地球を味わう海外調査員のブログ🌎

年間100日海外出張の世界で働く「上場企業の海外支援コンサルタント」✈️2013年に倍率2000倍の人気コンサル企業へ就職➡︎2015年150名の会社で1名のみ選ばれる全社取締役賞受賞👑➡︎2019年3月自己成長・勉強方法を発信するブロガーの卵🔰(https://twitter.com/yuro_tasteearth)

【倍率2000倍の企業内定者が語る】面接の流れから、合格に向けた質問内容・自己紹介方法・マナー全て_vol.30

f:id:Enjoy_the_Earth:20190516230817j:plain


第30回目は【転職での面接の流れ_vol.30】について話そうと思います。


この記事を見てくれているあなたは多分転職活動中、もしくは転職を考えている人だと思います。


転職で必ず必須なのは「面接」だと思いますが、

「転職の面接で聞かれる質問って、どんなことを聞かれるんだろうか?」とか
「面接での自己紹介ってどうすればいいんだろうか?」とか
「転職の面接での自己紹介って、どんなことを言えばいいんだろうか」

 

と色々な事に不安を感じている人が多いのではないでしょうか?

 

この記事を見てくれているあなたも、もしかしたらそのように感じているかもしれません。実際に結構面接って、不安になりますよね。

 

「受からなかったらどうしよう」とか
「一緒に面接を受ける人はどんな人だろうか」とか
「緊張して、言いたいことを忘れてしまったらどうしよう」とか

考えだしたらきりがないと思います。

 

今日はそんな悩みをお持ちの方に向けて、
転職での面接の流れから
■転職の質問
■転職の自己紹介
■転職の服装
■転職のマナーなどについて書いていければと思います。

 

この記事に書いてあることを理解していけば、きっとあなたもよい転職に近付くはずですし、きっと面接に合格できるはずです。


※書いているうちに、伝えたいことがありすぎて、非常に長い文章になってしまいましたので、時間がない人は、自分の気になる部分だけ読んでいただいてもかまいません。

 

本編に入る前に一転補足しておくと、僕も一応転職組なのですのでこの記事を読んでくれているあなたと同じように、新卒採用の面接も何回も受けましたし、中途採用(転職)の面接もうけました。

 

面接に関しては自慢ではないですが、新卒採用の時は、20000人の中から10人しか選ばれない倍率2000倍の会社に入社することが出来ました。
※異常な会社で最終面接まで当時6次面接くらいあったと思います。。。

 

また、現職も人気企業でして、500名が受けた中で唯一1名だけ選ばれる面接を潜り抜けて採用してもらうことが出来ました。このときも面接は3回ありましたが、クリアできています。

 

新卒採用でも中途採用でも困らなかったのは、

 

すべてこの記事に書いてある重要な事を理解して、準備すべきことを丁寧にしてきたからと今でははっきり言えます。

 

そんなに的外れな事を言うことはないと思いますし、実績がないわけではないので、役に立てる情報をお届けできると感じています。少しでもこの記事を読んでくれているあなたの何か参考になれば幸いです。それでは早速始めていきましょう^^♪

 

 

1.転職の面接の流れ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190516230757p:plain

まず初めに、転職での面接の流れについてまず考えていきましょう。

 

転職の流れは大きく分けると3つあると思います。それは、
①自己紹介
②質問
③逆質問といった流れになります。

 

面接の流れを理解することで、しかるべき準備を行うことが可能になります。

 

上で述べた「面接の流れ」に対応できるように面接では、少なくとも①自己紹介②質問③逆質問に対しての準備をしておく必要があります。

 

「戦いに勝つためには、まず敵を知る」という言葉がありますが、面接がどのような流れで行われるのかはきちんと把握しておくようにしましょう。

 

2.転職の面接目的

ここで、少し質問なのですが、面接官の目的っていったい何でしょうか?
それはずばり「即戦力人材・優秀な将来性のある人材」の採用です。

 

企業は他社よりも企業優位に立ちながら、繁栄しないといけません。企業優位に立つためには優秀な社員が差別化要因になることは間違いないので、とにかく優秀な社員を採用しなければならないのです。

 

またあなたを採用してくれる人事担当者は、良い人材を採用することが自分の評価につながりますので、必ず成果を出し、会社のビジョンへの共感がある社員の採用を行う必要があります。あなたが面接を受ける際は、この目的をしっかりと理解したうえで面接に臨む必要があります。つまり会社のビジョンに共感性があり、成果を出してくれる社員を求めているということをきちんと理解しておきましょう。

 

つまり、上記面接の目的を達成することが出来ればあなたは確実に受かることが出来るのです。それは何か…。転職の場合は

 

つまり

①即戦力人材として成果を出し、企業の繁栄に貢献できる人材

②会社のビジョンに共感して、ずっと在籍してくれそうな人であることです。

 

この2点を満たせる人材であることを、面接では証明する必要があります。

どうすれば受かる為の2点を証明できるのか。次のポイントで詳しく説明していこうと思います。

 

3.転職での面接時のチェックポイント

f:id:Enjoy_the_Earth:20190516230949p:plain

先ほどは、面接の目的についてお伝えをしていきましたが、具体的な面接時に面接官はあなたの何を一体チェックしているのでしょうか?

 

繰り返しますが、あなたは

①成果を出して、企業の繁栄に貢献できる人材である

②会社のビジョンに共感し、長期間在籍する人であることを証明する必要があります。

 

 具体的により細かく分解していくと
①熱意
②能力・実績
③人格
④会社への忠誠心と興味関心の四つを証明していく必要があるのです。

 

順を追って何故このチェックポイントを見るのかを説明していきます。

 

まずは①熱意です。

やはり面接官からすると会社で働いてもらうわけですから、やる気のある人を採用したいに決まっています。やる気がある人ほど、行動・挑戦・改善を行う気質がありますので成果を出すのは明らかです。

 

もし現状成果や能力が足りていない人でも、「今はまだまだ成長段階にあるけれども育てれば何とかなりそうだ」と思ってもらうことも必要です。


逆に言うと、どれだけこれまで実績を出してきていても、会社への忠誠心がありそうでも、仕事に対する燃えるような熱意が、面接官の目に見える形で伝わっていなければ採用に踏み出せない事は意識しておきましょう。

 

また、1点注意しなければならないのが熱意の意味を勘違いしている人です。とにかく、大きな声で喋る必要があると思っている人が多いのですが、それは空元気というか、無理して元気を出そうとしている人は一瞬でばれてしまいます。

 

そんなことは面接官の場合すぐ見抜いてしまいますので、ありのままの自分で最大限出来ることに徹しましょう。

 

次に②能力・実績です。

面接官が求めているのは「即戦力人材」とお伝えしてきました。


即戦力人材を求めている面接官に対して、あなたは
「希望する会社で何が出来るのか」
「具体的にどんな成果を出すことが出来るのか」
「なぜその成果を出すことが出来るのか」
を具体的に示さなければなりません。

 

「実績は実在なり」という言葉がありますが、あなたがこれまで出してきた実績は今後もずっと「成果」として残っていますし、面接官から見ればこんなにはっきり認識できる基準はありません。

 

面接に合格したければ、常に面接時に成果を伝えられるように仕事に取り組んでいきましょう!

 

次に③人格についても必ずチェックしています。
どんなに熱意や成果を出せる人材であっても、悪さや不正を働いて成果を出すような人がいたり、会社の輪を乱すようなネガティブな発言をする人は、日本ではなかなか採用してもらうのは難しいです。

 

あなたの誠実さや人格を面接官にポジティブに伝えることは、面接官のふるいからあなたを落とさない為の重要な観点です。

 

具体的に人格を面接官に伝える工夫としては

①正直に話すこと(嘘をつかない/誇張して話さない)

②落ち着いて話す・相手の目を見て話す

③マナーとホスピタリティを見せることがあげられます。

 

面接官から見て、どのような人であれば「この子はしっかりした子だな」とか「この子なら採用しても大丈夫だろう」と思ってもらえるかを常に客観的に見る癖をつけましょう。

 

最後に④会社への忠誠心と興味関心です。
この点は、本当に特に日本の企業は見ていると感じています。

 

「なぜこの会社を選ぶのか?この会社のどこが好きなのか」
「なぜこの業界が好きなのか?」
「何故この業界に興味を持つようになったのか、どんなことに興味を持っているのか」

 は必ずチェックするポイントの為、意識しておくといいでしょう

 

会社への忠誠心・興味関心はどのようにすれば伝わるでしょうか?

 

ポイントは

①会社の大切にしている理念と、自分の大切にしている理念が重なるように伝える

⇛例えば「世界NO1の顧客満足を目指す」企業の面接を受けるときは、自分が前職でも、以下に顧客満足を大切にしてきたのかを伝えるなど。

 

②製品を売りたい理由を明確に話す

⇛家電を扱っている会社に入社したい場合は、ヤマダ電機が大好きとか、家電でどれだけ人生が変わったのか?などを自分の人生経験から話す。

 

③入社を希望する会社を好きになった理由を話す

知り合いの先輩が生き生き働いているのを見ていた。
新卒・中途採用HPの社員さんが楽しそうに仕事をしていた。など

 

これら3つの観点を意識することで、面接官だったり役員陣の方に、あなたの企業に対する興味関心や、忠誠心を表現することが出来るでしょう。

 

3.転職時の面接でのマナー

f:id:Enjoy_the_Earth:20190516231220j:plain



次に転職時のマナーについてお伝えしていきます。そもそも「マナー」とは一体なんでしょうか?分かりやすく言うと「社会生活の中で守るべき基準や態度」となります。

 

例を挙げていえば
「きちんとした服装や髪形で面接を受けに来ているか」
「部屋に入る前に、挨拶はきちんとできているか」
「座った椅子はもとの場所に戻しているか」といったものです。

 

つまり、この人は会社のなかできちんとした基準で働いて生活してくれそうな人かどうかを見られているわけです。言い換えると「思いやりがありそうな人か」を見られているといってもいいでしょう。

 

またマナーに関して重要なのは、加点方式ではなく原点方式ということです。


常に、当たり前の事を当たり前にしておけば減点されることはないので、特に意識する必要はありませんが、当たり前にできるべきことこそ、出来なければマイナスイメージが大きくなるので、常にみられているという意識を持って、生活する癖をつけましょう。

 

4.転職の面接での自己紹介・挨拶

f:id:Enjoy_the_Earth:20190516231344j:plain



次に転職の面接での自己紹介・挨拶について説明していこうと思います。

 

まず「自己紹介」です。

 

自己紹介の目的は、あなたの事を面接官に分かってもらうことです。

その為には、簡潔にあなたの事を簡潔に伝えればいいでしょう。

 

たとえばですが、「私の名前は●●です、前職では●●会社に勤めており、▲▲の仕事に従事しておりました」と簡潔に伝えることが重要です。

 

よく自己紹介の段階で「私の実績は-。。。。。」と余計な事を話す人がいますが、これは間違いです。自己紹介の段階では、自分の実績などは聞かれていませんので、答えるべき回答のみ答えるようにしましょう。

 

5.転職時の面接での質問

f:id:Enjoy_the_Earth:20190516231520j:plain

次に「面接での質問」についてお伝えしていきましょう。

 

本当に面接での質問はたくさんあると思いますので、中々の質問を全てをカバーするのは難しいと思いますが、どのような質問があるのか、またどのように答えていけばいいのかを解説していければと思います。

 

ただ、基本的にはこれから記載していく

❶入社理由❷成果・実績❸今後のビジョンが重要です。


この3つがしっかり固まっていれば正直他の質問はアレンジで何とかなります。順に説明していきましょう。

 

❶入社理由

「なぜこの会社に入ろうと思っているのか」はまず初めに聞かれる内容ですね。
あなたが、会社に応募している理由をまず簡潔に伝えるようにしましょう。例えば


■製品や事業内容に惹かれている
■会社のビジョンに共感している
■自分が使ってみて本当に製品を良いと感じたので普及したい
■会社に入って勉強したりレベルアップしたいといった内容になります。

 

入社理由について話すときのポイントは
■「自分ありきの内容を話さないこと」
■「相手のメリットになるようなことを話すこと」です。

 

たとえば「会社で成長したい」と話したとします。それが企業のメリットになると伝われば良いのですが、場合によっては「自分の成長の為だけに入社したいんでしょ」と思われる可能性もあります。


そうなるとあなたよりもより会社の為に長く働いてくれる人を求めてしまいますので、話し方には注意するようにしましょう。

 

❷成果・実績

「あなたがこれまで上げた実績を教えてください」という質問があります。自分の出した成果や実績に的確にこたえられない限りは、絶対採用されることはないので、必ず自分の中で答えを準備しておくようにしましょう。

 

成果や実績を伝えるときのポイントはいくつかありまして下に記載していくと…

■とにかく具体的に数字で話すこと
※人は数字にはかなり納得する生き物ですので、「1ヶ月1000万の成果を出しました」とか「新人で売上TOPになりました」など具体的に説明するようにしましょう。

具体的な成果を出すことが出来ない業務の場合があると思いますが、
そういった方でも、必ず数字で説明するように訓練をしておいた方が良いと思います。

 

■受賞した賞などもアピールポイント
私の場合、前職では150人の中から1名だけ選ばれる全社取締役賞というものを受賞したのですが、やはり何かの「受賞歴」は目に見える成果として効果を発揮しますので活用するようにしましょう。

 

■自分の実績や成果がどの様な形で会社のメリットになるのかを説明
この観点が抜けている人が非常に多いです。

 

面接官から見て大切なのは「あなたの前職で出した成果が会社に入社したときどんな成果として現れるか」をイメージできるか。です。

 

例えば、「前職では、月に無形商材を300万の売上をコンスタントに上げていましたので、モノがあるこの会社であれば、売上を月に1000万はあげることができるとおもいます。」とか

 

「前職では製造に携わっており、●●という製品を開発しましたので、御社では▲▲といったものの開発が可能だと思います」などあなたの成果が、会社に入社しても生かされることをアピールする必要があるのです。


常にあなたの成果や技術が会社にとってどんなメリットを提供できるかの視点で考えるようにしましょう。

 

■平均点から見てあなたの実績がどうなのか説明する

例えばあなたが月に300万の売上を上げるとしたときに、周りの平均が100万だとしたらそれは3倍の成果なので誇るべきものなのですが、1000万であればあなたの能力は低いと判断されます。

 

またあなたが話している前職の基準というものは、採用担当者の方は理解することが出来ていませんので、必ず説明するようにしましょう。周りを低く見せて、自分が出来ていることをアピールすることも時には必要だということです。

 

❸会社で成し遂げたいこと、どのような役割を担いたいのか

入社目的、実際にこれまで出してきた成果を伝えた後は、入社後のビジョンについて質問を求められます。この質問では、あなたがもし会社に入ったときに何を成し遂げてくれるのかを確認しているのです。

 

このときのポイントは


■あなたのビジョンと会社のビジョンが一致している

これが非常に大切な観点です。たとえば今後グローバル展開をさらに加速させていこうとしている会社にもかかわらず、「国内の市場を自分の力でさらに展開していきたい」です。といってもビジョンが違う為採用することが出来ません。

 

なので大切なのは「会社概要」や「企業IR」と呼ばれる会社の中期経営計画について書かれている資料をHPで見ることが出来るので「入社したい会社が今後どこに向かって成長していこうとしているのか」は必ず確認するようにしましょう。

 

※企業IRは上場企業にのみ掲載されている可能性がありますので、中小企業の場合はない可能性があることを予めご了承ください。

 

■ビジョンは自分の実績や分野の延長線上から話す

入社後のビジョンについて語るときは、自分の前職で培った技術をもとに語る必要があります。自分のできることを正直に話し、だからこそ今後こんなことがしたいということを伝えるべきなのです。

 

たとえば、あなたが営業マンにもかかわらず、技術開発やマーケティングのビジョンを語っても説得力は全くありませんので、身の丈以上の事を話すのはかえって逆効果になるので止めておきましょう。

 

6.転職時の面接での逆質問

f:id:Enjoy_the_Earth:20190517011410j:plain

「何か質問はありますか?」と聞かれたときにあなたなら何を質問しますか?
「どんな質問」が効果的だと思いますか?

 

次は質問を求められたときに何を聞けばいいのかを説明していこうと思います。

 
❶会社の未来に対して質問する

先ほど企業を理解する為に、「会社概要」や「企業IR」について確認するようにおすすめしましたが、それは「あなたが会社に興味を持っていて、会社の事をよく調べている」ことを採用担当者に伝える為です。

 

最初に採用担当者は「会社に興味関心がある人」を採用したいとお伝えしましたが、
担当者にあなたの「興味・関心度」を伝える為にあらかじめ会社について調べておくのです。

 

この興味・関心のアピールを利用して「会社の未来」について逆質問していくことをおすすめします。

 

たとえば「御社は今●●という事業をやっていますが、将来的な市場トレンドである■■事業に着手する予定はありますか?」


もっとわかりやすく言うと「現在、御社は家電事業を行っていますが、今後AIを活用した家電事業に取り組むまたは既に取り組んでいますか?」

 

と質問することで、「会社」「製品」「業界」への興味があることをアピールすることが出来ます。


会社・製品・業界の未来に関する質問は採用担当者に非常に効果的な質問だということを覚えておきましょう。

 

❷採用担当者にポジティブな話をさせる質問

採用担当者がポジティブな答えを話してくれるような質問も効果的です。


例えば

「●●担当者さんがこの会社で好きなところはどこですか?」とか
「この会社に入るとどんな機会があったり、成長を感じることが出来ますか」とか
「なんで●●さんはこの会社に入社したんですか?」と聞くことで、


担当者がポジティブな話をするようになり、気分が良くなってあなたのイメージも非常に良くなります。繰り返しますが、採用担当者のポジティブな話を自身で話してもらえるような質問を投げかけましょう。


ここまで逆質問の内容を説明してきました。

 

最後に前提として僕がおすすめするスタンスとしては、
*本当に聞きたいことだけを聞く
*ネガティブな事、お金のことは聞かない
*自分が本当に気になるところは聞いておくということが大切です。

 

無理やりしたくない質問をしても、相手には「何とか質問しようとしているんだな」ということはばれてしまいます。

 

あなたが本当に質問したい内容を質問することで「この子は本当にこの会社に興味を持ってくれているんだな」ということが分かりますので、正直に聞きたいことだけ聞くようにしましょう。

 

次にネガティブなことやお金(給料)の事はなるべく聞かない事をおすすめします。
本当にこの部分は聞きたい内容だと思いますが、採用担当者に「給料で会社を選んでるのかな」と思われるとあなたにネガティブなイメージがついてしまいますので、極力控えたほうがいいでしょう。

 

しかしどうしても譲れない給与や、残業時間など気になることがあれば、入社が決まった後にさらっと聞くようにしましょう。

 

そこでもし本当にやばい会社だと思ったら辞退するのも一つの手です。入社が決まるまではなるべくネガティブなことは聞かないのが、良いイメージを与えるポイントです。

 

7.転職時の面接での準備とポイント


最後に一通り面接の流れや、質問内容はわかったと思いますので、転職時の面接の準備と重要なポイントについてお伝えして行こうと思います。ここでお伝えするのは、多くの人が陥るミスであったり、取るべき重要なスタンスなので常に意識しておくようにしましょう。

 

❶聞かれたことに簡潔に答える

まず面接時は「聞かれたことに簡潔に答える」ということです。質問の内容をよく理解して「とにかく簡潔にこたえる」だけでよいのです。

 

よく聞かれた質問にあれもこれも答えてしまう人がいると思うのですが、「この人は質問の内容を理解する基礎把握力がない」と思われたら一発でアウトです。


最初に多くの人が陥るミスなので、聞かれたことにこたえることだけを意識しておきましょう。

 

❷全ての答えに「なぜ」を準備しておく

面接官の中には、あなたの回答についてより深掘りしてくる人がいます。
「なぜそのように思うのですか?」は面接官の得意技です。

 

何故を深堀することであなたの回答の背景や理由を採用担当者も理解することが出来るので、このような質問が多用されるのです。

 

いくら質問に対して答えることが出来ても「なんで?」と質問されたときにスムーズにこたえなければ「この子は質問に対して、回答だけを用意してきたな」と思われてしましますので注意しましょう。

 

ポイントは自分で「1人2役で面接の練習を行う」ことです。
質問⇛回答⇛何でと理由を聞く⇛理由を答えることをシュミレーションすることで、自分の回答理由を整理することが出来ます。

 

全ての質問にたいして「なんで?」と聞かれた場合を想定して練習しておきましょう。

 

❸面接場面のイメージを何度も行う

イメージてトレーニングも重要な準備の一つです。緊張するのは予想できない事が起きるからです。緊張を緩和する為にありとあらゆる状況をイメージしておくようにしましょう。

 

例えば私の場合、面接時に
*面接官がどのような質問をしてくるか
*何人くらいの面接官が来るか(1名?3名?5名?)
*頭が真っ白になったらどうする
についてどんなケースが来てもいいようにイメトレを行っていました。


もちろん、このイメトレは「最悪のケース」も想定しておかなければなりません。
これ以上無いというほど悪い状況をイメージすることで、本番で再枠のケースが起きてもあわてることがなくなりますので、イメトレは欠かさず行いましょう。

 

❹入社したい会社が全てだと思わない

「どうしてもこの会社に入社したい」
「落ちたらどうしよう」そう思っている人は多いと思います。

 

実際に私もどうしても行きたい会社の場合ほど面接の際は緊張しました。

 

しかし、知っておかなければならないのは
「コントロール出来ない採用担当者があなたについて判断をする」
「判断は人が感情を持って行う」ということです。

 

どれだけあなたが質問に対して完璧な回答をしても、外見やその場の雰囲気、採用人数制限などの理由で不採用になることもあるのです。つまり、他人があなたを選ぶかどうかは最後までコントロールできない。ということなのです。


そんな中では、もはや最後は神のみぞ知る領域なので、どっしり構えて、もし希望の会社には入れなくても
「他にも、何万社の会社があるので、ダメだったらダメだった」と腹をくくって面接を受けましょう。以外にそうすると逆に緊張せずに物事がうまくいくものです。

 

8.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190517012200j:plain



皆様ここまで転職での面接の流れについてお伝えしていきましたがいかがだったでしょうか?


「そんなの当たり前だろ」と思うこともあれば、「なるほどそんなことを考えながら面接に臨めばいいのか」ということもあったのではないでしょうか?

 

話をまとめていくと、転職の面接の流れとは
①自己紹介
②質問
③逆質問といった流れになり、

 

採用担当が面接が行う意味と、それぞれの質問の目的を理解したうえで、適切な準備を行っていくことで、採用してもらえる確立というのは飛躍的に上がるということです。

 

自分の転職の目的と会社の目的がマッチすれば自然と採用はしてもらえるはずなので、
ところん自分のやりたいことを探したり、自分だからこそできることを探したり、会社が求めていることの3点を自分で深堀して確認しながら、面接に臨んでみてくださいね。

 

この記事を見てくれたひとりでも多くの方が、希望した会社に入社できること応援してます!