて少ないかもしれませんが、なくてはならない仕事の一つです。

28位:秘書

秘書の仕事は社長や上司のスケジュール調整や、出張費の申請といった事務作業を代行します。

毎日届く電話やメール、来客対応も秘書の仕事です。

【秘書がきつい理由】

  • 会社・社長・上司に関連する情報は伝えることができず、孤独を感じる。仕事の内容によっては相談さえ許されない。
  • 自分のスケジュールが立てづらく、夜のプライベートもないことが多い。
  • スケジュール管理などミスが許されないため、毎日のプレッシャーは相当なものがある

秘書がきつい理由は他にも労働時間が長かったり、給料が低かったり、上司からパワハラや横暴な対応をされるなどが多いです。

29位:パン屋さん・弁当屋さん

パン屋さんや弁当屋さんの1番きつい所は出社時間が早い所です。

4-5時出社というところもあるため、体力的にもきつい職業になります。

また給料も低いため、好きだけではやっていけない人も多いようです。

30位:清掃員

最後は清掃員です。文字通り家やオフィスなどビル内の清掃を担う人です。

清掃員が大変なのはずっと立ちっぱなし、動きっぱなしで体力的にきついことです。

また給料も低いのと、次のキャリアに広がりがないため、つらいと感じる人も多いようです。

4.仕事がきつい業界・職種から楽になる5つのポイント

4.きつい仕事から楽な仕事へ転職するためのポイント

ここからはきつい仕事から楽な仕事へ転職するための5つのポイントについてお伝えします。

内容を実践することで(読んだだけでは変わりません)、つらい仕事から解放されるので必ず1つでも実践してみてください。

4.1.大企業に転職する

きつい仕事から解放されるための、1つめの方法は『大企業に転職する』ことです。

理由は次の通りです。

  1. ホワイトワークのため、体力仕事が少ない
  2. 人数が多いため、1人当たりの作業量が少ない
  3. 給料が安定しており、精神的にも楽ちん
  4. 会社のブランドがあり、営業もしやすい

これらの理由から、大企業に転職することで、きつい仕事から解放されます。

よめちゃん
でもこれまで重労働してきたのに、いきなり大企業のホワイトワークに転職するなんて無理じゃない?
ゆーろ
たしかに僕自身も経験がありますが、年収300万程度だと、厳しい場合がありますね…。いきなり大企業は難しいので、僕は飲食業界からベンチャー企業に転職しました。まずは実力と実績をつけるために、興味のある職種でベンチャー企業に転職しましょう!
ここでは僕が未経験からベンチャーに転職したときのおすすめエージェントを紹介しておきます。

参考:【年収別】あなたにピッタリな「おすすめ転職エージェント」ランキングTOP10

おすすめ①:ハタラクティブ

ハタラクティブの評判は悪い?第二新卒で使った僕がリアルな口コミを解説‼

ハタラクティブはフリーターや第二新卒に特化した転職支援サービスで、内定率は驚異の80.4%の実績を誇ります。

未経験歓迎の求人が2000件以上あり、カウンセリング実績は15万人にのぼる、未経験者や第二新卒にとにかく優しいエージェントです。

ハタラクティブは厚生労働省の「若者キャリア応援制度」受託事業者として2014年から2016年まで認定されていた実績もある就職活動支援サービスです。

でんさん
厚生労働省公認と言われると、なんか安心感があるな!!!

【僕のリアルな体験】

  • 当時の僕は自分に自信がなかったので『大手転職エージェント』は行きづらく、未経験者でも就職確率を上げたいと選んだのがハタラクティブでした。
  • 初めての転職で右も左もわからず超不安でしたが、ハタラクティブの方にサポートいただき転職の流れが良く理解できました。今でもハタラクティブにはとっても感謝しています。

転職や就職に自信がないけど、悩みを相談したい場合は是非ハタラクティブを利用してみましょう。

\ フリーター・未経験・第二新卒におすすめ /

 

ハタラクティブ_ロゴハタラクティブの評判は悪い?第二新卒で使った僕がリアルな口コミを解説‼

おすすめ②:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントで、年間45000人以上の20代が登録しています。

マイナビ唯一の20代専門サービスで、20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが1人1人を入社までサポートしてくれます。

更に、適性診断・キャリアカウンセリング・求人紹介・面接対策・履歴書・職務経歴書の添削など20代の転職を全てサポートしてくれるので、転職未経験者やニートの方には特におすすめです。

ゆーろ
またマイナビジョブは80-90%が非公開求人のため、自分だけで転職活動を行っていては得られない情報も入手でき転職活動を有利に進めることができますよ!
\20代転職特化・非公開求人8割/

おすすめ③:DYM転職

DYM転職

DYM就職は20代・第二新卒・既卒はもちろん、フリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。

経歴や学歴に不安がある人も、2000社の優良企業を紹介してくれるので正社員に転職・就職ができますし、最短1週間でのスピード入社も可能です。

よめちゃん
正社員求人100%でブラック企業は徹底排除してくれているも嬉しい所ね!

書類選考もないのと、全国32か所に拠点があるので、筆記試験が苦手な人にもお勧めできるエージェントです。

\フリーターやニートから正社員転職におすすめ/

おすすめ④:いい求人net

いい求人net

いい求人net営業職に特化した、営業正社員専門の求人情報・転職サイトです。

営業職に特化していることもあり、他の転職サービスでは取り扱っていない優良企業や積極採用企業の求人情報を多数保有しています。

また、キャリアアドバイザーも営業職に精通しており、キャリアカウンセリングから求人の紹介、応募書類の添削や面接対策、更には面接の日程調整や年収交渉、入社次期交渉まで専任のコンサルタントが一人一人と向き合ってくれます。

また求職者が安心して次のステージへキャリアップできるように、6項目20カテゴリーの評定が設定されています。

更に、その他規定をクリアした求人企業が一目で分かるように「いい求人認定」というマークを求人情報に掲載してくれているので、ブラック企業を避けることができておすすめです。

【営業職のおすすめ種類は?】楽に稼げてキャリアUPできる営業職種

\営業職転職に特化!/

4.2.ビジネスモデルの良い会社に転職する

楽な仕事を手に入れる2つ目の方法は『ビジネスモデルの良い会社に転職する』ことです。

ビジネスモデルとは、会社が収益を稼ぐ方法のことで、ビジネスモデルが優れた会社は社員が働かずともお金が入ってきます。

具体的にはGoogleやAmazonなどは営業しなくても、広告収入や商品が売れる仕組みがあるからこそあそこまで広がっているのです。

【取り入れるべきビジネスモデル】

  • サブスクリプションモデルが入っているか
  • EC販売を行っているか?
  • 差別化商品やサービスが豊富か?

ビジネスモデルはこちらを参考にしてみてください。

自分があくせく営業・作業しなくてもお金が入る仕組みを取り入れている会社に入社しましょう。

4.3.自分の好きなこと・得意なことを仕事にする

3つ目は自分の好きなこと・得意なことを仕事にすることです。

なぜなら好きなこと・得意な仕事に転職すれば、仕事が楽に早く終わるからです。

【好きな仕事を見つけるための問いかけ】

  • 自分が24時間365日取り組める仕事って何だろう
  • 自分が他の人よりも簡単にできることは?
  • 人生の中で時間をかけてきたものは何だろう

嫌いな仕事、苦手な仕事をしていてはいつまでたってもつらい仕事から抜け出せないので、1日も早く好きな仕事でキャリアを積み上げましょう。

4.4.ブルーワークではなくホワイトワーク(PC活用関連)

4つ目はブルーワークではなく、ホワイトワークに就くことです。

冒頭にもお伝えした通り、ホワイトワークは作業がデスク作業で、力仕事が減るからです。

またIT関連の仕事は将来も必要とされる仕事のため、一生職が無くなることも少なくなります。

ゆーろ
IT関連の未経験転職ならレバテックキャリアがおすすめなので、ここで一度キャリアを刷新するために話だけでも聞いてみてください。

4.5.副業を始めておく

最後に楽な仕事を手に入れる5つ目の方法が副業を始めておくことです。理由は次の通りです。

  1. 副業収入があれば、キャパオーバーの仕事を無理に引き受けなくて済む。
  2. 嫌な仕事があれば、断れて精神的にも楽ちん。
  3. どこでも稼げる技術を身につけることができる
  4. PC作業・論理思考力・ライティング力が身に付き本業が楽になる

副業を始めると技術的に成長して、精神的に楽になります。

WEBマーケ業界への転職が可能になったり、ホワイトワーカー転職もしやすくなるので今すぐ始めておきましょう。

5.きつい仕事ではなく『楽に勝てる業界・職種』を選ぼう

5.きつい業界・職種ではなく、勝てる場所を選ぼう

ここまで【仕事がきつい業界・職種ときつい仕事から解放される方法】についてお伝えしました。

長時間労働・肉体労働・給料が低い・人間関係がつらいなどが続く場合は「仕事がきつすぎる」ので違和感を感じてください。

これまで頑張ってきた職業かもしれませんが、本記事で紹介した職種はやりがいは置いておいて、きつい業界・職種であることは間違いありません。

その上給料も上がりにくい、危険な職業でもあるのでキャリアを選ぶ時は慎重に選択してください。

そして、本記事の解決方法を実践すれば今からでも遅くありませんし、楽な仕事に転職できるので必ずエージェントに相談してください。

僕自身も月400時間働いた飲食店時代から転職していなければ、今頃地獄から抜け出せていませんでした。

新しい環境に飛び込むのは不安なのは僕も経験しましたが、キャリアを変えることで勉強する時間や家族との時間が取れて本当に転職してよかったと思いました。

一時の恐怖や不安で人生を棒に振るのではなく、納得いく人生を送るために理不尽な職場環境から一刻も早く逃げ出してください。

本記事を読んでくれたあなたが、頑張った分報われて、今よりも心も体もゆとりを持って働ける職場に出会えることを祈ってます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です