Twitterアカウントはこちらをクリック🔘

【もう忘れない‼】ちょっとしたコツで記憶力を飛躍的にあげる方法

f:id:Enjoy_the_Earth:20190507221018j:plain

 

第25回目ということで「記憶力を上げる方法」について書いていこうと思います。皆さんは一度話した内容を覚えておくことが出来ますでしょうか?

「話した内容をその場で覚えることが出来ない」
「聞いた話を後日思い出すことが出来ない」
「自分は記憶力がないと思っている」
こんな風に感じている人はいないでしょうか?

実は、僕も新卒で最初の会社に入社してから、社長や上司の話を覚えておくことが出来ず大変苦労しました。当時はその場で何となく理解できても、すぐに忘れてしまっていたのです。

メモを見返すことがしばしばで、メモを見ても「どんな話をしたっけ」と思い出せない事も一度や二度ではありませんでした。

しかし今考えると、記憶力を高める勉強なんてしてきてませんし、どうすれば話の内容を頭の中に定着されるかももちろん教えてもらっていませんでした。これからお伝えする「記憶力を上げる方法」をもし知っていたらどれだけ助かっただろうと今でも思うのです。

今日は昔の自分と、記憶力を高めたいというあなたに「記憶力を上げる方法」についてお伝えしていこうと思います。

1.記憶力を上げる方法

f:id:Enjoy_the_Earth:20190507222131j:plain

早速ですが「記憶力を上げる方法」について書いていこうと思います。最初にお伝えさせていただく大切なことは、記憶力を上げる為には「正しい順番、正しい方法」で記憶する必要があります。記憶法には情報が入りやすく、記憶しやすい方法があるのです。暗記力が高い人や頭の良い人は意識していませんが、基本的には今から紹介する方法で記憶していることが多いと思います。

❶リラックスする

まず初めに記憶力を上げる為に重要なのは「リラックスした状態を作り上げる」ことです。僕もそうでしたが、上司や同僚に「なんでそんな話も覚えられないの?」とか「何回も同じ話を言わせないで」と言われたことはないでしょうか?

話を聞き漏らすまいと必死に会話の内容を覚えようとするけれど

「また会話を覚えられないんじゃないか」
「会話を理解していないと怒られるんじゃないか」と緊張している人もいるかもしれません。

話を聞くときに、あまりにも緊張してしまうと、話どころではなくなってしまい、話を覚えることが出来なくなります。あなたに対して、心もとない言葉を投げかける人もいるかもしれませんが、そのような人の声に耳を傾けないことが重要です。「緊張すると話を理解するのが難しくなる」ということを理解しておきましょう。

❷話に興味を持ち、集中して聞く

記憶力は興味と密接につながっています。人の脳は興味があることでなければ中々頭に入ってこないようになっています。

よくお父さんがお母さんの話を聞いているようで聞いていないことはないでしょうか?あれは典型的な興味がない事例です。興味がなければ話を思い出すことが出来ないのです。会話を記憶する為には「集中力」であり、その集中力の引き金になるのが興味ということでしょう。まず話していることに興味を持ち集中することを意識してみましょう。

❸何の話をしているのか理解する

度々私の記事ではお伝えしていますが、記憶力を上げるときも、まず「何の話をしているのか」を把握する事が大切です。「何の話をしているのか」が分かれば、脳が話の文脈を理解して暗記が進んでいくのです。

具体的には話を聞いている最中に「これはリンゴについて話しているな」とか「これは●●会社のA製品について話しているな」など「話の内容」について理解すると記憶力が高まるということです。

❹会話内容を頭の中でイメージングする

「何の話をしているか」を把握したら、次に頭の中でイメージングを行います。ただ文字で会話を理解するよりも、イメージで理解したほうが記憶の定着率が良いという研究結果が出ています。

りんごについての話が出てきたら、頭の中で「ふむふむ・・・りんごの話ね」とりんごを頭でイメージします。最初は中々なれずに難しさを感じることもあると思いますが、次第に慣れてきますし記憶力が格段に上がっていることを実感できるはずです。

❺自分で話の内容をまとめる

次に、話の内容を自分でまとめることで記憶力を高めます。毎回のようにお伝えしていますが情報を処理したり暗記したりするときは「大きな情報からまとめていくこと」が大切です。情報の粒度に注意しながら、「テーマ>テーマを構成する章>章を構成する文」で頭に入れていくと記憶に残りやすくなります。

例えば

——————————————-

【●●社との面会内容】

1.AAAについて

*あああ
*いいい
*ううう

2.BBBについて
*えええ
*おおおといった順で書いていきます。

——————————————-

このようにまとめていくことで自分の頭により情報がまとまって入るようになります。常により大きな情報から情報を整理していき、話をまとめていきましょう。

❻アウトプットする(自分の言葉で説明)

記憶を定着させるのも終盤に差しかかってきました。ここまでまとめた内容を自分で説明(アウトプット)できるようにします。アウトプットをすることで情報が脳に定着していきます。

まとめた内容を説明する為のコツは

①何の話について話したのか
②結論(要は何が言えるのか))
③結論(言いたいこと)を立証する理由の順番でシンプルに伝えることです。

また、記憶に必須な条件は「分からない事をそのままにしない」ことです。
*理解していない場合は、理解していないことを認める
*もう一度「何について話していたのか」を確認する
*結論について自分の中で考え直す
*結論を伝える為の理由について考え直すことが重要です。

❼頭の中のフォルダにしまい込む

ここまでくればあなたの頭の中に、話の内容がかなり定着しているはずですので、その情報を自分の頭の中に「整理してしまい込み」ます。

会話の情報がどのカテゴリー(分野)の話なのかを頭の中で考えて頭の中にしまい込みます。そしてまたその分野の話が出てきたときに頭の中から情報を取り出すといった流れです。

2.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190507222539j:plain
情報は効率よく記憶していこう♪

ここまで一連の「記憶力を上げる方法」について書いていきました。私の記憶力を上げてくれたのは紛れもなく、ここまで書いた方法でした。

最後にまとめとして、文章で書いただけではわかりにくいと思いますので、営業メンバーで勉強会を開いたケースで内容を暗記してみましょう。

たとえば、先輩から営業のレクチャーを受けたとします。

内容は営業の中でも最後にお客様にご決断いただく「クロージング」に関するレクチャーです。そんなときに今回お伝えさせていただいた、記憶力を上げる方法に沿って記憶していきます。

【頭の中で実際に記憶してみよう!】

①リラックスして会話を聞くこと。
②「売れている先輩から営業実績を上げる為のスキルについて学ぼう」と興味を持ち・集中する
③「営業におけるクロージングの話」とノートに書く。
④頭の中で「自分が営業でクロージングしているイメージを思い浮かべる」
⑤自分の中で「営業のクロージング方法をまとめてみる」
たとえば
<クロージングに必要なポイント>
❶クロージングの時は相手の目を見る
❷クロージングの時は敢えて売ろうとしない
❸クロージングに重要なのはその場で決断してもらうことだとまとめていきます。
⑥最後に聞いた話をアウトプットする
「今日のお話は営業のクロージングについての話でした。クロージングについて重要なのは相手の目を見て、あえて売ろうとせずに、しかしその場で決断してもらうことです」と伝えていきます。
⑦最後に頭の中で今日学んだことを「営業>クロージング方法」と頭の中にしまい込みます。

いかがだったでしょうか?以前よりもずっと内容が分かりやすく頭の中に入ってきたのではないでしょうか?

記憶力を上げる為には、正しい方法で記憶する必要があることを理解していただいたのではないでしょうか?今日お伝えした記憶法を3か月・半年と繰り返すことで必ずあなたの記憶力は向上していくはずです。

会話を理解できなかったり、会話を今は覚えられないあなたもきっと大丈夫です。
あなたが緊張せずに、ゆとりをもって会話を理解し、会話の内容をきちんと覚えておけるサポートになれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です