Twitterアカウントはこちらをクリック

【独自性は簡単に習得できる‼】面白いブログ記事の7つの書き方

ゆーろ

本記事では、独自性で差をつける面白いブログ記事の書き方7選についてお伝えします

「ゆろなび」運営者のゆーろ(https://twitter.com/yuro_tasteearth)です。

ブログの独自性ってどうやって生まれるのでしょう?

面白い記事ってどうやって書けばいいんでしょうか?

  • 独自性のある記事を書けない
  • 面白い記事を書けない
  • 自分らしさを出せない・そもそも自分らしさって何?

そんな風に感じている人はいませんか?

僕も初心者ブロガーとしてここまで60件ほど記事を書いてきましたが、初めはどのようにオリジナリティを出せばいいのかわからず、試行錯誤の連続でした。

答えのない中をずっと泳いでる感じが続いて「そもそも、独自性ってなんなんじゃい。」とPCを前にひねくれてました。笑

しかし記事を書けば書くほど、人の記事を読めば読むほど、独自性の出し方が少しずつ見えてきました。

そしてある7つの法則を意識することで、自分自身らしさが出るようになり、今では「自分のままで正直に記事を書こう」と思えるようになりました。

本記事で得られる情報
  • 独自性のある記事の書き方
  • 面白い記事を書けるようにする方法
  • 自分らしさの見つけ方

今日は、悩んでいるあなたに「独自性のある面白い記事の書き方」をお伝えしていきます。

それでは早速行ってみましょう!

1.独自性ってなに?

まず初めに、独自性ってなんでしょう?

コトバンクには以下のように記載されています。

どくじ‐せい【独自性】 〘名〙 他と違い、その人またはその事物だけに備わっている固有の性質。 独特の個性。

出典:コトバンク

要は①人と違っていて②あなたしかもっていない個性や情報のことです。

独自性を出したければ、記事を書くときはシンプルに人と違っていて、あなたしか知らない内容の記事を書けばいいわけです。

しかしいうのは簡単ですが、意外に意識して独自性を出すのって難しい。。。

それが出来ないから困っているんだろ!

っていうあなたに向けてその方法を説明していきます。

2.独自性は万人に対して発揮しなくていい。

独自性について、事前にお伝えすべき大切なことがあります。

それは、独自性は万人に対して発揮しなくていいです。

どういうことかというと、あなたが大したことがないと思った情報でも、めちゃくちゃすごい情報と思う人が必ず一定数いるということです

具体的に僕の例でいうと、こんな例がありました。

  • 「日本製品なら海外で売れるっていうのは、古すぎる情報で、今は中国・インドの方がいい製品あります」
  • 「日本の生産工場って実は手作業が多い一方で、中国企業なんて当たり前に自動設備が入ってますよ」

これ僕の会社では当たり前の情報です。

もしかすると、リサーチ業界なら当たり前の情報かもしれません。

しかし、海外で仕事してない人や、国内メインで仕事している人にとっては当たり前じゃないですよね。

こういうことが、ブログでもあり得るということです。

ブログ記事は、あなたより情報を網羅していて知っている人ではなく、なにも知らない人に対して自信をもって書けばよいのです。

何も知らない人にとっては、あなたの記事はもうすでに独自性のある記事なんですから。

自分の書いてることなんて誰でも知ってると思わずに、自信もって記事を書いていきましょう。

ゆーろ

一人でもあなたの記事を面白いと思う人がいればいいって、気楽に書いてみよう!

3.独自性のある面白いの書き方7選

独自性のある記事の特徴は、人と違っていて、あなたしか知らない内容とお伝えしました。

また矛盾するようですが、あなたの記事は一定の方に対して既に独自性があるともお伝えしました。

安心していただいたところで、ここからは更に独自性のある記事の書き方について紹介していきます。

あなたしか知らないことを書く

まず初めに、独自性を出すためには、あなたしか知らない情報を書きましょう。

あなたしか知らない情報を書く理由は、読者が知らない記事でなければ独自性があるとは言えないからです。

あなたしか知らない情報があれば、それは独自性のある記事を書いていることになります。

読者が知らない情報を書くために一番簡単な方法ってなんだと思いますか?

答えは「検索者が求めるすべての情報を網羅する」方法です。

全部の情報を調べるってどういうこと?って思った人もいるかもしれません。

実は必要情報が網羅されていて、一つでも読者が知らない記事があれば、それは読者にとって独自性のある記事ということです。

具体的にあなたにとって職場の上司って物知りだなーとか、オリジナルな情報持ってるなーと思ったことありませんか?

それは、上司があなたの知らない情報を網羅していて、あなたが知らないことがその中にあるのでそう思うだけで、他の人からすると当たり前の情報かもしれません。

検索意図を理解して、検索意図を満たすための情報をすべて満たせば、読者にとって真新しい情報が一つはあると覚えておきましょう。

情報を網羅するためには、検索ワードで上位検索されている記事を5-10件見てみてください。大体の情報は網羅できます。

もちろん僕も今回「ブログ 独自性」で調べて、上位検索された記事を10件ほど見ました。

メモに独自性の出し方を網羅的に書き込んで、全て情報を出し終わったら書き始めます。

この方法を繰り返すことで様々な情報に詳しくなっているので、いつしか周りにとってあなたしか知らないことが増えているはずですよ。

「話し言葉」で書く

人と違った雰囲気を出すには、話し言葉で話すことも一つの手です。

話言葉や方言、それ以外にもオタク言葉で話すと会話に独自性が出ますよね。

いい感じに味が出てきます。

大切なのは、一貫性を持って常に同じような話し言葉でブログを書くことです。

いつも違う話し方をしていると、読者が記事を読みづらく離れてしまうので注意しましょう。

注意点⚠

  • 記事が読みづらくなるほどの極端な言葉づかいは控えよう

経験談や結果について書く

経験談や結果について書くのが、一番簡単に独自性を出す近道です。

なぜなら、あなたと全く同じ境遇で同じような成果や結果を出す人はほとんどいないからです。

自分が大したことないと思った経験でも、思い切って書いてみましょう。

また、自分が「これは他の人が経験したことない」と思う経験があれば、思い切って伝えるのもおすすめです。

僕はこれまで「自分が経験したこと」や「ちょっと変わったこと」を、データとしてまとめてきました。

  • 前職で400時間以上働いて、月の勤務時間が150人中No.1だった
  • バイトは4つかけ持っていた
  • 1年に5か国の海外出張に行った
  • TOEIC250の点数を1年で500点を上げた

何気ない経験やすごいと思った経験を、書き溜めていくことでいつか使う日が来た時に活用できます。

今日からでも構いませんので、自分のこれまでの経験を棚卸していつでも使える状態にしておきましょう。

一つのことを極めて語りつくす

一つのことを徹底的に極めた人は圧倒的な独自性が出ます。

「一つの分野に詳しすぎる変態オタク」になれればいいってことです。

彼らは独自性の塊です(僕もここ目指してます)。

オタクや研究者の領域を目指すわけですね。

オタクって本当に魅力的ですよね!僕も能力開発ではオタクレベルで語れます。

一つのことを追求してる人になぜか惹かれる時ってありませんか?

話を聞いてると物語のごとく自分の頭に入ってきて、思わず話に引き込まれます。

僕の先輩に飛行機が大好きで家にモニターを9台つなげて、フライトシュミレーションゲームをやる人がいます。

  • 飛行機が飛ぶ前の事前準備
  • アクセルを踏んでからブレーキを踏んではいけないルール、
  • 翼の角度や
  • オートパイロットモードになるまでのルート
  • 着陸時のランディング距離

など話が詳しすぎて、誰も話が理解できないくらいでした。

知らないことのオンパレードです。笑

言われてみれば、ブロガーやアフィリエイターもマニアやオタクが多いです。

  • ウォーターサーバー
  • 金融や投資
  • ブログ運営やアフィリエイト
  • 英語学習法

それぞれ極めた人に、ファンが集まるようになります。

一つのことをとことん追求するのが得意であれば、一つの分野に絞って記事を書いていきましょう。

複数の経験を組み合わせる

一つのことを極めるのが難しかったり飽きっぽい正確であれば、あなたの経験がありきたりでも、複数の経験を組み合わせれば独自性が出ます。

藤原和博さんの「100万人に1人」の存在になる方法をご存知でしょうか?

10年かけて1つの分野で100人に1人の存在になり、30年かけて3つの経験を組み合わせることで100万人に1人の人材になるというものです。

参考 藤原和博流「100万人に1人」の存在になる方法 | 10年後、君に仕事はあるのか? | ダイヤモンド・オンラインダイヤモンド・オンライン

堅苦しく考えず、色々な経験を組み合わせれば強みになります。

僕の場合であれば、

  • 英語
  • 海外ビジネス
  • 営業
  • リサーチ
  • コンサルティング
  • コミュニケーション能力
  • 能力開発マニア

など複数の分野を組み合わせて独自性を出しています。

どれも単独では大したことないですが、全てを兼ね備えている人は中々いません。

例えば①海外ビジネス②リサーチ③能力開発マニアなど持っているスキルでも、他の人が真似しにくい分野で独自性を出していきましょう。

自分の意見をはっきり主張する

コンサルティング業界を例に出すと、際立つ人の特徴は自分の意見をはっきり主張できる人です。

はっきりと自分の意見を主張し、主張の根拠を調べて伝えられる人は、周りから違って見えます。

違って見えるのは、主張がはっきりしているため、どちらか一方の反対派からすると珍しく見えるからです。

海外では自分の存在感や独自性を見せつけるために、自分の主張を伝えます。

独自性を生むために主張は必須のスキルです。

今思えば、僕自身も上司から教えてもらったことに共感したり、真似しているだけでは独自性が生まれませんでした。

ある時、上司から「お前はどう思うんだ」「自分の頭で考えて自分の意見を貫けるようになれ」と言われ、自分の主張をするようになってから自分らしさや独自性が芽生えました。

議題に対してあなたはどう思うのか?なぜそう思うのかを常に答えて置けるようにしましょう。

一般論の反対意見について書く

自分の意見をはっきり主張ことと同じくらい、一般論と反対意見を述べることで独自性をブランディングする人もいます。

例えばイケハヤさんは多くの人が東京で働きたいと思う中で「まだ東京で消耗してるの」と発言しています。

東京で働きたくない真逆の意見を述べることで、独自性を出しているのです。

高級なものをたくさん持つ人がいる中で「ミニマリスト」という言葉が生まれたり、終身雇用で働くのが当たり前の社会から「フリーランス有名人」が生まれたのも、反対意見によるブランディングです。

正論ばっかり述べていては、他の人と同じになってしまいます。

独自性や面白さを生むために、あえて反対の意見も考えるようにしてみましょう。

4.まとめ

ここまで独自性のある記事を書く方法について書きましたが、独自性のある記事を書くイメージがわきましたか?

話をまとめていくと、独自性のある記事を書くためには7つのポイントがありました。

独自性のある記事を書く7つの方法
  • あなたしか知らないことを書く
  • 「話し言葉」で書く
  • 経験談や結果について書く
  • 一つのことを極めて語る
  • 複数の経験を組み合わせる
  • 自分の意見をはっきり主張する
  • 一般論の反対意見について書く

上記ポイントを意識すれば、必ず独自性のある記事を書くことができるようになります。

最後に、自分の個性を育むためには以下の努力が必要です。

  • 常に最先端かつ幅広い情報を収集し続ける
  • 他の人が出来ないような経験をする
  • 大失敗をしてみる

個性は短期間で出るものではなく、1年・3年・5年・10年と本気で努力・経験をし続ける中で生まれます。

振り返ったときに、気づけばあなたの経験や成果が個性に代わっていると気づける日が来ます。

どんな大失敗も、辛い経験も、いつか笑って個性に変えることも出来ますので恐れずチャレンジし続けてください。

自分のブランディングの方向性に迷っている人は、以下の2冊(ビーターシリーズは3冊1組)の本を読んでみてください。

  • 自分をブランディングすることが人生にどれだけ大切か
  • ブランディングの具体的な方法

について勉強できるので、超おススメです♪



この記事を読んだあなたが今より個性を育んで、周りの人に役立つ情報を届けてくれることを心から応援してます!

「ゆろなび」では、あなたの生活の質を少しでも上げるような

  • ビジネス
  • トラベル
  • 勉強
  • スキルアップ
  • ワードプレス・ブログ

に関する上質な情報を公開しています。

ゆーろのプロフィール&ブログ開設の由来

是非、お時間がある時に他の記事も是非読んでみてくださいね★

これからもゆろなびをよろしくお願いします^^

ゆろなび
~上質な情報で生活の質をあげるブログ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA