【ランキングTOP10】おすすめ転職エージェント

JACリクルートメントから断られた…登録拒否・紹介できない本当の理由を暴露

JACリクルートメントから断られた…登録拒否・紹介できない本当の理由を暴露

 

今回はJACリクルートメントに①断られた②登録拒否された③紹介できないと言われたときの対処法について解説していきます。

JACリクルートメントは転職エージェントの中でも、「アドバイザーレベル」や「サポート内容がNo.1」の人気企業なので、求職者の実績や経験が浅かったり、年収が500万円以下の場合は断られる場合があります。

JACリクルートメントに断られるのは、断られる理由を理解しておらず、優先順位を上げて対応してもらえないからです。

JACリクルートメントは、断られるとキャリアアップの大きな手段が無くなってしまいます。

本記事を読んで、断られずにJACリクルートメントを使いこなし、断られても転職を成功させてくださいね!

【JACリクルートメントが最もおすすめな理由】

  • JACリクルートメントは業界3位のエージェントでサービス内容とサポート品質が群を抜いてNo.1です。
  • JACのコンサルタントは他社と比べ物にならないくらい優秀なので、生涯付き合う「信頼できるアドバイザー」と出会えます。
  • 僕自身も転職するときは、1番にJACを利用しますが、アドバイザーと信頼関係を築くのはある程度時間がかかるので、将来的にグローバルで活躍したい、外資系企業で働きたい・年収やキャリアアップを実現したい人は早めに1度面談だけでもしておきましょう。

→【JACリクルートメントの評判と口コミ】担当者がダントツ優秀でおすすめ!実際に利用した感想も紹介

でんさん
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は30代で、現役戦略コンサルタントとして10年働いています。
当ブログ『ビジネスギーク』で転職情報や年収を上げる方法を発信しています
https://twitter.com/yuro_tasteearth

目次(クリックすると見れます)

1.JACリクルートメントに登録したけど断られた?お断り基準を解説

1.JACリクルートメントに登録したけど断られた?お断り基準を解説

第1章ではJACリクルートメントに登録したときの「お断り基準」を解説していきます。

基準値に入ると、JACから断られる可能性があるので、対象者にならないように注意しましょう。

該当する人は、しかるべき対応に移る必要があるので、解決策も踏まえて確認してみてください。

1.1.会員登録を拒否されることはない

どの求職者も転職エージェントを利用する場合は、会員登録後に面談を行って求人を紹介してもらいます。

JACリクルートメントの友人に確認しましたが、基本的に会員登録を拒否されることはないそうです。

Twitterやブログで「JACリクルートメントに断られた」というのは「会員登録はできたが、その後面談は断られた」人になります。

1.2.「紹介できる求人がありません」は断られたとみて間違いない

登録はできたものの「紹介できる求人はありません」と伝えられることがあります。

厳しいですがこのような場合は「求人紹介を断られた」とみて間違いありません。

なぜなら、紹介できる求人が1件でもあれば、このような言葉は絶対に使わないからです。

ゆーろ
理由は次の章で解説していますが、紹介できる求人がない場合は別の対処法で求人を探す必要がありますよ!

1.3.いつまでも連絡がこない場合はお断りの可能性が高い

「紹介できる求人が無い」と言われれば、別の転職エージェントも使えますが、中にはいつまでたっても連絡がこない場合があります。

返信期間については、通常、会員登録して2~3日後、遅くとも1週間以内に連絡が入るはずです。

3日間連絡が無いようであれば、一度電話で担当者に連絡してみましょう。普通であれば案件を紹介してくれます。

でんさん
「今すぐ転職したい!」という緊急性を伝えると、転職エージェントから協力してもらいやすくなるぞ!

1.4.電話面談のみの場合は、ほぼ見込みなし

登録後に面談をしてもらえるものの「電話面談」を依頼された場合は、悲しいですがほぼ見込みがありません。

なぜなら、転職エージェントのアドバイザーが求職者に期待していれば、雰囲気・人格を見たいので直接面接をしたいはずだからです。

その場合は、他のエージェントの準備も早く進めて、放置されたり求人紹介を断られるリスクに備えましょう。

注意
2020年以降はコロナの影響でビデオMTGも行われています。

期待している求職者に対してはZoomなどビデオMTGが中心になりますので、電話面談の場合は脈が無い可能性があることを理解しておきましょう。

1.5.初回面談で手ごたえがあるものの、その後連絡なしのパターン

初回面談で手ごたえがあったものの、その後連絡が無い場合、3つの原因が考えられます。

  1.  キャリアアドバイザーがあなたに魅力を感じていない
  2. 担当者が忙しすぎてメールを見過ごしている
  3.  条件が厳しすぎて、紹介できる求人が無い

 

 キャリアアドバイザーがあなたに魅力を感じていない

初回面談で手ごたえがあっても連絡がこない1つめの理由が「あなたに魅力を感じてない」からです。

なぜなら職務経歴・スキルを踏まえ面談をした後に「紹介できる求人が無い」「この人は転職できそうにない」と思われると連絡がこなくなるからです。

その場合はつらいですが、JACリクルートメントを利用するタイミングではないので、転職未経験者にも優しいマイナビエージェントパソナキャリアを活用しすることをおすすめします。

担当者が忙しすぎてメールを見過ごしている

連絡がこない2つ目の理由は、担当者が忙しすぎて仕事が後回しになっているパターンです。

理由は大手企業や優秀な担当者であれば、100名以上の求職者のサポートを行っているため、メールを見逃すこともあるからです。

応募が少ない場合は、求職者が比較的少ないハタラクティブマイナビジョブ20’s(20代の場合)を使ってみるのもいいでしょう。

ゆーろ
ただしJACリクルートメントはそこまでサポート対応人数が多くないはずなので、連絡がこない場合は、あなたの優先順位が低いと見た方がいいですよ。

 条件が厳しすぎて、紹介できる求人が無い

連絡がこない最後の理由が「条件が厳しすぎて紹介できる求人が無いパターン」です。

なぜなら「あれもこれも」と厳しい条件を付けているために、紹介できる求人が無いからです。

転職初心者に多い失敗が「妥協点」を許せず、求人数を確保できないことです。

よめちゃん
厳しいけど、キャリアアドバイザーは求人を探すだけでも時間がかかるので、魅力がない人に案件を探す時間はないのよね…。自分の実力と条件がマッチしているかどうかはミイダスを利用して客観的に把握しておきましょ!

エージェントから断られるには必ず理由がありますので、案件を紹介してもらえるようあなたの魅力を100%伝えてくださいね。

→JACリクルートメントに話を聞いてみる

2.JACリクルートメントから断られる10の理由

1.JACリクルートメントに登録したけど断られた?お断り基準を解説

第2章ではJACリクルートメントから断られる10の理由について解説します。

断られる理由を理解することで、エージェントから断られない人材になることができます。

理由①:年齢と職歴が見合っていない

JACリクルートメントから断られる1つめの理由が「年齢と職歴」が見合ってないパターンです。

なぜなら年齢を重ねている人に対しては、双方の実力と実績が求められるからです。

【年齢と職歴が見合ってない典型例】

  • 30~40代になっても、誰にでもできそうな仕事ばかり職務経歴書に記載がある
  • 年代を重ねても、仕事内容が変わっていない。
  • 30-40代で部下をマネジメントした経験がない

明確な基準はないものの、同じ仕事ばかりで成長が見えなかったり、40代以上でマネジメント経験がないと職歴が見合ってないと思われるため、20代から実力とキャリアアップに努めましょう!

理由②:スキル&資格不足

断られる2つ目の理由はスキル・資格不足です。

なぜならスキル・資格が足りていないにもかかわらず転職希望を出してもエージェント担当者が企業に紹介できないからです。

特に多いのがスキル・資格ゼロで「未経験業界への転職」を希望するパターンです。

  • グローバル転職を希望しているのにTOEIC250点
  • エンジニア転職をしたいが、一度もコードを書いたことが無い
よめちゃん
スキルも資格もないのに、初めから未経験業界に好条件で転職するのは難しいから、20代から実績・スキル・資格はセットで取っておくのよ!

理由③:ニート・フリーター・無職・社会人経験なしの場合

ニート・フリーター・無職・社会人経験なしの場合も、かなりの確率でJACリクルートメントから断られます。

なぜなら、転職エージェントや企業の採用担当が、求職者を判断するときは履歴書・職務経歴書しかないからです。

【ニート・フリーター・無職・社会人経験なしの人のイメージ】

  • 会社に勤続する意欲が無い
  • 継続する力が無い
  • 逆境や厳しい環境下に耐えられない
  • 飽きやすい・企業を乗り換えやすい

悲しいですがこれが現実で、どうしてもこのようなイメージが付きまとう方々を採用するのは現実的にリスクが高いのです。

MEMO
ニート・フリーター・無職でもアピールするためには『自分が長年打ち込んでいるモノに時間をかけた』ことをアピールしましょう。

ブログでもYouTubeでも何でもいので、自分が好きなことに熱心に時間を使ってきたことを熱く伝えるべきです。

そうすれば、相手に熱意を感じてもらえて採用されるチャンスが生まれるはずです。

理由④:ブランクの期間が異常に長い場合

JACリクルートメントから断られる4つ目の理由が「ブランクの期間が異常に長い」ケースです。

なぜなら仕事のブランがあると「体調やメンタルに問題があるのでは?」と疑問を持たれるからです。

転職エージェントに相談に行く場合は、空いた時間を自分が有意義に使っていたことや、レベルアップに使っていたとアピールしましょう。

【ブランク期間のアピール方法】

  • 休職期間を使って英語の勉強をしていた。留学していた。
  • 2年間、MBAの合格のために活動していた
  • 自分の好きなことに取り組んで、お金を稼いでいた
ゆーろ
休んデイタ期間を有意義に使っているとアピールできれば、ブランクが長くても転職のチャンスは十分にありますよ!

理由⑤:経歴が特殊すぎる

経歴が特殊すぎると、求人紹介を断られる可能性があります。

なぜなら経歴が特殊すぎると、企業側が会社で活躍できるイメージが湧かないからです。

具体的にはイベントスタッフや飲食店関連は、企業から採用しにくいです。

接客などはスキルがあまりにも特殊なため、汎用性が無く転職エージェント側にも紹介しにくいのが正直なところです。

でんさん
自分自身のキャリアが特殊だと感じている人は、転職先で前職の経験やスキルがどのように活かせるのか説明できるように準備しておこう!

理由⑥:転職回数が多い

転職回数が多い場合も「また転職を繰り返すのではないか?」と疑問を持たれるので、求人を紹介してもらえない可能性があります。

  • 過去に転職回数が4~5回ある
  • 定期的に転職している(半年から1年スパン)
  • 転職先の業界がバラバラ(自分が何をしたいか見えてなさそう)
ゆーろ
自分が採用担当者の立場だと、転職を繰り返す人はなかなか採用しにくいですよね…

20代から転職するときは①転職理由を明確にして②転職先でどのような実績やスキルを身につけたいかイメージを持って、キャリアアップに繋がる転職をしましょう。

理由⑦:サービスの対象範囲外に住んでいる

転職先の勤務地から家が遠い場合や、他県などサービス対象範囲外に住んでいる場合は求人紹介を断られる場合があります。

なぜなら、職場から勤務地が遠い場合、企業側も様々なリスクを検討しなければならないからです。

  1.  通勤が難しくなり、再度転職してしまう
  2.  お客様のフォローが必要な場合に、すぐ駆け付けられない
  3.  移動時間がかかるため、体調管理が難しくなりパフォーマンスが下がる
ゆーろ
現在はリモートワークが普及して、居住地に関係なく働く機会が増えているので、逆にチャンスは広がっています。

理由⑧:希望の職種がない場合

JACリクルートメントは500万円以上の求職者を対象にしているのと、求人数が多いわけではありません。

そのため、希望業界・職種における求人の取り扱いがない場合もあります。

その場合は、求人紹介を断られる場合もあると理解しておきましょう。

理由➈:年齢が50代以降は難しい

年齢が50代以上の方は、転職後の勤務年数が少なく、また転職時の年収がネックになり転職が厳しい場合があります。

企業は若くて長く働ける人材の方がコストパフォーマンスが高いので、もし50代での転職を検討している人は圧倒的な成果が求められます。

20代や30代とは比較にならない経験と実績が求められると理解しておきましょう。

理由⑩:希望条件が厳しすぎる

JACリクルートメントから断られる最後の理由は希望条件が厳しすぎるケースです。

なぜなら希望条件が厳しすぎると、紹介できる求人が限られるからです。

特に業界未経験者や、20代で実績が伴わないにもかかわらず好条件の求人を求める人は紹介できる求人がありません。

ゆーろ
自分の市場価値(想定年収)を理解しておくためにミイダスを活用して、事前に確認しておきましょう!

3.JACリクルートメントから断られたときの対処法

JACリクルートメントから断られたときの対処法

第2章ではJACリクルートメントから断られる理由について解説しました。

第3章ではJACリクルートメントから断られた時の対処法について紹介します。

本章を読むことで、別の方法で転職を成功させることができるようになります。

対処法①:適性診断をする

JACリクルートメントから断られたときの1つめの対処法は「適性診断」を行うことです。

なぜなら適性診断を行うことで、自分に合った求人を理解できるためマッチング率が高まるからです。

結果的にJACリクルートメントも「この人なら紹介できる求人がありそうだ」と感じて、断られる確率が下がります。

ゆーろ
求職者の希望業界や職種が明確なほどキャリアアドバイザーも求人を探しやすいんですよ!
適性診断は転職者の8割以上が利用しているリクナビNEXTの適性診断を活用すれば簡単に自分に合った仕事を探すことができます。

対処法②:自分の市場価値(想定年収)診断を行っておく

2つ目の対処法は、自分の市場価値(想定年収)を知っておくことです。

なぜなら自分の市場価値(想定年収)を知らずに、高い年収をオファーすると、求人を紹介してもらえなくなるからです。

自分の適正年収はミイダスで簡単に確認できますので、絶対に確認しておきましょう。

→【ミイダスの評判】20代の僕が転職市場価値(想定年収)を調べて感じた特徴と注意点

対処法③:JACリクルートメントに再登録する

3つ目の対処法はリクルートエージェントに再登録してみることです。

昔のあなたでは求人を紹介してもらえないかもしれませんが、実績も経験も積んでレベルアップしたあなたで再登録すれば求人を紹介してもらえるはずです。

期間は特に関係なく、再登録したいタイミングで再登録できますので、きたるタイミングで再チャレンジしてみましょう。

対処法④:必ず面談してくれる転職エージェントに応募する

最も効果的なのが、必ず面談してくれる転職エージェントを利用することです。

JACリクルートメントは求人数と利用者数がNo.1のため、キャリアアドバイザーも忙しい現状があります。

そのためマイナビエージェントパソナキャリアハタラクティブマイナビジョブ20’s(20代の場合)など未経験者に優しい転職エージェントを活用するのも一つの手です。

よめちゃん
どれだけ人気のエージェントでも、面談を直接受けられないと意味がないからね!ネームブランドに惑わされずにあなたのことを大切にしてくれるエージェントをさがしてね!

対処法⑤:自力で転職活動を行う

5つ目の対処法は「自力で転職活動を行う」ことです。

ちなみに、自力での転職活動とは自分で企業のHPから応募して、面接にこぎつけることを指します。

転職エージェントを利用せずに面談できれば、企業側は転職エージェントに成功報酬を支払わずに済むので、企業はその分を求職者に年収として上乗せできます。

注意
一方で、転職エージェントを使わずに企業の面談を獲得するのは相当な実力が無い限り難しいです。転職エージェントは企業との結びつきが強く、面談確定率も高いので可能であればやはり転職エージェントを利用するのが無難でしょう。

4.僕が転職エージェントに断られたときの体験談と対処法

【番外編】僕が転職エージェントに断られたときの体験談と対処法

僕自身、前職からコンサル転職でエージェントを利用したときに、求人紹介を断られたり、連絡がこなくなったこともありました。

その理由は、大きく2つありました。

  1.  年収が低すぎた※当時300万円
  2.  自分の実績・スキル・経験が不足している
  3.  希望条件が高すぎた

まず、当時年収300万円にもかかわらず「最低500万は欲しいな」と倍近い年収を希望していました。

企業側からすると「成果が出てないから最低報酬の300万なのに、500万払う価値はない」と思われたと思います。

当然紹介される求人は「年収維持」のものやブラック企業そうな「中堅企業・ベンチャー企業」ばかりでした。

20代前半から中盤で、実績やスキルが伴わない状態では「自分の市場価値が分かってない」と連絡が途絶える場合があると理解しておきましょう。

ゆーろ
当時の経験から、自分の実力と想定年収を客観的に判断したうえで、キャリアアドバイザーともやり取りをすればよかったと後悔していますよ…。

→20代の僕を救ってくれた、おすすめ転職エージェント

5.JACリクルートメントに断られた時に検討したいおすすめエージェント

JACリクルートメントに断られた時に検討したいおすすめエージェント

JACリクルートメントに断られたときは諦めるのではなく、代替するエージェントを必ず活用しましょう。

エージェント選ぶ時は「JACリクルートメント」のデメリットを補うエージェントを選ぶのがポイントです。

【JACリクルートメントのデメリット】

  1. グローバル求人がメインである
  2. 年収500万円以上の求職者がメインターゲットである

上記の対象に当てはまらない人は、次のような条件でエージェントを選べば大丈夫です。

  1.  国内の非公開求人数が豊富
  2.  年収300万円からでも手厚いサポートをしてくれる
  3.  転職未経験者が良く利用している

このような条件を満たすのは、下記の転職エージェントです。

【おすすめエージェント】

  1. リクルートエージェント:求人数No.1。非公開求人数が最も多いので登録マスト。
  2. doda:求人数2番手。サポートも手厚いのでバランスがいい企業(リクルートエージェントの補足として活用)
  3. マイナビエージェント:履歴書・職務経歴書の添削などサポートが素晴らしい。転職未経験者に特におすすめ。

リクルートエージェントは社員の営業力がピカイチで非公開求人も豊富なので求人数を網羅するために利用します。

またdodaは「求人の質」と「サポートレベル」のバランスを重視したい人におすすめです。

最後にマイナビエージェントは転職未経験者への履歴書・職務経歴書のサポートが充実しているため、第二新卒や転職未経験者の方はぜひ活用してください。

→【人気記事】あなたにピッタリな「おすすめ転職エージェント」TOP10

6.JACリクルートメントに断られても転職は成功できる!

5.JACリクルートメントに断られても転職は成功できる!

ここまでJACリクルートメントから断られる理由について解説しました。

JACリクルートメントは転職エージェントの中でも、「アドバイザーレベル」や「サポート内容がNo.1」の人気企業です。

そのため、求職者の実績が無い・経験が浅い、年収が500万円以下の場合は、求人紹介を断られる場合があります。

JACリクルートメントに断られるのは、第2章の「断られる10の理由」を理解していないケースがほとんどです。

断られる理由を理解したら、自分の市場価値(想定年収)を把握して、適正な条件で求人依頼を行う必要があります。

JACが利用できない場合は、まず求人数が最も多いリクルートエージェントを活用し、転職未経験者や業界未経験者の人は、パソナキャリアハタラクティブマイナビジョブ20’sなど必ず面談してもらえるエージェントを活用するのも一つの手でしょう。

J本記事を読んで、断られずにJACリクルートメントを使いこなし、断られても転職を成功させてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です