年収2.5倍を実現した『鉄板3社』

【人生に飽きた】ありきたりな日常から抜け出して『人生を最高に楽しむ方法』

人生に飽きた

≫もう一度、最高に人生を楽しむ方法

≫代り映えのない日常から最短で脱出する

・代わり映えしない毎日を繰り返している
・打ち込める趣味や楽しみがない
・新しい出会いもなく、特別な人間関係もない

刺激がなく、同じことを繰り返し行うありきたりな日常は、非常に退屈で「人生に飽きた」と感じてしまうものです。

人生に飽きているということは、無気力で向上心が無い状態ともいえるでしょう。

このように人生に飽きてしまう原因は、仕事を含めた日常生活に変化や刺激がないことが主な原因です。

この記事では、『人生に飽きてしまっている人』に向けて【人生を楽しむ方法】について紹介します。

本記事を読むことで、退屈でありきたりな日常から抜け出すヒントを得ることができるでしょう。

ゆーろ
人生に飽きてしまっていると「面倒」「何をしてもつまらない」という感情から、成長することができなくなります。最悪な場合、生きる意味を失うことにもなりかねません。

人生に飽きてしまっている人はこの記事を読み、楽しい人生を送れるよう参考にしてみてください。

【代り映えのない人生はもったいない】

  • 代り映えのない人生は、簡単にできるレベルに到達してるか、単純作業かのどちらかです。
  • 確かに安心・安泰の人生かもしれませんが、たった1度の人生でそれでも良いのでしょうか?
  • リスクを負いたくないなら絶対無理する必要はありませんが、興味のない・やる気の出ない仕事ではモチベーションも上がりませんので、張り合いのあるエキサイティングな仕事を送るために、エージェントを活用して、≫どんな仕事があるかだけでも必ず確認しておいてください。
  • 「知らずに後悔」だけはないように、常に情報収集は行っていきましょう。
でんさん
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は30代で、現役戦略コンサルタントとして10年働いています。
当ブログ『ビジネスギーク』で転職情報や年収を上げる方法を発信しています
https://twitter.com/yuro_tasteearth

目次※クリックで好きな場所に飛ぶ

1.「人生に飽きた」と感じる人は沢山いる

1.人生に疲れたと感じる瞬間は?

人生に飽きたと感じる人って一体どれくらいいるんでしょうか? 実は結構いるんです…。

特に10代から30代までに1回、40代以降で人生に疲れ果てるパターンが多いようです。

  • 自分のやりたいことができない。叶わないのが見えている。毎日が平凡で変化がない。
  • お金が無かったり、生活に疲れて心身ともにやられているときに、人は「人生飽きた」と感じてしまいます。

人はロボットではないですし、長い人生の中で、飽きることや無力感を感じることだって当然あります。

よめちゃん
個人的には、平坦な人生より、山あり谷ありストーリーアリの人生の方が楽しいと思うわよ!

第2章では、人生に飽きてしまう理由について、徹底的に解説していきます。

【人生に飽きる時間が長いなら早急に環境を変えよう】

  • 心や体が疲れていると、当然後ろ向きに考えて、源氏逃避したくなるため「仕事に飽きた」と感じることが多くなるのは仕方ありません。
  • しかし、飽きる時間が長いのは、不満足・不足感を感じる時間が長く危険です。
  • 最悪の場合、無気力、人生放棄、自暴自棄に陥ってしまうので、つらい時間が長い人は今すぐ環境を変えてみましょう

2.人生に飽きたと感じる原因は?

人生に飽きたと感じる理由

生きていると「人生がつまらない」「退屈で暇」と感じる瞬間が、誰にでも起こり得ます。

このような「人生に飽きた」と感じてしまうことには、原因があります。

原因の把握をすればこうした状況を回避・改善することで対処が可能です。

よめちゃん
ここでは、人生に飽きたと感じる5つの原因を紹介します。人生に飽きている人は、自身に当てはまるものがあるかチェックしてみましょう。

原因①:同じ毎日の繰り返しで刺激が無い

刺激が無い同じ毎日を繰り返していると、退屈で「人生に飽きた」と感じてしまいます。

・会社と自宅の往復する日々
・ルーティンワークで変化のない仕事をしている

毎日毎食同じものを食べていたら飽きてしまうのと同様に、同じことを繰り返すだけの生活を送っていると刺激が足りず、人生に飽きてしまうのです。

仕事がつまらないと感じる理由と誰でもやりがいを感じる秘訣を紹介

原因②:夢や目標が無いまま過ごしている

夢や目標を持たず、日々を無気力に惰性で生きていると、ふとした瞬間に「人生に飽きた」と感じてしまうことがあります。

夢や目標を持つということは、それらを実現するために現在の自分に足りないものを身に付けるための努力が必要です。

自分に足りないものを習得することは、言い換えれば「新しいこと」でもあります。

つまり、生活や能力に変化をもたらすということです。

ゆーろ
夢や目標が無いまま過ごすと、こうした変化を感じることができずに人生に飽きてしまいます。

原因③:頑張っても、夢や目標が叶わないとわかってしまった

夢や目標を持っていても、それらが叶わないことに気付いた瞬間、これまでの努力が無駄に感じてしまい人生に飽きたと考えてしまいます。

努力することをやめ、人生を諦めた感覚にも近いといえるでしょう。

その後、新たな夢や目標を見付けられないと、無気力に生活をするようになり、つまらない人生となってしまうのです。

原因④:年代を重ねるごとに楽しいことが無くなった

楽しみがあると生活にメリハリができて、活力が湧くものです。

たとえば「週末は友人と遊ぶから仕事を頑張ろう」「長期連休に旅行に行きたいからお金を貯めよう」と考えたことがある人も多いことでしょう。

しかし、年齢を重ねるごとにこうした楽しみが減ってしまうことがあります。たとえば、次の例を見てみましょう。

・友達と遊ぶことが少なくなった
・若い頃と比べて体力がなくなった
・物事に興味関心を抱かなくなった
・欲しいものがなくなった

年齢を重ねると、友人知人が結婚し、家庭を持つことも多いので昔のように人と遊ぶことができなくなります。

また、体力も落ちるので日々の仕事で疲れ、物事に関心を持つ気力がなくなることもあります。

このようにして、年齢を重ねたことで生じる変化についていけず、人生に飽きたと感じてしまうのです。

原因➄:学生時代に比べて関わる人が少なくなった

社会人になるとそれぞれ仕事や家庭を持つので、学生時代と比べるとプライベートで関わる人が少なくなることが多々あります。

これは自身だけではなく、周囲の人や環境も変化していることに気付けていないことが原因です。

また、学生時代よりも時間がなくなるので新しい出会いもなく、閉鎖的な生活となりがちです。

次第には「友達ってどうやって作るんだっけ?」と思い悩むようになることもあるでしょう。

でんさん
このように、学生時代からの変化に対応することができず、人間関係を新たに構築できないと人生がつまらなく飽きてしまうのです。

3.人生に飽きたときに、人生を楽しむ方法

人生に飽きた時に人生を楽しむ方法

人間誰しもがふとした瞬間に「人生に飽きた」「退屈だ」と感じることがあり、これは仕方がないことです。

そして、こうした思いを感じたときに対処方法を知らないでいると、その後の人生もつまらないものとなってしまいます。

しかし、前段で紹介したように「人生に飽きた」と感じてしまうようになってしまうことには原因があり、それらに対処することで人生を楽しむことができます。

ここでは、人生に飽きたと感じた際、その後の人生を楽しめるための10の方法を紹介していきます。

まなぶ君
現在「人生に飽きた」と感じている人は、自身の状況に合わせて対処法を試してみましょう。

方法①:自分の好きなこと・興味のあることを書き出す

何事にも興味関心を持てないでいると「知りたい」「やりたい」という欲求が持てず、刺激のない日々を過ごすことになります。

また、そのような状況では夢や目標を持つことも難しいでしょう。

こうした状態を打破するためには、まず自分の好きなことや興味のあることを紙に書き出すところから始めることをおすすめします。

「わざわざ紙に書き出さなくてもいいのでは?」「面倒だし頭で考えるだけでいい」と感じる人もいることでしょう。

しかし、紙に書き出すことには次のメリットがあるのです。

・可視化することで意識が強まる
・書き出し始めると思考が整理される
・理想や目標を立てる能力が高まる

上記以外にも、頭の中だけで考えているとその場限りで終わってしまいがちですが、書き出すことで後から見返すことができるというメリットがあります。

普段から文字を書く習慣がない人にとっては、書き出すという行為自体も新鮮なものに感じられることでしょう。

また、なかには「そもそもやりたいことがない」人もいます。

そのような人は「どのような人生にしたいのか」「どんな人生に変えたいのか」を書き出してみると良いでしょう。

やりたいことが思い浮かばない人であっても、現状を変えたいという気持ちは持っているものです。

ゆーろ
最初は漠然とした内容でも、書き出しているうちに「こうしてみよう」「これだったらどうだろうか」と気持ちが前向きになってきます。このように「書き出す」ことは飽きた人生を変えるための第一歩なのです。

方法②:諦めた夢や目標にもう一度挑戦してみる

新たな夢や目標だけではなく、過去に諦めたものに再挑戦してみることも、人生を楽しむための方法のひとつです。

「昔、挑戦してダメだったのに今さらやる意味はあるの?」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、諦めてから時間が経過していれば、当時よりも考え方が成熟していて、知識や経験が増えています。

そのため、過去には叶えられなかった夢や目標を実現できる可能性があるのです。

また、過去に諦めた夢や目標は初めて挑戦するわけではないので、ゼロから始めるよりも知識やスキルがあることから、スムーズに取り組むこともできるでしょう。

このように夢や目標に再挑戦すると、過去には気付けなかった発見や年齢を重ねてからでも成長できると実感できるので、人生が楽しくなります。

方法③:新しい習い事や趣味にチャレンジしてみる

新しいことや生活を変化させることは膨大なエネルギーが必要です。

そのため、新しい習い事や趣味にチャレンジしたい気持ちがあっても重い腰が上がらない人も大勢います。

しかし、飽きた人生を送っている人は日々の生活に刺激が足りていないのも事実です。

その後の人生を退屈なまま無気力に生きるのか、楽しみを見つけて生き生きと送るのか天秤にかけた際、どちらが良い人生となるのか言うまでもありません。

「新しい習い事や趣味ってどうやって探せば良いの?」と考え込んでしまう人は次の例を参考にしてみましょう。

・興味はあったけど今まで手を出せなかったもの
・特段、興味があるわけではないけど手軽に始められそうなもの
・友人知人でやっている人が多いもの
・仕事に活かせそうなもの

上記以外にも、SNSで流行っているものを見てみるといった、新しいものに触れてみることもおすすめです。

よめちゃん
つまらない飽きた人生から脱出するため、重い腰を上げて新しい習い事や趣味にチャレンジしてみようね!

方法④:人生を楽しんでいる人に会ってみる

自分と同じように飽きた人生を歩んでいる人と一緒にいることで「人生そんなもんか」「みんな同じようにつまらない人生を送っている」と感じてしまいがちです。

しかし、歳を重ねても生き生きと人生を楽しんでいる人も大勢います。

そういった人生を楽しんでいる人に接することで、考え方や視野の広さなど多くの刺激をもらうことができ、「自分にもできるかも」と前向きな気持ちになります。

でんさん
「周囲にそういう人がいない」「直接会うのが難しい」のであれば、SNSのようなツールで繋がることから始めるのも良いでしょう。

このように「人生を楽しんでいる人に会う」ということ自体、今までにない行動なので生活に刺激を与えてくれます。

方法➄:周りを気にせず、自分の好きなように生きる

当たり前のことのようで多くの人が忘れがちなのが「人生は他人ではなく、自分自身のもの」であることです。

世間体をはじめとする周囲の視線や評価は気になりますが、そのせいで人生を楽しめないのでは元も子もありません。

・多くの人がつまらない人生を送っている
・年齢を重ねたら大人しく生きる
・楽しい人生は一部の成功者だけのもの
・歳相応の生き方をしなければならない

人生を楽しめていない人の多くがこのような考えを持っています。

「年甲斐もなくみっともない」「腰を据えて生活した方が良い」と言う人も大勢います。

しかし、人生を楽しみたいのであれば、こうした考え方を捨て、周りを気にせず、自分の好きなように生きてみることを意識してみましょう。

方法⑥:やりたいことが見つかったらすぐ行動

人生を楽しめず、刺激のない日々を送っている人はすぐに行動に移すことが苦手です。

これは「やりたい理由」よりも「やらない理由」ばかりを探してしまうからです。

また、これまでの人生で成功体験が少ない人は「自分にはできない」「やるだけ時間の無駄」など、自己否定や行動して失敗することのリスクを恐れてしまっている場合もあるでしょう。

しかし、自らアクションを起こさなければ人生は変わらないことも現実です。

・やってみたら思っていたよりも簡単だった
・行動しながら考えることもできる

百聞は一見に如かずの言葉の通り、行動した方が考えるよりも早いことがあります。

実際に行動し経験してみることで「こんなことならもっと早く行動しておけば良かった」と後悔することもありません。

また、失敗を恐れる人は事前に色々と考えてしまいがちですが、実際に始めてからでも考えることはできます。

むしろ、経験したうえで考えた方が、より具体的な思考ができるというものです。

ゆーろ
やりたいことが見つかったなら、やらない理由を探さず、まずは行動に移してみましょう。

≫本当にやりたいこと&天職を見つける8つの方法

方法⑦:人生を楽しむ仲間・パートナーを見つける

人生を楽しむ仲間やパートナーを作ることも人生を楽しむためのポイントです。

夢や目標を実現するためには努力が必要不可欠ですが、一人ではモチベーションを保てず挫折してしまうことは往々にして起こり得ます。

しかし、同じ夢や目標を持つ仲間がいれば、アドバイスや助け合いができるので頑張れるものです。

また、人生をともに楽しむパートナーを見つけ、一緒に生活するのも良いでしょう。

苦しいときに支えて応援していてくれるパートナーがいると、安心して新しいことに挑戦することができます。

方法⑧:とにかくお金を稼いでみる

世の中お金で買えないものもありますが、資本主義社会ではお金で買えるものも沢山あります。

やりたいことが見付けられずに悩んでいる人は、そこで立ち止まらず「とにかくお金を稼いでみる」のも人生を豊かにする方法のひとつです。

将来的にやりたいことや欲しいものが見つかった際、お金があれば叶えることができる可能性があるからです。

そして、お金を稼ぐためには相応の努力が必要であり、現在の能力で満足に稼げないのであれば、知識やスキルの習得をしなければなりません。

≫社会人が20代で身につけるべきビジネススキル30選

目的はお金を稼ぐことですが、そのために新しいことに挑戦することになるので、人生に刺激を与えてくれます。

よめちゃん
お金を稼いだ結果、やりたいことを見付けることができなくても、老後に備えることもできるから、心の平穏にも繋がるわね!

このように、お金を稼ぐことにデメリットはないので、人生に飽きたと嘆く前に仕事に打ち込んでみましょう。

方法⑨:旅行で五感を刺激する

同じ毎日を繰り返し、代わり映えのしない退屈な人生を過ごしている人は、旅行で五感を刺激することもおすすめです。

飽きてしまっている人は何かと行動に移すことを面倒に感じがちで「パソコンやスマートフォンで手軽に世界中の景色を見られるのに旅行なんて意味あるの?」と否定的な意見を持つかもしれません。

しかし、インターネットで検索した画像では視覚でしか感じることができず、その場の匂いや音、食事やモノに触れることができません。

実際に現地に足を運ぶことでこれらを感じることができ、刺激を受けることが可能です。

趣味がない人は、旅行を趣味にするのもおすすめです。

旅行にはお金がかかるので、稼ぐために仕事に対する張り合いも出てくることでしょう。

方法⑩:転職や引っ越しで環境を変える

退屈で刺激のない人生に飽きてしまっている人は、転職や引っ越しで環境を変えることも方法の一つです。

学生時代、席替えや進級によるクラス替え、進学などで新しい環境に身を置いたときのワクワク感を思い出してみてください。

職場や生活環境を変えることで、仕事を覚えたり、人間関係を構築したりと刺激を得ることができます。

転職や引っ越しは難しいものではなく、特別な能力がなくともできることもポイントです。

「引っ越すお金がない」という人は、インテリアの新調や、模様替えをして気分転換を図る方法もあります。

人生に飽きたと感じている人は心機一転、新天地や新しい空間で気持ちを新たにしてみましょう。

4.人生飽きたまま生きていくデメリット

4.人生飽きたまま生きていくデメリット

人生に飽きたまま生きていくことにメリットはなく、むしろデメリットしか存在しません。

人生に飽きた状態とは具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか。

ここでは、人生に飽きたまま生きていくことのデメリットについて解説します。

デメリット①:成長できない

人生に飽きていては物事に興味関心が持てず、意欲的に取り組むことができません。

そのため、知識やスキルの習得はもちろん、人として成長できないのです。

成長できなければ、今よりも良い環境や生活をすることは難しく、現状維持だけでは年齢とともに人としての需要も失います。

たとえば、会社員の場合、若いうちは仕事ができなくても大目に見てもらえます。

しかし、年齢を重ねるごとに成果を求められるようになり、成果を上げられなければ居づらくなってしまいます。

また、後から入ってきた後輩に抜かれてしまえば立つ瀬がないものです。

成長しない人は最悪の場合、左遷や仕事を解雇されてしまうこともあるでしょう。

このように、成長できない状態とは、生きていくうえで非常にリスクが高いのです。

≫【成長できない会社の特徴】市場価値が上がらない&ダメ人間になって人生終了

デメリット②:周りに悪影響があるため、避けられる

「人生に飽きている無気力な人」と「生き生きと活力に満ちている人」のどちらと関係を持ちたいか問われれば、ほとんどの人が後者を選ぶことでしょう。

人生に飽きているというネガティブな感情や状況は人に伝染し、周囲にとって悪影響を与えます。

このことから、人から避けられるようになり、孤立してしまう事態が起こり得てしまうのです。

≫【毎日うんざり】愚痴ばかりの職場から逃れる『7つの方法』※居座ると人生終わる件。

≫会社に居場所がないときに人生をリセットする方法【左遷された僕の実体験】

デメリット③:人生が不満ばかりの毎日になる

人生に飽きていると何もかもがつまらなく感じるようになり、無気力で卑屈な感情が生まれます。

このような状態に陥ると、他人の幸せや自身が置かれている状況に対し、妬みや不満ばかり漏らす毎日になります。

当然、そのような人には誰も寄り付かず、良い人間関係を築くこともできません。

そして何より、自分自身が楽しく生きていくことができないです。

デメリット④:最後は生きる意味を見失う

ここまで紹介してきたデメリットが続くと、次第に「何のために生きているのか」「生きている意味はあるのか」などの気持ちが芽生えてきます。

・自分がいなくても世の中変わらない
・つまらない人生を生きていても意味がない
・生きることに疲れた
・生きていてもつまらないのに、生きるために働くのが馬鹿らしい

こうした気持ちを抱くようになると、人生に飽きるだけではなく、精神的に病んでしまい、最後には生きる意味を失う可能性があります。

≫【人生どん底でもう無理…】どんな状況でも這い上がる5つの方法※勇気が湧く『逆転エピソード』も紹介

5.僕が飲食店員の人生に飽きた話

飲食店,仕事を辞めたい

ここでは、僕が飲食店員の人生に飽きた話をします。

僕自身、飲食店の正社員として2~3年働きましたが、途中でとてつもない飽きが来ました。

  1. 毎日が同じ作業で成長が感じられない(工夫もし尽くした)
  2. 付き合う人や働く人が変わらない(新しい知識や技術が手に入らない)
  3. 働く場所が同じ。住む場所や生活も変わらない
  4. 給料やボーナスも変わらない。

このような、変わらない続きの生活に嫌気がさして、次のステップに移ろうと決意しました。

当時は「仕事を楽しめないのは自分の工夫が足りないからだ」と考えていましたが、ある程度行くと、それでも人生に飽きてきます。

なぜならこれ以上、知的好奇心が満たせず、成長も感じず、給料やキャリアアップも見込めないなど、報酬が見込めないからです。

このような場合、思い切って自分の好きなことや、やりたかったことに挑戦する方が結果的に良かったと感じています。

ゆーろ
たった一度の人生ですから、迷ったときは前のめりで、新しいことにチャレンジしてみましょう。

6.まとめ:人生に飽きたら、違う考え方&行動で生きろ

6.まとめ:人生に飽きたら、今までと違う考え方と行動に変えよう

人生に飽きたら、今までと違う環境に移ったり、考え方を変えてみましょう。

なぜなら、考え方や未来を変えないと、あなたの人生は一生変わらないからです。

あなたの今の考えや行動が3年・5年・10年後の未来を決定していくので、人生を面白くしたいなら今動くしかないんです。

環境を変えるにはフリーランスになるか、転職するかの2択がおすすめですが、転職の方が難易度が低めです。

人生に飽きて、会社を探すときは、『好条件で安心できる会社』に転職したいと感じていると思いますので「大手企業」への転職がおすすめです。

大企業へ転職すれば、給料も時間も満たされて、自分のプライベートを楽しむことだって可能です。

好条件の大手企業に転職するには、下記の条件を満たすエージェント3社を組み合わせると最短で転職が可能です。

  1. 非公開の上場企業求人が豊富でチャンスを極限まで増やせる
  2. サポートが充実しており「転職成功率」を引き上げてくれる
  3.  着実に年収の上がるヘッドハンティング型で、年収UPを狙う

上記3つの条件を満たすのはリクルートエージェントJACリクルートメントビズリーチで、それぞれを活用するメリットは次の通りです。

【大企業への転職におすすめエージェント】

  1. リクルートエージェント:非公開の上場企業求人数が最も多く、あなたに実力があれば優先的に採用してもらえる
  2. JACリクルートメント:サポート力がNo.1。書類・面接対策、その他サポートもめちゃくちゃ丁寧。
  3. ビズリーチ:営業マネージャーなど年収800万を超える求人が多数。低年収で転職しないためのストッパーとして活用

リクルートエージェントは、非公開の上場企業求人数が最も多く、あなたの転職チャンスと選択肢が1番広がります。

また、リクルートは社員営業力がピカイチなので、あなたの強みをプレゼンしてくれたり、年収交渉段階でも心強いです。

またJACリクルートメントのコンサルサポートは20社以上のエージェントに登録する僕の中でも1番です。

充実したサポートにより、転職成功率が確実に引きあがるので、特に転職や未経験者の方は必ず活用してください。

またビズリーチは課長職以上の800万求人を狙います。

チャレンジすることで自分の市場価値がわかったり、着実な年収UPが狙えるので必ず併用しましょう。

3社のメリットは、それぞれ全く異なるので、必ずこの3社を併用することをおすすめします。

ゆーろ
僕も転職するときは必ず上記3社を併用していますよ!

ちなみに社員を大切にしている会社かどうかは、転職会議を活用すれば確認できますので合わせて見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です