地球を味わうコンサルタントのブログ

年間100日海外出張の世界で働く「上場企業の海外支援コンサルタント」✈️2013年に倍率2000倍の人気コンサル企業へ就職➡︎2015年150名の会社で1名のみ選ばれる全社取締役賞受賞👑➡︎2019年3月自己成長・勉強方法を発信するブロガーの卵🔰(https://twitter.com/yuro_tasteearth)

【2019年5月最新】【Google Adsence】「サイトの停止または利用不可」の対処法(はてなブログ版)_vol.27

【2019年5月最新】【Google Adsence】「サイトの停止または利用不可」の対処法(はてなブログ版)_vol.26

f:id:Enjoy_the_Earth:20190511233716j:plain

第27回目はGoogleアドセンスでサイトの停止または利用不可になった場合の対処法(はてなブログ版)を伝授します


現在僕は、Googleアドセンスに申請中なのですが、結構審査を通すのが難しいという話が頻繁に飛び交っていますよね?実は、何を隠そう私も、本日の内容にもある「サイトの停止または利用不可」というキーワードで、審査が通りませんでした。。。

 

こんなメッセージがGoogleから届いたのです。

f:id:Enjoy_the_Earth:20190511233716j:plain


「( ,,`・ω・´)ンンン?」

「サイトの停止または利用不可」っていったいなんや?
見たこともない表示にブログ初心者の僕は戸惑いを隠せませんでした。。。

 

サイトを見た瞬間は、「来た来た、これがグーグルアドセンスの申請大変ってことだな。。。」ともしかするとこの記事を見てくれているあなたと同じ思いになりました。

 

ネットで解決方法を色々な方法を試してみましたが、最初は中々うまくいきませんでした。正直効果があったものとそうでないものがありました。

 

本当にネットは自分の経験をたくさん書いてくれることはいいのですが、何一つ同じ状況下での問題はないので、情報が多すぎて何が本当に正しいのか、自分の課題に一番適した回答なのかの判断をつけることが非常に難しいと感じています。

 

そんな中で今日はこの記事を見てくれているあなたが、私的に端的に効果があったものだけ書こうと思います。※この記事は2019年5月で効果があったものなので、最新の情報ということでご安心いただければと思います。

 

この記事は
「グーグルアドセンス申請時に【サイトの停止または利用不可】表示に困っている」
【サイトの停止または利用不可】を消すための情報が欲しい人に向けて書いています。

 

1.グーグルアドセンスで「サイト停止&利用不可」が出てきたときの状況

まずはグーグルアドセンスで「サイト停止と利用不可」の表示が出てきたときの状況についてお伝えしていこうと思います。

------------------------------------------------------------------

■ブログ運営の期間:約2か月弱
■投稿記事数:25記事
■1記事あたり文字数:1記事あたり4000-5000文字
■ブログ更新頻度:3日に一回くらい
■使用広告:無し
■お問い合わせフォーム:設置済み(サイドバー)
■プライバシーポリシー:設置済み(サイドバー)
■プロフィール:設置済み(サイドバー)といった状況でした。

------------------------------------------------------------------

ブログ早く2か月程運営しておりまして、書いた記事はおよそ25記事くらいです。

 

1記事あたりは4000‐5000文字くらい書きながら、他のネットにも書いてあるような必要な項目については設置していると思いますので、条件に関してはこの記事を見てくれているあなたとそんなに変わりはないような気がしています。

 

2.グーグルアドセンスで「サイト停止&利用不可」問題を解決する方法

❶登録URLの後ろに「/」を入れてみる。
❷お名前ドットコムの場合、URL転送プラスを行う。

ここからはサイト停止と利用不可の解決方法について書いていこうと思いますが、正直、上に書いている二つを改善してみたら問題は解決できました。


その中でもどちらかというと感覚的にはなるのですが、
❷お名前ドットコムの場合、URL転送プラスを行ったのが決定的な審査クリアの要因だったような気がします。順番に説明していこうと思います。

 

❶登録URLの後ろに「/」を入れてみる。

これはグーグルアドセンスを申請するときにあなたのURLを入れる必要があるのですが、結構自分のアドレスの最後に「/」を入れ忘れていることが多くあります。

 

実際、私も「そんなの間違えるはずないだろう、コピペもしたし。」と思っていましたが、案の定最後の「/」が抜けていました。意外に多くの人がこの問題に引っかかっていると思いますので、是非参考にしてみてくださいね。


誤:http//:www.taste_the_earth.com
正:http//:www.taste_the_earth.com/といった具合ですね。

まず正しくURLの記載は入れるようにしておきましょう。

 

※以下にGoogle アドセンスの申請方法についても記載しておきますので、是非参考にしてみてください。

 

Google アドセンスの申請方法と手順】

affirepo.com

 

❷URL転送設定を行う

 

URL転送設定についてお話していきます。結論から言うと私のサイト停止・利用不可の問題はこのURL転送を行ったことで解決できた思っております。

 

ドメインに関しては「お名前ドットコム」を活用していますので、お名前ドットコムでもURL転送設定の方法をいかに記載していこうと思います。

 

まず初めにお名前ドットコムのURL「お名前.com Navi」にログインします。

ログインすると右上に「オプション設定」がありますので、そこをクリックします。

 

f:id:Enjoy_the_Earth:20190511231845j:plain

 

「オプション設定」をクリックすると「転送Plus」という部分から「URL転送設定」をクリックします。

 

f:id:Enjoy_the_Earth:20190511232038j:plain

 

f:id:Enjoy_the_Earth:20190511232152j:plain

 


転送Plusのページを開いたら、右下の「設定する」のボタンを押します。

 

f:id:Enjoy_the_Earth:20190511232445j:plain

 

下に進んでいくと、「転送元のメールアドレス」を記入する部分と、「転送先のメールアドレス」を記入する部分がありますのでここにそれぞれ入力をしていきます。

 

転送元のメールアドレスには例えばですが、

http://taste-the-earthと入力していきます。

 

そして、転送先のメールアドレスには
https://www.taste-the-earth.com/と入力していきます。

 

こうすることで、転送元のメールアドレスが入力されたときに、転送先のURLのメールアドレスに転送されるようになり、Google アドセンスでサイトの認識がされ、利用が可能になります。

 

f:id:Enjoy_the_Earth:20190511233759j:plain

上の画像を見ていただくとわかると思いますが、「サイトの停止または利用不可」という文章が消えているのが分かります。やった~‼(≧▽≦)

※実は、サイト停止に関する問題は解決したものの、価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)の問題がまだあり、Google アドセンスの審査は通っていない状況なのですが、きちんとここも対応しながら、同じように悩んでいる人の力になれたらと思っています。。。


3.まとめ

ここまで【Google Adsence】「サイトの停止または利用不可」の対処法について書いていきましたがいかがだったでしょうか?

 

今回初めてGoogleアドセンスの審査をしてみましたが、やはりGoogle アドセンスの審査は厳しくなっており、思い通りにいかないなというのが率直な感想です。

 

アドセンスに通らない人がほとんどだと思いますが、ここでお伝えしたいことは「自分が抱えている悩みと同じ悩みを抱えている人はたくさんいるし、過去に経験した人はごまんといるので情報は調べればどこかにある」ということです。

 

この「自分の悩みを解決してくれる情報がどこかにある」という確信を持っていれば、どんな悩みや困難があっても解決することが可能だと思いますし、ちょっとやそっとの事じゃ心も折れたりはしないと思います。

 

そして今回のGoogle アドセンス審査に通らなかったことで逆に言えば「将来同じような悩みを持つ人に向けて」記事を書いてあげれば少しでも彼らの役に立つことが出来るということもわかりました。

 

今後も自分の中で悩めば悩んだだけ、その悩みが自分の記事になっていくことが分かったので、困難や悩みも自分の強みにしていけるようなマインドで取り組んでいこうと思います。

 

同じ悩みを抱えている人は日本・世界でもたくさんいると思いますので、慌てることなく焦ることなく、一つずつ順番に解決していくようにしましょう。