世界で働くコンサルタントのTwitter

転職エージェントを複数利用するメリット&デメリットと3つの注意点

転職エージェントを複数利用するメリットと注意点
ゆーろ
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は、現在ブログ歴1年3か月ほどです。(30歳前半)
副業で当ブログを運営しており、生活の質をUPさせる情報を配信しています。
Twitter:https://twitter.com/yuro_tasteearth≪ゆーろの略歴≫
☑コンサルティング歴10年のシニアコンサル
(上場企業10社以上担当※)
☑海外専門リサーチャー
(キャリア4年:渡航国数10か国以上)
☑営業マン歴10年
(売上年間4000-5000万/1人※新規開拓数No.1)

本記事では転職エージェントを複数利用するメリットと注意点をお伝えしていきます。

でんさん

・転職エージェントを複数使おうか迷っているけどメリットとデメリットが知りたい‼
・転職エージェントを複数活用して最大の効果が出る『使い方』は?
・転職エージェントを複数使うときの注意点ってなに?

本記事はこんな方の悩みを解決する記事です。

なぜなら本記事の内容を最大限活用して、僕自身が年収2倍とブラック企業から休日を1か月間増やしたからです。

結論から言うと、最初は転職エージェントを複数活用するのは必須です。

転職エージェントを複数活用できるようになると以下のようなメリットがあります。

  • 複数のエージェントで自分に合ったキャリアアドバイザーを見つける
  • 多くの求人情報から『有力な求人案件』を見つけてチャンスが生まれる

更に、次回以降転職エージェントを活用するときに、同じ要領で好条件の求人案件を見つけることが可能です。

1つのエージェントだけではどうしても選択肢が少なくなってしまいます。

例えるならば、大切な家を買うときに一つの仲介業者の話を鵜呑みにするのは大変危険ですよね?それと同じことです。

本記事を読めば成果の出る複数の転職エージェント活用法をマスターできるので、転職の場面で活用してみてください。

先におすすめの転職エージェントと転職サイトが知りたい人はおすすめの転職エージェントと転職サイトを見ておいてください。

転職エージェント,20代,おすすめ 20代転職で自分を救ってくれた、おすすめ転職エージェントと転職サイト

目次(クリックすると見れます)

1.確実に結果が出る転職エージェント複数活用法

確実に結果が出る転職エージェント複数活用法

まず初めに確実に成果が出る転職エージェントを複数活用法をお伝えします。

転職エージェントを複数活用するときの手順は以下の3つです。順に説明していきます。

  1. 複数利用は3社で進める
  2. 総合エージェントと専門特化型のエージェントを混ぜる
  3. 最終的に転職エージェントを1社に絞る

1.1.複数利用は3社がおすすめ

転職エージェントを活用するときは3社活用するのがおすすめです。

理由は大きく以下の4つです。

  1. 客観性を担保できる
  2. エージェントのそれぞれの意見を取り入れられる
  3. 求人案件をある程度網羅できる
  4. 各エージェントの違いがよくわかる

転職エージェントを複数活用することで、本当にエージェントの言っていることが正しいか判断できます。

また各エージェントの意見を聞くことで『自分に合ったパートナーの選択』が可能になります。

3社エージェント活用することで求人案件をある程度網羅できるので、必ず3社は必要でしょう。

各エージェントのサービスや求人・コンサルタントの違いもよくわかるはずです。

1.2.総合エージェントと専門特化型エージェントを混ぜる

次に『総合型エージェント』と『専門特化型エージェント』を混ぜることが重要です。

なぜなら総合型と専門特化型エージェントの強みをどちらも手に入れることができるからです。

『総合型転職エージェント』と『専門特化型エージェント』の強みを以下に簡潔に記載しています。

  • 総合型転職エージェント:
    *ほぼ100%大手企業(リクルート・dodaなど)
    *業界・業種の中でも幅広い求人案件を相談してくれるエージェント
    *大量の案件を紹介してくれ、新しい可能性を見出してくれる
    *業界の専門知識に疎い場合が多く、キャリアの浅いコンサルタントも多い【総合型エージェント例】
    リクルートエージェント
    doda
    パソナキャリア

 

  • 専門特化型転職エージェント:
    *業界専門のエージェント
    *中小企業が多く、案件数は総合型に比べ少なめ
    *専門的な転職を効果的にでき、給料も大幅アップが可能
    *専門性が求められるため業界未経験者は少し厳しめ
    *キャリアコンサルタントの業界知識が豊富・キャリアも長めで安心【専門特化型エージェント例】
    JACリクルートメント(海外・外資系特化)
    アクシスコンサルティング(IT・コンサル特化)
    レバテックキャリア(エンジニア転職特化)

自分の転職したい業界や領域に合わせて、うまく総合型と専門特化型のエージェントを組み合わせましょう。

おすすめ転職エージェントは、以下の記事で紹介していますので、自分に合ったエージェントを探してみてください。

転職エージェント,20代,おすすめ 20代転職で自分を救ってくれた、おすすめ転職エージェントと転職サイト

1.3.最終的にエージェントは1社に絞るべき

最終的にエージェントは1社に絞りましょう。理由は以下の3つです。

  1. 転職エージェントとのやり取り管理が難しい
  2. 優先度が下げられる(いい案件を紹介してもらえない)
  3. 何より時間がもったいない

エージェントを最終的に1つに絞ることで、信頼する転職エージェント1社にあなたのリソースを全集中させることができます。

他のエージェントとのやり取りもなくなり、あなたの意欲を感じてエージェント側も手厚くサービスしてくれます。

ある程度の求人を網羅して、3社のエージェントと面談したら1社に絞り込みましょう。

補足:転職エージェントは複数活用して全く問題ない

転職者の気になる部分に『転職エージェントを複数活用していいのか?』といった質問がありますが、結論全く問題ありません。

まず第一に転職者のほとんどが複数の転職エージェントを活用しています。

大手転職サイトのリクナビNEXT』によると、一般的な転職エージェントの利用者数は全体平均で2.1社活用しています。

また、情報サイト『現役敏腕エージェントが語る転職の全て』によると、転職エージェントが同時利用を『浮気』と解釈する人はいないそうです。

ほぼ100%の人が転職エージェントを複数活用していますので、あなた自身も必ず転職エージェントを複数活用してください。

でんさん
みんな余裕で複数活用してるから、複数利用しないと損するぞ

2.転職エージェントを複数利用するメリット4つ

転職エージェントを複数利用するメリット

効果の出る転職エージェントの使い方を確認したところで、転職エージェントを複数活用するメリットについてお伝えしていきます。

転職エージェントを複数活用するメリットは以下の5つに集約されます。

  1. 結局は自分に合った企業への合格率が高まる
  2. 自分に合った転職エージェントを選べる
  3. 目的や用途に合わせたエージェントを選択できる
  4. 求人・非公開求人を網羅できる
  5. 様々な視点からアドバイスがもらえる

2.1.メリット①:自分に合う企業への合格率が高まる

複数エージェント活用する最大の目的は『自分に合った希望企業に合格する』ことです。

エージェント1社でみるよりも、複数エージェントを活用することで希望企業が見つかる確率と、合格率を確実に上げることができます。

むしろ1社のエージェントを活用しただけで、で自分に合う会社が見つかることはほぼないと覚えておきましょう。

でんさん
1社で自分に合った求人は中々見つかりにくいし、信憑性に欠けるよね

2.2.メリット②:目的や用途に合わせたエージェントを選択できる

複数のエージェントを活用すると、目的や用途に合わせた選択が可能です。

理由は、冒頭にもお伝えした通り、総合型と専門特化型によって得意領域(求人案件やサービス)が違うからです。

幅広く自分の可能性を見つけたい場合や転職を始めたばかりの人は総合型エージェントがおすすめでしょうし、

ある程度、方向性が固まってきたら専門特化型のエージェントを活用するのもおすすめです。

自分に合う基準は以下の指標で判断していきます。

  • キャリアアドバイザーとの馬が合う
  • 自分が求めている求人案件の取り扱いが豊富
  • 自分が合格したい分野の専門性を持つエージェントである

2.3.メリット③:求人・非公開求人を網羅できる

複数のエージェントを活用すると求人・非公開求人を網羅できます。

なぜなら各エージェントが自社でしか取り扱っていない求人情報があるからです。

自社にしかない求人を取り扱う理由は「他社と差別化を図る」ためです。

各社求職者を何とか集めようと非公開求人の取り囲みに取り組んでいますので、ぜひ活用できるものは活用しましょう。

ゆーろ
1度どんな求人があるか全体像は掴んでおきましょう

2.4.メリット④:様々な視点からアドバイスがもらえる

最後に、様々な視点からアドバイスがもらえることがメリットです。

エージェントによってアドバイスも十人十色です。キャリアアドバイザーから違った角度でアドバイスをもらうことで、

転職の幅が広がったり、合格率を高める知識やスキルを総なめにできます。

注意

知識やスキルを習得するのは素晴らしいですが、最終的に自分に合ったスキルを『自分で決めましょう』

全てのアドバイスをうのみにすると、行動や考え方が中途半端になり迷う可能性があります。

一度全ての情報を吸収して、その後取りまとめていくことが重要です。

3.転職エージェントを複数利用するデメリット5つ

転職エージェントを複数利用するデメリット

複数の転職を活用するメリットを確認したら、次はデメリットについても紹介していきます。

デメリットは大きく5つあります。注意してエージェントを複数活用しましょう。順に説明していきます。

  1. アドバイスが多すぎて迷う
  2. 求人案件が多すぎて混乱する
  3. エージェントや企業との日程調整が大変
  4. 同じ求人を紹介されたときに断るのが大変
  5. ばれるとあなたに対する優先度が下がる

 

3.1.デメリット①:アドバイスが多すぎて迷う

最初のデメリットがアドバイスが多すぎて迷うことです。

なぜならキャリアアドバイザーが複数いれば、考え方も教え方も十人十色だからです。

それぞれのアドバイスが正しそうに聞こえてしまい、どのアドバイスを最終的に参考にすべきか迷うことはよくあります。

一度知識を吸収した後は①自分に合ったアドバイス②自分が効果が出ると思ったアドバイスを参考にするのがおすすめです。

でんさん
最後に信じるのは自分の感覚や方向性だぞ

3.2.デメリット②:求人案件数が多すぎて混乱する

複数の転職エージェントを活用すると、求人案件数が多すぎて迷うことがあります。

各エージェントが少なくとも3-5社くらいの案件を提案ししてくれるのでそれだけでも9-15社になります。

実体験ですが、物件探しと同じで様々な案件を見すぎると以下の症状に陥ります。

  • 自分に合った求人がどれだったかわからなくなる
  • 1件に対するこだわりと案件を精査する集中力が欠ける

複数のエージェントを活用する場合は冒頭からお伝えしている通り2-3社の活用にとどめましょう。

3.3.デメリット③:エージェントや企業との日程調整が大変

複数のエージェントを活用するとそれだけ日程調整が大変になります。

そのため、頭が疲れたり、切迫感でモチベーションが落ちることも少なくありません。

僕自身も、やり取りの多さにうんざりしたこともあります。

また、ブラック企業での仕事をしながらなので、何日も日程を開けられず調整にかなり苦労しました。

転職活動に疲弊しないためにも、自分の管理が及ぶ範囲の数を使いこなしましょう。

3.4.デメリット④:同じ求人を紹介されたときに断るのが面倒

複数エージェント活用あるあるが『求人案内がかぶる』ことです。

この時に片方を断るのが立て続けになると、結構面倒です。

またエージェント側からすると「必ずあなたに合った求人のはずなのに断るのに違和感」を覚えてしまいます。

感の良いコンサルタントであれば他の会社から紹介されているな?うちのエージェントの優先度が低いな。と思われます。

また自分に合った求人を断るわけですから、エージェント側もどんな案件を紹介すればいいのかわからなくなり、案件がマッチしなくなってきます。

3.5.デメリット⑤:ばれるとあなたに対する優先度が下がる

最後のデメリットは複数活用がばれるとあなたに対する優先度が下がることです。

エージェント側も時間と質との勝負ですから、別のエージェントの優先度が高い求職者を構っている暇はありません。

大切なのは『御社を第一優先で活用したいです』という熱意をきちんと伝えることです。

そうすればエージェント側も「この人なら弊社で面談を受けて合格してくれる」と前向きに思ってもらえます。

注意

中途半端な気持ちでエージェントを使おうと思うとすぐばれますので、

嘘が苦手・嫌いな人はきっぱり『複数のエージェントを活用しています』と正直に伝えましょう

4.転職エージェントを複数使うときの4つの注意点

転職エージェントを複数使うときの注意点

最後に転職エージェントを複数利用するときの注意点についてお伝えします。

複数利用すると気の注意点は以下4点です。順に説明していきます。

  1. 複数利用していることを隠さない‼正直に伝えよう‼
  2. 複数利用するなら、全エージェントへの報連相を徹底する
  3. 複数のエージェントから同じ求人に応募してはいけない
  4. 日程・スケジュール・案件を管理する

4.1.注意点①:複数利用していることを隠さない‼正直に伝えよう‼

転職エージェントを複数利用する場合は正直に伝えましょう。

冒頭にお伝えした通り、一般的に転職者は転職エージェントを2.1社活用しており、複数利用は普通です。

逆に嘘をつくと、信頼している案件を紹介してもらえなくなりますので、注意が必要です。

繰り返しますが、正々堂々と複数エージェントを利用していると正直に伝えましょう。

4.2.注意点②:複数利用するなら、全エージェントへの報連相を徹底する

仮に転職エージェントを複数利用すると決めたなら、全エージェントに対して真摯な対応が必要です。

よくあるのが、複数エージェントを活用しているばかりに各エージェントへの連絡がおろそかになるパターンです。

各エージェントへの連絡がおろそかになると、すべて中途半端になり複数エージェント活用の効果を得られません。

そうすると次回以降転職をする際に、あなたに対する優先度が下がってしまうので、報連相ができないなら複数エージェントを活用するのは控えるべきでしょう。

4.3.注意点③:複数のエージェントから同じ求人に応募してはいけない

複数のエージェントから同じ求人に応募するのは辞めましょう。

なぜなら、企業側から転職エージェントに『別のエージェントから連絡をもらっている』ことが伝わるからです。

その瞬間あなたに対する信頼がなくなり、エージェント側が不信感を抱いてしまいます。

MEMO

複数エージェントから同じ求人に応募する場合は、依頼しているエージェントの反応が悪いときです。

実際僕もAエージェントの対応が遅かったので、Bエージェントに応募を依頼したらすぐ面接に移ったケースがあります。

4.4.注意点④:日程・スケジュール・案件を管理する

最後に日程・スケジュール・どのエージェントからどの案件を応募したかをきちんと管理しましょう。

複数エージェント活用あるあるですが、対応エージェントが多いあまり以下のミスを犯しがちです。

  • 面接日程を間違える
  • 面接日がブッキングする
  • どこのエージェントで応募した求人か忘れてしまう
  • 各エージェントとどんな話をしたか覚えていない

上記ミスを回避するためにも、スケジューラーを活用して、日程管理をしましょう。

また各エージェントでフォルダを作って、各回の話を議事録にまとめておくのもポイントです。

5.転職エージェントを複数活用して最大の成果を得よう

転職エージェントを複数利用するメリットと注意点

ここまで転職エージェントを複数利用するメリット&デメリットと注意点についてお伝えしていきました。

本記事を読めば、転職エージェントを複数利用するメリット&デメリットと注意点を理解できます。

またそれによって、転職において最大の成果を得ることができます。

デメリットもお伝えしましたが、転職エージェントを複数利用するのメリットが大きいため、必ず複数活用すべきです。

経験上、4-5社の活用は確実に混乱しますし、2社では客観性に欠けるので必ず3社を使いこなせるようになりましょう。

おすすめの転職エージェントと転職サイトは以下の記事に徹底的に書いています。

転職エージェント,20代,おすすめ 20代転職で自分を救ってくれた、おすすめ転職エージェントと転職サイト

こちらのエージェントを使っておけば間違いありませんので、自分に合ったエージェントを複数使いこなしてください。

本日は以上です。

「ゆろなび」では、あなたの生活の質を1ランク上げる

ビジネス / 勉強 / スキルアップ / トラベル / ワードプレス・ブログに関する上質な情報を公開しています。

📝世界で戦う「海外コンサル&副業ブロガー」の生い立ちはこちら プロフィール画像 【地球を味わい尽くしたい‼】ゆーろのプロフィール&ブログ開設由来

是非、お時間がある時に他の記事も是非読んでみてくださいね★

これからもゆろなびをよろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です