年収2.5倍を実現した『鉄板3社』

【人生失敗ばかり】手遅れと後悔する前にやるべき5STEP※逆転可能な考え方

≫人生を立て直す5STEP

≫人生逆転してワクワク生きる

・人生失敗ばかり…
・あの時もっとこうすれば良かった
・あの頃に戻りたい‥

人生で成功ばかりし続けることは難しく、誰しもが「こうすれば良かった」「あの頃に戻りたい」気持ちを抱いているものですよね。

まなぶ君
時には「もうダメだ」「今からでは遅い」と諦めてしまうこともあるでしょう。しかし、失敗した後でも人生は続き、生きていかなければなりません。

人生で失敗ばかりするのは、人生を無計画で過ごしたり、短期視点で楽をしてしまったことで自分の思い通りの人生を描けないからです。

この記事では、『失敗ばかりの人生を送り手遅れと諦めてしまっている人』に向けて【失敗の事例や立て直すための方法】について紹介をしていきます。

本記事を読むことで、人生を再スタートを切れるのと、やり直した人生をイキイキと送ることができます。

人生失敗ばかりだと、人生が楽しくないですし、自信も持てず、毎回チャレンジする勇気も持てません。

今、辛いと感じている人はこの記事を読み、人生を軌道修正するための参考にしてみてください。

【人生を変えたいなら絶対、環境を変えよう】

  • 人生で失敗したと感じるなら、今いる環境を絶対変えましょう。
  • 仕事を休んでもいいし、転職もありです。理由は同じ環境だと「またダメかもしれない」「変われない」と潜在意識で感じてしまうからです。
  • 一歩踏み出すだけで、少なくとも今とは違った結果を得られるので、同じ場所・行動に留まることだけは辞めて、一歩踏み出してみてください。
でんさん
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は30代で、現役戦略コンサルタントとして10年働いています。
当ブログ『ビジネスギーク』で転職情報や年収を上げる方法を発信しています
https://twitter.com/yuro_tasteearth

目次※クリックで好きな場所に飛ぶ

1.人生で失敗したと感じる10のケース

1.人生で失敗したと感じる10のケース

人はどのような状況で「失敗した」と感じるのでしょうか。

ここでは多くの人が失敗した感じるケースについて紹介していきます。自身に心当たりがあるものを確認してみてください。

ケース①:仕事がうまくいかない

社会人の多くの人が感じているのが「仕事がうまくいかない」ケースです。

これにはさまざまな要因があります。たとえば下記の通りです。

  • 任された業務の難易度が高い
  • 不況で仕事が減った
  • 営業成績が上がらない
よめちゃん
1日8時間以上、それを週5回、ほとんどの時間を費やす仕事がうまくいかないと気持ちが沈んじゃうのよね…

≫仕事ができない人の特徴15選と、辞めたいときの18の解決法

ケース②:職場環境がブラックすぎる

働き方改革や労働条件の見直しが進み、一昔前よりも随分とブラック企業の数は減りましたが、まだまだ存在するのが実情です。

なぜなら、職場がブラック企業だと、自分本来の仕事ができなかったり、心身ともに疲弊する人が多いからです。

  • 残業時間が長い
  • 残業代が出ない
  • 上司から罵声を浴びせられる
  • 辞めたくても辞められない

また、隣の芝生は青く見えるもので、他社の人の職場環境と比較して「ブラックだ」と感じてしまっている人も大勢います。

ケース③:人間関係がうまくいかない

学生・社会人問わず、人間関係に悩む人は非常に多いものです。

人間関係でうまくいかなかった理由は、コミュニケーションの方法やコツがわからないケースが多いです。

  • 余計なことを言ってしまった
  • 素直に謝れなかったなどのようなきっかけや
  • いじめられている
  • 周りからの当たりが強い

状況はさまざまですが、SNSの利用が活発な現代では、リアルな人間関係だけではなく、ネット上の人間関係に悩む人も増加してきています。

ケース④:収入の低い業界に就職してしまった

失敗ケースの4つ目は『収入の低い業界に就職してしまった』パターンです。

なぜなら、能力がなかったり、効率よく収入上げる理由を知らずに就職活動や・転職活動をした人が多いからです。

ゆーろ
具体的に、「就職氷河期で何とか滑り込んだ」「憧れだけで就職してしまった」「勉強してこなかったから低収入で辛い」などで失敗したと感じている人も大勢います。

「お金がすべてではない」言葉もありますが、残念ながら資本主義社会なのでお金で解決できることも多いのが現実です。

お金がなければ買い物や好きなものを食べることができず、心が荒んでいってしまいます。

≫高給取りとはいくらから?未来の『高給取り』おすすめ職業6つを紹介

ケース⑤:学生生活を楽しめなかった

部活やサークル、バイトに恋愛など学生生活には数多くのイベントがあります。

なぜなら、自分の積極性が足りなかったり、親が許してくれなかったり、コロナなどの外部要因もあるからです。

よめちゃん
これらのイベントに対して「親が許してくれない」「オンライン授業ばかりで友達に会えない」などから不満を感じている人もいるわね!

また、学生を卒業してからその有難味に気付き「もっと色々楽しめばよかった」と後悔する人も少なくありません。

ケース⑥:夫婦・家族との関係が悪い

6つ目のケースは、夫婦・家族との関係が悪いケースです。

夫婦・家族とは、人生の大半をともに過ごす人たちなので、関係が不良好だと「帰りたくない」「家にいたくない」といった気持ちになってしまいます。

また、このように関係が悪いとリラックスすべき自宅でも心身ともに休めることができず疲弊してしまうのです。

ケース⑦:恋愛がうまくいかない

恋愛がうまくいかないケースにおいては「恋人ができない」「恋人関係が続かない」の2つに大別することができます。

前者の場合、恋人ができないことで自信喪失してしまったり「このまま結婚できないのか」「生涯一人で過ごすのか」と不安に感じたりするものです。

また、後者の場合には「自分に問題があるのだろうか」と不安を感じることもあるでしょう。

ケース⑧:結婚に失敗してしまった。

8つ目のケースは、結婚に失敗してしまったケースです。

理由は「相手のことをよく知る前に結婚してしまった」「結婚してから同居した価値観が合わなかった」「恋愛婚ではなくお見合いだった」などです。

先に紹介した「夫婦・家族との関係が悪い」と同様、失敗したと感じている人との結婚生活は非常に苦痛です。

また、結婚してから失敗に気付くケースもあれば「プロポーズしたら断わられた」「妊娠したのに結婚してもらえなかった」といったケースも存在します。

それまでに費やしたお金や時間、その後の人生に不安を感じ「失敗した」と感じてしまうのです。

ケース⑨:仕事でミスが多い。重大なミスを犯した

失敗した9つ目のパターンは仕事で重大なミスを犯したパターンです。

特に重大なミスをする人は「知識不足」「注意力散漫」などの理由が挙げられます。

就職すると、仕事で重大なミスを犯してしまっても逃げることはできません。簡単に辞めたり、欠勤したりすることはできないので、毎日出勤することが辛くなります。

また、失敗したことで「同僚や上司に迷惑をかけている」「できない奴と思われている」と思い込むようになると、精神的にも追い詰められてしまいます。

仕事でのミスのほとんどが「確認不足」「準備不足」といった簡単なものがきっかけです。

だからこそ「なぜしっかりやらなかったのか」と後悔してしまう人が多いのです。

≫【仕事の大失敗で立ち直れない人の特徴】引きずらない『5つの考え方』※クビ回避の対処法まで伝授

ケース⑩:自分の夢を諦めてしまった

最後の失敗ケースは「自分の夢を諦めてしまった」パターンです。

理由は、金銭的な問題や、時間の問題で自分の夢の優先度が下がってしまったからです。

・就きたい職業を諦めた
・マイホームの購入を諦めた
・旅に出ることを諦めた

など、人によって夢はさまざまです。

自身が諦めてしまった夢を実現している人を目の当たりにして羨むこともあれば、夢を諦めたことで人生の目標を失ってしまうこともあります。

ゆーろ
そして諦めたことを後悔し、再び夢を追いかけようと思うものの年齢や時間などから断念し、さらに「失敗した」「諦めなければ良かった」と感じてしまうのです。

2.人生で失敗した人の8つの特徴

2.人生で失敗した人の8つの特徴

ここまで人生で多くの人が失敗したと感じるケースについて紹介してきました。

しかし、これらの失敗する人には共通する特徴があります。

よめちゃん
ここでは人生で失敗したと感じてしまう人の特徴を8つ紹介していくわよ!
  1. 人生を無計画で過ごしてしまった
  2. 夢や挑戦を諦めた
  3. 努力しなかった
  4. 他責の精神(周りのせいにした)
  5. 面倒なことから逃げてしまった
  6. 自分の利益だけを追究してしまった
  7. 興味や向上心が欠けていた
  8. 被害者意識が強い

特徴①:人生を無計画で過ごしてしまった

人生に失敗したと感じている多くの人が、進学する目的やキャリアマップに対して、具体的な計画を立てずに過ごしてしまったことを後悔しています。

なぜなら、人生を計画する重要性など誰にも教わらないからです。

たとえば、将来やりたいことを考えずに何となく進学し、就職してから後悔する例を見てみましょう。

  • 周りが進学するから
  • まだ就職したくないから
  • 高卒より就職が有利だから

上記の様な、考えで進学し、卒業後に何となくで決めてしまうと後悔する可能性が非常に高いです。

もちろん転職することで軌道修正することはできますが、仕事をしながら勉強し、転職活動をするのはとても大変です。

まなぶ君
ここで「学生のときにもっと考えておけば良かった」「時間があるときに勉強しておけば良かった」と過去の失敗に対して後悔してしまっています。

こうした苦労や現在の環境からとりあえず逃げるために、転職をしてしまうと同じ後悔をすることになり、負の連鎖から抜け出せなくなってしまうのです。

特徴②:夢や挑戦を諦めた

人生で失敗してしまう人の2つ目の特徴は、夢や挑戦を諦めた人です。

夢を持ち、挑戦することは目的・目標を持って生きることと同義で、それらに近づくことで充実した気持ちになれます。

しかし「自分には無理だ」「夢に対して時間を割くことができない」など、さまざまな理由で挫折してしまう人も大勢いるのです。

このように諦めた後、充実した生活が送れなくなったり、自身が実現したかった夢を他の人が叶えているのを見て、羨ましく思う気持ちや諦めたことへの後悔を感じてしまうのです。

特徴③:努力しなかった

充実していて満足いく人生を送るためには、努力が必要不可欠です。

近道はなく、0から1にするのは非常に多くの労力を要します。加えて、その努力が必ず実を結ぶとは限りません。

それでも努力をしてこなければ、それに見合った人生しか送れないのは道理といえるでしょう。

また、世の中には「誰でも簡単に」「これを使えば間違いない」といった誘惑がたくさんありますが、誰でも成功する方法があるのであれば全ての人が満足した人生を送れていることでしょう。

しかし、気持ちが落ち込んでいたり弱っていたりすると、こうした情報にすがりつきたくなるのもまた人間なのです。

このように、人生で失敗している人の多くは、努力を怠ったり、横着をしようとしたりしている特徴があります。

特徴④:他責の精神(周りのせいにした)

「人に言われたから失敗した」「環境が悪いから人生うまくいかない」など、他責の精神が強いことも人生を失敗している人の特徴です。

もちろん、周囲の人や環境によって人生を左右されることはあります。

しかし、そこにたどり着くまでの過程は自身の選択によるものです。

ゆーろ
周りのせいにして「仕方ない」と諦め、そこからどうするのか改善策を考え、行動に移せない人は失敗した人生から抜け出すことができません。

特徴⑤:面倒なことから逃げてしまった

人生で失敗する人の5つ目の特徴が、面倒なことから逃げてしまったことです。

なぜなら、こうした面倒なことから逃げて、ラクな方へと逃げていると、それに見合った人生しか歩むことができないからです。

生きていくうえで、自分のやりたいことばかりをしていけることはなく、必ず手間暇がかかる面倒なことに直面する場面があります。

面倒なことに直面しても、自身の目標・目的といった先のことを考え行動することが、成功する人生には必要不可欠です。

特徴⑥:自分の利益だけを追究してしまった

自分の利益だけ追究してしまった人も人生を失敗してしまいます。

なぜなら、周囲のことを鑑みずに行動してしまうと「自己中」「身勝手」といったレッテルを貼られ、周りから見放されてしまうからです。

誰しもが自身の利益になることを追求したい気持ちを持っています。

でんさん
仕事・プライベート問わず、他者とwin-winの関係を築くよう意識をするようにしましょう。

特徴⑦:興味や向上心が欠けていた

興味や向上心が欠けており、無気力に生きていることも失敗している人の特徴です。

なぜなら、興味や向上心が抜けていると、積極的に努力をしなくなるため、各ジャンルで成功できないからです。

これは先に紹介した「夢や挑戦をしない」「努力不足」「面倒ごとから逃げる」にも通じるものがあります。

興味を持たなければ新しい物事に触れることができず、向上心がなければ努力することもできません。

つまり、現状から抜け出すことができないことです。「誰かが助けてくれる」ことに期待してはいけません。

特徴⑧:被害者意識が強い

人生で失敗する人の最後の特徴が被害者意識が強いことです。

理由は被害者意識が強いと「なぜそのような状況に陥っているのか」「状況から抜け出すためにはどうしたら良いのか」と考えることができないからです。

  • 自分なんて、どうせだめだ
  • 周りはできるけど、環境が違うから自分はダメなんだ

「自分ばかりが損をしている」といったように、失敗している人は被害者意識が強い特徴があります。

実際に被害者であることもありますが、それを嘆いていても状況は改善されず、時間を無駄にして更なる後悔へと繋がってしまうのです。

3.失敗ばかりの人生を立て直す5STEP

3.失敗ばかりの人生を立て直す5STEP

ここまで人生の失敗事例や失敗する人の特徴について紹介をしてきました。

失敗してしまうと「もうダメだ」と諦めてしまいたくなりますが、軌道修正することも可能です。

第3章では、失敗ばかりの人生を立て直すための方法を5つのSTEPで解説していきます。

失敗してもその後の人生は続くので、立ち直るのが苦手な人はぜひ参考にしてください。

STEP1:まずは休んで心身ともにリフレッシュする

失敗してから人生を立て直すには、必ず行動をしなければなりません。

しかし、その行動をするためには心身ともに健康である必要があります。

失敗すると気持ちばかりが焦ってしまいがちですが、心身をケアするために好きなことをしたり、ゆっくり休んでみるなど、まずはリフレッシュするところから始めてみましょう。

STEP2:立ち止まり、振り返る

なにごとにも因果関係があり、失敗した結果(人生)には、それを起こした原因が存在します。

失敗した人生から抜け出すためには、その原因を究明し、同じ轍を踏まない対策や状況改善のために行動をすることが必要です。

闇雲にあがくのではなく、冷静になるために立ち止まって、失敗した状況に陥った原因について振り返るようにしましょう。

STEP3:全ては自分の責任と理解する(自分原因説)

失敗した原因を分析していると、人や環境といった外的要因(他責)を理由に挙げてしまいがちです。

しかし、人間関係や環境、失敗した状況に至るまでの過程は自分自身の選択によるものであることを忘れてはいけません。

  • 職場環境がブラックだ
  • 残業が多い
  • 給料が安すぎて生きていけない

と感じている人も、そもそも自分でその企業を選んで就職しています。

このように失敗や後悔する選択をしないために、まずはこれまでの失敗について自分に責任があることを認めなければなりません。

そして同じ失敗をしないための方法を熟考し、行動に移すための準備をしていきましょう。

ゆーろ
これらを考える際、頭の中だけで考えるのではなく、紙に書き出し可視化すると整理しやすいのでおすすめです。

STEP4:環境を変える

STEP4は、学校や職場、活動する生活環境を変えてみましょう。

なぜなら、現状が苦しく耐えがたい場合にはその場から逃げることも大切ですが、無計画に環境を変えると同じ轍を踏む可能性が非常に高いからです。

単に変えるだけではなく、前段で解説したように熟考した内容をもとに行動に移す必要があります。

でんさん
より良い環境に活動の場を移すためには、それ相応の努力が必要となるので覚悟を決めて臨むようにしましょう。

STEP5:努力を継続する

人生は他の誰のものでもなく、自分自身のものです。

自身で行動を起こさずに、誰かが助けてくれることはありません。

失敗した人生を立て直すためには、改善するための努力が必要となることを覚えておきましょう。

また、一時的に状況が改善したからといって、努力を止めてはいけません。

目標に向かって努力することは挑戦であり、向上心を持つことにも繋がるからです。

努力を継続することは難しく、ついラクな方へと逃げたくなくこともありますが、そういった時には失敗して後悔した気持ちを思い出すようにしましょう。

4.失敗ばかりの人生から逆転する考え方

4.失敗ばかりの人生から逆転する考え方

ここまで、失敗した人生を立ち直らせるための方法について解説してきました。

ここから行動に移すためには、考え方から改善することが非常に重要です。

第4章では、失敗ばかりの人生から逆転する考え方について紹介していくので、自身の考え方と比較しながら読み進めてください。

考え方①:人は誰でもいつからでもやり直せる

失敗してしまうと「もうダメだ」「巻き返すことができない」と気持ちが沈んでしまいがちです。

たしかに、失敗した内容によってはその物事や環境では立て直すことが難しい場合も往々にしてあり得ます。

しかし、人間関係や環境は一つではないことを忘れてはいけません。

その場に止まることが難しければ環境を変え、自身の能力が足りなければ不足しているものを習得すれば改善が可能です。

まなぶ君
失敗した人生の立て直しには労力を要しますが、そのままの人生を続けるのか、努力して改善するかを天秤にかけた際、どちらが良いのか言うまでもありませんちよね!

「もうダメだ」と考えてしまいがちな人は、いつからでも立て直すことができることを覚えておきましょう。

考え方②:人生をやり直すのに遅すぎることなんてない

・若い頃にもっと努力しておけば良かった
・もっと考えて選択すれば良かった…。

失敗した人は”たられば”を考えてしまいがちです。そして、年齢を理由に諦めてしまいます。

たしかに、年齢によって体力や時間が限られていることもたくさんあります。

しかし、その一方で、軌道修正するための選択肢も無数に広がっていることを忘れてはいけません。

  • 社会人で「もっと勉強しておけば良かった」という後悔→独学やスクールで勉強し直すことで改善
  • 「収入が低くて辛い」失敗:転職や副業をすることで収入アップを図る

当然、学生の頃と比べると時間も捻出しにくく、苦労することも多いです。それでも過去に戻ることはできません。

このような場合には「学生の頃よりも時間は作れないけど、使えるお金は増えた」といったように、学生時代よりも現在のアドバンテージを考えるようにすると、気持ちが前向きになります。

やり直すには遅すぎると諦める前に、今できることを模索する考え方を持つようにしましょう。

考え方③:人生で失敗したかどうかは自分次第

環境が辛いけど抜け出せない、能力が足りず収入が上がらないなど、人生の失敗にはさまざまな種類があります。

しかし、それらを引き起こしているのは過去の自分の選択であり、これから先の人生が成功するか否かは現在の自分が鍵を握っているのです。

失敗すると、気持ちが沈み、自暴自棄になってしまうこともありますが、その後も人生が続くことを考え、立ち直る方法を考えるようにしましょう。

また、成功している人を見ると羨む、失敗している人に対しては見下すなど、さまざまな気持ちを抱きます。

しかし、人生を成功と感じるも失敗すると感じるも、全ては本人の考え方次第で変わります。

他人が見たら羨む生活をしている人でも、本人は失敗と感じているかもしれません。

逆に、他人からは失敗そのものの人生に見られても、本人は幸せと感じていることもあるでしょう。

このように、人生は自身の選択や考え方次第で、どのように感じるのか変化することを覚えておきましょう。

5.人生で失敗ばかりの人におすすめの本

5.人生で失敗ばかりの人におすすめの本

第5章では、人生で失敗ばかりの人におすすめの本を紹介していきます。

おすすめの本は下記分野で紹介していきます。

【営業の土台】成功哲学

まず初めに紹介するのが「成功哲学」です。

世界の成功者500人を研究して「成功する人の条件」を数十年研究した、まさにベストセラー本です(世界3000万分以上)。

  • 成功する人はどんな条件を備えているのか?
  • あなたが人生を成功させるにはどうすればいいのか?

上記「成功の秘訣」を知ることができます。仕事は人生の目的を達成する手段でしかありません。

「生きる上で大切にすべき全て」がこの本に詰まっているので、人生を成功させたい人におすすめの1冊です。

ゆーろ
僕が1冊だけ本をおすすめするなら間違いなくこの本を選びますよ!

【優先度付け】エッセンシャル思考

エッセンシャル思考は「パレートの法則」に従って「TOP20%の優先順位を見つける方法」を教えてくれる名著です。

本書が必要な理由は、ビジネスマンは、効果的な営業先に、効果的な方法で取り組まないと成果が出ないからです。

  • 目的もなく量で勝負する。
  • 予算のある企業に訪問しない、お金がない人にも営業をしてしまう

優先順位をつけずに仕事をするのは非効率です。非効率な時間をなくすためのエッセンスを学びたい人はぜひ読んでおきましょう。

【時間管理】なぜあなたの仕事は終わらないのか?

本書は『時間管理』について学べる本です。

なぜなら時間管理ができないと仕事に酷使して人生が豊かにならないからです。

たとえば、忙しい営業マンは日中はアポ取り・訪問活用、訪問先から帰った夜に事務処理をするなど残業のオンパレードです。

時間管理・時間短縮・効率化を意識しないと、無限に残業できるので若いうちから「自分の時間は自分で守る」癖をつけましょう。

営業で残業続き、疲弊していて家族との時間や勉強時間がない人におすすめの1冊です。

【自信】一生折れない自身の作り方

ビジネスマンは「自信」が無いと失敗してしまいます。

なぜなら自信がないとお客様が不信感をいだき信頼してもらえないからです。

ビジネスマンに必要なのは「5つの自信」と言われており、この自信がなければTOPビジネスマンにはなれません。

  1. 職業に対する自信
  2. 会社に対する自信
  3. 商品に対する自信
  4. 自分に対する自信
  5. お客様に対する自信

自信をつけるためのヒントはサッカー日本代表の長友選手も読んでいる「一生折れない自身の作り方」に書かれています。

ゆーろ
僕も本書を読んだことで自信がないなんてことが無くなりました。

自信は誰もが持てます。自信がないと勘違いしている人に特におすすめです。

【行動・実行力】やり切る力

最後は行動力・実行力を得られる本です。

なぜなら、実践ができていないと①未来が変わらず成功できない②失敗できず反省と改善ができなからです。

  • テレアポや訪問が怖くて、できるならしたくない
  • 提案書を作っても上司に怒られるのが嫌で、相談したくない
  • 顧客に何度も確認したら怒られそう

営業で言えば、このように行動しないと、今の現状が変わらず、成功するか失敗するかもわからず現状維持のままです。

TOPセールスマンになるには「良いところを延ばす」「悪い部分を改善」「新しい分野の知識を入れる」ことがマストです。

行動できない・勇気が持てない・何かと怖いと感じる人は「やりぬく人の9つの習慣」を読んでみてください。

6.人生で失敗ばかりの人は必ず環境変えよう

6.人生で失敗ばかりの人は必ず環境変えよう

人生で失敗ばかりしてきた人は、必ず環境を変えましょう。

なぜなら、失敗している環境だと、あなたの評価が低く厳しい目で見られたり、中々チャンスがもらえないからです。

失敗している状況で、頑張っても評価を覆すのは難しく「できないキャラ」から抜け出すことができません。

ゆーろ
私自身も、営業最下位から営業禁止になったり、左遷&転籍を経験しましたが、やはり評価を変えるのには難易度が高すぎました…。

環境を変えたい人の鉄板コースは、独立・フリーランスか、転職がおすすめですが、難易度は転職の方が低いです。

【転職の鉄板戦略】

  • 転職の鉄板戦略は、リクルートエージェントJACリクルートメントビズリーチの3社を併用することです。
  • 理由は①リクルートで非公開求人を片っ端から集めて、JACリクルートメントで高品質のサポートを受けて転職成功率を高めながら、ビズリーチでヘッドハンティング(有利転職)を進めることです。
  • この戦略を実践することが、最短で新しい環境に転職する方法で、僕自身も実践しています。

ただし、上記については、年収400-500万以上の人の方法なので、転職未経験者や、フリーやニートの人は下記の記事で別のエージェントを活用してください。

≫【第二新卒・既卒向け】おすすめ転職エージェント※第二新卒から年収2倍

≫【30代向け】ニート・無職から就職できるおすすめエージェント

転職には年齢制限があり、20代から30代前半にかけてが、最初のラスト期間です。

3社の併用は、多くの転職者が知らないため、活用すれば必ず、周りより1歩リードできるはずです。

エージェントは無料で、本業で働きながら、こそっと進めればノーリスク・無料で始めれるので人生変えるために絶対始めてください。

ゆーろ
転職でなくても、環境を変えない限り、一生人生失敗のままですし、誰もあなたを助けてはくれないので、自分の人生は自分で守りましょう。

環境を変えると、あなたの評価がリセットされ、好きな仕事ができ、毎日の憂鬱からおさらばして、ストレスフリーでイキイキしたビジネスライフが送れますよ!

7.人生で失敗ばかりでも、絶対逆転できる

7.人生で失敗ばかりでも、絶対逆転できる

ここまで、人生失敗ばかりの人にむけて【人生を立て直すSTEP】について紹介しました。

仕事がうまくいかなかったり、ブラック企業の人、人間関係に問題を抱えている人は「人生失敗した」と感じることが多いです。

理由は、無計画で人生を過ごしたり、努力せず面倒なことから逃げたり、被害者意識が強く行動できないからです。

過ぎた時間は取り返せませんが、人生を逆転することは可能なので、3章:人生立て直すSTEPを必ず読み込んでください。

環境を変えたい人は、独立・フリーランスになるのが一番ですし、まだハードルが高く危険なので、最初は≫転職して環境を変えることからはじめてください。

最後に、人は誰でもいつからでもやり直せます。

ゆーろ
人生をやり直すのに遅すぎるなんてことはないので、失敗を力に変えて「あの時失敗したから成功できた」とストーリーに変えられるよう、今から必死に頑張っていきましょう。

あなたが、好きな仕事をストレスフリーで、稼ぎながらできることを心から応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です