世界で働くゆーろのTwitter

【英語より大切なことが身につく】カナダへのワーホリのメリット7つ‼

ゆーろ

本記事では【英語より大切なことが身につく】カナダへのワーホリのメリット7つ‼について紹介していきます

こまっ太くん

  • ワーキングホリデーに行った方がいいの?メリットってなに?

  • ワーキングホリデーに行くと何が身につくの?
  • ワーキングホリデーに行くためにはどうすればいいの?

本記事ではそんな疑問にお答えしていきます。

僕自身がカナダにワーキングホリデー訪問したことで本当に人生が変わりました。

英語を話すようになるだけでなく、本当にたくさんのメリットがあったので本当に言ってよかったと思いましたし、もう一度大学生をやっても間違いなく、留学・ワーホリにはいくと思います。

留学時代で得られたことは本当に計り知れず、今の人生は留学時代の下積み無しでは語れないと思っています。

本記事では今日は、僕の留学体験から、

  • カナダのワーキングホリデーのメリット
  • ワーキングホリデーに行って身につくこと
  • ワーキングホリデーに行くための手順

についてお伝えします。

本記事を読み終えるころには、ワーキングホリデーのメリットの全体像を把握して、ワーキングホリデーへの一歩を踏み出しているはずです・

それでは行ってみましょう!

1.カナダのワーホリの7つのメリット

カナダといわず、ワーキングホリデーの7つのメリットについてお伝えしていきます。

ワーホリのメリットについて認識することで、自身がワーホリに行く後押しになるはずです。

1.1.チャレンジ精神と勇気

まず「チャレンジ精神」と「勇気」です。

理由はこれからの人生で大切なことは「チャレンジ」と「チャレンジするための勇気」だからです。

人は未来の見えない・想像できない事に対しては、極端に不安になります。しかし、今でもこのチャレンジ精神は人生をよりよくするために必須の能力です。

実際、僕も留学に行くまで

  • 「本当に留学にいけるのだろうか」
  • 「期限までにお金を貯めることが出来るだろうか」
  • 「留学したはいいけれど、まったく英語が通用しなかったどうしよう」

と不安になって、勉強が出来なかったり、足が止まることもしばしばでした。

それでも、留学を通して、新しいことにチャレンジしたことで

  • 「本当に留学に行ってよかった」
  • 「これまでのつらさも吹き飛ぶくらい、たくさんの友達・想い出・成長を得ることが出来た」

と振り返ることが出来ました。

そして、またどんどん新しいことにチャレンジしてみたいなと思える自分になれました。

留学をすると、その後一生使える「チャレンジ精神」を身につけることができるのでおすすめです。

1.2.プロセスの重要性に気付ける

ワーホリでは、「成功までのプロセスの重要性」に気付けることもメリットです。

理由は成功してもしなくても、目標に向かって日々努力することで、成長できることに気付けるからです。

社会人に出てからは、

  • 目標を立てる
  • 目標を達成する為の計画をする
  • 目標達成に向けて取り組む
  • 結果に対して振り返りを行う。

毎日がこの繰り返しです。

何かやりたいことに向かって目標を立てて、地道に努力する。その結果、成果が目に見えてくるようになる。

そうすることで、自分のやりたいことや目標を実現するために、プロセスを歩めるようになります。

ワーホリは「プロセス管理能力」を手に入れる為の練習の場として留学に向けた場として活用してみてください。

1.3.好奇心と向上心を養える

ワーホリに行くことで、好奇心と向上心を養えます。

理由は、世界には自分の知らないことやまだ見たことのない世界が計り知れないほどあるからです。

それ以外にも、自分のは生まれも文化も違う人たちとの交流や生活は、これまでの経験にない刺激を与えてくれます。

  • 「世界にはこんなにすごい人がいるんだ/これがグローバルスタンダードか」
  • 「世界にはこんなにきれいなところがあるんだ」
  • 「世界にはまだ見ていないところが、本当に沢山あるな」

僕が留学から帰国して、振り返った感想です。

人は、五感で感じたことの無いことを感じた時に、それを感じたいと、よりポジティブに活発にアクションするようになります。

「好奇心」を持ち続けることが、ずっと努力できるために必要です。

やはり好奇心を持ち続けている人が、社会でも活躍するのは事実です。

例えば、ソフトバンクの孫社長、堀江貴文さんやZOZOの前澤社長はその典型だと思います。

何かをやりたい、人がやったことをやりたい、世界中で活躍したい。これは全て、好奇心が車で言うガソリンです。

僕も留学に行くことで、世界を肌で感じることができ、

  • 「生きているうちに、世界中を回りたい」とか
  • 「世界中でビジネスできるようになってみたい」

と思うようになりました。

あなたも必ず刺激を受けて、これまで以上に好奇心が生まれること間違いなしです。

1.4.継続力・持久力

目標達成に向けた「継続力・持久力」も身につきます。

社会人になっても、「継続力」は必ず必要になり、成長するうえでの必須能力です。

僕もそうでしたが、留学の主な目的は

  • 「英語が話せるようになりたい」
  • 「TOEIC・TOEFLで何点以上取りたい」

など具体的な目標もあると思います。

しかし、具体的な目標と同じくらい努力を継続できる力や持久力が求められます。

「千里の道も一歩から:老子」「ちいさいことを重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの方法:イチロー選手」といった言葉がある通り、何でも、続けない事には現状も変わりませんし、上達もしません。

当然ですが、語学力・英語能力(スピーキング・ヒアリング)なども一日では身につきません。

毎日続けることが出来るようになると、色々な単語が話せるようになったり、コミュニケーションもとれるようになってきて、本当に楽しい毎日が始まります。

留学では自分の「継続力・持久力」を向上させることも意識しながらまず1日・3日・1週間・1ヶ月と継続できるようにしていきましょう。

1.5.メンタルが強くなる

逆境に立ち向かい続けることで「強靭なメンタル」が身につきます。

理由は、ワーホリでは逆境の連続であり、それを乗り越えなければ成長がないからです。

留学の当初は葛藤の連続です。

僕の人生の中でも、あそこまで毎日葛藤を感じた日々はありませんでした。

具体的な経験でいうと、自分のレベルが低かったこともあるのですが、

僕もワーホリに行った初めのころは

  • 「my name is…」
  • 「pardon?」
  • 「I like…」

レベルの英語しか話すことが出来ませんでした。

もちろんそんな語学力ですから、授業中も話すことができませんし、ビジネス英会話になればなおさらです。

できないことが多すぎて、毎日辛くて、逆境の連続でした。

周りの日本人のクラスのレベルは日に日に上がっていく。外国の方は2-3か国後をネイティブレベルで話すのは当たり前。

他人と比較してしまうことも正直ありましたし

  • 逃げ出したい
  • 日本に帰りたい
  • 学校に行きたくない

そんなことを思うこともしばしばでした。

しかし、今思うとそんな環境が、逆境を少しづつはねのける練習になったと思います。

何か新しいことに挑戦したり、今まで自分が持っていなかった能力を得るときに逆境はつきものですから、

  • 「1日1%でも、機能の自分よりできることを増やそう」
  • 「今は出来なくても将来できるようになる」
  • 「周りと比べずに、自分のできることを最大限やろう」

いつしか少しずつではありますが、そう思えるようになりました。

  • 「具体的なアクションは行っている」
  • 「いずれも前には進んでいる」

と思えることが重要です。つらい経験を乗り越えてきたからこそ、今では逆境に対して、

  • 「どんな逆境も自分は跳ね返すことが出来る」
  • 「逆境の後はそれ以上の成長が待っている」

と思えるようになりました。

辛い状況でも、それによって得られる成果を創造しながら、留学生活を過ごしていただきたいと思います。

1.6.語学力が上がる(カナダでは正しい発音が身につく)

カナダへのワーホリに行く本来の目的が英語力を身につけることだと思います。

ワーホリに行くことで、当然のことながら語学力を向上させることが出来ます。

身に着けられるのは大きく分けて4つです。

  1. リーディング力
  2. ライティング力
  3. ヒアリング力
  4. スピーキング力

特に留学では、ヒアリング力とスピーキング力の向上が図れます。

理由はワーホリを通して日本とは比べ物にならないくらい、会話の量を担保できるからです。

またカナダのネイティブスピーカーは発音が聞き取りやすく、留学やワーホリが初めての人でも英語が聞き取りやすいです。

また普段から発音のきれいな人の声を聴くため、自分の発音も変な癖が身につかず学ぶことができます。

1.7.世界中の優秀な学生や社会人と出会える

意識の高い、世界中の学生や社会人と出会える。これが僕にとってワーホリの最大のメリットでした。

理由は優秀な学生や社会人と出会うことで

  • 自分のレベルの低さに気付ける(もっと頑張るべき部分が見つかる)
  • 優秀な学生や社会人に負けない強みが見つかる

からです。

彼らは自分自身の目標に向かって、日々計画的に努力を行っています。

そんな彼らと日々を過ごすことで、

  • 「僕はなんてぬるま湯な学生生活を送っていたのだろうか」
  • 「日本人でも、こんなに優秀なメンバーと社会で戦わなくてはならないのか」
  • 「世界との差は、学生時代からこんなについていたのか」とハッとさせられました。

海外に出てくる人たちの意識の高さを僕は、身を持って体験した過去があります。

あるブラジル人とのシーンです。

彼女は18歳の女の子で、当時僕は20歳でした。

僕は当時、あまり英語が話すことが出来ず、授業中も英語を話せない恥ずかしさを隠すように、へらへら・もごもごと英語を話していました。

ある時、彼女が突然立ち上がり、すごい形相で僕に話を始めました。

  • 「先生、この人の隣は嫌です。こんな練習相手にならない人とは授業を受けたくありません」
  • 「私は、真剣に人生をかけて授業を受けているのです、時間を無駄にしたくありません」
  • 「あなたは2度と私の席の隣に座らないでください」

そういわれて教室がシーンとなりました。

彼女からしたら人生かけて留学に対して意識が高く真剣だったのです。

僕は、確かになんとなく授業を受けていたし、そこまで意識が高くなかったように映ったのでしょう。

日本人全てがそのように意識が低かったり、努力しない人達思われているようで本当に自分が情けなさ過ぎて、帰りのバスで涙を流しました。

今でもあの場面がたまに頭によぎります。笑

そこから、情けなさと悔しさから毎日4時-5時に起きて、人より何倍も勉強するようになりました。

本当に意識に関しては180度変わったと思います。全てに対して真剣に取り組むようになりました。

今努力できるようになったのは、彼女のおかげです。

勉強し続ける僕を認めてくれたのか、今となっては、そんなブラジル人の子も仲のいい友達になりました。

そんな真剣に取り組む、友人と出会えたのは僕の最高の思い出です。

意識の高いメンバーと出会えるのが留学の醍醐味だと今では思えます。

2.実際にワーホリ行ってよかったか?もちろんYES‼

ワーホリのメリットについて考える人は「ワーホリに行った方がいいのか悩んでいる人」だと思います。

よく「実際にワーホリに行ってよかった?」と聞かれますが、もちろんYESです。

ここまでお伝えした7つのメリットを享受できますし、一人の人間としての器が間違いなく拡張したからです。

学生からしてみると、正直留学という夢をつかみ取る為の道のりは非常に長いです。

留学費を貯める場合は1-2年の期間を要しますし、当然、アルバイトを何個も掛け持ったりしないといけない場合があります。

お金はそんなに簡単にたまるものではありません。

大学生活では、普通に友達と遊びや飲み会に誘われることもたくさんありますが、我慢しなくてはなりません。

※何を隠そう僕も大学1-2年までは毎日飲んだり遊んでましたが、留学を決めてからというものの、現実問題、僕も毎日誘惑との戦いが続きました。笑

そんな中で、僕の支えになったのは、留学やワーホリで将来得られるだろうと思った成果でした。

  • 「東京や関西の意識の高い学生とつながりたい」
  • 「他の人と違うことをしてみたい」
  • 「世界で活躍できる人材になりたい」
  • 「世界中を味わえる自分になりたい」
  • 「世界中で友達を作りたい」

という目的があったので、カナダへのワーホリに行くまで、頑張ることが出来ました。

ご飯はほぼまかないで無料にしたり、家賃の安い物件に住んだり、最終的には、新品で購入したバイクも売ったりして、できることは本当にやりつくしました。

自分が「留学もしくはワーホリに必ず行くんだ」と決意したら、その気持ちを絶対にブラらしてはいけません

我慢すべきことを我慢せずに、そんなに簡単に、自分の夢は実現しないのです。

余談になりますが、1-2年間お金を貯めて、いよいよ留学当日、空港で送りに来てくれた友人の姿を今でも忘れません。

そして不安になりながら航空券を握って、飛行機に乗り込んで現地に向かい、カナダ・トロント後に立った時の光景は涙が出るほど嬉しくて、今でもその姿を、忘れることは出来ません。

「逆境の後には、それと同等かそれ以上の果実を手に入れることが出来る」という言葉がありますが、努力してつかみ取った成果は、あなたの今後の糧になることも間違いなしです。

ワーホリに行きたいけど悩んでいる人は

  • 「留学で得られる成果とメリットについて自分に言い聞かせる。」
  • 「とにかく、海外の地に立っている自分を想像する」
  • 「周りのみんなに海外に行くことを宣言する」
  • 「周りに流されない」

ことを念頭に毎日ワーホリの実現に向けて突き進んでいってください。

3.【英語より大切なことが身につく】カナダへのワーホリのメリット7つ‼  まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190506092558j:plain

ここまでカナダのワーキングホリデーのメリットについてお話をさせていただきました。

最後に話をまとめていくと、ワーキングホリデーのメリット7つは

  1. チャレンジ精神と勇気
  2. プロセスの重要性に気付ける
  3. 好奇心と向上心を養える
  4. 継続力・持久力
  5. メンタルが強くなる
  6. 語学力が上がる(カナダでは正しい発音が身につく)
  7. 世界中の優秀な学生や社会人と出会える

最後にお伝えしたいのは、自分がワーホリで行きたい場所に立っているイメージを極限まで鮮明に描くことです。

極限まで鮮明にイメージを膨らませることで、自分の脳に「絶対にワーホリに行く」と暗示がかかり、また実現に向けて歩み始めるからです。

夢をあきらめてしまう人は

  • 自分に自信がない
  • 夢を描く力が弱い

ことが原因です。

まずは自分は絶対に留学に行けるんだと言い聞かせて、同時に本当に行きたくなるまで何度も鮮明に夢をイメージしましょう。

あとは、達成するための綿密な計画を立てて取り組んでいくだけです。

色々不安はあると思いますが、どうか自分の信念を貫いて、あなたの夢である、留学やワーホリを実現できます。

一日でも早く、あなたの夢が実現することを応援しています。本日は以上です。

「ゆろなび」では、あなたの生活の質を少しでも上げるような

ビジネス / トラベル / 勉強 / スキルアップ / ワードプレス・ブログに関する上質な情報を公開しています。

プロフィール画像 【地球を味わい尽くしたい‼】ゆーろのプロフィール&ブログ開設由来

是非、お時間がある時に他の記事も是非読んでみてくださいね★

これからもゆろなびをよろしくお願いします^^

ゆろなび
~上質な情報で生活の質をあげるブログ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です