Twitterアカウントはこちらをクリック🔘

【挫折した方に朗報‼】継続力を身につける9つの方法

 

f:id:Enjoy_the_Earth:20190503234048j:plain

 

ゆーろ

本記事では継続力を身につける9つの方法について書いていこうと思います

みなさんこんにちは!上質な情報で人生の質を上げるブログ「ゆろなび」運営者のゆーろ(https://twitter.com/yuro_tasteearth)です。

いつもブログを見ていただいて本当にありがとうございます★

「継続力」はその名の通り、続ける力のことをいいますが、何でも初めは続けるのって大変ですよね。

「やり方がわからない」
「やり始めてもうまくいかない」
「他にもやるべきことがたくさんある」

あなたの継続を阻む要因は世の中にはごまんとあります。私達の周りには誘惑が本当に多いのです。それでも、継続力についてお伝えしていこうと思ったのは、ビジネスとプライベートを良いものにする為には、僕自身「継続力」が不可欠と考えているからです。

各界の著名人で言うと、
*野球で世界一ヒットを重ねたイチロー選手
*ボクシングで50戦無敗のフロイド・メイウェザー選手
*サッカーの本田圭佑選手などプロスポーツ選手も全て継続力から技術を確立しています。

ビジネスで言えば、ホリエモンやShowroomの前田さんなど圧倒的な情報収集を継続する人ほど、活躍していることが分かると思います。

今よりレベルアップしたければ「継続力」を身につけていることはマストです。今日は、ビジネス・部活動・勉強などあらゆる活動に必要な「継続力」をどうすれば身につけることが出来るかご紹介できればと思います。

本記事で得られる情報

  • 継続力ってそもそも何?
  • 継続力のメリット
  • 挫折する理由
  • 挫折せずに継続する方法

1.継続力とは

継続力の定義とは一体何でしょうか?weblio辞典にはこう記されています。

“一般的に、継続する力、物事を続けるために必要とされる能力や資質といった意味で用いられる表現。根性や辛抱、無理をしないこと、少しずつ始めることなど、文脈により対象となる資質は異なる。

いずれにせよ「何かに継続して取り組むこと」と書かれていますね。僕の場合、淡々と、自分のペースで、目標に向かって物事に取り組める力だと考えています。

継続力は、天才や特定の人にしか身につけられないものではありません。その気があれば誰にだって身に付けることができる能力です。

定義からすると、継続の反対は「中止」ですから一度決めたことを辞めてしまうのはよくありません。どれだけ小さな事でも継続していけばそれは継続していると自分に自信を持ちましょう。

2.継続力の効果とメリット

次に継続力の効果とメリットについてお話します。継続力の効果とメリットは大きく3つあると考えています。

①できることが増えていく。
②自信が持てるようになる
③未来の目標に向かって、また努力することが出来る。

①できることが増えていく

継続の一つ目のメリットは、昨日の自分より着実に成長している。そして、徐々に自分に出来ることが増えていくことです。

最初はどんなことでも、もちろんうまくいきません。継続しながら物事に取り組むことで、少しづつ成長していき、自分の成長を感じられるようになってきます。それに合わせて、出来ることもどんどん増えていくことが感じられると思います。

できることが増えていくと、会社で活躍の場が増えたり、仲間からの信頼も得ることができるので②の自信もついてきます。

いつもみんなに「どれくらい継続していけばいいの?」とよく聞かれるのですが、私の場合いつも「一生です」とお答えしています。

3日、1週間、1ヶ月、3か月、半年、1年…2年と継続していくことで、最終的に継続していくことが習慣になり、一生継続できると信じているからです。

また自分の成長はいつ感じるかが事前に分かるものではなく、ふとした瞬間に感じるものです。上記のように3日、1ヶ月、1年と続けていく中で、ふと成長を得られるものだと自覚しておきましょう。

ゆーろ

ローマは一日にして成らずっていうのはこういうことなんだね♪

②自信が持てるようになる

継続が出来るようになってくると、少しづつ自信がついてきます。これは継続できるようになった自信や、出来ることが増えた自信など自分に対する自信が大きいです。

重要なのは「他人との比較による自信ではなく、自らが形成した自信」であることです。他人から得た自信はコントロールができないため、いつも自信を持つことが出来ませんが、自ら形成した自信であれば、毎日自信を持つことが可能です。

更に自信がついてくると、より努力を継続したくなり、ポジティブなスパイラルに入りますので、③の新たな努力をまたしたくなるようになります。

③未来の目標に向かって、また努力することが出来る

昨日の自分より成長していることを感じることができて、少しずつ自信が持てるようになると、継続すれば成果が出ることが分かっていますので、また努力するようになります。

努力が無意識のうちに善循環でできるようになっていくと継続力が身についていると思ってよいでしょう。常に、毎日新しい目標に向かって自然と突き進むことが出来るようになります。

僕の場合は「努力している自分に酔わない」「努力を努力と思わない」と思える自分になるのが目標でした。小さな目標を設定し、コツコツと努力していく。達成したらまた新しい目標に向かっていく。その繰り返しです。

私もそうでしたが、努力を継続し、継続する内容の幅を広げていくことで、これまで見えなかった自分に出会えること間違いなしです!

3.継続できない(挫折する)9つの理由

そもそも人はなぜ挫折するのでしょうか?挫折するにはいくつかの理由があるのです。挫折する理由を知っていなければ、毎日を楽しく継続することができなくなってしまいます。継続を阻害する要因を理解することで、より継続できる自分を目指していきましょう。

①コンディションが良くない

最初にはっきりお伝えしておきたいのが、コンディションが良くないと絶対に継続は出来ません。

飲み会続きで体調が悪かったり、毎日残業続きで夜更かしすることによる疲弊で自分のやりたいことを継続できますでしょうか?恐らく難しいと思います。

常にベストなコンディションで毎日を望めれば、自然とやる気が出てきますのでまずは体調を整えることに注力していきましょう。

僕が激務を乗り切ってきたり、良いコンディションを整える記事を書いていますのでこちらも参考にしてみてください。

【激務の海外戦略コンサルタントが教える】疲労回復におすすめの方法!

②好きではない・楽しくないことに取り組む

好きではないことや楽しくないことに取り組むことも継続を阻害する要因といえるでしょう。

やりたくもないことを絶えず継続していくことなど絶対にできません。少なくとも自分自身で考えた時も難しいと思います。

継続をしている人(結果的に継続できている人)は、努力が苦にならないことを楽しくやっているのです。

自分が好きで好きでやりたいことを好きなだけやっている。それは継続できますよね。ただこの状態がベストです。

あなたが仮に、現状やりたくもない仕事や取り組みを行っているとしたら、それは環境ややるべきことを変える必要があるかもしれません。

また先の未来を考えて、今はつらいことをやっておいた方がいいこともあるかもしれませんが、僕からするとそれは今が最適なタイミングではないかもしれません。本を読みたくてしょうがない、英語や資格を勉強したくてしょうがない。それがベストなタイミングです。

「好きこそものの上手なれ」の原則で継続していきましょう。

③高すぎる目標設定

目標設定が高すぎる人もよく挫折をする人にあげられます。

高すぎる目標がなぜ挫折を生むかは「目標未達成」「できない自分」を創出するからです。

例えば英語学習をしていて「3か月でTOEIC800点を目指す」とか「留学半年でペラペラになる」など非現実的な目標です。営業現場でいえば大型案件を入社半年で受注する(もしかしたらできるかもしれませんが)など現在の実力と乖離した目標設定を設定してしまうことです。

目標未達成やできない自分は、自信を失わせます。「やっぱり自分はできない」「やっても無駄だ」これらの言葉はジャブの様に聞いてきて、行動を阻害してしまいます。多少目標は下げてもいいので「常に目標達成している自分」を作り上げるように心がけましょう。

④目標に期限を設定していない

目標に期限を設定しない場合も、継続をできない場合が多いです。理由は継続してもしなくてもしなくてもよい状況に自分を置いてしまうからです。

「いつまでに何をする」かの目標を立てるからこそ、モチベーションが上がり継続を行うことができます。何となくの毎日を過ごしているだけでは目標がない為、努力がそもそもできません。

先ほどお伝えした通り「高すぎる目標設定」は継続を阻害してしまう為おすすめしませんが、ある程度期限を設定した目標は必ず設定するようにしましょう。

⑤時間が捻出できていない

時間を捻出できない場合も、継続が困難になります。

時間がないと他のことを優先してしまい「時間がないからしょうがない」と自分に言い訳をしてしまいます。また、本当に忙しい人の場合、そもそも継続するための時間さえない為、行動がとれません。

具体的にはブラック企業の方・遠方からお勤めの方・受験シーズンや部活で忙しい学生にこの傾向は多いと思いますが、少しずつ・小さな継続でもできるように時間と目標設定のバランスを取りながら生活をしていきましょう。

【激務な人必見‼】仕事で余裕がない人が実践すべき「7つの時間の作り方」

⑥努力するメリットが落とし込めていない

挫折しやすい人の特徴として、努力するメリットや努力をした後の自分のイメージが湧いていない場合があります。

努力するメリットが自分の中で落とし込めていないと、自分の取り組みの意味付けをすることができない為、モチベーションがあがりません。

また最初のうちは、メリットが落とし込めていなくても物事に取り組むことができるかもしれませんが、継続が長期化すればするほど自分にご褒美が無ければ継続が難しくなります。

⑦なりたい自分が鮮明にイメージできていない

メリットを落とし込めないこととも繋がりますが、将来自分がなりたい姿を鮮明にイメージできないことも継続の阻害要因です。

あなたはなぜ努力を継続する必要があるのでしょう。甲子園に出たい、TOEICで900点を取って海外の大学に入学したい。会社でより大きな仕事を任せてほしい。理由はいろいろあるでしょう。いずれにしてもあなたが頑張った先にあるあなたの未来図が鮮明でなければ、努力が続くことは難しいでしょう。

もちろん好きな仕事や努力を継続することができていれば毎日が楽しいでしょうが、毎日が楽しいとも限りません。日々の中でつらいときは一定数あると思います。そんな中で「自分は将来●●になるんだ」というイメージがあなたを支えてくれます。

はじめは中々イメージがつかないかもしれませんが、毎日数分でいいので自分のなりたい姿を頭の中でイメージしてみてください。イメージした姿に近づきたいとあなたの継続を後押ししてくれるはずです。

⑧できない自分を責める

継続ができない人に多いのが「できない自分を責める」ことです。自分のことを責めるのは、やらない理由を作るうえで、非常に効果があります。

しかし、継続において「自分を責めること」に全く良い効果はありません。百害あって一利なしです。自分を責め続けることで継続が出来るようになるのであればみんなやっています。

自分のことを責めることなく毎日を過ごすように心がけましょう。

⑨他人との比較

最後に、他人との比較が継続を阻害する最も強力な要因です。「自分は何でこんなに出来ないんだろう」「なぜ自分だけ成果が出ないんだろう」「自分には才能がないのではないだろうか」。こんな言葉があなたの努力を阻害し、1歩踏み出すことを怖くします。

確かにあなたより優秀で効率の良い人は沢山いるかもしれません。しかし他人の能力を嘆いたところであなたの継続力が上がるわけではありません。コントロールできることに焦点を当てて、他人との比較を一切やめて、自分をコントロールするようにしましょう。

4.継続力の身につける9つの方法

続いて、「継続力の身につけ方・方法」ついてお伝えしていきます。

①コンディションを整える

まずはあなたのコンディションを整えることがから始めましょう。すべてはそこからです。

コンディションが整っていれば、あとは自然と努力をしたくなります。また努力を行ったときに最も効果を得ることができます。

疲れた状態で、努力を継続してもやらされた状態での努力になるので効果が半減してしまいます。「攻めの休息」という言葉がありますが、コンディションを整えるのは自分の努力の成果を最大化するため取り組みと意識しましょう。

②好きなことに取り組む

僕の経験上、継続力を上げるためには、24時間365日やりたいことをやるのが一番です。

よく成果の為にやりたくないことや、やらないといけないことを継続しようとする人がいますが、そういった方は努力の継続方法を間違えています。とにかく自分の興味・関心があることにまず着手することが第一優先です。自分の周りで、好きなことをにやにやしながら取り組んでいる人を探してみてください。

営業・料理・部活・娯楽(スポーツやゲーム)をニコニコ楽しそうにする人など何でも構いません。彼らは努力を努力と思っておらず、楽しく取り組んでいることでしょう。彼らの真似をするようにあなたの大好きなことで努力するのが継続の最短ルートです。

どうしても好きなことがないという人は、好きになりたいことで継続していくしかありません。はじめはつらいかもしれませんが、できないことが出来るようになることで興味がないことがだんだん好きになることがあるかもしれません。それまで興味がなかったことに対して取り組みたくなる自分が現れますので心配しなくても大丈夫です。

自然にやってみたくなる時まで、慌てず待ちましょう。

③達成できる目標設定

継続力を身につけている人は目標設定も上手です。自分が達成できるかできないかのゾーンに目標設定することができています。

数か月間頑張っても最終的に目標を達成できないとなると、自信を失ってしまいますので、ほどよい目標を微調整しながら設定しましょう。

④目標に期限を設定する

目標には必ず期限を設定するようにしましょう。期限を設定しない努力は中だるみをしてしまい、効果が出にくくなってしまいます。

できるかできないかの絶妙な目標を「いつまでに達成するのか」設定しましょう。目標に期限を付けるコツは「細かく設定する」ことです。

3年くらいの中長期で目標設定することから始まり、1年、半年、クォーター、1ヶ月、1週間、1日といった単位で細かく期限を設定していくとよいです。※もちろん期限を設定することを嫌いで逆にやる気がなくなってしまう人は、期限を設定する必要はありません。自分の性格に合わせて、期限を設定していきましょう。

⑤時間を作る

時間の捻出ができるようになると、継続できる時間が生まれる為、継続できる可能性が高まります。

ポイントは隙間時間を使うことで時間を捻出しながら、短い時間でも達成できるような目標を設定することです。ここがポイントです。

例えば「毎日Twitterでつぶやく」とか「英単語を10個覚える」であれば隙間の移動時間でもできそうですよね?

【なぜあなたの仕事は終わらないのか】

⑤継続しないメリットについて考える

継続が出来ない理由の一つに「現状維持」という心があります。
私の感覚では6-7割くらいの人は正直これにあたります。

現状維持の心があるともちろん何か新しいことを継続して行うことは難しいので、とにかく、「現状維持は衰退」と考えましょう。

「今のままでもいいや」「これ以上は頑張らなくてもいいだろう」
このように考えている方々ももちろんそれぞれの自由なので否定はしませんが、たった一度の人生。今一度夢や目標について考えてみましょう。

⑥なりたい姿を鮮明にイメージする

やはり継続力を身につける為には、イメージが大切です。

成長した先に何を得たいのか、それは時間・仕事の成果・お金なのか?

この成りたい自分を頭の中でイメージし続け、鮮明に描くことで努力する為のモチベーションが高まります。

大切なのは、自分が達成可能そうな成果をイメージすることです。
現状の自分で難しそうな目標を立てると、かえってやる気を失う可能性がありますので注意が必要です。

⑦仲間と一緒に継続する

継続においてはとにかく環境が重要です。一人ではなく、仲間と一緒に継続するようにしましょう。。

継続していくうえで環境は本当に重要です。私も部活を行っているときに集団は「努力する集団」と「しない集団」に分かれていました。

ジムなどもよく複数名で励ましあいながら取り組んでいますが、
やはり周りの友人と共に取り組むことで、より継続出来るのではないかと感じています。

⑧できない自分を責めない

あなたの行動は今最善ではないのでしょうか?いいえ、最善なのです。

色々な過去があり、努力をしてきたけどやっぱりできない場合もあると思います。そんなときでさえ自分を責めることなく毎日少しずつでいいので成長していってください。

常に自分を責めないこと。できていない事実を見れば十分です。切り替えてまた明日に頑張るくらいの気持ちで頑張りましょう。

⑨他人との比較の排除

最後に「他人との比較を一切やめることです」。繰り返しますが、確かにあなたより優秀で効率の良い人は沢山いるかもしれません。

しかし他人の能力を嘆いたところであなたの継続力が上がるわけではありません。コントロールできることに焦点を当てて、他人との比較を一切やめて、自分をコントロールするようにしましょう。

5.最終形は「継続の習慣化」

継続のメリットと継続力を身につける方法をお伝えしてきましたが、ここまでくれば、後は無意識に努力を継続できるようになる「継続の習慣化」フェーズまで自分を持っていくだけです。

僕の周りにいる成果・実績を出している方は間違いなくこのフェーズに入っています。継続することが当たり前、何かに努力していないとむずむずするようになれば完璧です。焦らず、自分のペースで構いませんので、少しずつ頑張ってみてくださいね^^

最後に皆様は「1.01%の法則」をご存知でしょうか?

私はこの画像を携帯の待ち受け画面にしているのですが、この画像には、1.01%の努力を365日続けると、1年後にはおよそ38倍もの大きさになる。

一方で0.99%の努力を365日続けると、1年後には0.03と1年前よりもかなり小さな値となるということが示されています。

調べてみると、楽天の三木谷社長が掲げているものらしく、要約すると「1.00」をベースとして考えた際、少しの努力や成長でも365日積み重ねると大きな力になり、逆に0.99のように、妥協しながら日々を積み重ねていくと自身が衰退していくということを話しているそうです。

毎日努力することで、変化が起きることを確信しながら昨日の自分より少しでも良くなれるよう、一緒に頑張っていきましょう!

以下に習慣力を身につけるうえで僕が読んだおすすめの本を紹介していますので読んでみてください。

【地道力】
地道に努力をし続けることが、自分の未来を切り開く唯一の方法だと気づかされた本です。
淡々と自分の定めた目標をこなし、自分との戦いを毎日繰り返す。
いつもやるべきことをやればいいんだと、自分を奮い立たせてくれる一冊です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
また定期的にアップしていきますのでよろしくお願いします(^-^)

ゆーろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です