地球を味わう海外調査員のブログ🌎

年間100日海外出張の世界で働く「上場企業の海外支援コンサルタント」✈️2013年に倍率2000倍の人気コンサル企業へ就職➡︎2015年150名の会社で1名のみ選ばれる全社取締役賞受賞👑➡︎2019年3月自己成長・勉強方法を発信するブロガーの卵🔰(https://twitter.com/yuro_tasteearth)

2019年おすすめ無料(フリー)画像・写真素材サイト7選※商用可|vol.43

f:id:Enjoy_the_Earth:20190702192815j:plain

2019年おすすめ無料(フリー)画像・写真素材サイトおすすめ7選(商用可)

みなさん、どーもゆーろ(https://twitter.com/yuro_tasteearth)です。

 

今日は2019年おすすめ無料(フリー)画像・写真素材サイト7選※商用可についてお話していこうと思います。

 

ブログを書くときに欠かせない画像。
どのブロガーも写真を活用しながらPV数を稼いでいます。
つまり今どきブログを書くときは写真は必須ということになります。

 

皆さんはどこから入手していますか?

まさか画像検索をして画像保存していないですよね?

ギクッと思った方、結構いるのではないでしょうか?かくいう僕も実は過去にがっつりとってました…。

 

実際、画像って自分でとるわけにもいかないし、どこから取っていいかもわかりませんよね?

 

今日は、

*無料(フリー)画像・写真素材サイトを探している
*無料(フリー)画像・写真素材の中でもおすすめのサイトを知りたい
*無料で使える商用使用可の画像が欲しいに向けて


多くのブロガーが活用している無料画像・写真素材サイトを紹介しようと思います。

 

実際に僕も使ってみましたが、写真もきれいに撮れていますし、非常に使いやすいサイトもあるので、おすすめですよ★ここまでのところで考えると正直有料の必要性は感じないです。

 

この記事を読んでいただければ
*無料(フリー)画像・写真素材サイトを見つけて使用することが出来る
*写真の使い方のコツを知ることが出来ますので是非最後までお読みください♪

 

 
1.2019年おすすめ無料(フリー)画像・写真素材サイト6選※商用可

f:id:Enjoy_the_Earth:20190702193554j:plain

1.2019年おすすめ無料(フリー)画像・写真素材サイト6選※商用可
1-1.O-DAN(オーダン)

f:id:Enjoy_the_Earth:20190702193802j:plain

O-DAN(オーダン)

まず紹介しているのが、無料写真素材を日本語検索できる「O-DAN(オーダン)」です。

元々はPixabayを使っていたのですが、トップブロガーのマナブさんがおすすめしていたので現在はコチラを使用しています。

【引用:ブログ:アフィリエイト歴5年の僕が愛用するブログツール【ランキング紹介】より】

manablog.org

 

 

日本語検索ももちろんできますし、僕の場合は変わらず英語検索をしています。

 

気持ちかもしれませんがやはり英語検索をするとより多くの画像検索が可能だと思っています。

 

1-2.PIxabay

f:id:Enjoy_the_Earth:20190702193840j:plain

Pixabay

Pixabay.comはパブリックドメインの写真・イラスト・ベクトルグラフィック・映像の共有サイトで、


2016年6月時点で約650,000枚の静画と1,300近くの動画を公開しているこれまた有名フリー画像サイトです。

 

僕も最初はPixabayを使用していましたが、やはり日本語で検索するとあまり画像が出なかったのと、


画像を取得するまでに結構時間がかかるなーと思ったのでO-DANに切り替えました。
写真枚数が非常に多いのがおすすめできるポイントです。

 

1-3.Unsplash

f:id:Enjoy_the_Earth:20190702193944j:plain

 

Unsplashはプロのカメラマンが投稿した写真を集めた無料の素材写真サイトです。

 

ブログを書いていると結構感じるのですが、フリー画像の場合結構やらせ感というか、無機質な画像になってしまうことが多いので、


このプロの写真家が撮った写真というのはより現場の生の臨場感を伝えることが出来ますし、他の人とも同じ動画になりにくい為おすすめです。

 

また、現在では写真家がUnsplashに投稿した写真に関しては、ライセンスがUnsplash側に移行しますので、著作権について心配する必要もありません。


※写真家側からすると、一度投稿した自分の写真をやっぱりライセンス化したい場合に、出来なくなるので投稿する際は注意が必要です。

bagelee.com

 

1-4.PIXTA

f:id:Enjoy_the_Earth:20190702194152j:plain

pietà

PIXTA(ピクスタ)も人気のフリー画像提供サイトで、プロ写真家やアマチュアの写真家でも写真や画像やイラストの販売ができるサイトです。

 

国内最大手の写真ストックサービスであり、写真登録の審査が厳しいこともあり高品質の写真を提供しています。

 

こちらのURLがピクスタについて詳しく書いてありますので是非参考にしてみてください。

【ピクスタについて⇓】

yanwali.com

 

1-5.タダピク

f:id:Enjoy_the_Earth:20190702194400j:plain

タダピク

タダピクは、WEBデザイナーやブロガーが使用している高品質の42のフリー画像サイトを網羅して検索できるサイトです。


一番最初に、タダピクで掲載されている、数々のフリー画像サイトを見ながら、自分の好きなサイトを決めるのも一つの手かもしれません。

 

ただ個人的にはほとんどの最初の掲載がPixabayだったりするので、検索の手間を省く為にも、O-DANやPixabayをはじめから利用してもいいのではないかと思いました。


網羅型のサイトの為、画像検索のユーザビリティは他より劣るのは間違いないですね

 

こちらのサイトにタダピクをおすすめする理由について記載がありますので参考にしてみてください。

【タダピクについて⇓】

okamon.net

 

 

1-6.Shutterstock

f:id:Enjoy_the_Earth:20190702194620j:plain

Shutterstock

Shutterstockはニューヨークに本社を置く、ユーザー数130万人の高品質な写真を提供する会社です。


動画素材の数は業界最大級の6,000万点以上で、世界中のクリエイターがサービスを活用しています。

 

こちらの強みはやはり圧倒的な画像枚数です。

 

日本語で検索しても、他社に引けを取らないほどの画像検索が可能です。

 

やはり本社がニューヨークということもあり、妥協のないサービス提供をしていると証明してくれていますね。

 

僕も最初にどのフリー画像サイトを活用しようか迷っていたときによく出てくるのがShutterstockでした。

 

安心して活用できるサービスであること間違いなしです!

 

1-7.photoAC

f:id:Enjoy_the_Earth:20190702194854j:plain

photoAC

総会員数が350万人を突破したと言われるphotoACは、大阪市にあるACワークス社が運営する無料の写真素材がダウンロードできるWEBサービスです。

 

毎日、フォトクリエイターから写真が投稿され、誰でも簡単にダウンロードができ誰でも利用可能で、完全無料のまま商用利用もOKですし、加工もすきに出来ます。

 

画像をダウンロードするときに、アンケートに回答することが面倒でしたが、回避する方法を書いてくれている記事がありましたので、のせておこうと思います。

【photoACの使い勝手と評判⇓】

blog.500mails.com

 

スマホアプリ使用できるなどメリットがありますが、画像のインストールに少し時間がかかるとの口コミがありましたので、僕は別のサイトを使うことにしました。


国内最大規模の無料画像提供サイトなので一度使ってみて、自分に会っていればうまく活用してもいいでしょう。

 

2.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190702195440j:plain

画像をどんどん活用して、より分かりやすいブログを目指そう


みなさん、ここまで無料(フリー)画像・写真素材サイトについてお伝えしていきましたがいかがだったでしょうか?


フリー画像でも十分良い写真はありますので、使う価値は十分にあります。

 

今は、ブログやアフィリエイトで収益化が出来ていないので難しいかもしれませんが、
収益化が出来た場合は人とは違った有料サイトを試してみてもいいかもしれませんね。

 

大切なのは
①画像を使用するときは、記事の内容を補足するものにする
②男性より女性の画像が良い
③なるべくオリジナル画像を使用するということです。

 

よく画像を使用している人で、記事内容のイメージが湧かない画像を使用している人がいますが、本当にもったいないと思います。

 

相手のユーザビリティを高める為に、画像は、文章の補足要素として、
相手のイメージが湧きやすいような写真を必ずチョイスするようにしてくださいね。

 

また写真も男性の写真よりも女性の写真の方が
*安心感や知的さなどを訴求できるためおすすめといわれいます。

 

どうしても男性のフリー画像だと堅苦しくなってしまいますので、成るべく女性の画像を使用するようにしましょう。※あくまでも個人的な見解であり、差別的な要因はございません。

 

最後に、ブログやサイトのオリジナリティを高める為には、
自分で撮った画像を使うようにしましょう。

 

ここにあなたのオリジナリティが生まれます。

 

僕も最初はフリー画像を使用していましたが、やはり自分で撮った写真を活用すると
自分の個性がより強調されて、同じ内容について書いていても他のサイトと差別化を図ることが出来ます。

 

何気なく使用するフリー画像ですが、積み重なると、大きな差が出てくる部分には間違いありませんので、1枚1枚丁寧にチョイスするようにしましょう。

 

私も含めて、この記事を読んでくれているあなたが、画像をうまく活用しながらより読んでいただけるようなブログをかけることを応援しています★

 

何か質問があればお問い合わせページまでお問い合わせください。

 

Twitterもやってますので是非興味のある方はフォローしてみてくださいね^^

【ゆーろ✈地球調査員🌎】

https://twitter.com/yuro_tasteearth