ブログを20記事書くまでの取り組み_vol.26

ブログを20記事書くまでの取り組み_vol.26

 

f:id:Enjoy_the_Earth:20190511003340j:plain

みなさんこんにちは!「地球を味わうコンサルタント」運営者のゆーろ(https://twitter.com/yuro_tasteearth)です。
いつもブログを見ていただいて本当にありがとうございます★

 

今回は第26回目ということで【20記事を書くまでに取り組んできた内容】について書いていこうと思います。

 

この記事は自分が20記事を書くまでの自分の経験をもとに
「20記事まで書いている人はどんなことに取り組んでいるのか」
「20記事で他の人はどれくらいのPVを得ることが出来ているのか」について書いています。

 

10記事、20記事と記事を積み重ねていくのは本当に大変な事だと思いますが、この記事を読んでくれるあなたの参考になったり、少しでも元気が出来るような記事を書言えて行けたらと思います。

 

  

1.10記事を書くまでに取り組んだこと(おさらい)

おさらいにはなりますが、ブログを10記事を書くまでは、「ブログの登録」と「相手の目線に立って記事をとにかく書く」ことを中心に取り組んできました。

右も左もわからない中で、ブログを始めましたがやっぱりブログに登録してみたところからすべてが始まった気がします。ブログを登録するまでは「本当に自分にブログなんてかけるのだろうか」とか「ブログに登録するのって結構大変なんじゃないか」ということが頭に浮かぶと思うのですが、僕も実際に色々な本を読んだりWEBで検索したりして、自分でもできるんじゃないかという自信を少しずつつけていきました。

 

その後は読者の目線に立って、読者の人が求めている記事を少しずつでいいので書いていくことを心掛けました。最初は記事の書き方がわからず、1記事に3-4時間くらいかかっていましたが、書き方に慣れていくことで、文章を書く時間も少しずつ短縮することが出来てきました。20記事まで書いていくときは、10記事よりもスピードもクオリティも高いものにするという意識を持って書いていくことを意識してみてください。

 

※10記事を書くまでに取り組んできたことに関しては、過去の記事にのせていますので参考にしてみてください。

【ブログを10記事書くまでの取り組み⇓】

www.taste-the-earth.com


2.ブログを20記事書くまでの取り組み

20記事を書くまでの取り組みについて書いていきます。ここまでの私の取り組みが正解かどうかはわかりません(色々なブロガーの型を参考に取り組んでは見ました)ので参考程度に見てもらえばと思います。

 

①まとめ記事と、単体記事を組み合わせる。

これはガジェットブロガーのマクリンさんを参考にさせていただきました。

【マクリンさんのブログはコチラから⇓】

makuring.com

 

 

まとめ記事に埋め込んでいくことを意識しながら単体記事を書いていくというのは、僕の中で非常にしっくりくるものがありました。最近ではまとめ記事を書きながら、記事を書く途中で出てきた疑問点や詳しく知りたい内容を単体記事にするようにしています。こうすることで、最終的にまとめ記事をアップできる日を延長することにはなりますが、単体記事をリンクとして張り付けた状態のよりクオリティの高いまとめ記事を発信できるので非常におすすめです。今後も私はこの方法で頑張ってみようと思います。

 

②目次機能を使用する

次に10記事まで書くときも行っていたのですが、目次機能を活用してみました。目次を活用することで、文章を書く前に、より文章の構成を以前よりも考えるようになりましたし、目次があると自分自身が、自分の記事を読みやすいことがわかりました。

 

いずれにしても、検索順位を上げて行く為には、SEO対策でキーワードを入れていくことが必須になり、目次の中にもキーワードを入れていく必要がありますので目次は必須ですね。今後もすべての記事に目次を入れていこうと思います。

 

③文字に色を入れる

10記事を過ぎたところから、文字については赤色・青色・緑色を追加してみました。
超重要:赤色
疑問提示・ポイント:青色
会話文:緑色といった感じで色分けを行っています。

 

結果としては、自分自身でも文章がより読みやすくなったし、自分が何を言いたいのかを自分自身で認識することが出来るようになったので良かったかなと思います。

はてなブログの場合は、記事入力画面左上で変更することが出来ますので、ぜひ試してみてください。これを行うだけでも文章にメリハリがついていきますよ♪

f:id:Enjoy_the_Earth:20190510234441j:plain

50記事までには自分の顔が話してくれる吹き出しとか、枠線を使えるようになるようにしていこうと思います。

 

④記事をリライトする

次に、記事をリライトしてみました。これがやってみると結構時間がかかりますね。。。改めて客観的に自分の記事の文章を読んでみると、誤字脱字があったり、読みにくい文章などがありました。

クロネさんのブログに「結構リライトをしないし、自分の文章を読んでいない人が多すぎる」と書いてありましたが、読者に読みやすい文章を読んでもらう為にも、定期的に記事のリライトはしていこうと思います。この記事を読んでくれている方も、リライトをきちんと行うだけでもブログの差別化要因になると思いますので、一緒にリライト頑張りましょう♪

 

⑤キーワードプランナーを活用

次に、グーグル キーワード プランナー(Google Keyward Planner)も非常に良いツールだと思い活用してみました!

コチラの記事が分かりやすく書いていましたので、是非参考にしてみてください。

keywordfinder.jp

 

キーワードプランナーを活用して、書こうとしているキーワードを検索することで
■月間でどれくらいの読者が読んでくれる可能性があるのか(概算)

■キーワードに対する競合環境が高いのか・低いのかを確認してくれます。

 

私の場合、月間の推定読者数に関しては、最低でも「1000-1万人/月間」くらいを読んでいるキーワードを入れることが推奨されていたので、私はそういったキーワードを入れるようにしています。それからキーワードに関する競合環境については、なるべく「低」ものを選ぶようにしています。

f:id:Enjoy_the_Earth:20190510235637j:plain

 

⑥グーグルアナリティクスについて活用

Google analytics (グーグルアナリティクス)も現在では活用しています。
このアプリは、様々な指標で自分のブログを評価してくれるアプリなのですが、【ユーザー視点】で「月間のユーザー」、「セッション数」、「新規ユーザー数」などを教えてくれたり、他にも【行動ベース】での基準としては「平均セッション継続時間」「直帰率」「ページビュー数」「ページ/セッション」「セッション数」が表示されています。

 

一般的には30記事くらいを見るまではこのグーグルアナリティクスは見るなという記事が非常に多いのですが、僕の場合は「毎日このグーグルアナリティクスを確認する」ことをオススメしています。

 

理由は2つあります。
1つ目は「ブログに関する数字に興味が湧く」からです。グーグルアナリティクスを毎日見続けるともちろん数字が変化していきます。そしてなぜその数字が変わったのかを日々研究することで間違いなく長期視点に立てばより良い記事を書けると考えているからです。

 

2つ目は、数字を毎日見ることで目標達成をしようと試みるからです。そして目標達成出来る確率が上がっていきます。僕は営業マンなので、営業の観点からこの目標達成について考えるのですが、毎日数字を見ている営業マンとそうでない営業マンでは前者の方が絶対にいい成績を出します。目標から見た残りの数字に対して、残り分をどうすれば達成出来るかを考えるからです。

 

やはり本当に目標達成をしている人は、毎日目標を見ていると思いますので、

「全然ビュー数が伸びていない」とか「毎日数字ばっかり見るのが嫌だ」という人はしょうがないかなと思いますが、基本的には絶対に数字は毎日見る事をおすすめします。


⑦グーグルサーチコンソールを活用

Google search console(グーグルサーチコンソール)は、Google 検索をしたときに、自分のサイトパフォーマンスを管理できる Google のサービスです。

 

使い方については、株式会社アーティス様のブログが非常に読みやすいのでおすすめします。

Google Search Consoleの使い方_株式会社アーティス

www.asobou.co.jp

要は検索結果に自分のサイトが
「どんな検索ワードで」「何件くらい表示されていて」
「何件くらいクリックされた」かがわかるツールという事ですね。

 

またグーグルサーチコンソールの中には、自分の記事を読み込んでもらう(クロール)してもらう為の「グーグル インデックス」も非常に重要な機能です。自分の記事を書いたら、グーグルインデックスでURLをクロールしてもらいやすくなるように、アクションしましょう。


3.実績報告

次に20記事を書いた時の実績を報告してみようと思います。
ブログは他の人と比較するものではなく、自分との戦いだと思いますので、
数字にきちんと目を向けてよりよい記事を書けるように心がけていくことが大切ですね。

–【4月4日-4月27日の成果】————
ページビュー数:575(2.46%増)
ページ別訪問数:342(51.47%増)
平均ページ滞在時間:1分5秒(26.05%増)
直帰率65.26%(1.01%減)
離脱率37.04%(23.55%増)となりました。
————————————–

着実に成長できていることは素直にうれしいですね。
きちんとした記事を、着実に増やしていくことで数字もよくなっていくと思いますので30記事を書くまでもこれを継続していこうと思います。また30記事書いたときには、成果報告をさせていただければと思います。

 

3.まとめ

ここまで「ブログを20記事書くまでの取り組み」について書いていきましたがいかがだったでしょうか?まとめていくと20記事書くまでは

❶グーグル キーワード プランナー(Google Keyward Planner)を活用して検索ワードを検索
❷まとめ記事を意識しながら単体記事を書いていく。
❸Google Serce Console(グーグルサーチコンソール)に記事を登録
❹Google Analytics(グーグルアナリティクス)で定期的にチェックといったことに取り組んだことになります。

 

一番重要だったのはキーワードを選定して、テーマ/記事内にもキーワードを入れていくということだとおもいます。キーワードを選定していくことで、検索にも引っ掛かりやすくなります。これが数か月後にはジャブのように効いてきて、少しずつ読んでくれる人が増えるような気がしています。

 

次に20記事を書くのも10記事達成の時と同じように「記事を淡々と記事を書く」ことが大切だということです。記事のテーマに関してはまだまだ困っていませんが、やはり書いていくと4000-5000字以上にはなっていきます。

そして結果が表れてくる時期ではないと、どのブロガーさんも話しているのすがどうしても結果の出ない作業はつらいものです。そんな時に成果を気にせずに「読者の為に淡々と記事を書く」ということを心掛けなければいけないと思いました。

やはりほかの人が話している通り、圧倒的にコスパは良くないです(現段階では)が、
将来の投資と思って丁寧に集中力を切らさずに取り組んでいかないといけないと思います。

 

30記事程で脱落していく人が結構多いのもわかる気がします。しかし、僕の場合「むずかしくて息の長いビジネス」の方が信頼できると思っていますので、早々に結果が出ない事はポジティブに捉えるようにしています。

 

多くの人が頑張らずに成果を出せるような仕組みだと沢山の人が参入してきますが、
2-3年の努力が少なくとも必要なブログやユーチューブなら、参入障壁も実は結構あるのかなと思ったからです。

 

30記事までは20記事とは違うことにも取り組みながら、丁寧に淡々と記事を書いていこうと思います。そして、この記事を読んでくれる方に変わらず喜んでもらえるような記事を書いていけたらと思います。

 

なにかあれば、お問い合わせページから何でも相談してくださいね♪半年間、ブログが軌道に乗るまでが一番大変だと思いますが、未来を見据えながらみんなで頑張っていきましょう。

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
また定期的にアップしていきますのでよろしくお願いします(^-^)

 

ゆーろ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です