世界で働くコンサルタントのTwitter

【フリーランス専門エージェント】レバテックフリーランスとは?選ばれる3つの理由を解説‼

ゆーろ

本記事では、レバテックフリーランスの概要と詳細のサービス内容についてお伝えしていきます!

こまっ太くん

  • レバテックフリーランスってなに?
  • フリーランスとして案件を探している
  • 具体的にどんな案件があるの?
  • フリーランスがリモートでできる仕事ってあるの?

本記事はこんな悩みを解決する記事です。

今回のコロナウイルスで在宅勤務の必要性が出たり、会社をリストラされたり給料カットされるお客様もいらっしゃいました。

会社に固執する時代から、それぞれが一人でも生きる力を身に着けていかなければならない時代に変わっています。

そんな中で僕自身も、フリーランスとしてリモートで働ける環境を整えようと調べていたらどうやらこのレバテックフリーランスが最強のようです。

本記事では前半で

  • レバテックフリーランスってなに?
  • リモート案件はあるの?どんな案件に対応してくれるの?

記事の後半では

  • レバテックフリーランスの手数料について
  • レバテックフリーランスの平均年収
  • 無料相談・面談がおすすめ

についてお伝えしていきます。

本記事を読めばフリーランスとして働くこと(どのように案件を手に入れるか)がどういうことか理解できるはずです。

それでは早速行ってみましょう!

1.レバテックフリーランスとは

レバテックフリーランスは、IT・Web系の常駐型フリーランスエンジニア(個人事業主)専門のエージェントです。

フリーランスと企業の間に立ち、両者のマッチングを支援してくれます。

また登録した人のスキルや要望に合わせて案件を提案して、企業との交渉や契約も代行してくれます。

フリーランスが自ら営業する必要をなくし、交渉や契約業務の負荷を限りなくゼロに近づけてくれることもポイントです。

1.1.常駐型のフリーランスの提案

フリーランスには大きく分けて「在宅型」と「常駐型」の2つのワークスタイルがあります。

在宅型フリーランスとは

主に案件ごとに企業と契約を結び、自宅で作業を行う働き方。

請負契約の場合は成果物に対して、準委任契約の場合は業務遂行に対して報酬が支払われる。

常駐型フリーランスとは

案件ごとに企業と契約を結び、契約先の企業に常駐して作業を行う働き方。

1~3ヶ月など、一定期間ごとに契約・更新を行うケースが多い。

報酬は契約締結時に定めた金額が、契約締結時に定められた期間ごとに支払われる。

レバテックフリーランスが提案するのは後者、常駐型のフリーランス案件です。

フリーランスエンジニア=在宅ワークというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、企業に常駐して働くフリーランス案件は年々増えてきており常駐だからこそ得られるメリットも実はたくさんあります。

1.2.常駐型のフリーランスのメリット

在宅ワークと違い、常駐型フリーランスは企業に通わなければならない点をデメリットに感じる方もいるかもしれませんが、同時に次のようなメリットを持ち合わせています。

1.2.1.企業のニーズが高く、在宅よりも案件を獲得しやすい

案件を発注する企業は、セキュリティや制作の進め方などから「週5日、現場で作業をしてもらいたい」という要望を持っている場合が多いです。

条件に合わせられる人は、在宅よりも常駐案件の方が参画できる案件の幅が広がる傾向にあります。

1.2.2.大手企業の案件にも参画しやすい

常駐型フリーランス案件に参画する際、多くのエンジニアはエージェントを介して参画先を決定します。

そのため、個人営業だとなかなか契約することが難しい大手企業の案件も受注しやすくなります。

1.2.3.収入が安定しやすい

「フリーランス=収入が不安定」というイメージを持っている方が多いかもしれません。

しかし、常駐型フリーランスの場合は案件ごとの契約ではあるものの、1~3ヶ月など一定期間ごとに契約・更新を行うケースが多く、報酬も契約締結時に定めた金額が、契約締結時に定められた期間ごとに支払われます。

そのため、収入の見通しは比較的立ちやすいと言えます。

1.2.4.幅広い現場で多様な経験が積める

常駐型フリーランスは

  • 「有名サービスの開発に携わりたい」
  • 「機械学習の経験を積める現場に行きたい」

など自分のやりたいことを軸に案件を探すことが可能です。

自分が経験してみたいサービスや磨きたいスキルを基準に案件を選べば、さまざまな現場で経験を積むことができます。

1.2.5.モチベーションを維持しやすい

常駐型案件はチームで作業を進めること、現場によっては社内勉強会などが活発に行われていることなどから、参画先のエンジニアから良い刺激を受けながら働くことができます。

スキルの向上や業界トレンドのキャッチアップがしやすい環境ゆえ、モチベーションも維持しやすくなります。

2.レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

レバテックフリーランスが選ばれるにはそれなりの理由があります。

僕自身も調べれば調べるほど、なるほどと感じる内容がいくつかありました。

2.1.高単価での参画が可能

2.1.1.エンドユーザーの直請け案件がたくさん

レバテックフリーランスは、間に他社を挟まず、参画先企業と直接取引をすることによりマージンを低く抑えらます。

更に、これまでのマッチング実績により企業からの信頼が厚く、高い発注金額で案件を獲得できています。

そのため、業界でも最高レベルの高単価を実現しています。

2.1.2.最短での支払い(15日サイト)

レバテックフリーランスは報酬支払いまでの期間が業界内でも最短クラスで早いです。

支払いについては月末締め翌月15日払いの15日サイトをとっています。

2.1.3.コーディネーターの交渉力

フリーランスの希望条件・単金・参画スタート日など参画条件について、フリーエンジニアの方の要望に沿ったものとなるように、コーディネーターさんがクライアント先としっかり交渉を行ってくれます。

そのため、一個人として契約するよりも発注額が上がる可能性も非常に高いです。

希望条件や気になる点などありましたら、遠慮なくコーディネーターに伝えることもできるので、安心できます。

コーディネーターとは

レバテックフリーランスでは、参画前から参画後まで一貫して担当者が付き、徹底的にサポートしてくれます。
テクニカルカウンセラー・企業担当・フォロワーと、3つのプロがトータルサポートを行うそうです。

コーディネーターさんも皆さん優しそうで、美男美女の方が多いですね!

2.2.マッチング精度が高い

2.2.1.なんと1,100案件以上の保有案件がある

レバテックフリーランスでは、有名企業からニッチな技術を求める案件までさまざまな案件を保有しています。

その数は業界でもトップクラスです。

そのため、フリーランスの希望に沿った案件を提案してくれる確率が高まるのがポイントです。

  • 年間案件ご提案数:103,953件
  • 月間新規案件数:680件以上
    ※2019年2月時点での実績 レバテック自社調べ

2.2.2.コーディネーターの専門知識が豊富

レバテックフリーランスには専門知識豊富なコーディネーターが数多く在籍しています。

そのためエンジニア・デザイナーと企業双方のニーズを捉えた案件提案が可能です。

これは年間3,000回以上、取引先のプロジェクトマネージャーやエンジニアとのミーティングや開発プロジェクトのヒアリングを行う過程で、「どんな企業がどんな人材を求めているか」を知り尽くしているためです。

2.3.フォロー体制が充実

2.3.1.顔合わせ(キックオフ)の同席や契約書類作成のサポート

仕事がいざ始まるとなると、どのように話を進めていくのは不安なものです。

相手は上場企業の部長たちの場合もあるので、初対面の人には結構ハードルが高い。

そこでレバテックフリーランスが「現場情報や詳細な案件内容」「顔合わせ当日の流れまで」事前説明・アドバイスをしてくれます。

その上で、顔合わせへの同席してくれますし、契約書類の作成も手伝ってくれますので安心です。

2.3.2.企業参画後のフォロー面も充実

フリーエンジニアは、プロジェクト参画中も不安や悩みがつきものだそうです。

レバテックフリーランスでは、専任のフォロワーが参画中も定期的なヒアリングを通じて、サポートしてくれます。

プロジェクト参画中に現場で不安・疑問がある場合は、気軽に相談できる環境があるのもありがたいです。

3.レバテックフリーランスのサービスの流れ

実際僕と同様、エージェントを活用するといっても何から始めていいかわからない人も多いと思います。

ここではレバテックフリーランスのサービスの流れについてお伝えしていきます。

方法はシンプルで、以下の流れで進んでいきます。

  1. 登録
  2. コーディネーターとのカウンセリング
  3. 企業との調整・訪問までの準備
  4. プロジェクト参画
  5. 参画中のサポート

無料相談可能なので、話を聞いてみて合うようであればもう少し話を聞いてみればいいと思います。

情報収集しないことには「常駐型のフリーランス案件」がいいのかもわかりませんし、

こういうのはもじもじせずに、まず話を聞いてみるのが自分の選択肢が広がっていいですよね。

サクッと1度話だけでも聞いちゃいましょう!

4.レバテックフリーランスについてのまとめ

ここまでレバテックフリーランスとは何か?についてお伝えしていきました。

話をまとめていくと

📝1.レバテックフリーランスとは1.1.常駐型のフリーランスの提案案件をマッチングしてくれるエージェントである

1.2.常駐型のフリーランスの5つのメリット
1.2.1.企業のニーズが高く、在宅よりも案件を獲得しやすい
1.2.2.大手企業の案件にも参画しやすい
1.2.3.収入が安定しやすい
1.2.4.幅広い現場で多様な経験が積める
1.2.5.モチベーションを維持しやすい

📝2.レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由
2.1.高単価での参画が可能
2.1.1.エンドユーザーの直請け案件がたくさんある
2.1.2.最短での支払い(15日サイト)が可能
2.1.3.圧倒的な提案実績からコーディネーターの交渉力もある(担当者によるが)

2.2.マッチング精度が高い
2.2.1.1,100案件以上の保有案件がある
2.2.2.コーディネーターの専門知識が豊富

2.3.フォロー体制が充実
2.3.1.顔合わせ(キックオフ)の同席や契約書類作成のサポートをしてくれる
2.3.2.企業参画後のフォロー面も充実

最後にお伝えしたいのは、ブロガーでもフリーランサーでもYouTuberでも、収益の柱は複数持っておく必要があるということです。

ブロガーでも今回のコロナの影響で、給料がカットされることによる、購買低下が起きました。

当然このタイミングで企業の広告費も少なくなるので、ブログやGoogleアドセンスの収益が落ち込む人が続出しています。

いつ何が起こるかわからない状態で、

  • 大手企業先で常駐で仕事ができる状況
  • フリーランスとして1-3か月仕事がある状況

は常に作り上げておく必要があると感じました。

もしくは万が一ブログやYouTubeの収益が上がらない時も、代替案としてフリーランス案件を多く知っておくことは、

危機タイミングでの予防策になるため、必ず最新案件の情報収集は必要だと感じました。

本記事を読んでいるあなたも、現在の活動を続けながらも、外的要因に左右されない

  • コンサルティング案件
  • 自社商品の販売
  • 企業への常駐フリーランス勤務
  • リモートでのライティングやWEBコンサル

など幅広くかつ、数多くの仕事の準備をしておくようにしましょう。

本日は以上です。

「ゆろなび」では、あなたの生活の質を少しでも上げるような

ビジネス / 勉強 / スキルアップ / トラベル / ワードプレス・ブログに関する上質な情報を公開しています。

📝世界で戦う「海外コンサル&副業ブロガー」の生い立ちはこちら プロフィール画像 【地球を味わい尽くしたい‼】ゆーろのプロフィール&ブログ開設由来

是非、お時間がある時に他の記事も是非読んでみてくださいね★

これからもゆろなびをよろしくお願いします^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です