Twitterアカウントはこちらをクリック

【リモートワークのメリット10選】家で稼げて人生の無駄も30%減ります

ゆーろ

本記事では【リモートワークのメリット10選】活用すると人生の無駄が30%減る件についてお伝えしていきます

「ゆろなび」運営者のゆーろ(https://twitter.com/yuro_tasteearth)です。

  • リモートワークで働きたい
  • テレワークで働けるじゃん
  • 移動がこの上なく無駄と感じる
  • 通勤ラッシュから逃れたい

今日はこのように感じている人に向けて、記事を書いていこうと思います。

近年会社でも取り入れ始めている

  • リモートワーク
  • 在宅勤務

ですが、実際どうなのでしょうか?

  • 移動時間が短縮できそう
  • わざわざ会社行ってやる必要はない
  • MTGなんかSkypeやTEAMSでできる

色々な意見があると思います。

また在宅勤務はWEB関連・IT企業が取り入れていることも少なく、コンサルティング会社で在宅勤務をする人は少ないと思います。

今回弊社は海外出張が多い関係からコロナウイルスにそなえて数週間在宅勤務をすることになりました。
1週間の在宅勤務を行って、色々分かったので今日は在宅勤務のメリットとデメリットについてお伝えしていこうと思います。

 

では早速行ってみましょう!

1.リモートワークとは

リモートワークとはオフィスに勤務せずに自宅で勤務できる働き方のことを言います。

在宅勤務やテレワークとも呼ばれており、近年ではインターネット環境が普及したことで自宅や海外で勤務しやすくなりました。それによって出産後の育児ができるようになったり、男性女性関係なく幼稚園や保育園に送り迎えができるようになっています。

※メモ 厚生労働省・総務省・地方自治体などの行政機関はリモートワークのことを共通言語として「テレワーク」で使用しています。

※会社差し込む

最近では企業で在宅勤務許可・テレワーク許可などを打ち出して採用している企業もちらほらありますね。「柔軟な働き方ができる」ことをアピールすることによって採用なんのこの時代に雇用を確保しようという働きかけをしているのです。

未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

【完全無料プログラミング研修&就活塾】

フリーランスとしての自立をサポート【Freeto】

いずれにしてもリモートワークは会社のオフィス以外での勤務を行うことと覚えておきましょう。

2.リモートワークのメリット

リモートワークのメリットについてお話していきます。

まず大前提として、リモートワークが増えている理由は「メリットがおおい」からということを理解しておきましょう。

社会環境を捉えながら柔軟に働き方を変革している会社がある一方、正直まだまだ日本ではリモートワークへの理解が遅いと感じています。

だからこそリモートワークに対する対応は、企業の柔軟性や社会トレンドを抑える指標になります。

特に経営者の意向が強くなりますので、リモートワークの柔軟性=経営者力・経営者の柔軟性と覚えておきましょう。

たった一度の人生なので、あなたの働き方に合わせてくれる経営者や会社を選ぶようにしましょう。

2-1:好きな場所で好きな時間に働ける

まず何といってもリモートワークの一番のメリットは好きな場所で好きな時間に働けることです。

10年20年前ではありえなかった現状ですね。

インターネットの普及によりどこにいてもPC一つで働ける環境が整いました。

これから5G・6G と低周波高速通信が発達することにより更にリモートワークも便利になること間違いなしです。

5Gとは?
  • 第5世代移動通信システムのこと
  • 超高速回線の実現
  • 低遅延(ダウンロードやゲームなどの動きに遅延がない)
  • 多数同時接続が可能になる

出典元:総務省:令和元年6月27日 第5世代移動通信システム(5G)の今と将来展望より

好きな場所で働くことができるようになれば様々な働き方が実現できます。

リモートワークで実現できる働き方

  • 海外に住みながら勤務可能
  • 自宅で生まれたばかりの子供を見ながら勤務可能
  • 会社から遠方に一軒家を立てての働き方

リモートワークが可能になることで「働き方」の幅が広がることは間違いなく、主に家族の時間や自分の時間をより取れるようになります。

家族や自分の時間を取る為には、どんな仕事につけばいいのか、その為にはどのようなスキルが必要なのかにきちんと把握しておくことが必要です。

2-2:メリハリをつけることで仕事の効率を上げることができる

リモートワークを行うようになると、自分の裁量で計画を立てることができます。

また常に会社で一生懸命働く必要もありませんので、やる時は120%の力で仕事に取り組み、休むときは休む。

メリハリをしっかりつけることで、自分に合った効率の良い働き方を実現することができます。

終電まで働く会社も多いですが(僕も長年終電まで働いてきた側)、正直効率が悪すぎます。

朝と夜の思考状態を比べたときに、その差は数倍にも及びます。

夜の疲れ切った状態で作業をしてもはかどるわけがありませんので、リモートワークを行う場合は早朝から16:00-18:00くらいまで一気に仕事をしてしまうのがベストです。

またリモートワークをしていると「この仕事やらなくてもいいんじゃない」という仕事が案外多いことに気付きます。

会社にいると、仕事が終わるまでにどうしても無駄な仕事をしてまう場合があります。

リモートワークを行うことで、本当に必要な仕事が何かを考えるようになり、無駄な仕事を排除する習慣が身につきます。

会社のMTGが入ることもあまりありませんので、仕事の納期から逆算して効率の良い仕事の進め方をしましょう。

2-3:仮眠ができる為、仕事の生産性が上がる

リモートワークを行うと自宅で作業しますので、必要なタイミングに合わせて仮眠をとることができます。

会社ではお昼に万全の状態で仮眠をとることが難しいですが、家にいれば本当に眠くなったタイミングで15分くらい仮眠をとれます。

仮眠は「シエスタ」「パワーナップ」と呼ばれ、仕事の効率が上がることが分かっています。

実施にハマラボ!!!ワーク&ライフ研究所で40名に仮眠をとってもらった結果35名以上の方がすっきりしたと回答しています。

出典元:ハマラボ!!!ワーク&ライフ研究所https://hamalab.jp/labo/test03/

朝早く起きて一気に仕事に取組み、きつくなった状態で良い状態で仮眠をすることで仕事の効率が最大になります。

僕は仮眠が仕事に絶対必要だと思っているので、仮眠時に状態に合わせて以下3点を使っています。

  • ホットアイマスク
  • あずきのチカラ
  • breoのアイマッサージャー


もちろん仮眠でも疲れは取れますので問題ありません。

一方仮眠の質は、毎日の仕事の質を圧倒的に変えますので、より上質な環境で仮眠を取りたいと考えている人はアイケア商品にもこだわりましょう。

2-4:通勤時間がかからない。満員電車を回避でき体力温存とストレス軽減につながる

僕の中では通勤時間がかからないことが一番のメリットかなと思います。

現在僕は東京に住んでいますが、毎日往復1時間20分かけて会社に行っています。

1週間にすると8時間以上を削減することができる為、1日分より働けれる計算になります。月に直すと4-5日分の差が出ますので、かなり大きな差になりますね…。

また東京の場合は満員電車のストレスが尋常ではなく、僕は冗談抜きで「満員電車から逃れる為にお金持ちになりたい」と思いました。

お金を稼いで会社の近くに住んだり、独立して通勤フリーな勤務環境を作りたいと心から思ったものです。

通勤がなくなると、満員電車のストレスがなくなったり、体力を削られることもありません。

また風邪やインフルエンザなど病気を移されることもないので安全です。

通勤をなくすことで人生の数%楽になると本気で思っていますので、特に遠方から来ている人や、体力がない人は特にリモートワークをおすすめします。

2-5:家族との大切な時間ができる

移動時間が無くなり、生産性が上がると家族との時間が増えます。

人生において最も大切なのは家族なので、家族との時間が増えるって本当に幸せなことです。

一生懸命働いて始発終電に揺られて「俺頑張ってます!」みたいな人は今すぐ改めた方がいいです。

私たちって誰のためになんのために働いてるんでしたっけ?

大切な人と笑顔で大切な時間を過ごすためですよね?

仕事に忙殺されて家族との時間が減るのは本末転倒です。

僕も前職の上司に「忙しすぎて子供の小さい時の顔を覚えていない」といわれたことがあり絶望しました。

大好きな妻との子供の成長を見れないなんて辛すぎませんか?かわいそうに思えたくらいです。

リモートワークで家族との時間が増えるんだったら、今すぐ実行しましょう。

自分の時間って案外作れることに意外とすぐ気付くと思います。

2-6:家事・育児への支障が軽減できる

次に移動時間が無くなることで、家事や育児の時間を捻出できます。

僕も家事を担当したり、育児も担当するために育休を取るつもりですが、移動時間が無くなるだけでも本当に大きいです。

家事や育児をしている人ってマジで1分1秒を争ってるんですよね。

保育園や幼稚園に連れて行った後に、近くのカフェや自宅に帰って作業ができるとどれだけ楽か…

子供を連れていったり、お弁当を作った後に出勤するとなると本当に体力削られます。

リモートワークが育児・家事をする人にとっては本当に救いですので、子供がいる人はぜひリモートワークをおすすめします。

2-7:社内での雑音をカットできる

社内での雑音をカットできることもリモートワークのメリットです。

社内にいるとどうしても上司・同僚・部下から声を掛けられることが増えて仕事に集中できないことがあります。

また断れないMTGを入れられたりすると自分の作業効率も下がってしまいます。

その他にも、員が集中できていればいいのですが、周りが私語が多かったりなあなあな雰囲気になっていると、その分作業効率も落ちます。

僕の会社もグローバルなメンバーが多くいつも明るくいい雰囲気なのですが、コアタイムにもかかわらず仕事以外の話をするなど境界線がない状態です。

電話かけをしているといきなり笑い声が飛び交うなど正直迷惑に感じることもあります。

そういった無駄や雑音を防いでくれるのがリモートワークのおすすめできるポイントです。

あまりにも回りが騒がしい場合や、無駄なMTGが多い場合はリモートワークを行ってみてはいかがでしょうか?

2-8:節約になる

リモートワークはうまく活用できれば節約につながります。

基本的に自炊を行う為、普段500-1000円くらいかけているランチやディナー分を節約することができます。

1ヶ月続けると約30000円くらい、夫婦が共働きの場合に取り組むと6万円くらいになりますので非常に大きいですよね。

また外出をなるべくしなくなりますので間食やカフェ代も削減することが可能です。

どうしても疲れてくるとお菓子などは必要になってきますので、スーパーなどで安く購入することもおすすめです。

僕も1週間リモートワークを続けましたが大きな節約効果を発揮してますので是非体験してみましょう

2-9:健康的になる

リモートワークに取り組んでいると、心身ともに健康的になっていることに気付きます。

  • ストレスフリーな環境でいつも過ごせる
  • 仮眠などを定期的に取れる為、体も休めることができる
  • 移動時間が減るため体力も温存できる
  • 自炊をするためコンビニ弁当を食べずに済む。

やはりストレスフリーな環境で過ごせることは健康になるために最も重要です。上司から怒られることもありませんし、無駄なMTGも排除することが可能です。

また自炊が可能になることにより、無駄な成分を摂取せずに済みます(カップラーメンとかを家で食べても仕方ないよ)。

どうしても集中できないときは、軽くは知ってからまた仕事を再開しても構いませんし、コンビニまで歩いてみることも可能です。

いずれにしても現状の会社でストレスを多く抱えている人は、リモートワークを行うことで健康な体に近づけることを覚えておきましょう。

2-10:私服で働ける

個人的にリモートワークで楽だと感じたのは、自分の好きな格好で働けるということです。

いつもスーツを着ていると気が張るためストレスが溜まりますし、知らず知らず姿勢を気にして肩こりや腰痛を引き起こすこともあります。

その点私服(スウェットなど楽な服)を着ていると、体に対する負担が減るのでおすすめです。

またシャツをアイロンかけたり、クリーニングに出すとお金も時間もかかるのでコスト面でもおすすめといえます。

確かにスーツは選ぶ時間を削減できるのでおすすめですが、毎日同じ服着とけば問題ないですし、気分を変えたいときに色々私服を着れるのはいいところなのでそれぞれの良さを理解しながらうまく活用しましょう。

3.リモートワークのデメリット

ここまでリモートワークの10のメリットをお伝えしてきましたがここからは一方のデメリットについて解説してきます。

リモートワークはうまく活用できる人であれば効果を発揮しますが、自分自身の行動をマネジメントできない人からすると作業効率が絶対に落ちてしまいます。

客観的に自分の性格を理解したうえで、自分に合った働き方をすることをおすすめします。

3-1:期限と納期を決めなければ生産性が下がる可能性がある

まず一つ目のデメリットは生産性が下がる点です。

期限と納期に従って業務を遂行できる人であれば、生産性を高め手仕事ができると思います。

一方、自分のマネジメントができない人は、家に誘惑がたくさんあるため、なあなあな仕事になって作業効率が下がります。

会社にいれば同僚や上司がいるため、一定の強制力が働き頑張るところまで頑張れますが、家では完全に自分との戦いです。

実際僕も1週間ほどリモートワークをやってみましたが、ちょっとソファやベッドに寝転んでみたり、携帯を普通に見てしまうなど生産性を下げてしまう行動をとってしまったことが何度があります。

また近年で注意すべきは「SNS」と「YouTube」です。僕も気づけば上記2つは飛来してしまい、気づけば1-2時間が経ってしまいます。

リモートワークではいつでもSNSやYouTubeを見る時間がありますので、生産性を上げて仕事を全うするためには、仕事以外のことに取り組まない時間が必要です。

自分を律することができないようであれば、リモートワークはうまく行きませんので社内で働くことをおすすめします。

3-2:働かない社員がより働かなくなる

リモートワークは社員の顔が見えません。

経営の観点になりますが、頑張る社員はより効果を発揮しますが、できない社員は指示待ち人間が多かったり自分の分の仕事しかしないため、より働かなくなります。

仕事の効率を上げ、会社も社員も潤うように設計したはずなのに気付けば、会社が衰退していく為の仕組みになってしまうことがあります。

実際弊社でもお恥ずかしながら、早朝に連絡をした時に寝ていた社員がいました。信じるしかない物の全ての社員がきちんと頑張るとは言い切れないようです。

客観的にみて、自社の社員がリモートワークでもきちんと働けるのかは判断の必要がありそうです。

3-3:人との交流が無くなる

リモートワークを行うようになると、社員同士でのコミュニケーションがなくなります。コミュニケーションがなくなると

  • プロジェクトの進捗状況が把握出来ない
  • 自社のノウハウを共有できない
  • 上司から面と向かってフィードバックを受けられない

などのデメリットが働きます。

各メンバーがある程度自立している組織であれば問題ありませんが、育成が必要なフェーズの会社だとある程度直接指導できる環境がある事も必要なのかもしれません。

また会社で働く目的には「同じ志を持った仲間と一緒に頑張る」人もいると思います。

そんな中でいつもリモートワークになって今うと、会社に対する帰属意識が低下したり、会社に思い入れを持つこともすくなくなります。

会社の仲間と苦楽を共にしながら、面と向かって行動することで成長していきたいと考えている人は社内勤めをおすすめします。

3-4:営業活動がしにくい(毎日数10~数100件の家電がある会社はキツイ)

個人的な意見ですが、営業会社の場合はリモートワークをおすすめしません。

普段営業会社に勤めている場合はお客様にアポイントを取ると思います。また架電については、会社の固定電話から掛けると思います。

自分の携帯からだとお金もかかってしまいますし、アポ取りをする時は、周りの仲間と一生懸命アポ取りすることで継続した架電ができると感じています。

だからこそ営業会社の人はリモートワークよりも会社で勤める方が生産性は高い可能性があると考えておきましょう。

3-5:Wi-Fi環境がないと不可能(会社からWi-Fi支給がない場合はキツイ)

リモートワークはWi-Fi環境がなければ機能しません。

会社がWi-Fi環境を提供してくれたり、自分の家にフリーWi-Fi環境が整っていればいいのですが、そうではない場合は自分で家庭内のWi-Fi環境を整える必要があります。

自分の固定費が上がるかどうかは事前に確認しておきましょう。

4.リモートワークが可能な求人

リモートワークができる求人についてお伝えします。空いてる時間でしっかり稼げる

4-1:ママワークス(mama works)


ママワークスは働く「時間」と「場所」を自由に選べる仕事や働き方を臨機応変に対応してくれる企業を多数掲載しているサイトです。

主婦の方が働きやすい会社をそろえる「主婦のための求人応援サイト」ですね。

  • ママでも働きやすい求人が多数
  • スキルがない人でもあきらめずに働けるようサポート
  • キャリアカウンセリングと仕事紹介付き
  • 在宅ワーク動画やコラムで情報がゲットできる

などママに優しい求人サイトです。

在宅・時短のお仕事はママワークス

4-2:TECH EXPERT



TECH EXPERTもITエンジニアに初心者から経験を積むことが可能です。

転職というよりは、自分の力でリモートワークできるように実力をつける方には向いています。

また転職したい場合でも99.9%の転職実績を誇りますので、最悪転職という手もありだと思います。

満足できない場合は全額返金が可能になりますので、本気でリモートワークワークを目指す人は無料カウンセリングを聞くだけでもありですね。

未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

5.リモートワークのメリットデメリット まとめ

ここまで【リモートワークのメリット10選】活用すると人生の無駄が30%減る件についてお伝えしてきました。

話をまとめていくと、リモートワークの10のメリットは

◎リモートワークのメリット10選

  1. 好きな場所で好きな時間に働ける
  2. メリハリをつけることで仕事の効率を上げることができる
  3. 仮眠ができる為、仕事の生産性が上がる
  4. 通勤時間がかからない。満員電車を回避でき体力温存とストレス軽減につながる
  5. 家族との大切な時間ができる
  6. 家事・育児への支障が軽減できる
  7. 社内での雑音をカットできる
  8. 節約になる
  9. 健康的になる
  10. 私服で働ける

またリモートワークのデメリットは

⚠リモートワークのデメリット

  1. 期限と納期を決めなければ生産性が下がる可能性がある
  2. 働かない社員がより働かなくなる
  3. 人との交流が無くなる
  4. 営業活動がしにくい(毎日数10~数100件の家電がある会社はキツイ)
  5. Wi-Fi環境がないと不可能(会社からWi-Fi支給がない場合はキツイ)

最後に、今の時代であれば場所を選ばずどこでも働けます。

大切なのはどうしても在宅勤務やリモートワークがいい人は、在宅勤務ができる業種を選ぶことです。またなるべく人と接触が不要なビジネスを行うことで、在宅勤務の時間を増やすことも可能です。

例えばWEB関連会社/プログラマー/どうしても企業に勤めるのが嫌な場合はYouTuberやブロガーとして働くのも一つの手だと思います。

在宅勤務を進めようとする社長や、リモートワークを容認する環境のある会社で働くことをおすすめします。

最後に、在宅勤務を選ぶときは「なぜ在宅勤務をしたいのか」と目的を考えることが大切です。

自宅で誘惑が多い中で働くのは容易ではありません。その中でできることをやろうと思うと並々ならぬ思いが必要です。

  • 家族との時間を作りたい
  • 子供の小さい頃が見たい
  • 自分の勉強の時間を作りたい

そんな思いが家でも自分の力を発揮できる理由になります。

うまく使えば、ライフスタイルに合わせて在宅勤務やリモートワークは自分の生活を豊かにしてくれること間違いなしなので、思い切って取り組んでみましょう。

あなたの働き方が更に有意義なものになることを心から応援しています。

「ゆろなび」では、あなたの生活の質を少しでも上げるような

ビジネス / トラベル / 勉強 / スキルアップ / ワードプレス・ブログに関する上質な情報を公開しています。

ゆーろのプロフィール&ブログ開設の由来

是非、お時間がある時に他の記事も是非読んでみてくださいね★

これからもゆろなびをよろしくお願いします^^

ゆろなび
~上質な情報で生活の質をあげるブログ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA