年収2.5倍を実現した『鉄板3社』

僕がJACリクルートメントの電話面談を絶対おすすめしない理由【チャンスを逃します】

JACリクルートメント

JACリクルートメントに登録すると、担当者から「電話面談」を提案されるケースがあります。

本頁ではJACリクルートメントの電話面談で多くの方が気になる下記の疑問を解説していきます。

よめちゃん
・電話面談の流れってどんな感じ?
・ぶっちゃけ、電話面談は脈ナシ?
・電話面談後に連絡がこない…なんでなのか理由を教えて!
・電話面談を行うときに心がけることを教えてほしい!

転職したくてJACリクルートメントに登録したのに、『電話面談のみ』だったり『電話面談後に連絡が全くこない』なんてケースが少なくありません。

でんさん
電話面談を依頼される理由や、電話面談後に連絡がこない理由を知っておかないと、早く転職したいのに身動きが取れないし、何よりめちゃくちゃストレスが溜まるわよね‥。

今回はJACリクルートメントから①電話面談を依頼された人②電話面談を希望の人に向けて①電話面談の内容と②電話面談のみだった場合の準備③電話面談後に連絡がこない場合の対処法についてお伝えします。

エージェント側の裏側を理解して、優先的に優良求人を紹介してもらえるように働きかけましょう!

【JACリクルートメントが最もおすすめな理由】

  • JACリクルートメントは業界3位のエージェントでサービス内容とサポート品質が群を抜いてNo.1です。
  • JACのコンサルタントは他社と比べ物にならないくらい優秀なので、生涯付き合う「信頼できるアドバイザー」と出会えます。
  • 僕自身も転職するときは、1番にJACを利用しますが、アドバイザーと信頼関係を築くのはある程度時間がかかるので、将来的にグローバルで活躍したい、外資系企業で働きたい・年収やキャリアアップを実現したい人は早めに1度面談だけでもしておきましょう。

→【JACリクルートメントの評判と口コミ】担当者がダントツ優秀でおすすめ!実際に利用した感想も紹介

でんさん
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は30代で、現役戦略コンサルタントとして10年働いています。
当ブログ『ビジネスギーク』で転職情報や年収を上げる方法を発信しています
https://twitter.com/yuro_tasteearth

目次※クリックで好きな場所に飛ぶ

1.JACリクルートメントの電話面談の内容

1.JACリクルートメントの電話面談の内容

まず初めにJACリクルートメントの電話面談内容についてお伝えします。

電話面談の概要を掴むことで、効果的に電話面談を活用することができます。

1.1.電話面談の内容

JACリクルートメントに限らず、転職エージェントに登録すると面談が行われます。

ちなみに電話面談の内容は通常のキャリア面談内と変わりません。面談では大きく2つについて話をします。

  1. あなたのキャリアの棚卸しについて
  2. 転職に関する条件を整理

キャリアアドバイザーの力を借りて、あなたのこれまでの経歴を整理しながら、どんな転職をしたいのか考えていくのです。

また面談時間は1~1.5時間です。無料にもかかわらず、キャリアの棚卸しから、転職条件のヒアリングまでみっちり聞いてくれます。

ゆーろ
僕の場合も1時間半くらいだったかな。これまでのキャリアについて質問されたり、希望条件や最低条件を聞かれて話すうちに頭の中が整理されていったよ‼

1.2.電話面談がおすすめの人

電話面談がおすすめなのは次のような人です。

  • 遠方に住んでいる人(JACリクルートメントは原則東京近郊・地方首都部分)
  • 忙しくて時間がない人
  • 仕事が遅くまであるため、時間内にエージェントオフィスに行けない人

2020年以降はコロナの影響で『リモート面談』が増えてきました。

これまで以上に場所に関係なく電話・ビデオ面談が普通になることは容易に予想できるでしょう。

→【JACリクルートメントの評判と口コミ】担当者がダントツ優秀でおすすめな理由

2.JACリクルートメントの電話面談はぶっちゃけ『脈ナシ』?

2.JACリクルートメントの電話面談はぶっちゃけ『脈ナシ』?

JACリクルートメントで電話面談を依頼された場合は、ぶっちゃけ『脈ナシ』なのでしょうか?

結論、いきなり電話面談を依頼された場合は『脈ナシ』の可能性が高いです。あわせて理由も紹介していきます。

2.1.電話面談の場合は『脈ナシ』の可能性が高い

結論、登録後に電話面談を勧められる場合は『脈ナシ』の可能性が高いです。

なぜなら職歴やスキルを見て『どうしても企業に転職を勧めたい人材』であれば、アドバイザーが直接見てチェックしたいはずだからです。

シビアな話ですが、アドバイザーは求職者の魅力があると感じれば「直接お会いして1度お話させていただけますか?」と連絡をするはずです。

その声がかからないということは脈ナシの可能性が高いと理解しておきましょう。

注意
2020年以降は『コロナ環境』で本当にリモート面談・電話面談を推奨している場合もありますので、自分に好意を持ってくれているかは客観的に見極める必要があります。

2.2.JACリクルートメントは電話面談の割合が少ない

JACリクルートメントは、比較的求人数が少ないエージェントです。

求人数No.1のリクルートエージェントから電話面談を依頼されるならまだしも、JACリクルートメントから電話面談を依頼されることは基本少ないです。

繰り返しますが、電話面談の場合はかなり『脈ナシ』の可能性が高いので、直接面談できる確率の高いエージェントを別途活用した方が良いでしょう。

ゆーろ
近年、JACリクルートメントの人気はうなぎ登りで利用者が多く、1人のキャリアアドバイザーが何10人もの転職希望者を担当してる可能性があります。そんなわけで『直接面談』のふるいから落ちた人は電話面談するしかないんですよ…

3.JACリクルートメント登録後に『電話面談のみ』だった場合の対処法

3.JACリクルートメント登録後に『電話面談のみ』だった場合の対処法

近年、人気No.1のJACリクルートメントなので『電話面談のみ』になってしまうことも少なくありません。

第3章では、電話面談のみだった場合の対処法についてお伝えします。

本章を読むことで、電話面談から次回の直接面談を勝ち取ったり、電話面談でも転職率を高めることができます。

3.1.電話面談で魅力を伝える準備をする

JACリクルートメントで電話面談だった場合の1つめの対処法は、電話面談で魅力を伝える準備をすることです。

なぜなら、電話面談は直接面談よりも「あなたの印象や強み」が伝わりづらく、より入念な準備が必要だからです。

電話面談が決まったら、環境は変えられないので電話面談であなたの魅力を存分に伝える準備をしましょう。

最初は魅力を感じていないキャリアアドバイザーもあなたの人柄・実績以上の熱意や可能性を感じることで、求人を紹介してくれる可能性があります。

当日は次のような質問があるので、きちんと答えるために万全の準備が必要です。

  1. 今までのキャリアの確認
  2. 転職理由
  3. 転職希望業界・職種とその理由
  4. 転職時期
  5. 転職の希望条件
[kanren id="4464" target="_blank"]

キャリアアドバイザーはあなたの職務経歴書を元に質問をしますので、職務経歴書と話の内容がずれないように注意が必要です。

また当日は電話面談のため、自分の声の特徴をボイスメッセージであらかじめ聞いて、聴きやすい声のトーンやスピードを研究しておきましょう。

3.2.「今すぐ転職したい」と熱意をアピールする

電話面談からあなたの優先度を上げてもらう2つ目のコツは『今すぐ転職したい』と熱意をアピールすることです。

なぜなら「今すぐ転職したい」と伝えると、アドバイザーのサポート優先度が上がるからです。

あなたが今すぐ転職すれば、エージェント側には30~35%の紹介料が入るので、場合によっては直接面談して話を聞いてもらうことも可能でしょう。

よめちゃん
「今すぐ転職したい」ってを伝えることは、最も直接面談をしてもらう効果的な方法って覚えておいてね!

3.3.「1度、直接面談したい」とお願いする

JACで電話面談のみの場合、3つ目の対処法は「1度、直接面談したい」とお願いすることです。

なぜなら直接会いたいと伝えることでキャリアアドバイザーに「転職意欲」を伝えることができるからです。

アドバイザーの立場からしても「今すぐ転職したいので直接話させてください」と言われたら会いますよね?

次の文章を電話かメールで伝えると、高確率で直接面談してもらえるはずです。

【直接面談してもらうトーク】

 

ご担当者様

 

始めまして、私転職サポートでお世話になっております○○と申します。

この度1点ご依頼があり、ご連絡させていただきました。

 

転職活動を〇月(なるべく早め)までに完了したいと考えており、

■■のことをより理解し、私の強みもご理解いただきたいと考えております。

 

お忙しいところ恐縮ですが、1度直接お会いさせていただくことは可能でしょうか?

下記候補日程をお送りさせていただきますので、ご検討をお願いします。

・〇月〇日(月):◎時

・〇月〇日(月):◎時

・〇月〇日(月):◎時

あなたの意欲に対して答えてくれない人は、人生をサポートしてくれないので遠慮はいりません。

ここまでお伝えして、会ってもらえないようであれば、必ず担当者変更を願い出ましょう。

3.4.希望条件を広げる・見直す

最後に電話面談の中ではなるべく希望条件を広げるようにしましょう。

理由は、希望条件が狭すぎると、求人を紹介できないため電話面談で適当にあしらわれるからです。

なかなか求人を紹介してもらえない人は、アドバイザーと調整する気持ちが重要です。

既に実績とスキルがあれば別ですが、実績がない状態で無理を伝えると紹介できる求人がなくなってしまうので注意しましょう。

ゆーろ
僕も26歳の時に転職活動をしたけれど、当日の実力でかなり厳しい条件を伝えてしまって全然求人を紹介してもらえなかった経験があるよ…

4.JACリクルートメントから電話面談後に連絡がこない理由

4.JACリクルートメントから電話面談後に連絡がこない理由

第4章ではJACリクルートメントから電話面談後に連絡がこない理由をお伝えします。

本章を読めば、待っておけばいいのか、脈がないのか判断でき、次のアクションに進めるようになります。

4.1.キャリアアドバイザーがあなたに魅力を感じていない

電話面談後に連絡がこない1つ目の理由が『キャリアアドバイザーが魅力を感じていない』からです。

キャリアアドバイザー側が『職歴とスキルが希望企業とマッチしない』と感じると連絡がこなくなります。

いずれにせよ、アドバイザーがどのように感じているのか正直に電話で確認してみましょう。

でんさん
電話面談のときは、いつまでに求人を探すことができそうか?確認するんだぞ。あとは期日から2~3日経っても連絡がないようであれば必ず自分から電話確認するんだぞ。

【紹介してもらえる求人があるか確認するための電話】

○○様

お世話になっております。○○です。

 

先日はお忙しい中電話面談をさせていただきありがとうございました。

その後ご連絡がなかったため、ご連絡させていただきました。

 

お話させていただいた希望条件に合う求人はありそうでしょうか?

もし難しいようであれば、別のエージェントも検討する必要があると感じておりますので、正直ベースで構いませんので教えていただけますと幸いです。

4.2.条件が厳しすぎて紹介できる求人が無い

2つ目は条件が厳しすぎて紹介できる求人が少ないことです。

たまにあれもこれもと厳しい条件を設定する人がいますが、妥協点も見つけなければ求人が見つからないケースもあります。

ゆーろ
キャリアアドバイザーは求人を探すだけでも時間がかかるため、魅力がない人に案件を探す時間はないんですよね…

自分の実力と条件がマッチしているかはミイダスを利用して客観的に把握しておきましょう。

4.3.キャリアアドバイザーが忙しすぎて後回しになっている

最後にキャリアアドバイザーが忙しすぎて連絡が後回しになっているパターンです。

お伝えした通り、リクルートエージェントは利用者数が業界No.1のため、一人のキャリアアドバイザーが数10人の転職希望者をサポートします。

結果的に担当者が連絡したくても、時間と他に優先する転職者の存在から連絡が後回しになる可能性があります。

いずれにしても、連絡がこないということはあなたの優先度が低い可能性がありますので、自分から進捗確認の連絡を入れましょう。

5.僕がJACリクルートメントの電話面談をおすすめしない理由

5.僕がJACリクルートメントの電話面談をおすすめしない理由

ここまで①電話面談と②面談後に連絡がこない場合の対処法についてお伝えしました。

正直ところ、僕は『電話面談は全然おすすめしません』。

その大きな理由は次の通りです。

  1. 顔が見えない状態では、あなたの良さと熱意が伝わらない
  2. あなた自身もキャリアアドバイザーの特徴が理解できない

人生で最も重要なイベントである『転職活動』を顔も知らない見ず知らずのキャリアアドバイザーに任せるのは普通に考えて超危険です。

5.1.100%あなたの転職意欲と魅力が伝わらない

僕が電話面談をおすすめしないのは、顔も見えない電話面談ではあなたの魅力と熱意が100%伝わらないからです。

転職に関する熱意は本来、あなたの印象・声や口の動き・ジェスチャー・オーラで伝わります。

これらの魅力を伝えられる方法がないとなると、アドバイザーにあなたの魅力を100%伝えるなど不可能なのです。

また、キャリアアドバイザーはあなたの姿も見えないので「この人のために100%求人を紹介したい!」という思いにもならないはずです。

〇:直接会ってあなたのこと理解し、絶対おすすめな給仕を紹介してくれる。更には企業にあなたのことを100%推薦してくれる。

✕:電話で条件を聞いて、なんとなくいいなと思った求人案件をあなたに流すだけ。

どちらがいいかは自明の理ですよね。どうしても難しい場合はせめてリモート面談できないか相談してみましょう。

どうしても電話しか難しいようであれば、断ってもいいんじゃないかというのが僕の考えです。

5.2.あなた自身もキャリアアドバイザーの特徴が理解できない

電話面談をおすすめしない2つ目の理由が、あなた自身もキャリアアドバイザーの特徴が理解できないからです。

電話面談のみの転職サポートは、言い換えるならば、自分の子供を会ってもない塾講師・スポーツクラブ・大学に預けるようなものです。

当然担当の先生に直接会って、本当にこの人は大丈夫かと理解してから任せますよね?

ゆーろ
『自分が100%信頼できるパートナーが見つからない間は転職は辞めた方がいい』と僕は思っています。人生のビッグイベントを信頼できない人に任せるなんて絶対できません。

確かにリクルートエージェントは業界最大手の人気エージェントですが、電話面談したアドバイザーにサポートをもらうくらいなら、絶対直接会った別のエージェントのアドバイザーにサポートをもらってください。

あなたの人柄、実績や経験、熱意を理解したパートナーが絶対あなたのために必死になって優良案件を見つけてくれるはずです。

【年収別】あなたにピッタリな「おすすめ転職エージェントランキングTOP10」

6.JACリクルートメントのビデオ面談ならリモートでもいい?

6.JACリクルートメントのビデオ面談ならリモートでもいい?

近年、多くの人が気になる点に「電話面談ではなくビデオ面談だったらいいの?」と言ったものがあります。

ビデオ面談は電話面談よりもはるかにましですが、直接面談した方が良いのは間違いありません。

ここではリモートでのビデオ面談のメリット・デメリットについて簡単にお伝えしておきます。

6.1.電話面談よりははるかにマシです

結論、ビデオ面談は電話面談よりもはるかにマシです。

なぜなら電話面談よりも、キャリアアドバイザーにあなたの表情や熱量をより伝えやすくなるからです。

また、同様にアドバイザーの雰囲気や転職サポートにかける思いなどが顕著に確認できるのポイントです。

【ビデオ面談が電話面談よりも良いポイント】

  • 表情・声・熱量などが視覚的に伝わる
  • キャリアアドバイザーの雰囲気・転職サポートの熱意・プレゼンの力量が分かる

キャリアアドバイザーが微妙だと、どれだけあなたが優秀でも実績を企業に伝える力が弱くなります。

ゆーろ
電話面談をするくらいなら、必ずビデオ面談を行うようにしましょう。電話面談ができてビデオ面談ができない理由はありませんので、断る理由もありませんよ!

6.2.それでも直接面談の方がはるかにおすすめ

電話面談よりも、ビデオ面談の方がはるかにおすすめとお伝えしましたが、

ビデオ面談よりも、直接面談の方がはるかにおすすめです。理由は次の通りです。

  1.  転職熱意がより伝わる
  2.  転職希望条件がより詳細に伝わる
  3.  キャリアアドバイザーの実力がよりイメージできる

転職熱意がより伝わる

まず直接面談を依頼することで「直接話したいほど、早く転職を成功させたい」熱意が伝わります。

直接面談がビデオ面談よりいい点は、温度感や熱量・声の大きさ・においなどあなたのイメージを完璧に伝えられます。

キャリアアドバイザーは「すぐ転職したい人」へのサポート優先度が高いので、熱意をアピールするのは効果的なのです。

希望条件をより詳細に伝えられる

2つ目はあなたの希望転職条件を、より詳細に伝えられることです。

なぜなら、あなたの声や表情が直接見えることで、アドバイザーが「あなたの転職重要ポイント」を理解しやすくなるからです。

電話では中々伝えにくいことも、直接相手がいることで伝わることもあるので大きなメリットです。

キャリアアドバイザーの実力がよりイメージできる

最後はキャリアアドバイザーの実力がよりイメージできることです。

なぜなら直接面談であれば、アドバイザーのヒアリング内容・声の質や、質問のタイミングを直接聞けるからです。

よめちゃん
アドバイザーのオーラや雰囲気は直接会ってみないとわからない部分が多いわよね!あなたのことをアピールしてくれる人だから、必ず直接見ることをおすすめするわよ!

7.JACリクルートメントで電話のみなら他も登録しよう

7.JACリクルートメントで電話のみなら他のエージェントに登録しよう

ここまでJACリクルートメントの電話面談についてお伝えしました。

JACリクルートメントがおすすめとはいえ、JACリクルートメントが電話面談を依頼する場合や連絡がこない場合はチャンスが少ないが現状です。

その場合は、他のエージェントを併用するのがおすすめです。

よめちゃん
リクナビNEXTの調査によると、転職成功者は平均で4.2社の転職エージェントを併用してるみたいよ!

JACリクルートメントよりも審査が優しく、直接面談の可能性が高いエージェントは下記4社です。

【今月登録が多い『おすすめ転職エージェント』ランキング】

7.1.リクルートエージェント

僕がリクルートエージェントの電話面談を進めない理由【連絡がこない人はアウト】

リクルートエージェントは人気・求人案件数No.1の国内最大エージェントです。

ほとんどの業界や業種の求人をカバーしており、網羅的に求人を見たい・求人を見たい人にはぴったりです。

また営業マンの営業力があるため、企業にあなたの強みを100%伝えてもらうことができます。

7.2.doda

転職エージェント,転職サイト,doda

dodaは8万件以上の求人情報を取り扱う大手転職エージェントです。

特徴は業界経験者を対象とした求人を数多く取り扱っており、求人年収が比較的高めであることです。

更に転職者の満足度がNo.1である(※公式サイト/電通バズリサーチ調べ)こともポイントと言えます。

7.3.マイナビエージェント

マイナビエージェントは転職を検討する20-30代であれば、必ず登録したい転職エージェントです。

新卒採用でお世話になる『マイナビ』が運営しており、大手からベンチャーまで求人数が豊富です。

特にITエンジニア専用転職サポート金融専門転職サポート女性専門転職サポートなど、専門サポートが充実しているのポイントです。

よめちゃん
面接対策から職務経歴書の添削をはじめ、サポート体制が充実してるから『20代満足度がNo.1』よ!第二新卒社員、20代-30代の人は必ず登録しておくべきエージェントね!

7.4.パソナキャリア

パソナキャリアはリクルートエージェントに次ぐ2番目に大きな転職エージェントです。

パソナキャリアの強みは転職時の年収アップ率が67.1%と確かな実績を誇っていることです。

またエージェント利用者の半数以上がこれまで転職経験がなく、転職が初めての人に高評価を受けています。

ゆーろ
僕も実際にお世話になりましたが、最もコンサルタントに清潔感があり、キャリア相談に親身になってくれました。
よめちゃん
パートナーのきめ細かなサポートが強みだから、転職が初めての人でも安心感抜群の会社よ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です