Twitterアカウントはこちらをクリック🔘

【激務な人必見‼】仕事で余裕がない人が実践すべき「7つの時間の作り方」

ゆーろ

本記事では激務で余裕がない人に向けて「7つの時間の作り方」についてお伝えしていきます

 

*社会人になってから趣味や習いごとの時間がない
*勉強したくても時間が取れない
*仕事で余裕がないけれど、環境を変えることができない

そんな人はいませんか?

僕が働いているコンサルティング業界は、お客様の為になり非常にやりがいのある仕事である一方、時間的にはひどい場合が多いです。

海外出張も頻繁にある為、出張から帰ってきて営業、提案書の作成、報告書の作成などを自ら行う必要があり、毎日時間をどのように捻出するか日々考えています。

僕だけではなく、大手上場企業を含む、多くの中小企業全般の方や、コンサルティング業界のみならず、メーカーやサービス業界の方も、残業に苦しんでいる人は多いと思います。

残業を減らすって言うけど、実際は定時帰りが難しい環境だったり、上司より早く帰りづらい場合もあると思います。

また、残業が減ったところで業務内容は減らないし、結局は辛かったりする気持ちもとてもわかります。

そんな方でも、本記事を読むことで「残業続きの毎日でもできる勉強時間の作ることができます。

本記事を読むことでこんな知識が得られます忙しい社会人でもできる時間を作りかた
時間がない中でスキルアップする方法

私も自分自身、
*人材教育会社で能力開発について教えている
*実際自分自身も毎日やく10年間勉強を欠かしていない
*実際月に400時間働いていたときでも勉強は出来ていたということから、

時間がないからこそ考えることが出来る方法について書かせていただいていますので是非参考にしてみてください。

1.仕事で余裕がない人が時間を作るためにまずやるべきこと

仕事で余裕がない人がまずやるべきことはなんでしょう?

それは「自分の時間の使い方を明確に知る」ことです。

「今、自分は何に1番時間を使っているのか」
「なぜ、そもそも時間がないのか」

理由は様々だと思いますが、

*育成に時間をかけすぎている
*報告書の作成に時間をかけすぎているなど様々でしょう。

時間の使い方を明確にすることができてこそ、改善を行うことが出来ます。
自分が仕事で余裕がなく、時間がない理由を客観的に見つめなおしてみましょう。

僕も本書を読んでハッと気づくことが出来ました。

2.仕事で余裕がない人の時間の作り方

f:id:Enjoy_the_Earth:20190629135226j:plain

 

早速ですが、仕事で余裕がない人の時間の作り方についてお伝えしていきます。

①業務量を減らす(残業)

f:id:Enjoy_the_Earth:20190629141954j:plain

 

まず日本人が時間が取れない理由の一番は業務量が多すぎることです。

「成果が出ていないから」
「上司や他の人がまだ会社にいるから」
「困っているメンバーや部下がいるからサポートしてあげないと」

気づけば毎日残業するシステムが出来上がっていきます。
少数であればいいのですが、これは社内文化のようになってきて、18:00に帰るなんてもってのほかの雰囲気が出ている会社も出てきます。

業務量を減らすための方法は3つあります。

①給料以上の仕事をしない(断る)
②成果を早めに出してさっさと帰る。
③他人・部下に仕事を振るという方法です。

 

①の給料以上の仕事をしないについては海外では当たり前の概念です。

自分の給料以上(与えられた役割)の仕事をしないということです。

理由は明確です、給料以上働くのであればもっと給料をもらう必要があるからです。自分が出している成果や価値以上の給料をもらえないのであれば、あなたは全く働く必要はありません。

海外では自分の役割がきちんとできていれば、会社から起こられることは絶対ありません。むしろ、役割以上のタスクを投げると会社から怒られることさえあります。

最低限の働きをしているだけだと、少しも成長しないじゃないかと思われるかもしれませんがそんなことは絶対ありません。

家に帰ってから本を読んだり、セミナーに行くことで会社で働くより数倍成長することが可能です。
なぜなら成長のための、より良い情報は本や外部により多くあるからです。
その道の専門家から学んだほうが成長できるに決まっています。

「会社で働くことが一番の成長の近道」等と根拠のない事を言う人のアドバイスはほっといて、自分の環境を整えることを心掛けましょう。

ビジネス現場は自分の勉強したことを実践する為の本番の場所ととらえ、とにかく自分の為の時間を作ることを最優先に考えるべきです。

②は成果を早く出して帰るということです。

早めに予算を達成することで、残りの時間を自分に使うわけです。

初めは結構きついかもしれませんが、自分本来の数倍の目標値を達成する為にはどうすればいいかを考えることで、普段は出ないようなアイデアや逆算の能力を身に着けることが出来ます。

数倍の成果を出すためには

①行動量を2倍にする
2倍の効果を出すための方法を考える
※現在100万円で受注しているものを200万円で受注するにはどうすればいいかを検討。

③最後に一番重要なのは
*自分で仕事を抱えようとせずに周りに任せるということです。

任せるのは自分より作業を早くこなせる他部署のメンバーや後輩です。
理由は、自分が定時で帰れなくなる量の仕事を他人に任せないと、いつまでたっても、自分の時間をとることが難しくなるからです。

時間がない人ほど、自分の仕事を大量に抱え込んでいることが多いです。
自分ですべての仕事に対応しているうちは絶対に時間はとれるようにならないことを理解しておいてください。

定時で帰るための仕事量が大体どれくらいなのかを徹底的に確認してください。
その後に、自分の仕事を任せる適任者は誰か社内に目を凝らし、アサインする癖をつけます。

こうすることで自分の時間が少しずつできることを実感します。

仕事量が少ないと他の人に抜かれてしまうと考えている人がいるかもしれませんが、空いた時間でさらに効果的なスキルアップが出来れば、同じ作業時間で2倍の成果を出すことも難しい事ではありません。

もう一度言いますが、自分の仕事は部下や優秀で自分より効率よく作業できる人に振ってしまいましょう。

以下の本はベストセラーになった「エッセンシャル思考」ですが、読んでない人は絶対読むようにしてください。
パレートの法則に近いですが、8:2の法則のより詳細な情報について書いてあります。

効率よく最小の力で最大のパフォーマンスが出来るようにしましょう。

②移動時間の削減

次に移動時間の削減です。移動時間はあなたの時間を思ったより奪っています。

皆さんは一般社会人が1日にどれくらい移動しているか知っていますか?

平均的な移動時間は1時間から1時間20分程度といわれています。
しかも東京などの場合ほとんどが、満員電車です。これでは勉強の時間をとることが出来ません。
忙しい中でもとにかく会社から近いところに住むようにしましょう。

面白い統計があるのですが、1日2時間を電車に乗っていると、人は生涯で4年間電車に乗っている計算になるそうです。

ゆーろ

電車内の4年間をどう過ごすかを考えると、寝たり・何もしない時間がもったいないのが分かりますね

仮に会社から10分圏内であれば、毎日移動時間を1時間ほど減らすことが出来、1週間で10時間以上の時間を生むことが出来ます。4週間で40時間なので約2日間ですね。

1ヶ月でまるまる2日の勉強時間が増えると思うと大きな差だと思いませんか?
移動時間が与える影響の大きさについて再確認するようにしましょう。

③移動時間の有効活用

f:id:Enjoy_the_Earth:20190629141658j:plain

 

移動時間を有効活用することで、勉強時間を確保するようにしましょう。

電車の中で結構ゲームをしたり寝ている人っていませんか?

先ほど話した通り、日本人の平均移動時間は1日1時間-1時間20分となっており、この時間を有効活用できる人とそうでない人では、勉強量の差がかなり出てしまいます。

満員電車の中で本を読んだりするのはほぼ不可能な為、勉強するのであれば音声教材や最近ではyoutubeなどもおすすめしています。

聞いてみるとわかるのですが音声教材は非常に効果的で、頭へ入りやすいです。

また、読書の場合、目をかなり使うので眼精疲労や疲れを感じてしまうのですが、
疲れているときでも耳学を行うことで、疲労個所を分散させることが出来ます。

④朝の時間を有効活用する

f:id:Enjoy_the_Earth:20190629140902j:plain

朝の時間の使い方は自己啓発本なんかでよく載っていますよね。

「朝を制する者は人生を制する」という言葉で朝の勉強を推薦している人も多くいると思います。

経営者や優秀な社会人が朝の時間を活用するのはなぜか知っていますか?
それは体力が回復している状態なので、思考活動をベストな状態で行うことができるからです。

その他にも、朝の混雑などを回避して、自分の疲れを軽減させることができます。
早起きは勉強時間を作るという観点で非常に有効なのは間違いありません。

しかし実際のところ、早起きが続いている人って何人くらいいますでしょうか?

僕も長時間働いてきた人間なのでわかるのですが、「さあ、明日から頑張って早起きするぞ」と思って早起きをしてみても、実際に仕事をしてみると…眠い眠い。笑

そんな状態で仕事をしていくので、仕事中も生産性が非常に悪くなってしまう人がいるのではないでしょうか?それでは本末転倒です。

正直に早起きが苦手だったり、早起きをすることで睡眠不足や生活リズムが崩れてしまう人は、無理して早起きをする必要はないと思います。

早起きが苦手なのであれば、なるべく早く帰るようにして、そこからは1-2時くらいまで勉強するようにしてもいいでしょう。僕は今もそのようなライフ生活を送っています。

2時くらいまで勉強をして8時ごろ起きる。僕の場合6時間睡眠くらいが一番ちょうどいいです。

早起きが出来れば一番いいですが、自分に会った習慣で時間を有効活用する意識を持ちましょう。

⑤隙間時間の活用

f:id:Enjoy_the_Earth:20190629140744j:plain

隙間時間の活用も、勉強時間を作るうえで重要です。

僕の場合隙間時間は
*昼食時間
*営業の移動中を意識しています。

昼食時間は一人当たり大体45-60分くらい与えられているため、その時間を活用することで、毎週6-7時間の時間を確保することが出来ます。

昼食を無駄にしない為のポイントは、自分の尊敬する上司と以外は昼食に行かない事です。また尊敬できなかったり得られるもののない上司とも食事にはいかなくていいでしょう。

付き合いで食事に行く程、無駄な時間はありません。

自分の時間は有限なので、遠慮せずに断る癖をつけましょう。
付き合いの悪いキャラを確立するのも、ある一定時期においては必要です。

また営業の移動中もスキマ時間にはうってつけです。訪問先には片道30分-1時間くらいかかる為、往復にすると結構な時間をとることになる為、先程の移動時間の活用方法と同様、音声教材を聞いたり、読書の時間に充てるようにしましょう。

また、1日をフルパワーで過ごすことは不可能なので、移動時間は割り切って仮眠の時間にあててしまうことをおすすめします。

営業の移動時間を有効活用する為には、まず自分一人で営業に行けるようにならなくてはいけません。自分一人で営業に行けるようになると時間を自分でコントロールできます。

上司と同行してもらわなければならない状況だと、上司に気を遣う状況が生まれたり、上司の話を聞かないといけなかったり、仮眠をとることも難しくなりますので、一人で営業が出来るようになりましょう。

⑥勉強の時間を取る為に、人とアポイントを取る

f:id:Enjoy_the_Earth:20190629140625j:plain

誰かとアポイントを夜に取ってしまうことも、勉強時間を取る為の最も効果的な強行策でしょう。

「学びたい人とのアポイントを取ってしまう」ことです。

もちろんこれはセミナーでも構いませんし、勉強会や口座でも構いません。

事前にアポイントを取ることで、約束事を守る為に、何が何でも時間内に仕事を終わらせようという気になります。

自分の勉強やスキマ時間を生むことが可能になるのです。アポイントを取る時間はなるべく早い時間にしましょう。時間帯は18:00や19:00のアポイントがいいと思います。

結果的に、自分が非常にたくさんを学びを外部で得られたり、残業続きの毎日がいかに、成長を阻害しているかという事に気づくことが出来るはずです。

⑦転職を行う・フリーランスになる

f:id:Enjoy_the_Earth:20190629140428j:plain

最後に、勉強時間を作るために、転職を有効活用しようということです。

多くの人は、自分が所属している会社の働き方が一般的だと思っているかもしれませんが、世の中から見てみると、ひどい労働環境の場合が多くあります。

客観的に自分の働いている会社の労働環境はどうなのか?を問いかけ、本当におかしいようであれば、転職活動に踏み切りましょう。

今なら転職すべきは
①副業が可能
②働き方がフレックスな会社をおすすめします。

激務の会社で働いていたにもかかわらず、更に成長できるからといって、同じような会社で働いてしまうケースがありますが、そうするとまた時間を制限された辛い毎日が待っていますので、必ず定時で帰れたり、フレックスといって自分の好きな時間に出社して、帰れる会社を選ぶようにしましょう。

また副業禁止の会社に入ってしまうと、自分の可能性をつぶしてしまったり、資産形成をする為の不労所得を得る為の基盤形成に時間を当てることが出来なくなってしまいますので注意が必要です。

3.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190629140236j:plain

時間のない人でも勉強時間を取る方法について書いていきましたがいかがだったでしょうか?

時間がないという人が口をそろえて言うのは「どうせ時間が取れるのはあなただからでしょう?」という言葉です。

当時の僕もそう思っていました。なぜなら僕の労働環境も当時、非常に過酷だったので、何を隠そう僕自身が一番、現状を変えるのは本当に難しいと感じていたからです。

私は前職で飲食店のコンサルティングをしていました。

その時の労働環境といったらブラック中のブラック、いや漆黒企業ともいえるような環境でした。笑

毎日固定で8:30から23:30まで週6日間。
時間にすると400時間以上働いていました。
年間休日約50日あるかないか。

人事担当の人から150人のコンサルティング会社で一番働いている」といわれたときは衝撃だったことを今でも覚えていますし、このままでは人生終わってしまうと思ったのもその時です。

※もうちょっと早く気づけよと思うかもしれませんが、結構会社の狭いコミュニティの中で情報収集するのは当時とても難しかったです

それでも現状を少しでも変えたくて、考え抜いたのが今の方法です。上記環境でも本記事の時間を生み出す方法を活用しながら、隙間時間を探しては自分の勉強時間にあてていました。

どんなにつらくても毎日1-2時間は真剣に勉強をしていました。

繰り返しますが、本当に仕事で余裕が無くて、辛くてしょうがない時期に編み出したのが、今日お伝えした勉強方法なので、是非少しでも参考になることがあったら取り組んでみてください。

いずにしても最後に重要なことは、以下の通りです。

本日のおさらい■固定の労働環境からとにかく外れること
■給料以上の仕事はしない
■任せられる仕事は任せる
■移動時間の有効活用

■自分のライフスタイルに合わせた生活

最後に
「たった一度の人生なので自分の時間を1秒たりとも無駄にしない」
「他の人に自分の大切な時間を取られない」という気持ちが何よりも大切です。

この自分の成長に期待したり、自分の事を大切に思う気持ちが
時間を作るための具体的なアクションに繋がります。

「スキルアップの為の勉強時間を確保したい」
「習い事がどうしてもしたい」
「帰って好きなゲームをたくさんしたい」
「ダイエットの為にジムに通いたい」理由は何でもいいでしょう。

会社の言いなりにならず、あなたの人生を充実させるためには
あなたが自分自身の時間を取ってあげることしかできません。

最後にくどいようですが大切なのでもう一度。

あなたの時間を取れるのはあなただけですよ!!!
あなたの人生を守れるのはあなただけです。

この記事を読んでくれたあなたは、具体的にどうすれば時間を作ることが出来るか、
時間を有効活用できるか真剣に考えてみてください。

あなたの社会人生活が充実したビジネスの時間と、プライベートの時間両方取れることを応援してます!

「ゆろなび」では毎日、あなたの生活の質を少しでも上げるような
ビジネス・トラベル・勉強・スキルアップに関する上質な情報を公開しています。

是非、お時間がある時に、他の記事も是非読んでみてくださいね★
これからもゆろなびをよろしくお願いします^^

ゆろなび
~上質な情報で生活の質をあげるブログ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です