地球を味わう海外調査員のブログ🌎

年間100日海外出張の世界で働く「上場企業の海外支援コンサルタント」✈️2013年に倍率2000倍の人気コンサル企業へ就職➡︎2015年150名の会社で1名のみ選ばれる全社取締役賞受賞👑➡︎2019年3月自己成長・勉強方法を発信するブロガーの卵🔰(https://twitter.com/yuro_tasteearth)

留学の持ち物・必需品まとめ_vol.13

 

f:id:Enjoy_the_Earth:20190413183928j:plain

持ち物・必需品

第13回ということで、
【これだけ持っていけば間違いない‼留学時の持ち物・必需品まとめ「留学・ワーホリ編」】というテーマで記事を書かせていただきます。

 

 

「留学や海外に行くときに、何を持っていくか困る」
「海外に頻繁にいく人が、必ず持っていく必需品はなんだろう?」

 

こんなことが気になっている人はいませんでしょうか?

 

何を隠そう、僕がそんなことを気になっていた一人です。

僕も実際、初めての留学の時や、今でも海外に行くときは何を持っていけばいいのかっであったり、日本でしか買えないものってなんだろうと不安になることがありました。

 

いつもぎりぎりになって、旅行の準備をして忘れ物をしてしまう人は、もちろん忘れ物が多いかもしれませんし、あとになって困ることもあるかもしれません。

 

私もよく海外に行きますが、日本食や、日用品・化粧品などは現状困らずに購入することが出来ると思います。しかし、料金が高かったり、中には自分がこれじゃないと嫌だというものが現場にはおいてなかったりすることもあると思います。

 

場所によっては、物資の調達が難しい場合がありますし、特に、日本のようなクオリティの高いものに関してはなおさら少ないのが現状です。

 

留学の場合、一度現地に行ってしまうと、
近ければよいのですが、遠い場合中々帰ってくることが難しい為、僕の場合でも

 

「あー、あれ持って行っておけばよかったなー」とか
「もっと多めに、あれを持っていけばよかったなー」というものが今でも出てきます。

 

ちなみに、皆様はいつも海外に行くときに、何を持っていくでしょうか?
パスポート、パソコンや携帯などは必需品の為、必ず持っていくと思います。

 

しかし、本当は事前に準備をして持って行っておけばよかったというものはたくさんあるのです。

 

僕も、年に3か月以上は海外にいますので、その都度、持ち物の確認をして、最善の準備をしています。

 

今日はこれから留学やワーホリを考えているあなたに、
留学・ワーホリのときの、「持ち物」「必需品」をまとめて、お伝えしていこうと思います。

 

今回持っていくものは、上に書いたシチュエーションのどの場面でも参考になるはずですので、自分が本当に必要だと思ったものを、是非ピックアップしてみてくださいね。

 

1.持ち物を考える前に

f:id:Enjoy_the_Earth:20190413184123j:plain

かばん
*タスク管理アプリで持ち物をカテゴリーごとに記録しておく

持ち物を考えていく前に、あなたは何を考えていますか?
毎回自分の頭の中で、持ち物を整理していませんか?

 

これは本当に時間の無駄です。持ち物を毎回考えるとそれだけ時間がかかりますし、抜け漏れが発生してしまいます。


効率の良い人は、間違いなくこういった持ち物関連をタスクアプリなどで管理しています。

 

その中でもおすすめは「woderlist」です。

www.wunderlist.com

 

非常にわかりやすく、自分のタスクを管理してくれますので、ここでカテゴリーごとにまとめてみましょう。

※もう少しでアプリ削除の可能性もありますので、注意が必要です。

 

私の場合は
①ビジネス着/②ビジネス備品/③衣類/④備品などで分けています。

 

こうすることで、自分のいつも持っていくものが分かりますし、抜け漏れも格段に減りますので、自分が良く見るアプリできちんと管理するようにしましょう。

 

2.留学時に持っていくもの「必需品」

f:id:Enjoy_the_Earth:20190413184515j:plain

留学時の必需品_パスポート
①旅券

f:id:Enjoy_the_Earth:20190413185905p:plain

旅券・パスポート



まずは、海外に行く為に必要な「旅券」です。これがないと飛行機に乗れません。
受付に行ってから、もらった後に必要なので、肌身離さず持ちましょう。
空港に行く前に「e-チケット」で事前予約しておくと、受付にすぐ通ることが出来ます。

 

②パスポート

こちらも旅券と同様、言うまでもない必須の持ち物です。
これがなければ海外には絶対いけません。

 

海外どこに行くときも、パスポートは求められます。
例えば、クラブやバーに入るときもパスポートがないとは入れないところが多いです。

 

逆にこれをなくしてしまうと何もできなくなりますので、
パスポートの取り扱いは細心の注意を払いましょう。

 

そして不安な人は海外ポーチを用意しておくことをおすすめします。
私用しないときは、ホテルの金庫や鍵付きの引き出しに入れる。

 

その他にも、肌身は出さずパスポートを持ち歩く癖をつけておくなど対応できることに取り組みましょう。

 

③電子機器

f:id:Enjoy_the_Earth:20190413190006j:plain

電子機器



電子機器は、あなたにとって必要不可欠なものだと思います。
その中でも特に、留学に行くときに必要なものをとりあげてみようとおもいます。

 

*PC
まず最初にPCですね。勉強(主にリスニング・Youtubeでの勉強)・ブログ・しらべもの・旅券購入など留学に行くときは、本当に必須のものだと思います。

 

SIMフリー携帯
iPhoneなどはそうなのですが、海外にSIMフリーの携帯を持っていけば、
現地の通信会社と契約して、iPhoneを普通に使用することが可能です。

 

私が留学に行った際は、そのようなことを知りませんでしたので、
blackberryとか、現地の携帯会社から携帯を購入してやり取りを行いましたが、これがまー、不便でした。。。

 

ボタンも打ちにくいですし、画面も見にくい為、手間がかかることが結構多いと思います。iPhoneを持っている人はSIMフリーにするようにしましょう。

 

*電子辞書
留学当時は思ったよりも、わからない単語に出くわします。
僕も何度、電子辞書にお世話になったかわかりません。

 

最近はバッテリーも長持ちするものもありますし、単語帳や文法書が内蔵されているものなど高機能なものがありますので、便利なものを揃えるようにしましょう。

 

後は、長時間勉強すると目の疲労に繋がりますので、
ブルーライトカットのものや、画面の大きなものを選ぶようにしましょう。

 

*自撮り棒/カメラ/ドローン
留学一つをとっても、毎回見るものや食べるものは違うと思います。
たったいちどの機会を振り返る為に、このカメラと自撮り棒は必須です。

<カメラ>
・カメラに関しては、最近はiPhoneでも画素数が良い為、問題ないと思います。
しかし、たとえばオーロラなどを撮影したい場合、良いカメラでないと僕の場合、
綺麗に撮影することが出来ませんでしたので、こだわりがある方は、カメラと三脚も必ず持っていくことをおすすめしています。

<自撮り棒>
数年前から、色々な人が持っている「自撮り棒」。
海外の友人たちと遊ぶ場合、自撮り棒があると自分達を入れた状態で、写真を撮ることが出来る為、非常に便利だと思います。

 

僕が留学した8年前は、自撮り棒など全くありませんでしたので、本当に当時自撮り棒があればよかったなと感じています。

 

また自撮り棒を持っていくときは、ボタンが別でもてるようなものもありますので、
とにかく便利なものを選びましょう。

<ドローン>

*ドローンなども、景色や上空を撮影するときには非常におすすめですね。
ドローンについては、結構カメラとは違った雰囲気を楽しむことが出来るので、是非一度試してみてください!

 

*各種バッテリー
PC用・携帯用のバッテリーは複数個用意するようにしましょう。
意外に、数時間かけて、近郊に旅行や課外学習にいく機会は多く、その際に携帯やPCがつながらないと苦労することは結構ありますので、バッテリー切れの不安をなくすためにも、バッテリーをもって行くようにしましょう。

 

④勉強道具

f:id:Enjoy_the_Earth:20190413190104j:plain

教材

勉強道具は特に留学生の方には必須になります。
僕からすると、留学をしに行くのに、勉強道具がないのは論外です。

 

海外では勉強道具が買えないだろうと思って、単語帳・熟語帳・リスニング教材・テスト形式資料・発音関係資料などとにかく大量に持っていきました。

 

それでも、長期間本気で勉強していくと、どうしても教材が足りなくなります。
途中で、親に海外から送ってもらうことも可能ですが、それも毎回というわけにはいきません。僕も単語帳や、テスト形式の参考資料を大量に持っていきましたが、やはり足りませんでした。

 

※実際現地では、スピーキングがメインや現地でしかできない事に注力したほうがいいという方もいますが、当時の僕のように基礎力がない人がそれをやると、学校帰りに勉強することが出来なくなり、後悔することになるので絶対初心者の方は教材を持って行ってください。

 

勉強道具を大量に持って行っても、帰国前に友人に挙げたり、
最悪の場合、破棄することでスーツケースを軽くすることが出来ますので、とにかく大量に勉強道具は持っていくようにしましょう。

 

何を持っていけばいいかわからない方もいると思いますので、
下に持っていくべき勉強道具について記載しておきますね。

 

*単語帳

英語は単語力が全てです。単語を覚えることで、
まず文章が読めるようになったり、会話内の意味がすこしずつ分かるようになってきます。

 

またスピーキングをおこなう際に、単語を話すだけでも会話の相手が読み取ってくれたり、少しずつ話すことが増えていくことで自信もついていきます。

 

語学というものはすべて単語によって形成されるのです。
単語は覚えなくていいという方は、僕は絶対に間違いだと思います。

 

日本語でも国語がなければ語学力が発達しないのと同じように、英語も単語を覚えないと始まらないのです。教材によって網羅されていない単語もありますので、必ず2-3冊持っていきましょう。

 

*熟語帳
単語を覚えていくと同時に、熟語も覚えていきましょう。そうすることで会話の意味をより理解できるようになります。

海外の人たちは当たり前のように、熟語や定型文を活用しています。それが彼らにとって当たり前なので、熟語を理解することであなたの英語力も伸びること間違いなしです。

 

*リスニング用教材
文章が読めてくると、今度はリスニングの壁にぶち当たります。リスニング教材でリスニングをまず勉強する→ネイティブの人の英語をヒアリングしながら、自分のヒアリング力をより磨く。といった流れで勉強していくのが、英語になれていない人がヒアリング力をつけていく一番の近道です。

 

ヒアリング力が向上することにより、スピーキング力や発音も良くなっていきますので、ヒアリング力を向上させるための勉強道具を忘れないようにしましょう。

 

TOEICTOEFLのテスト問題集

僕もそうだったのですが、限られた時間で問題を解くことが求められる「テスト問題集」を繰り返し説くことが、英語上達の一つの近道です。

 

※もちろん、ただ教材を解くだけでは不十分で、より反省を行うことが英語力向上には必須になります。とにかくこの問題集をたくさん持っていくようにしましょう。

 

補足ですが、何回も同じ問題集を解いていくと、自分の教材だけでは不足になってきます。同じ問題集を複数回解いた方が良いという話がありますが、それはもちろん私も賛成です。しかし、どうしても同じ問題集を解くのは2-3回がいいところかと思います。

 

そんな時は、問題集を仲良くなった友達に、貸してもらったり、もらったりしてみましょう。僕の場合、なりふり構わず、「教材を貸してくれー」とお願いしていましたが、現地で作った日本の友人が、帰国するときに教材を沢山くれて大変助かったことを覚えています。なりふり構わず、借りることが可能か、もらえるか確認しておきましょう。

⑤日用品関連

f:id:Enjoy_the_Earth:20190413190331j:plain

日用品

次に日用品です。毎日使うものだからこそ、事前に自分に合ったものを自分で確認しておきながら、現地での調達の必要がないようにしておきたいものです。

 

コンタクトレンズ/眼鏡
コンタクトをしている僕にとって、コンタクトがないのは本当に死活問題です。


眼鏡をつければ何とかなるのですが、人によってはコンタクトでないと集中力が続か無かったり、気分が悪くなってしまう人がいると思います。

 

また、海外では別途処方箋が必要であったり、海外用の保険証がないといけない場合があったり、自分の信頼している、眼下の先生がいるわけもありませんので、
とにかくこのコンタクトレンズは大量に持っていくことをお勧めします。

 

*シャンプー/リンス/ボディソープ
シャンプー・リンスの必要性は、海外に長ければ長くいるほど感じると思います。

 

海外のシャンプーは使い続けるととにかく髪が「きしきし」してきます。海外のシャンプーは海外の人の髪にあったものになっていますので、日本人には基本的に合わないようになっています。

 

日本のシャンプーやリンスを買えばいいじゃんという話だと思うのですが、もちろん日本からの商品は輸出代がかかっていますので、日本のものよりも高いです。留学時はこのちょっとした、お金が後と後響いてきますので注意が必要です。

 

*整髪料(ワックス)
特に男性に向けてなのですが、ワックスは絶対にもっていくべきだと思います。

 

私の経験ですが、海外でワックスがなくなってしまったので、海外で購入した際に、
水っぽく、まとまりがなかった為、非常に使いにくかったのを覚えています。

 

当然、国によって紙質が違う為、日用品業界各社は日本人向けのワックスを開発しています。自分の滞在期間によりますが、私の場合1年くらいいたので、10個くらいはもって言っておくべきだと感じました。

 

ワックスなんていらないという方は、そのままでも全然OKだと思います。きちんと毎日キメたい、という方は忘れないようにしましょう。

 

*サングラス/日焼け止め
場所によっては、日本の数倍の紫外線がある地域があります。
そんな時に活躍するのがこのサングラスと日焼け止めです。

 

僕の場合、日本でサングラスをかけるのが気まずいなあと思うこともありましたが、
海外の場合、当たり前のようにサングラスをかける文化がありますので、
遠慮せず良いものを購入するようにしましょう。

 

*リップクリーム
地域によっては結構乾燥しますので、僕にとっては必需品ですね。

 

*耳かき
僕が耳かきが好きということもあるのですが、意外に耳かきしたいなーというときがあります。笑

必需品ではないですが、自分にとってこの1本がいいというものがあれば思い切って変えてしまいましょう。

 

*虫よけスプレー
日本の虫除けスプレーと海外の虫よけスプレーは入っている成分が全く違います。
なのでしっかり日本の良いモノを買ったほうがいいと思います。

 

僕はいつも仕事の際はこの虫よけスプレーをよく持っていくようにしています。
実は、先輩がベトナム出張に行ったときに、デング熱になってしまい、現地の蚊に刺されたことが原因と話していました。現地での蚊をあなどってはいけません。しっかり対応するようにしましょう。

 

*圧縮袋
この圧縮袋は、留学に行く前と、留学から帰るときに必需品です。
大体の人は、家族や友人、彼氏彼女に大量のお土産を買って帰る為、当然、スーツケースにものが入らなくなります。

 

そんな時にこの圧縮袋があると、特にかさばる衣類まとめることが出来ます。
僕も実際に圧縮袋を3-4枚持って行きましたが、帰るときに本当に持って帰っておいてよかったと思いました。

 

海外の圧縮袋はまだまだ品質が低く、ファスナー部分が壊れやすいものも多いので、
出来れば日本のものを持っていくようにしてください。

 

⑥薬関連

f:id:Enjoy_the_Earth:20190413190714j:plain

薬も非常に重要です。共通して持っておく必要があるのは、風邪薬、整腸剤・下痢止め、女性の場合は生理用品等も必要です。


体調管理をもっとしようと思えば、サプリメントなどもおすすめです。ちなみに私は海外で薬を購入したことがあるのですが、正直、海外のものでもなんとかなるとは思います。


しかし、場合によっては日本にあるものと成分が違ったり、配合量も違う場合が多い為、出来る限り日本のものを持っていくことをおすすめしています。

 

ポカリスエットなどの粉材

体調が不良になるときは、基本的に水分補給が足りていない事、
それから、自分の中にしかるべき栄養素が足りていないことが考えられます。

 

そんな時に、ポカリスエットの粉末でポカリスエットを作って飲むと体調回復に効果的ですので、僕は結構持っていくようにしています。特に東南アジアは気温が非常に高い為、水分補給は必須です。いつも最高のコンディションを整えられるようにしておきましょう。

 

⑦文房具

f:id:Enjoy_the_Earth:20190413190836j:plain

文房具

東南アジアの場合、低いクオリティの文房具があるので注意が必要です。


特にボールペンについて日本のものは品質が良すぎるので、本当にボールペンを使っていて、勉強を沢山する人は10本くらい持って行ったほうがいいです。

 

ちなみに、東南アジアに出張や留学に行く場合、このボールペンはお土産で持っていくととても喜ばれます。その中でも、フリクションは本当に人気なので、もし機会があればもっていってあげてください。

 

⑧防備品

f:id:Enjoy_the_Earth:20190413191005j:plain

南京錠を持ち歩くようにしよう



*南京錠
これはエリアによりますが、中国、中東やアフリカの地域位に行く人は必須です。
また、カナダや北米、欧州の安全と思われている地域でも、道を一本変えたりすると危ない場合もありますので、南京錠をつけておくと安心です。


その他にも、バーやクラブなどでお酒を飲むということは誰しもが経験することなのですが、ここでお財布や携帯などを盗まれる場合もありますので、南京錠は必須です。

 

しかし注意点がひとつあります。
それはかばんなどに南京錠をつけていると、南京錠をつけた場所に貴重品があることがばれてしまいますので、外国人の人に襲われるケースもないため、南京錠をつける場合は自己責任でお願いします。

 

*ミニ財布
財布は長財布などはとられる可能性が非常に高くなるためおすすめしていません。
ブランドの財布を使用している人は、家において別の安い財布を持っていきましょう。

 

また、バーやクラブに行くときはなるべきファスナー付きの小さな財布を別で購入して
更にファスナー付きのショルダーバッグに入れておくと安心です。

 

安全な国でも日本と同じように当然、盗みを働く人は一定量いますので、注意が必要です。※また補足としては、海外で使用しないと思われるカード類も必ず実家においておくようにしましょう。

 

*ファスナー付きのショルダーバッグ
上にも書きましたが、背中に担ぐバックは盗難の恐れがある為、
人ごみを歩く際は、ショルダーバッグを前で下げて歩くと安心です。

 

私の友人がかばんを開けたまま担いでいたため、財布を盗まれてしまい、非常に後悔する形になってしまいました。

 

貴重品は海外でなくなると、国内とは比較にならないくらい困りますので細心の注意をはらうようにしましょう。

 

⑨防寒具(マフラー/ニット帽/手袋)

f:id:Enjoy_the_Earth:20190413191140j:plain

防寒具

私が留学をしたカナダのトロントは、冬になると極寒の為、この防寒着は必須でした。
ちなみに温めると効果的なのは首、腰、脇ですのでこういったところをカバーできる防寒具を持つようにしましょう。

 

防寒着に関しては、ユニクロなどで調達が可能ですので、何とかなるとは思いますが、
自分に合ったものがよいのであれば、事前に調達しておくとよいでしょう。

 

3.まとめ

 

ここまで【これだけ持っていけば間違いない‼留学時の持ち物・必需品まとめ】
についてお話していきましたがいかがだったでしょうか?

 

必需品の場合、無いと本当に困るものなので、留学に行く前に、最後まで確認することをおすすめします。

 

必需品でなくても、あなたの中で、持っておかないと困るものや落ち着かないものはたくさんあると思います。とにかく、自分のストレスを減らすという観点で、とにかく持ち物で不安をなくすことが大事です。

 

僕の場合、持ち物を持っていくと、海外での不安がだいぶ軽減します。
自分がいつも使っているものが、手元にないと落ち着かないし、変なストレスに繋がりますので、ストレスを抱えないためにも、いつも持ち物リストをまとめて、必要なものを持っていくようにしましょう。

 

今回の留学・ワーホリにおける「必需品」「持ち物」の記事を読んだあなたが、
留学やワーホリに行くときに、少しでも不安なく海外の地に到着できるといいですね!