年収2.5倍を実現した『鉄板3社』

【仕事での劣等感が超つらい】劣等感の原因と克服方法※周りを凌駕して自信が持てる

すぐに『劣等感の克服方法』を見る≫

劣等感を感じる会社から離れたい≫

・仕事での劣等感がつらい…。
・周りと比べて仕事ができない。自分がダメな気がする。

まなぶ君
周りが成果を出していた梨、自分より能力が高いと劣等感を感じてモヤモヤした気持ちをいだいてしまいますよね…。僕も前職では3年間営業成績、最下位で劣等感の塊でした…。

劣等感を感じるのは、実力不足もさることながら、自分の考え方の部分に問題があります。

今回は「仕事で劣等感を感じる人」に向けて、劣等感を感じる理由と克服方法を紹介します。

本記事を読むことで、劣等感から解放され、自分のペースでストレスフリーなビジネスライフを送れます。

劣等感を感じると、自信が無くなったり、人生に迷ってモヤモヤが止まらず仕事にも集中できません。

劣等感から解放されて、自分らしく、自分のペースでイキイキと働ける自分を目指してください。

【劣等感から解放されたいなら環境を変えよう】

  • ある程度の競争は成長に必要ですが、優秀な社員が多すぎて、あまりにも劣等感を感じる現場の場合は環境を変えましょう。
  • なぜなら、劣等感を感じながら働くと自信を失い、仕事が楽しくないからです。
  • 環境を変える時は鉄板エージェント3社を活用して、高確率で好条件の非公開求人に転職するのがおすすめです。
でんさん
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は30代で、現役戦略コンサルタントとして10年働いています。
当ブログ『ビジネスギーク』で転職情報や年収を上げる方法を発信しています
https://twitter.com/yuro_tasteearth

目次※クリックで好きな場所に飛ぶ

1.仕事で劣等感を感じてつらい時

まず初めに「仕事で劣等感を感じてつらい」と感じる瞬間についておさらいしておきます。

劣等感を感じる人は、下記ケースに当てはまる場合が多いです。

仕事での成果に差がある

劣等感を感じるケースの1つ目は「仕事での成果に差がある」ことです。

なぜなら仕事の成果は目に見える数字が出るため、自分がまけている現実を突きつけらるからです。

  • 営業成績再開。目標未達成。
  • 同期に比べて、お客様の数や、受注件数が少ない。
ゆーろ
僕自身も前職で営業成績最下位でしたが、毎週順位表が紙に張り出されてつらかったです。数字は否定できない事実なので、わかっていても同期に負けていると劣等感を感じてしまいますよね。

【営業ノルマがきつい】目標達成の秘訣とすぐ辞めるべき職場の『5パターン』

基礎能力や学力の差が大きい

基礎能力や学力差が大きな場合も、劣等感を感じるケースです。

  • 自分にできないことを同期が簡単にできてしまう
  • 複雑な計算ができたり、資料作成が速い
  • 同期は機転の利いたアイデアをスラスラ出せてしまう

このように「絶対に勝てない基礎能力」を見せられると「自分はできない」と劣等感を感じてしまうのです。

【コンサル10年の結論】社会人が20代で身につけるべきビジネススキル30選

必要とされない。頼られない。

必要とされない、頼られない事実も劣等感を感じるケースです。

なぜなら必要とされない、頼られないのは、能力や実績がない証拠だからです。

  • 自分には仕事の依頼がこない
  • 同期や部下から、質問や教えてほしいとの依頼がこない
  • 会社や上司から必要とされてないと感じる
よめちゃん
必要とされないと「この会社にいてもいいのかな」と不安を感じてしまうわよね。

【仕事を任せてもらえない人の特徴】上司が任せられない理由と変えてほしいこと

同期より評価されない。待遇が悪い

劣等感を感じる4つ目のケースが「評価されない」「待遇が悪い」パターンです。

なぜなら評価されず待遇が悪いと「自分はダメだ」と烙印を押されていると感じるからです。

  • 同期の方が、会社や上司から評価されて、グレードが上がっていく
  • 同期には良い案件が舞い込むのに、自分には全然来ない
  • 優秀な人にはサポートがあるのに、自分にはない

このような冷遇環境にいると、嫌でも劣等感を感じてしまいます。

【仕事で評価されない】絶対評価される9つの逆転ノウハウを伝授

周りより給料が低い

最後に、周りより給料が低い場合も劣等感を感じる典型例です。

なぜなら給料が同期より低いと「自分が周りより劣っている」と感じて劣等感を感じるからです。

また同じ年数働きながら、同期より給料が少ないと、嫉妬や妬みを感じるのは当然です。

【給料が低い】給料があがらない理由と年収UPできる転職方法

2.仕事で劣等感を感じる原因

第2章では仕事で劣等感を感じる原因を紹介していきます。

本章を読むことで、仕事で劣等感を感じる原因を理解でき、改善に向けて進むことができるはずです。

原因①:自己評価が低い

劣等感を感じる1つめの理由が「自己評価が低い」ことです。

なぜなら自己評価が低いと自分を下げて評価してしまうため劣等感を感じるからです。

  • 自分は周りより仕事ができない
  • 他の人に比べて会社に貢献できていない

このように自分を過小評価することが劣等感に繋がることもあると理解しておきましょう。

原因➁:自信がない

劣等感を感じる2つ目の理由が「自信がない」パターンです。

理由は自信がないと、他の人に負けていると感じたり、自分の力に自信を持てないため劣等感を感じるのです。

謙虚で学び続けるのは良いことですが、謙虚さが自信のなさに繋がるのはよくありません。

よめちゃん
日本人は自信がない人が多いけど、謙虚さが自信のなさに繋がってしまったら勿体ないわね!

原因➂:目標が高すぎる

3つ目の原因が目標が高すぎることです。なぜなら目標が高すぎると未達成の原因になり劣等感を感じるからです。

  • (高い目標を掲げて)達成できなかったら自分は能力がない
  • ノルマ達成できない自分は無能だ
ゆーろ
目標を達成できるに越したことはないですが、達成困難な目標を突きつけられて未達成で自信を無くす人が多いので注意が必要ですよ。

原因④:弱みにフォーカスしている

劣等感を感じる4つ目の理由が「弱みにフォーカスしている」ケースです。

なぜなら弱みにフォーカスしてしまうと、自分のできない部分を無いものねだりしてしまうからです。

  • Aさんにできることが自分にはできないから、自分はダメだ
  • 苦手なことだけど、周りに負けるのは悔しい

このように弱みにフォーカスした段階で、全てが劣等感に変わってしまうため弱みにフォーカスするのは良くないのです。

原因➄:年収で自分の価値を判断している

最後は年収で自分の価値を判断する人も、劣等感を感じやすい傾向にあります。

なぜなら年収は、目に見える数字であり、周りより給料が低いと自分の能力がないと思い込むからです。

  • 同期より給料をもらってないから、自分は同期より下のレベルだ。
  • 大学の友人は年収1000万もらってるけど、自分は全然もらえてない。
ゆーろ
上には上がいるので、年収で自分を価値を判断してしまうと、劣等感からに逃れられなくなりますよ!

3.仕事で劣等感を感じるデメリット

3.仕事で劣等感を感じるデメリット

第3章では「仕事で劣等感を感じるデメリット」を紹介します。

第3章を理解することで劣等感を感じることが、どれだけデメリットがあることなのか理解できます。

自信がなくなり、成果に影響する

仕事で劣等感を感じる1つめのデメリットが「自信がなくなり、成果に影響する」ことです。

なぜなら自信がなくなると、相手に不安感を与えてしまうため悪影響が及ぶからです。

  • 自信が持てず相手に不安感や頼りなさを与えてしまう
  • 劣等感や失敗の過去から、思い切った提案ができなくなってしまう
よめちゃん
自身がなさそうな人に、仕事の依頼はしにくいから、劣等感を感じて自信のなさを見せたら絶対ダメよ!

自分を見失い、自分のポジションや人生で迷う

仕事で劣等感を感じる2つ目の理由が「自分を見失って、自分のポジションや人生で迷う」ことです。

なぜなら、劣等感を感じると、自分の価値や存在感を見出せなくなるからです。

  • 好きなのに、劣等感から存在感を見出せず夢を諦める
  • 全てで1番になろうとしてしまい、仕事が続かない
  • 結局何がしたいのかわからなくなり、人生に迷う。

劣等感は、自分の居場所をなくしてしまうので、昨日の自分と戦うようにしましょう。

集中力が無くなり仕事に支障が出る

劣等感を感じる3つ目のデメリットが「集中力が無くなり、仕事に支障が出る」ことです。

なぜなら他人の成果や実力が気になって、仕事に集中できなくなるからです。

仕事に集中できないと、仕事の効率が落ちて成果が出ませんので大きなデメリットになると理解しておきましょう。

行動できず、成長が止まる

劣等感を感じる最後のデメリットが「行動できず、成長が止まってしまう」ことです。

理由は劣等感を感じると「自分なんかこうどうしてもダメだ」と諦めて行動しなくなるからです。

  • 「行動できない自分はなんてダメなやつだ」と自分を傷つける
  • 行動してもどうせ無駄だから、努力を辞めよう

劣等感を感じて、もっと頑張れるならいいものの、行動が止まるようであれば劣等感を抱くのは辞めておきましょう。

4.仕事で劣等感を抱いたときに辞めるべき行動

3.仕事で劣等感を抱いたときにしない方が良いこと

第3章では、劣等感を抱くデメリットについて紹介しましたが、第4章では、仕事で劣等感を抱いたときにしない方が良いことを紹介します。

劣等感を抱いたときの対処の仕方によって心の持ちようが変わりますので、注意が必要です。

ダメな理由を考える

劣等感を抱いたときに辞めるべき1つめの行動は「ダメな理由を考える」ことです。

なぜならダメな理由を考えると、どんどんネガティブな思考になっていくからです。

  • ダメな理由は○○だ。自分はなんてダメな人間なんだ…。
  • ダメな理由を考えるほど、自分が無能に見えてきて悲しい…。
  • 毎日ダメな理由に向き合うと、気が滅入るしやっていけない。
ゆーろ
ダメな理由を考えるのではなく「どうすればうまくいくのか?」というポジティブ思考に変えていくと現状が変わりますよ!

自分より優れている人と比較する

劣等感を抱いたとき時に辞めるべき行動は「自分より優れた人と比較すること」です。

なぜなら、自分より優れた人と比較しても、劣等感を感じるだけだからです。

まなぶ君
優秀な人と自分を比較しても、自分が成長するわけではないから、比較してもいいことが無いんだよね…。

比較すると行動できなくなり、諦めを選択してしまうのでいいことが一つもありません。

自分を傷つけるネガティブワード

3つ目の辞めるべき行動は「自分を傷つけるネガティブワード」を連発することです。

理由は自分を傷つけるネガティブワードは、劣等感と感じさせ、自信を失わせるからです。

更に、自分を傷つけすぎると毎日が不足間で一杯になり、行動することさえ辞めてしまうので絶対にNGです。

できない自分から目を背ける

辞めるべき4つ目の行動は「できない自分から目を背ける」ことです。

なぜならできない自分から目を背けると、悪い部分が一生改善されないからです。

  • できないにもかかわらず「できない自分」を認めない
  • 悪い部分を解消しようとせずに生きていく

特にプライドが高い人に多い傾向がありますが、これでは決して劣等感から解放されません。

最初から全部やろうとしない

劣等感を感じる時には「最初から全部やろうとしない」ことです。

なぜならあれもこれもやりたいと思うと、優先度の高い取り組みに集中できないからです。

結果的にすべてが中途半端になってしまい、度の勉強も努力も消化できなくなってしまいます。

ゆーろ
あれもこれもやらないといけないと焦る気持ちもわかるけど、今の自分にとって最も必要な取り組みに時間を割いてくださいね。

不幸アピールをする

劣等感を感じる時に辞めるべき最後の取り組みは「不幸アピール」をすることです。

理由は不幸アピールをすると「ダメな自分を容認してしまう」からです。

  • 失敗している自分はかわいそうだから認めてほしい
  • 不幸アピールしていれば、誰かが構ってくれるだろう
  • 困っている態度を示していれば、いつか誰かが助けてくれる

上記のように不幸アピールをしても、自主性が育まれず、問題も解決しないので良いことが一つもないのです。

5.仕事で劣等感を抱いたときの対処法

4.仕事で劣等感を抱いたときの対処法

第5章では仕事で劣等感を抱いたときの対処法を紹介します。

本章の内容を実践することで劣等感から解放されて、自信を持って生活できるようになります。

ゆーろ
劣等感から解放されるために、私がよんだおすすめ本も紹介しておきますよ。

対処法①:自分の好きなこと・得意分野を伸ばす

劣等感を感じたときの1つめの対処法は「自分の好きなことや得意分野を伸ばす」ことです。

なぜなら、好きなことや得意分野を伸ばせば、自分が勝てる部分が増えて劣等感が無くなるからです。

  • 他の人よりも簡単にできる得意なこと
  • 他の人よりも早くできる得意なこと
  • 他の人よりも付加価値が出せる得意なこと

得意なことで勝負すると、いいこと尽くしなので、まずは得意なことを見つけてみるのが良いでしょう。

対象法➁:【体験談】レベルを下げた企業に転職して実績を出す

おすすめ転職エージェント

2つ目の対処法はレベルを下げた企業に転職して実績を出すことです。

なぜならレベルを下げて、順位の高い成績を残すことで、自分に自信が付くからです。

大手企業で周りが優秀な社員ばかりだと、毎日劣等感を感じてしまいます。

そのような場合は、少数のベンチャー企業や、レベルの低そうな会社で1位になれば、自信が付くようになります。

レベルを下げた企業に転職するときは、下記のエージェントを利用するのがおすすめです。

【レベルを下げた転職におすすめのエージェント】

  • ハタラクティブ:フリーターや第二新卒に特化(内定率80.4%)
  • マイナビジョブ20’s:20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェント(年間45000人以上の20代が登録)
  • DYM就職:フリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介(ブラック企業は100%排除)
  • いい求人net:営業職に特化した、営業正社員専門

対象法➂:【超実践的】レベルの高い企業で自分を高める

JACリクルートメント,サポート期間

3つ目の対処法は、2つ目とは真逆でレベルの高い企業で自分を高めることです。

なぜなら自分を高めると解決できる問題が増えて、劣等感を感じなくなるからです。

更に劣等感を感じる可能性があるものの、逆境の方が成長できる人はレベルの高い人材に合うことで燃えるので、ハイレベルの会社で働くことをおすすめします。

ハイレベルな転職するために、エージェントに求められる条件は次の通りです。

  1. 非公開求人数が多い
  2. ハイクラス求人の仕事内容を理解しており、あなたの実績をアピールできる
  3. ブランドや企業とのコネクションが豊富
  4. 履歴書・職務経歴書作成・面接サポートが充実

上記4つの条件を満たすのはリクルートエージェントJACリクルートメントビズリーチです。

それぞれのメリットは次の通りです。

【営業職への転職におすすめエージェント】

  1. リクルートエージェント:求人数No.1なので、非公開求人数が最も多いので登録マスト
  2. JACリクルートメント:サポート力がNo.1。書類・面接対策、その他サポートもめちゃくちゃ丁寧。
  3. ビズリーチ:営業マネージャーなど年収800万を超える求人が多数。低年収で転職しないためのストッパーとして活用

リクルートエージェントは社員の営業力がピカイチで非公開求人も豊富なので求人数を網羅するために利用します。

またビズリーチは課長職以上の800万求人を狙います。チャレンジすることで自分の市場価値がわかるので必ず併用しましょう。

またJACリクルートメントのコンサルタントのサポートは20社以上のエージェントに登録する僕の中で1番なので、転職や営業未経験者は必ず活用してください。

3社のメリットは全く異なるので、必ずこの3社を併用することをおすすめします。

ゆーろ
僕も転職するときは必ず上記3社を併用していますよ!

対処法④:今の状況をすべて認める

4つ目の対処法は「今の状況をすべて認める」ことです。

なぜなら、今の状況をすべて認めなければ、自分の悪い部分を改善できないからです。

悪い部分は、更に伸びしろがある証拠で、修正すればいいだけの話です。一切劣等感を感じる必要はありません。

ゆーろ
「問題があることよりも、問題の捉え方の方が重要」という言葉の通り、自分を客観的に評価して成長しなければ未来はないので、今の自分をすべて受け入れて成長していきましょう。

対象法⑤:「自分と他人は違う」と理解する

5つ目の対処法は「自分と他人は違う」と理解することです。

なぜなら、自分と他人は違うと理解することで、劣等感を感じずに自分のペースで成長できるからです。

  • 人は人、自分は自分。昨日の自分を超えられたらそれで人生OK。
  • 周りとの比較から一切解放されること。自分の人生を生きると劣等感が無くなる。

他人に憧れず、自分の人生を生きることで自分らしい生き方ができるようになります。

対象法⑥:「ポジティブ解釈」の訓練をする

6つ目の対処法は「ポジティブ解釈」の訓練をすることです。

なぜなら、ポジティブな解釈ができるようになれば、劣等感を成長意欲に変えられるからです。

  • できない自分だから、伸びしろは沢山ある。
  • 今できなくても、今後できるようになればいい。
  • できないことがわかったから、それを改善すればOK。

このように、ポジティブ解釈の訓練をしていけば、劣等感を感じずに「成長」にフォーカスできるようになります。

対処法⑦:劣等感を抱く理由を紙に書き出す

7つ目の対処法は、劣等感を抱く理由を神に書き出すことです。

理由は劣等感を感じる理由を小記事に書くことで、確実に劣等感の理由を消せるからです。

  • 同期よりも給料が低い→成果を出すか、転職で給料を上げる
  • 同期よりもコンサルティング能力がない→ビジネススクールやオンラインサロンで学ぶ

このように、自分に正直に理由を書き出せば解決策は見つかるはずなので、つらい作業ですが向き合っていってほしいと思います。

対処法⑧:劣等感を克服するプランを計画する

劣等感を感じる理由を書き出したら「克服プラン」を計画してみましょう。

克服プランを3か月から1年くらいで設定すれば、弱みを改善するために動き出せるはずです。

「無計画は失敗を計画すること」という言葉の通り、いくら劣等感を払しょくしたいと思っても、計画が伴わなければ改善に移れません。

よめちゃん
何をいつまでに改善するのか、詳細な克服計画を立てて、劣等感を克服しようね!

対処法⑨:新しい仕事を引き受けまくる

9つ目の対処法は「新しい仕事」を引き受けまくることです。

なぜなら新しい仕事を引き受けることで、新しい知識や技術、実績を積めるからです。

最初はできないことが多くて、劣等感を感じるかもしれませんが、仕事を引き受けて乗り越えればまた一つ成長できます。

ゆーろ
成長できない時ほど、できない仕事を引き受ける気持ちが重要ですよ!

対処法⑩:会社や他人に助けてもらわず自分で成長する

10個目の対処法は、会社や他人に助けてもらわず、自分で成長することです。

なぜなら自分で成長できるようになれば、どんな環境にいても、レベルアップできる自分になるからです。

  • わからないことは自分で調べる癖をつける
  • 会社にノウハウが無ければ、スクールや外部講師に学ぶ

会社や上司のノウハウは盗むべきですが、自ら学べるようになれば、周りに頼らずとも成長して、周りを凌駕できるはずです。

対処法⑪:責任感から解放されよう

成長しないといけない。周りに負けてはいけない。1番にならないといけない。

そんな責任感は手放して、本当にやりたいことを自分のペースでやってみましょう。

そうすれば、自分を傷つけることもなく、楽な気持ちで人生を生きれるようになります。

でんさん
楽な気持ちで生きれば、焦って他人と比較することも劣等感を感じることもなくなるので、追い込みすぎるあなたは、責任感から自分を解放してあげるんだぞ

対処法⑫:信頼できる上司や同僚に相談してみる

最後は信頼できる上司や同僚に相談してみることです。

なぜなら信頼できる上司や同僚に相談することで、悩みの解決方法を教えてもらえるからです。

さらに、自分が苦手な領域のアドバイスをもらうことで、最短で成長できます。

ゆーろ
上司や優秀な同僚ほど、目標が高く、難易度の高いミッションをクリアしてきています。その為、過去の経験を語れる人も多いので、成果を出している人に相談するのは、劣等感を克服するために合理的なのです。

6.仕事の劣等感を利用して圧倒的に成長しよう

5.仕事の劣等感を利用して圧倒的に成長しよう

ここまで劣等感を感じた時の対処法についてお伝えしました。

劣等感を感じる人は、自己評価が低く自信が無かったり、目標が高く他人と比較する傾向にあります。

劣等感を感じると自分を見失ったり、集中力が無くなったり、人生に迷うなどデメリットばかりです。

劣等感を感じた時は、ダメな理由よりもどうすればできるようになるかポジティブな解釈をして、自分を傷つけるのは辞めましょう。

またできない自分から目を背けず、1つずつ苦手な分野を克服すべきで、戦うべきは昨日の自分と覚えておいてください。

劣等感を感じた時は、好きなことや得意分野で戦うのがベストで、自分のレベルに合った企業に転職して自信をつけましょう。

劣等感を感じても、自信がなくなり行動を辞めて成長が止まるので、デメリットばかりです。

メンタルコントロールの技術を身につけて、毎日イキイキと自信を持って働ける自分を目指してくださいね!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です