地球を味わう海外調査員のブログ🌎

年間100日海外出張の世界で働く「上場企業の海外支援コンサルタント」✈️2013年に倍率2000倍の人気コンサル企業へ就職➡︎2015年150名の会社で1名のみ選ばれる全社取締役賞受賞👑➡︎2019年3月自己成長・勉強方法を発信するブロガーの卵🔰(https://twitter.com/yuro_tasteearth)

留学費用を最速で貯蓄する方法_vol.17

【留学者必見‼】留学費用を最速で貯蓄する方法_vol.17

f:id:Enjoy_the_Earth:20190424221429j:plain

留学費用を最速で貯蓄する方法

「地球を味わうコンサルタントのブログ」運営者のゆーろです。

今回は第17回ということで【留学費用を最速で貯蓄する方法】についてお伝えしていこうと思います。


ここまで、留学エージェント・学校・家の決め方についてお話をしてきました。※ここまでのお話について読んでない方は、合わせて是非この記事も参考にしてください。

www.taste-the-earth.com

 

今回は、具体的に留学に行く為に「留学費用を貯しくする方法」についてお伝えしていこうと思います。

 

この記事は
「留学に行きたくて、その為に留学資金を最速で貯める方法が知りたい」
「留学資金を最速で貯める為に、他の人は何をしているのか知りたい」
「留学資金をためる為にやってはいけない事」について書いていければと思います。

 

ちなみに僕は大学3年生の時にカナダに1年間留学に行きましたが、
留学資金の130万円を大学時代に貯めて、全額自費で行きました。

 

他の学生が飲み歩いているときに、実はコツコツ夢の為にお金を貯めていました。

正直大変な事や我慢すべきところもたくさんありましたし、自分だけなんでこんなことしてるんだと、涙に明け暮れたこともあります。


バイトのし過ぎで、ヘロヘロの状態が続いたこともありますし、メンタルがやられそうになったことも何度もあります。

 

それでもようやく、自分で最後まで貯めたお金で、初めてカナダの地に立った時の感動は今でも忘れられません。初めて、カナダの地に訪れた時、極寒の中吐く息は白く、当たりは自然が広がっており、あのイメージ通りの家が並んでる感じでした。


リスとかも普通に走ってて、「これがカナダかー!!!」と思ったことを鮮明に覚えています。

 

この「留学資金を貯める」という挑戦は僕にとって、大切な勉強になりました。
それは社会人になった今でも、大変役立っています。

 

とにかく大学で「お金を貯めて、自分の夢を実現する能力」を身につけることは
社会人になっても必須項目です。

 

例えば「海外に行きたい」「投資をしたい」「車や家を買いたい」といったときも
この「お金を貯める力がなければ、何も成すことが出来ないからです。

 

社会人になっても、必ず必要となる「費用を貯蓄する技術」を
「留学費用を最速で貯蓄する方法」というテーマでお伝えしていこうと思います。

 

 

1.留学費用を最速で貯蓄するシンプルな法則

f:id:Enjoy_the_Earth:20190424221342j:plain

留学費用を貯蓄する為の法則はとてもシンプル。

まず最初に留学資金を最速で貯めるシンプルな方法についてお伝えしていきます。

それは何かというと「稼いだ以上にお金を使わない」ということです。

 

シンプルすぎて拍子抜けした方もいらっしゃると思います。しかしこれが真実です。もう少しわかりやすく言いますと、「稼いだお金から、全ての支出を引いた金額が【プラス】になるようにする」ということです。

 

例えば、月に25万円稼いだとして、家賃・公共料金・携帯代・移動費・食費・交際費の合計が20万であればあなたは既に5万円が貯められるということです。

 

お金を貯めることが出来る人はこの真実が徹底できているのです。そしてより稼ぐことが出来るようになるよりも、より支出を抑えることが出来るようになったほうが、圧倒的にお金がたまるサイクルに入ることが出来ます。

 

あなたがもし留学費用を貯蓄したいのであれば、このシンプルに「お金を稼いで、稼いだ以上に使わない」ということまず一番に覚えておいてください。

 

2.留学費用を最速で貯蓄する3つの方法

f:id:Enjoy_the_Earth:20190424222144j:plain

留学費用を貯蓄する為の3つの方法


次に留学資金を最速で貯める方法についてお伝えしていこうと思います。
ポイントは大きく3つあります。それは

 

①稼ぐ金額を増やす(時給を上げる)
②稼ぐ量を増やす(量の増加)
③支出を減らすということです。

それぞれ順番に説明していこうと思います。

①稼ぐ金額を増やす

まず初めに、給料を上げる為にやるべきことは①稼ぐ金額を増やすということです。

これはどういうことかというと、「アルバイトの時給を上げる」ということです。

 

例えばあなたの時給が100円上がったとします。「100円くらいでしょー」と思う方も正直いるかもしれませんが、これをアルバイトが例えば5時間だったと考えると500円も違うわけです。

 

考え方によっては、お昼ご飯一食分、本当に節約している人であれば1日分の食費も賄えるくらいですよね。あなたが留学に長期で行くとき、留学の終盤はとにかく金欠の状態が起きます。これが本当に辛いんです。僕も「学生時代にこんなことになるならもっと貯金しとけばよかったー」と何回思ったかわかりません。

 

働く時間が長くなればなるほど、時給の影響は大きくなり、更に1年2年と積み重なれば、もっと給料の差は大きくなって現れます。


「塵も積もれば山となる」という言葉のとおり、小さな積み重ねがやがて大きなものになりますので、時給100円アップというところにこだわるようにしてください。

 

注意しなければならないのが、100円の給料を上げようと思うと、アルバイトの場合結構大変だということです。例えば経営がうまくいっていない企業の場合、「あともう少し頑張れば給料があげれるんだけどなー」とか「店が厳しくて今は中々給料があげてもらえないんだよなー」という話をされるケースをよく聞きます。

 

あなたのたった一度の学生生活を、企業のせいで無駄にすることは本当にもったいないので、給料を上げる為にあなたが注意すべき以下の事を覚えておいてください。


❶基本給が高いところ(スタート段階から給料が高い)
❷経営状況が良い会社のアルバイト
❸コミッションがアルバイトを選ぶことが大切だということです。

 

初めから給料が高いアルバイトを選んでおけば、給料が下げられるということはあまり聞きませんので、「時給を上げなきゃ」と肩ひじを張る必要がなくなりストレスの軽減につながります。

 

給料が高いアルバイトはもちろん難しかったり人気の無かったりすることが多いのですが、いずれにしても給料を払えるという観点からすると、健全であるということは間違いありません。

 

働くときには主導権をしっかり握って働くようにしましょう。

 

②稼ぐ量(回数)を増やす


次に「稼ぐ回数を増やす」ということです。当たり前ですが、毎回同じ時間を働くのであれば3日より5日間働く方が稼げます。とにかく留学を目標にしている間は毎日働くことを意識しましょう。私も月に5-6日は必ずバイトに入るようにしていました。

 

毎日アルバイトに入るためには「人が足りていない」「自分がいないと店が回らないようにする」等の環境を作るとよいと思います。あなたが絶対にアルバイトに入らないと店が回らない状態を早い段階で作り上げるのです。


例えば、居酒屋の場合、店長がやっている仕事・店長にしかできないを全部教えてもらい、代わりに自分がその業務をできるようにします。それだけ店長の時間は空くわけですから常にあなたがいたほうが良い環境が生まれます。ほかのアルバイトよりもあなたの価値があるわけで、自然とあなたがアルバイトに入る確率は高くなります。そうなればこっちのもので、あなたは毎日アルバイトに入ることが出来るでしょう。

 

もう一つおすすめなのは「アルバイトを複数かけ持つ」ということです。こうすると何が良いかというと、他のバイトに行っていると察した店長がよりアルバイトに入れてくれるようになります。

 

ちなみに私は「居酒屋」「ブライダルスタッフ」「イベントスタッフ」「高級モールでのケータリング」のアルバイトを4つかけ持っていました。

 

「居酒屋」は平日の学校終わりに無駄なく毎日遅くまで働くことが可能になります。「ブライダルスタッフ」は土日に10時間以上ほぼ入ることが出来ていたので、土日で4万円弱稼ぐことが出来ます。仮にブライダルのパーティがないときは、他のイベントスタッフのアルバイトであったり、ケータリングサービスに入ってより高額な給料をもらうようにしていました。

 

ここで私があなたにお伝えしたい大事なことは、あなた自身がオーナーや店長に対して「お金を稼ぐためにとにかく毎日アルバイトに入りたい」ということを伝えることです。そして「しっかり稼げないならやめる覚悟を持っている」ということを伝えることです。

 

そうすることで、真っ当なリーダーであればもっと働きたいというあなたの熱意を感じて、もっとアルバイトに入れてくれるはずですし、あなたの事を手塩にかけて育ててくれることでしょう。いずれにしても、時給を増やした後は、回数を増やすことを心がけましょう。

 

③支出を減らす

最後に③支出を減らすことについてお伝えしていきましょう。この③番が、一番大学生が苦手な事です。私もここの部分で一番苦労しました。大学生でも比較的稼ぐことは可能な人が多いのですが、このお金の管理が出来ない人が圧倒的に多いです。


特に男性は女性に比べて非常に貯蓄が苦手な人が多いと感じています。以下に支出が増える原因についてお伝えしていこうと思います。


【支出が増える原因】
■自分でお金を引き出せてしまう
支出が増えてしまう理由はいくつかありますが、私自身の経験から話すと支出が増える理由は「口座のお金を自分で引き出せる」ということにあります。

 

自分が稼いだお金だという理由で、お金が無くなっては口座から引き出すという癖がついているとまずお金はたまりません。何を隠そう私がこのダメパターンでずっと生活していたので、その時は全くお金がたまらなかった経験をしているからです。

 

まずお金を貯める為の第一ステップは「自分で引き出せる口座をなくす」ということです。そういったことを回避する為に両親に預かってもらったり、一定額まで引き落としが不可能になる「定期預金」に取り組むことで自分でお金を引き出せない環境を作り出しましょう。

 

■給料が手渡しの場合は要注意
給料の支払われ方が「手渡し」の場合と「口座振り込み」の場合があると思いますが、
「手渡し」の時は注意が必要です。財布にお金があると、まだお金があると錯覚してしまい無駄な出費を行ってしまう可能性が高くなります。基本的に給料は「定期預金口座」に振り込むようにして、ぎりぎりの生活を行いましょう。

 

■固定費が高い
固定費が高いことはあなたの支出を大きく増やしてしまう要因となりますので注意が必要です。たとえば固定費で支出の大部分となるのは
❶家賃
❷公共料金
❸通信インフラ(携帯代・Wi-Fi代)
❹交通費といったところがあげられますので、この4つの固定費はとにかく下げることが必須です。


特に❶については安い物件に住むようにしましょう。※実家がある場合は迷わず実家から通うようにしましょう。僕の経験上、実家暮らしであれば当時の倍は貯金できたと感じています。

 

また❸の通信インフラも重要です。今では楽天モバイルUQモバイルなど格安SIMを購入することで通信代金も格安に抑えることが可能です。学生時代はラインをしたりYouTubeを見たりするくらいだと思いますので、削れるものはとにかく削るようにしましょう。

 

❹に関してはとにかく一人暮らしの場合であれば大学から近場に住むようにしましょう。そうすることで家賃も安く抑えることが可能になります。

 

変動費がかさんでいる
変動費も、あなたの支出を増やしている大きな要因です。例えば変動費の中で大きなものといえば
❶食費
❷交際費(不用意な飲み会/彼氏彼女へのプレゼントや各イベント)といったものがあります。

 

❶食費に関してはランチは出来るだけ学食でがっつり食べるようにしたり、パスタを買って大量にゆでた後に、100円のソースかけて食べるとか、袋ラーメンとご飯を毎日食べたりとかして固定費を下げていました。そして夜ご飯は絶対に居酒屋のアルバイトの賄を食べるようにしていました(あまりにも食べる為めちゃくちゃ怒られたことも何回もありましたが…笑)。アルバイトを選ぶときは賄が出るところは僕の中で固定費を抑える為には必須です。

 

❷交際費に関しては「意志の強さ」と「誘われない仕組みや雰囲気」を作ることが重要になります。最初はせっかく誘ってもらった誘いを断るのがつらいかもしれませんが、次第にみんな「あいつは留学費用を貯めている」「誘ってもどうせ来ない」と思って誘われなくなります。そうすればこっちのものです。1日でも早く「誘われないキャラ」を確立するようにしましょう。

 

最速で資金を貯める方法としてはこの変動費を抑えることがとても重要になります。
そして、変動費を抑える為には「強い意志」が必要になるのです。

 

突拍子もなく友人や彼女からご飯やデートに誘われたとき中々断れない方もいるのではないでしょうか?この誘いは悪気もなく年中無休で突然やってきます。あなたの事が大好きな人が良かれと思って誘ってくるのです。


そんな誘いを断れるかどうかが留学を決定づける重要なポイントになることを覚えておいてください。


<番外編:奨学金はもらって手を出すな>
支出を減らすとは関係なのですが、最速で奨学金を貯める方法の一つに
奨学金を使わない」という方法があります。

 

奨学金には一切手を出さず、きたるときに留学費用として奨学金を使うのです。
「どうしても、授業のコマ数が多くてアルバイトをする時間がない」
「部活を一生懸命やっていてアルバイトをする体力が残っていない」そんな方もいるのではないでしょうか?

 

そういった場合は、ためておいた奨学金を使って留学に行けばいいと思います。
留学に借金してでも行くということは、人生において非常に効果的な投資だと思います。

 

僕の場合は留学の経験が社会人になって何倍にもなって帰ってきていますので。
いずれにしても、奨学金は無償で4年間借りるようにして、いつでも投資が出来る環境を整えておきましょう。


3.留学費用を最速で貯蓄する為のアルバイト一覧

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423231013j:plain

学びが多く時給が高いアルバイトを選ぼう

実際に留学費用を最速で貯蓄する為のアルバイトは何なんだ?時になる方も多いと思いますのが、「最速でお金を貯める為のアルバイト」と「大切な学生生活で失敗しない為のアルバイト選び」については、過去のブログで記事を書いていますのでこちらを参考にしてください。

www.taste-the-earth.com

4.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190424230144j:plain

貯蓄する為の3つの方法を意識してお金を貯めよう

ここまで【留学資金の最速で貯める方法】についてお伝えしていきましたがいかがだったでしょうか。

 

留学資金を最速で貯める為の方法をまとめると

①とにかく夢を持ち、夢を鮮明に描くこと
(何かをどうしてもやりたいという自分を作り上げる)
②稼ぎをとにかく増やす
(単価×量の増加)
③お金を使わない(お金を貯める仕組みを作る)ということになります。

 

この中でも、最も重要なのは①の夢を持ち、その夢を鮮明に頭の中に描くということです。お金を貯めることが出来る人と、そうでない人の違いの一番はここにあります。

 

お金を貯められる人は、何か未来にどうしてもやりたいことがあるからこそ、お金を貯めらることができるんですね。裏を返せば、特にやりたいことがない人は中々お金を貯めることが出来ないということです。これは真実です。

 

僕も正直「何が何でも留学する」という目的がなければお金は貯められなかったと思います。そして、社会人になっても、使いことにお金を無意味に使う自分になってたと思います。お金を貯めることが出来ない人、過ぎに使ってしまう人は厳しいことを言うようですが、本当にお金を使いたいことがないということを認識しておきましょう。

 

「どうしてもやりたいことをみつける」お金が貯められない人は、「お金がいくらでもあったら本当は何がしたいか」について考え始めてみてはいかがでしょうか。制限なく自分が何でも買える状態になったことをイメージすると自分の求めているお金の使い方が見えてきます。是非一度試してみてください。

 

最後に、留学資金を貯めるということは本当に孤独です。そんな時に支えてくれるのはあなた自身の夢と目標です。これは間違いありません。それから、同じくあなたを散財から律してくれるのは、絶対にお金の減らないための仕組みだということを理解しておきましょう。

 

毎日、現在お金がいくら貯蓄されているのか。残りいくらで自分が貯めたい目標金額に達成するのか。期限まであと何日間あり、それまでに残りいくら貯める必要があるのか。自分の貯金を見ながら、目標までの経過を見つめることが重要です。

 

初めはなれないかもしれませんが、徐々にお金がたまっていくことを事実として経験できることで、次第にお金がたまっていくことが快感になり、口座にお金がない事がとても不快になる時期がやってきます。

 

そうすれば、あなたはお金を貯める技術を手に入れつつあるという証拠です。そのように感じた時は一気にお金を貯めるようにしましょう。

 

最終的に、留学やその他のやりたいことが実現したとき、「やっぱりお金を貯めといてよかったなー」と思う日が必ずやってきます。「お金が全てではないけれども、何をするにもお金は必要だなー」としみじみ感じる時が来ます。

 

それまでの道のりは長く、本当に大変だと思いますが、コツコツと着実に資金を貯めていきましょう。あなたの留学の夢がかなうことを心から応援しています!

 

なにかあれば、お問い合わせページから何でも相談してくださいね♪

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
また定期的にアップしていきますのでよろしくお願いします(^-^)

YURO