世界で働くコンサルタントのTwitter

ハタラクティブの評判は悪い?第二新卒で使った僕がリアルな口コミを解説‼

ハタラクティブの評判は悪い?第二新卒で使った僕がリアルな口コミを解説‼
ゆーろ
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は、コンサル歴10年の戦略コンサルタントです。
超ブラック企業からの転職をきっかけに人生が激変しました。
自身の辛い経験と成功をもとに、当ブログで『コンサル転職情報』を発信してます。→ビジネスギークの使い方【コンサル転職の実現とコンサルとして成長する方法】
Twitter:https://twitter.com/yuro_tasteearth■月400時間勤務の『超ブラック企業』から転職し、給料2倍&休日1ヶ月増www
■転職のおかげでグローバルポジションゲット(海外ビジネス渡航:10か国以上)
コンサル業界のキャリアが10年目になりました
■上場企業向けコンサル会社のシニアコンサルタント

本記事では【ハタラクティブの評判と口コミ】について解説します。

記事を読むと、以下のような悩みが解決されます。

でんさん

・『ハタラクティブ』に登録する前にリアルな評判と口コミが知れる
・『ハタラクティブ』って誰におすすめ?使うべき人がわかる
・『ハタラクティブ』のメリット&デメリットが把握できる
・『ハタラクティブ』と
他の転職エージェントの違いがわかる

『ハタラクティブフリーターや第二新卒に特化した転職支援サービスです。

株式会社レバレジーズが運営しており、内定率は驚異の80.4%の実績を誇ります。

未経験歓迎の求人が2000件以上あり、カウンセリング実績は15万人にのぼる、未経験者や第二新卒にとにかく優しいエージェントです。

ハタラクティブは厚生労働省の「若者キャリア応援制度」受託事業者として2014年から2016年まで認定されていた実績もある就職活動支援サービスです。

でんさん
厚生労働省公認と言われると、なんか安心感があるな!!!

当時の僕は自分に自信がなかったので『大手転職エージェント』は行きづらく、

未経験者でも就職確率を上げたいと選んだのがハタラクティブでした。

 

初めての転職で右も左もわからず超不安でしたが、

ハタラクティブの方にサポートいただき転職の流れが良く理解できました。

今でもハタラクティブにはとっても感謝しています。

転職や就職に自信がないけど、悩みを相談したい場合は是非ハタラクティブを利用してみましょう。

\ フリーター・未経験・第二新卒におすすめ /

かんたん3分で登録完了。無料登録後も一切お金はかかりません。

目次(クリックすると見れます)

1.ハタラクティブとは?|総評と他のエージェントとの比較

1.ハタラクティブとは?|総評と他のエージェントとの比較

『ハタラクティブ とは若年層のフリーターや第二新卒に特化した転職エージェントです。

  • 転職活動が初めてで不安
  • 行きたい業界があるけど、未経験でも大丈夫か…?
  • フリーターや既卒でも就職できる?
  • 社会人経験ゼロから正社員になれるの?

転職が初めての人は、こんな悩みを抱えるのではないでしょうか?

ハタラクティブ利用者の3人に2人が正社員経験がない未経験で就職をしています。

未経験歓迎の求人を含めて2000件以上の求人があるので、幅広い仕事の中から選択肢を与えてくれます。

僕も未経験業種にチャレンジしようと思ってハタラクティブを選びました。

伸びているトレンド企業から長年安定している中小企業まで、様々な業界・職種の企業で転職を決めています。

また、マンツーマンでプロが内定までのサポートしてくれて、早く就職しなければならない人も短期間で就職が可能です。

カウンセリングや選考書類のレクチャーはすべて無料で、企業別の面接対策まで細かなサポートで就職活動の成功を支援してくれます。

でんさん
転職経験がない不安な人にとっては、0から転職活動について教えてくれるエージェントは本当にありがたいね‼

2.【結論】ハタラクティブの『求人特徴』と『おすすめな人』

『ハタラクティブ がおすすめな人の特徴は次の通りです。

  1. 未経験から別業界にチャレンジしてみたい『第二新卒』
  2. 正社員経験がない20代フリーターやニート
  3. 首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)に住んでいる人

ハタラクティブの求人では「20代の若手を採用して長期的に育てたい」「幅広い人材を採用したい」と経験よりも人柄を重視する企業が多いです。

そのため未経験者や、正社員経験がなくても、やる気のある20代にも十分チャンスがあります。

また、ハタラクティブは面談場所を渋谷や池袋、立川など関東エリアに設けており、関東エリアに住んでいる人におすすめです。

また、求人の特徴は次の通りです。

  • 営業職(法人・個人)
  • 事務・アシスタント
  • 企画・管理・クリエイティブ職
  • IT・通信・モノづくり・建築土木系エンジニア
  • 販売・サービス(接客・介護士・テレオペレーター)

とはいえ、ハタラクティブは求人数が少なめなので、『いい就職.com』『リクルートエージェント』『doda』を併用すべきです。

転職エージェントを複数登録すべき理由と注意点も、次の記事で紹介しているのでこちらもご覧になってみてください!

転職エージェントを複数利用するメリットと注意点転職エージェントを複数利用するメリット&デメリットと3つの注意点

3.ハタラクティブのメリット|良い評判と口コミ分析

次に『ハタラクティブ のメリットを評判と口コミから分析していきます。

3.1.応募者の学歴や学歴を問わない

紹介できる求人は少ないものの、ハタラクティブなら紹介してくれる。

または学歴や経歴を問わないとの声が多くありました。

常に2,300件以上の未経験歓迎の正社員求人を保有しており、20代特化型のエージェントとしては最大手です。

自分でも「無理だ」と分かっていても、やはり求人を紹介してもらえたり、応募できるチャンスがあったのはうれしかったのを覚えています。

何度も求人に応募できない、断られると落ち込む一方、ハタラクティブは転職活動の活力を与えてくれたエージェントだと思います。

注意
勤務地や希望年収、特手企業名指しなど、条件を強く出すと紹介を断られることもあるので注意しましょう

3.2.サポートが丁寧。転職初心者に優しい。

ハタラクティブのサポートは本当に丁寧でおすすめです。

なぜなら、求職者の3人に2人が転職が初めてのため、0からでも転職活動について理解できるよう優しくサポートするからです。

転職が初めての人に目線を合わせてくれ「初めての人が躓きそうな部分」もわかりやすく説明してくれます。

転職が初めての人は、ハタラクティブで転職活動の全体像を掴むのがおすすめです。

3.3.書類選考に通りやすい

ハタラクティブのメリットは書類選考が通りやすいことです。

理由は大きく3つあります。順に説明していきます。

  1. 初心者でもわかりやすいように履歴書や職務経歴書のアドバイスをくれる
  2. 書類選考のときにあなたを売り込んでくれる
  3. 書類通過しそうな企業を入念に選んでくれる
でんさん
書類選考の通過率は91.4%になっています‼書類選考で落とされ続けて自信を無くしたり、面接まで進まない人にとっては安心できるサポートだね。

3.4.転職成功率が高い

最後に、ハタラクティブが内定率80.4%で『言われたことをまじめに聞けば80%が内定できる』と考えています。

なぜなら、20代の転職初心者が合格するための方法と手順を熟知しているからです。

ハタラクティブでは『就活のコツまるわかりガイド』や『お役立ちコンテンツ』などノウハウも豊富です。

たとえば、職務経歴書は指定されたフォーマットで提出しながら、徹底的に添削されたり、

面接についても質問を想定しながら、場合によっては回答集を作って本番に臨む場合もあるようです。

大変だと感じる人もいますが、内定が欲しくてももらえない人にはとてもありがたいサポートです。

\ フリーター・未経験・第二新卒におすすめ /

かんたん3分で登録完了。無料登録後も一切お金はかかりません。

4.ハタラクティブのデメリット|悪い評判・口コミ分析

ハタラクティブのデメリット|悪い評判・口コミ分析

『ハタラクティブ は悪い評判が比較的多めのエージェントですが、果たして本当にそうでしょうか?

悪い評判や口コミを見ながら、分析していこうと思います。

4.1.求人情報・大手・有名企業案件が少ない

ハタラクティブは求人が少なく、大手&有名企業の案件が少ないです。

なぜなら未経験者・第二新卒・正社員経験がない20代を対象にしているからです。

企業側もキャリアや実績のある人を採用したいため、ハタラクティブのターゲットとする求職者とはミスマッチが起きています。

そのため、実際のところ大手企業や有名企業の取り扱いがないのが現状です。

でんさん
厳しい世界だけど、転職市場は必要なスキルや経験がない状態で最初から大手への入社はできないね…

大手企業に入社したい人は、転職先でキャリアや実績を積んでから大手企業に挑戦することをおすすめします。

注意
ハタラクティブの公式サイトを見ても、求人検索機能が無く、求人を探すのには適していません。

検索がしたい場合は『マイナビエージェント』や『パソナキャリア』など求人検索ができるエージェントを活用しましょう。

4.2.求人の質が低い、中にはブラック企業もある

職歴がある人から見ると、ハタラクティブの求人の質は低いと感じる人もいるようです。

なぜなら、未経験者・第二新卒・正社員経験がない20代を対象にした場合、正社員採用でも特定労働派遣や中小企業案件が多くなるからです。

僕も中小企業で10年間勤めていますが、中小企業は成長途上なケースが多く、組織体制や福利厚生が整ってない企業が本当に多いです。

そのため給料が少なく、福利厚生のなさから『ブラック企業』であると錯覚されることも多いです。

紹介している職種の一例

営業職・事務職・Webデザイナー・CADオペレーター・施工管理・倉庫内軽作業

でんさん
HPに施工管理・倉庫内軽作業が入っていることを見ると、入社ハードルの低い未経験者と第二新卒向けの求人が多いことがわかるね。

しかし、ハタラクティブの場合はキャリアドバイザーが企業に直接訪問し、一定の基準を満たす企業求人のみを紹介しています。

不安な人は紹介された会社の口コミを転職会議(企業口コミサイト)で裏どりしましょう。

4.3.求人紹介できる勤務地が少ない

3つ目のデメリットが求人を紹介できる勤務地が少ないことです。

東京・神奈川・埼玉・千葉・名古屋・大阪・福岡近郊のみの求人紹介

とはいえこれまで関東県内のみの求人が、関西に進出するなど業績は好調です。

対面で面談できる拠点も、現在は7拠点に広がっています(逆に次の拠点以外は電話相談になります)

参考 ハタラクティブのカウンセリング場所一覧ハタラクティブ

5.【個人感想・レビュー】ハタラクティブを実際に使ってみた

【個人感想・レビュー】ハタラクティブを実際に使ってみた

ここからは実際『ハタラクティブ を僕が使った個人的な感想とレビューをお伝えしていきます。

完全に僕自身の個人的な感想になるので、あくまでも参考の一つにしてみてください。

5.1.ハタラクティブのオフィスの雰囲気

僕が訪問したのは渋谷のハタラクティブオフィスです。

オフィスの雰囲気は『こじんまりとして清潔感がある塾』のような感じでした。

部屋全体は白で統一されており、仕切りもきちんとあるので落ち着いて話すこともできます。

開放感はありませんが、リクルートエージェントやJACリクルートメントのような派手なオフィスとは違い、落ち着けて、安心感のある雰囲気が特徴で記です。

5.2.ハタラクティブのスタッフの印象

ハタラクティブで担当してくれた増田様という女性の方で、気さくなとても親切な方でした。

僕が転職が初めてなこともあり、0から転職活動の流れを丁寧に教えてくれました。

転職未経験者や第二新卒の人の目線に合わせてわかりやすく教えてくれるので、助かったのを覚えています。

また、堅苦しい雰囲気もなく、リラックスした雰囲気で話を聞いてくれたのも印象的です。

スタッフの印象という点では100点満点の担当者でした。

5.3.ハタラクティブで紹介された求人の感想

ハタラクティブで紹介された求人の感想は、正直微妙でした。

なぜなら僕が志望していたコンサル案件や外資系企業・海外関連事業の仕事がほとんどなかったからです。

多少海外とかかわりのありそうな案件もあるものの、とてもグローバルで長期的に活躍できそうな企業はありませんでした。

少なくともコンサル・外資系企業・海外関連事業の仕事の場合はやはり特化型の専門コンサル会社をおすすめします。

25記事を調べてわかった【本当にコンサル転職に強いエージェント12社】比較!!

求人に関しては10社ほど紹介してもらいましたが、目ぼしい企業は1社程度でしたので、やはり求人の少なさは否めません。

転職する人は絶対に『リクルートエージェント』『doda』を併用することをおすすめします。

5.4.ハタラクティブの面談の率直な意見:専門知識とヒアリングの質が低い

スタッフの方のヒアリングについて、厳しい意見をお伝えすると専門知識は乏しいです。

コンサルティング業務の詳細や、コンサルファームについて質問しても期待する回答が得られないこともしばしばでした。

全業界の話に全て答えることは非常に難しいですが、自分が入社した時の細かな業務内容が気になるので、業界や企業情報に詳しくないことで少し不安はありました。

5.5.ハタラクティブは転職未経験者と第二新卒の人が最初に使うのにおすすめ

ここまでメリットもデメリットもお伝えしました。

結論、ハタラクティブは転職未経験者と第二新卒の人が最初に使うのがおすすめです。

また、転職活動をしたけど、中々内定がもらえない。キャリアや実績に自信がない人が、なんとしても仕事につきたい時はおすすめです。

教え方も丁寧でわかりやすいので、安心してサポートしてもらえます。

いきなり大手総合エージェントに行く前に、転職活動の流れをつかむにはうってつけの転職エージェントです。

\ フリーター・未経験・第二新卒におすすめ /

かんたん3分で登録完了。無料登録後も一切お金はかかりません。

6.【内定率UP】ハタラクティブと併用すべきおすすめ転職エージェント5選

【内定率UP】ハタラクティブと併用すべきおすすめ転職エージェント5選

次に『ハタラクティブ と内定率を上げるために併用すべきエージェントについてお伝えします。

【併用のメリット】

  • 求人案件を漏れなく確認できる
  • 各エージェントごとのサービスの違いが理解できる
  • 各社の非公開求人をチェックできる
  • 担当者との相性が悪い場合は、別のエージェントを使える
でんさん
転職成功率を高めるためにも、『ハタラクティブ』 の弱みを補完するような転職エージェントを併用しよう!

【ハタラクティブの弱み】

  1. dodaやリクルートエージェントに比べると求人数が少なめ
  2. 求人の質が低い

ハタラクティブの弱みは何より求人数が少ないことです。選択肢が少ないまま転職をするほど危険なことはありません。

また求人の質も、未経験者と第二新卒向けの求人が多く『好条件の案件』の割合が少ないです。

そのため、求人数と求人の質をカバーできる2~3社以上に一気に登録しましょう。

面談後に、最も良いと思ったところを活用することをおすすめします。

大手総合転職エージェントを選ぶときの注意点は以下4点です。

  1. 求人の量と質:好条件の案件が多く、求人数も十分にある
  2. 提案力:あなたのニーズを的確に把握し、希望条件に合った求人を紹介してくれる
  3. サポート:面接・書類対策など、選考対策を丁寧に行ってくれる
  4. 営業力:企業側にあなたのことを推薦してくれる

上記4点を元に、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

転職エージェント,20代,おすすめ20代転職で自分を救ってくれた、おすすめ転職エージェントと転職サイト

6.1.doda(デューダ)

転職エージェント,転職サイト,doda

公式サイト:https://doda.jp/

dodaの評価
おすすめ度
(5.0)
求人案件数
(3.5)
サポート・フォロー
(4.5)
書類選考通過率
(3.5)
年収アップ率
(4.0)

CMで深キョンが広告している『doda』は、8万件以上の求人情報を取り扱う大手転職エージェントです。

転職者の満足度がNo.1で求人数とサービスのバランスがいい転職エージェントです。(※公式サイト/電通バズリサーチ調べ)

ハタラクティブよりも求人数も求人の質も高く、少し背伸びした案件に挑戦できるのでお勧めです。

でんさん
ハタラクティブよりちょっと背伸びした案件と、満足度の高い転職エージェントを求める人におすすめだね
doda,転職エージェント,評判doda(デューダ)の評判・口コミは?『2大エージェント』がすごい11の理由

6.2.リクルートエージェント

転職エージェント,リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの評価
おすすめ度
(5.0)
求人案件数
(5.0)
サポート・フォロー
(4.0)
書類選考通過率
(4.0)
年収アップ率
(4.0)

『リクルートエージェント』は、40年以上の歴史がある実績No.1のエージェントです。

これまで、45万人以上のサポートを行っています。

特に求人量が30万件(非公開求人含む)以上と他社を圧倒しており、『他の転職エージェントで求人数がない場合でもリクルートならある』との声もあります。

また、リクルート系列ということもあり、キャリアコンサルタントの営業力が非常に高いです。

あなたのことを【親身になって高く売ってくれるパートナー】の存在は転職においては欠かせず、僕もとても心強かったです。

リクナビNEXTで求人を探してリクルートエージェントで応募の流れは20代転職の王道です。

でんさん
実績・求人数が全エージェントでNo.1。転職を考える人が必ず最初に登録すべきエージェントだね

6.3.マイナビエージェント


公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントの評価
おすすめ度
(5.0)
求人案件数
(4.5)
サポート・フォロー
(5.0)
書類選考通過率
(4.0)
年収アップ率
(3.5)

『マイナビエージェント』は転職を検討する20-30代であれば、必ず登録したい転職エージェントです。

新卒採用でお世話になる『マイナビ』が運営しており、大手からベンチャーまで求人数が豊富です。

特に『ITエンジニア専用転職サポート』金融専門転職サポート』『女性専門転職サポート』など、専門サポートが充実しているのポイントです。

そして何より面接対策から職務経歴書の添削をはじめ、サポート体制が充実しているので『20代満足度がNo.1』です。

リクルートエージェントやdodaに比べると、20代のサポート率が高めで、優しいエージェントです。

ハタラクティブを活用する人は10代から20代の人が多いため、マイナビエージェントを併用するのは超おすすめします。

でんさん
20代の人は絶対に登録しておいたほうがいいね‼
マイナビエージェントの評判・口コミは?20代や未経験に人気の理由

6.4.パソナキャリア

パソナキャリア,画像

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアの評価
おすすめ度
(5.0)
求人案件数
(4.0)
サポート・フォロー
(5.0)
書類選考通過率
(3.5)
年収アップ率
(5.0)

パソナキャリアはリクルートエージェントに次ぐ2番目に大きな転職エージェントです。

パソナキャリアの強みは、転職時の年収アップ率が67.1%と確かな実績を誇っていることです。

またエージェント利用者の半数以上がこれまで転職経験がなく、転職が初めての人に高評価を受けています。

僕も実際にお世話になりましたが、最もコンサルタントに清潔感があり、キャリア相談に親身になってくれました。

更にはパートナーのきめ細かなサポートが目立つ転職が初めての人でも安心感抜群の会社です。

【パソナキャリアの評判】初心者にサポートが手厚いのは本当?実体験と口コミを解説‼
でんさん
転職が初めての人年収を確実に上げたい人におすすめだね

6.5.いい就活.com

公式サイト:https://iishuusyoku.com/

いい就活.comの評価
おすすめ度
(1.0)
求人案件数
(3.0)
サポート・フォロー
(4.0)
書類選考通過率
(4.0)
年収アップ率
(2.0)

『いい就職.com』第二新卒・新卒・既卒未就職者・留学帰国者の就職支援を提供するエージェントです。

『全ての若者に、自分らしい生き方を』をモットーに若者のいい転職にすべてをかけてます。

なんと登録者数は20万人と日本最大級で5千件を超える正社員限定求人を紹介してくれます。

登録も60秒と超楽なので、僕もサクッと登録しました。20代の方には特におすすめのエージェントです。

\ 第二新卒・既卒未経験者におすすめ‼ /

かんたん60秒で完了。無料登録後も一切お金はかかりません。

7.ハタラクティブのWEB登録から内定までの5STEP

初めてハタラクティブを使う人は不安もあると思うので、登録方法から合格までの流れを解説します。

面談の流れは以下の通りです。順に説明していきます

  1. STEP1:公式サイトに登録する
  2. STEP2:アドバイザーと相談する
  3. STEP3:面接対策をする
  4. STEP4:面接を受ける・フォロー
  5. STEP5:内定獲得
STEP.1
公式サイトに登録する
『ハタラクティブ の公式サイトから登録をしていきます。サービスはすべて無料です。

簡単な入力だけで3分もあればサクサクっと登録できます。

 

登録後、アドバイザーが相談日程のメールをくれるので、面談日程を調整しましょう。

STEP.2
アドバイザと相談する

当日これまでのあなたの経験や、転職希望業界や職種を聞いたうえで、ぴったりの求人を紹介してくれます。

労働条件や職場の雰囲気など、気になる点がある場合は小さなことで伝えましょう。

また履歴書や職務経歴書の書き方に不安がある人は、当日書類を持っていけば、添削の手伝いもしてくれます。

予約した日までに完成してなくても、アドバイザーさんが一緒に内容を考えてくれます。

STEP.3
面接対策をする

あなたの強みを最大限アピールできる方法や弱みをカバーする方法や

  • 面接で気を付けるポイント
  • 良く落とされるパターンと対策
  • 話が伝わりやすくなる方法
  • 就活アドバイザーと一緒に企業研究

など一人一人に合わせた内容で面接対策してくれます。

STEP.4
面接を受ける

面接の日程や細かい調整はアドバイザーがすべて行ってくれます。

あなたは、自信もって面接に取り組むだけです。

でんさん
もし面接で上手くアピールできなかったとしても、アドバイザー側から企業にあなたのことをアピールしてくれるよ。
STEP.5
内定獲得‼

コンサル.転職サイト,転職エージェント

早い人は1週間ほどで内定を獲得できるそうです。

初出勤の日程や準備、現在の勤務先を円満に退職するためのアドバイスをくれます。

就職した後の悩みや困りごとも無料で相談くれます。

8.ハタラクティブを最大限活用するステップ

ハタラクティブを最大限活用するステップ

次に『ハタラクティブを『最大限活用する方法』をお伝えします。

ポイントは以下の通りです。転職エージェントは使い方で結果は大きく変わるので意識して使いましょう。

  1. キャリアアドバイザーに要望をきちんと伝える
  2. 転職時期は『今すぐにでも』と答える
  3. 経歴やスキルに嘘をつかない
  4. 推薦文は必ず確認する
  5. 複数の転職エージェントから同じ案件に応募しない
  6. 紹介された会社の実態を転職会議で調査する
  7. 他のエージェントも併用する

9.1.キャリアアドバイザーには要望をきちんと伝える

キャリアアドバイザーには要望をきちんと伝えましょう。

なぜなら遠慮すると転職結果に影響するからです。

注意

転職エージェントを利用するうえで、最も重要なのがキャリアアドバイザーとの付き合いです。

転職活動において『キャリアアドバイザーの選定』は最も重と言っても過言ではありません。

最初のアドバイザーとの相性が良ければ問題ないですが、相性が合わない場合もあります。

中にはキャリアアドバイザーが、『企業に関する知識が浅い』と感じることもあります。

その場合は、ハタラクティブを退会するのではなく「相性が合わない」「希望業界に詳しい人が良い」と自分の意見をはっきり伝えましょう。

どうしても担当者変更したい場合は、以下のメールを送り担当者変更を依頼します。

●●様

 

いつもお世話になっております。
現在、貴社にて転職サポートを受けている●●と申します。

 

現在、ご担当者の○○様には大変ご丁寧にご対応いただいており感謝しておりますが、
転職活動が初めてで不安もあり、他の方のご意見もお伺いしたいです。

 

よろしければ、他のアドバイザーの方とお話させていただくことは可能でしょうか?
お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

9.2.転職時期は『今すぐにでも』と答える

転職時期は『今すぐにでも転職したい』と伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職アドバイザーにも自分の売上目標があるため、転職を急いでない人の優先順位は低くなるからです。

『今すぐに転職したい気持ち』を伝えることで、担当者も優先順位を上げてくれるはずです。

でんさん
自分がキャリアドバイザーだとしたらどうしても『転職時期が遅い人』の優先度は下がるよね。
注意
現職での退職手続きや引継ぎが必要なことは伝えておきましょう。

9.3.経歴やスキルに嘘をつかない

キャリアコンサルを受けるときは、経歴やスキルに絶対に嘘をつかないようにしましょう。

求職者の不正に多いのが「去年の登録情報と今年の登録情報が違う」ことです。

上記のようなケースだと、嘘つく危険な人材として紹介案件が限定される可能性があるので注意が必要です。

また、転職後も企業があなたの実力以上の期待を抱き、働きづらくなることもあります。

正々堂々、誠実に転職活動に臨むのが一番です。

9.4.推薦文は必ず確認する

多くの場合、担当コンサルタントがあなたを推薦する推薦文を書きます(約200-1000文字)

優秀でないコンサルタントは、経歴をそのまま映して、企業に提出するケースがあります。

添削がされていない文章は、書類通過の確率が下がってしまうため、以下のように確認しておきましょう。

面接時に相違があると困るのと、自分自身のことを客観的に見直したいと考えております。

そのため、書いていただいた推薦文をお送りいただくことは可能でしょうか?

9.5.複数の転職エージェントから同じ案件に応募しない

複数の転職エージェントから、同じ案件に応募しないこともマナーです。

なぜなら、企業から「他の転職サイトからも応募がある」と担当者に話が繋がってしまうからです。

注意
上記ケースでは企業と担当者の信頼を失ってしまいます。

最悪のケースは、面談がなしになったり、エージェントを利用できなくなるので注意しましょう

9.6.紹介された会社の実態を転職会議で調査する

転職会議

紹介された会社の口コミを転職会議(企業口コミサイト)を活用して裏どりしましょう。

なぜなら転職エージェント側も売上が重要なため、あなたに悪い案件を紹介することもあるからです。

売上のために、合わない会社を勧めるコンサルタントもいますので注意が必要です。

大手上場企業であればほぼ全ての企業の口コミがありますので、ぜひ活用してみてください。

転職会議(企業口コミサイト)の登録はこちらから

9.7.他のエージェントも併用する

記事の前半でもお伝えしているように、転職エージェントは必ず複数活用してください。

エージェントを複数活用することで、転職失敗のリスクを減らすことができます。

他のエージェントは第6章のハタラクティブと併用すべき転職エージェントで確認してください。

【転職エージェントを併用するメリット】

  1. 求人案件を網羅できる
  2. 各エージェントごとのサービス比較ができる
  3. 各社の非公開求人をチェックできる
  4. 担当者との相性が悪かった場合、別のエージェントを使える
ゆーろ
そもそも併用するなんて転職エージェントに失礼じゃないの?

最初にお伝えしておくと、転職エージェントの併用は全く問題ありません。

リスクヘッジのために、転職エージェントを併用する人がほとんどで、エージェント側も併用していることは、当然理解しています。

併用がNGというルールも一切ありませんので、安心してください。

また『そんなに登録したらエージェントを管理しきれない』と思うかもしれませんが、2~3社程度であればそこまで負担になりません。

でんさん
転職エージェントは何社使っても料金がかからないので、使えるものはすべて使って、失敗のリスクを1%でも減らそうな‼

なお、ここまでの紹介を踏まえて、ハタラクティブの特徴をもう一度おさらいしたい人は、以下のボタンで戻れます。

『ハタラクティブのメリットとデメリット』に戻る

10.ハタラクティブの初回面談までの準備

ハタラクティブの初回面談までの準備

『ハタラクティブ』を使う上での注意点について紹介しておきます。

  1. 『自己分析』を事前に終わらせる
  2. 面談前に『必要資料』を全て揃える
  3. 面談当日に、転職活動の『緊急性と熱意』を伝える
注意
コロナの影響もあり、2020年8月時点では、キャリアカウンセリングは原則電話対応になっています。

「企業に直接応募する」サービスは、求人企業各社の状況により、選考結果通知が遅れたり、面接が中止・延期する場合もあります。

10.1.自己分析を事前に終わらせておく

『ハタラクティブ』との初回面談までに、自分の適性や希望条件を明確にしておきましょう。

なぜなら、カウンセリングと求人紹介がスムーズに進むからです。

自己分析は「自分を知る作業」です。自己分析は以下の順番で進めていきます。

  1. 過去の振り返り(経験の棚おろし)
  2. 何がしたいのかの追求
  3. 何ができるか客観的に判断
  4. 何が求められているかの確認

自分のことをよく知らずして、転職を成功させることは不可能です。

自分を理解して、あなたの強みを最大限アピールできるようにしましょう。

10.2.面談前に必要資料を全て揃えておく

面接までに必要な書類は履歴書と職務経歴書です。

職務経歴書については、別のエージェントですが、下記のツールを使えば上手く作れるはずです。

『職務経歴書エディター』と『レジュメビルダー』は、指示通りに必要事項を記入していくだけで簡単に職務経歴書が書けます。

利用には登録が必要ですが、登録して損はない2大トップ総合エージェントなので、利用したい人は公式サイト登録しましょう。

リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com/

doda公式サイト:https://doda.jp

10.3.面談当日に、転職活動の緊急性と熱意を伝えるど

『ハタラクティブ』のキャリアドバイザーは、1人で数10人以上の対応している場合があります。

そのため「話だけ聞きに来ました」のような態度で来ると、相手にされなくなってしまいます。

コンサルタントとの初回面談で必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれます。

その際には「いいところがあればすぐにでも転職したい」と答えるようにしましょう。

上記のように伝えることで、あなたの優先順位を上げて対応してくれます。

でんさん
自分がキャリアドバイザーの立場だとすると「転職する気のない人に使う時間はない‼」って正直思うよな

なお、ここまでの紹介を踏まえて、ハタラクティブの特徴をもう一度おさらいしたい人は、以下のボタンで戻れます。

『ハタラクティブのメリットとデメリット』に戻る

11.ハタラクティブを退会する方法と手順

ハタラクティブの解約方法は以下の2つです。

  1. WEBで退会
  2. 担当コンサルタントに連絡して退会

11.1.webで退会

webでの退会は非常に簡単で、下記のフォームに必要事項を記入するのみです。

以下URLをクリックすれば直接該当ページまで移行します。

ハタラクティブ退会フォーム:WEBで退会

11.2.担当コンサルタントに連絡して退会

担当のコンサルタントがいる場合は、解約の旨を伝えることでも退会が可能です。

メールの文面に不安がある場合は、以下のような文面を送ると良いでしょう。

〇〇様( 担当者の方の名前)

 

いつもお世話になっております。この度、他社の転職エージェント慶祐で内定をもらいました。

そのため、転職活動を終了したいと思いますので、退会を希望致します。

 

貴社を通じての転職がかなわなかったことが大変苦しく思っております。

末筆ながら、〇〇様の益々のご活躍をこころよりお祈り申し上げております。

 

自分の名前

▪️転職先は決まってないが、転職活動を止める場合

〇〇様

 

いつもお世話になっております。▲▲と申します。

この度大変恐縮ではございますが、諸事情により転職活動を中止することにしました。

 

そのため、一度退会させていただきたく存じます。

〇〇様には大変手厚いサポートをしていただき、本当にありがとうございました。

 

直近で転職活動をする予定はございませんが、再開する際には求人のご紹介をいただけますと幸甚です。

今後とも引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

 

自分の名前

必ずまた転職エージェントを活用する場面はありますので、いい関係を継続しておきましょう。

また、ハタラクティブの退会は超簡単なので、いつでも行えますが、

有効に活用できてないだけの場合もありますので、ハタラクティブを退会すべきかよく検討しましょう。

ハタラクティブを退会するケースは下記のように様々です。

  1. 転職活動が終了した
  2. 転職活動をいったん辞める
  3. 他の転職エージェントを使うことに決めた
  4. 担当者が微妙・合わない
  5. 良い求人を紹介してもらえない

①~③については、退会の方向で全く問題ありません。

一方で④~⑤のケースでは、改善の余地があります。順に説明していきます。

12.1.担当者が微妙・合わないケース

結論から言うと、他のキャリアアドバイザーをあたりましょう。

たった一度の人生ですし、転職はアドバイザーとの相性が重要なので、変更しても全く問題ありません。

担当者の選び方が分からない人は、第6章のハタラクティブと併用すべき転職エージェントで確認してください

12.2.良い求人を紹介してもらえないケース

良い求人を紹介してもらえない方のために、理由別で簡単に解決できる改善策を紹介します。

まず改善すべきは、以下3点です。

  • 登録している職務経歴書に不足や改善点はないか?
  • 連絡、報告をこまめに行っているか?
  • 希望条件を明確に伝えているか?

その他にも、住んでいる場所ハタラクティブが得意ではない業界だと断られる可能性もあります。

そのため、ハタラクティブを退会する前に、他のエージェントにも登録して、本当に退会すべきか確認しましょう。

注意
他の転職エージェントに登録しても、良い求人を紹介してもらえない場合は、

あなたの登録内容や実績・希望条件に改善の余地がある可能性があります。

他の転職エージェントではたくさん紹介してもらえるのに、ハタラクティブでは紹介してもらえない場合は退会して問題ないでしょう。

補足:選考最中・面談が控えているタイミングでの退会はタブー

基本的にサービスの退会は個人の自由です。

自分の都合で辞めても、退会料金は発生しませんし、責められることもありません。

しかし『選考最終や面談が控えるタイミング』での退会は辞めておきましょう。

なぜなら、自分勝手な行動や選考放棄はハタラクティブと企業との信頼関係を壊す可能性があるからです。

このような行動はハタラクティブに記録として残り、再び登録するときに悪印象を持たれ、案件を紹介してもらえなくなります。

どうしても選考を辞退したい場合は、とにかく早めにキャリアアドバイザーに報告しましょう。

なお、ここまでの紹介を踏まえて、ハタラクティブの特徴をもう一度おさらいしたい人は、以下のボタンで戻れます。

『ハタラクティブのメリットとデメリット』に戻る

12.ハタラクティブに関するよくある質問

最後に、よくある質問にお答えしておきます。

転職のサポートはすべて無料ですか?

すべて無料です。転職希望者を求人企業に紹介し、入社した時点で求人企業からコンサルティング料金を受け取っているからです。

紹介された企業には、全て応募しなければなりませんか?

ハタラクティブは、企業への応募や、転職を強要することはありません。
希望者の気持ちや条件などを重視したコンサルティングを大切にしており、自身で応募するか判断してもらいます。

最短でどれくらいの期間で就職が決まりますか?

最短で1週間程度で内定を取る人もいます。平均して1ヶ月程度で就職先を決められるケースが多くなります。

ハローワークと何が違いますか?

内定獲得に向けたサポートの手厚さが違います。ハタラクティブは未経験OKな求人・採用に意欲的な企業が集まっており、サポートもマンツーマン体制で充実しています。

学歴が低くても求人はありますか?

あります。中卒・高卒・大学中退といった学歴でも紹介できる求人があります。
学歴以上に人柄や性格といったポテンシャル面を重視して、採用している企業求人がほとんどです。
ハタラクティブは中卒・高卒・大学中退の経歴の方でも就職決定している方が多くいます。

自分で直接応募したり、サイトを活用するよりもエージェントを使ったほうがいいですか?

はい、転職エージェントをするとアドバイザーに相談しながら効率よく転職活動ができます。

13.ハタラクティブの評判まとめ

ハタラクティブ_ロゴ

ここまでハタラクティブの評判についてまとめていきました。

ハタラクティブは第二新卒・既卒・フリーター向けの転職エージェントです。

転職が初めての方へのサポートが超手厚く、内定率も80%以上と高確率で仕事が得られます。

常に2,300件以上の未経験歓迎の正社員求人を保有しており、20代特化型のエージェントとしては最大手です。

今の自分の実績やスキルに自信のない人も安心して転職活動に取り組みましょう。

サポートは全て無料なので、転職初心者・未経験者の20代の人はぜひ登録してみましょう。

\ フリーター・未経験・第二新卒におすすめ /

かんたん3分で登録完了。無料登録後も一切お金はかかりません。

  1. 『リクルートエージェント』
    \求人案件数業界No.1まず登録すべき1社‼/
  2. 『doda』
    \求人案件数No.2,顧客満足度No.1のバランス型‼/
  3. 『マイナビエージェント』
    \初めての転職・20-30代の人に超おすすめ‼/
  4. 『パソナキャリア
    \年収アップ率67%で未経験者・第二新卒におすすめ‼/
  5. 『JACリクルートメント』
  6. \第二新卒・新卒・既卒未就職者・留学帰国者にオススメ/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です