世界で働くコンサルタントのTwitter

【会社に行きたくない】人間関係でうつになる人の悩む原因と解決法10選

【会社に行きたくない】人間関係でうつになる人の悩む原因と解決法10選
ゆーろ
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は、コンサル歴10年の戦略コンサルタントです。
当ブログで『コンサル転職情報』を発信してます。
現在ブログ歴1年3か月ほどです(30代前半)
→ビジネスギークの使い方【コンサル転職の実現とコンサルとして成長する方法】
Twitter:https://twitter.com/yuro_tasteearth
■コンサル業界歴が10年目になりました
■現在は海外専門リサーチャーもやってます(海外ビジネス経験:10か国以上)
■50名組織のコンサル会社のシニアコンサルタント

本記事では【うつになるほど人間関係に悩む理由と10の対処法】をお伝えします。

でんさん
・人間関係が原因で会社に行きたくない。
・人間関係に悩む理由が知りたい。
・人間関係に悩んだときの対処法について知りたい。

本記事を読みにきてくれている方は、上記のような悩みを持っているのではないでしょうか?

僕自身も会社の上司など人間関係に悩みすぎてうつになった経験があります。

人間関係が悪いと、会社に行きたくないですし、顔を見るのも嫌になりますよね…。

  • 人間関係に悩みすぎて、会社に行きたくない。
  • 人間関係が悪すぎて、上司の顔も見たくない。
  • 人間関係で悩むときの、最善の対処法が知りたい。

こんな方は、本記事を読むことで人間関係に悩む理由と10の対処法をマスターすることができます。

人間関係に悩みすぎると、僕のようにうつ病になり会社に行けなくなってしまいます。

また人間関係の悩みを解決できないと、仕事や人生を楽しむことは絶対にできないため、今すぐ対処する必要があります。

仕事において人間関係の影響は非常に大きいため、本記事の対処法を実践して、良好な人間関係を築きながらストレスのない仕事を送れるようにしましょう。

目次(クリックすると見れます)

1.会社に行きたくないほど人間関係に悩む人はどれくらいいる?

会社に行きたくないほど人間関係に悩む人はどれくらいいるのでしょうか?

下の図の【公益財団法人 日本生産性本部】が平成27年度新入社員を対象にした『働くことの意識調査』によると、「仕事をしていくうえで人間関係に不安を感じる」と答える人が66.5%いました。

一方で「仕事を通じて人間関係を広げていきたい」と考える人は94.8%もいることが明らかになっています。

若い人たちも耳朶に合わせて当然のように「職場の人間関係を大切にしたい」と考えているようです。

2.会社に行きたくないほど人間関係に悩む人の特徴

2.会社に行きたくないほど人間関係に悩む人の特徴

第2章では、会社に行きたくないほど人間関係に悩む人の特徴についてお伝えします。

人間関係に悩む人の特徴は、大きく次の5つです。順に説明します。

  1. コミュニケーション能力がない
  2. 仕事ができない・要領が悪い。
  3. 協調性がない。相手に合わせる気がない。
  4. 言葉を選べない。強い口調で否定する。
  5. 自己中心的でチームワークを軽視する。

2.1.コミュニケーション能力がない

人間関係に悩む人の特徴の1つ目が『コミュニケーション能力がない』ことです。

なぜならコミュニケーション能力がないと、会話を成立せず相手がフラストレーションを与えてしまうからです。

具体的に次のような人は、コミュニケーション能力なく、人間関係が悪くなります。

  • 質問に対してずれた回答をしてしまう。
  • 相手の話を遮る。最後まで話を聞かない。
  • 自分の話ばかりしてしまう。
  • 会話が長い。結論から言わない。

これらの人は、相手にフラストレーションを与えてしまい、人間関係を悪化させる典型的なパターンです。

2.2.仕事ができない。仕事の容量が悪い。

2つ目に人間関係が悪くなる理由は、あなたが仕事ができない場合です。

なぜならあなたの仕事の容量が悪いと相手の仕事が遅れたり、怒られたり、評価に影響するからです。

  • 期限内にやるべき仕事を完了できない。
  • 1度間違えて注意されたことを、何度も間違える。
  • 仕事のホウレンソウがなく、進捗が分からない。

結果的に、相手はあなたと仕事がしたくないと思うようになり、避けたり距離を置こうとしてしまいます。

2.3.協調性がない。自分の意見を曲げない。

3つ目はあなたに協調性がなく、相手に合わせる気がない場合も人間関係が悪くなります。

理由は、お互いの意見や考え方が違う中で自分の意見を主張しすぎると、いつまでも意見が衝突するからです。

人間関係が悪い人ほど、我が強く、自分の意見を曲げようとしません。

人間関係をうまく構築できる人は、相手の願望に寄り添うことができることを覚えておきましょう。

2.4.言葉を選べない。強い口調で否定する。

4つ目は、言葉を選ばず相手を強い口調で否定する人です。

  • 言葉を選べない人は、いつも相手を強い口調で否定します。
  • 相手を否定する「いや・でも・しかし」など否定形の言葉を連発します。

相手を注意するときや、間違いを否定するときに『相手の人格まで否定する』ような強い口調は人間関係を悪くします。

言葉を発した時に、相手がどのように感じるかをイメージしながら話せるようになりましょう。

2.5.自己中心的でチームワークを軽視する。

最後に、自己中心的な人も人間関係に悩む常習犯です。

なぜなら、自分の成果のみを追いかけたり、自分の評価ばかり気にすると、相手が損をするからです。

結果的に人間関係が悪くなったり、協力してくれる人が極端に減ってしまいます。

売上の高い営業マンが嫌われる傾向にあるのは、これらの理由があります。

常に相手のメリットや成果も考えながら、チームワークを意識した行動を心掛ける必要があります。

ここまで主要な5つの要因についてお伝えしました。人間関係がうまくいかない理由について詳しく知りたい人は、下記参考記事をご覧ください。

【99%当てはまる】上司とうまくいかない人の33の特徴(基本・仕事・性格編で解説)

3.会社に行きたくないほど人間関係に悩む人の対処法

3.会社に行きたくないほど人間関係に悩む人の対処法

次に会社に行きたくないほど人間関係に悩む人の対処法について紹介します。

本章の対処法を実践することで、確実に人間関係の悩みを解消できます。

対処法は大きく10個あります。順に説明していきます。

3.1.対処法①:人間関係で悩む理由を明確にする。

会社に行きたくないほど人間関係では悩む場合は、そもそも人間で悩む理由を明確にしましょう。

なぜなら、人間関係で悩む理由を明確にしなければ、根本から人間関係の悩みを解決できないからです。

  • 人間関係は上司・同僚・後輩のどれと悩んでいるのか?
  • 人間関係に悩むのは相手に問題があるか?自分に問題があるか?
  • 人間関係を悪くしている1番の問題は何か?

これらに正直かつ、真剣に向き合うことで、問題を特定することができます。

ずっと人間関係で悩んでいる人は、おおよそ大きく2パターンで決まっています。

  1. 人間関係を悪くしている根本原因が分かってない
  2. 原因はわかるが、環境・相手・自分を変えることができない

いずれにせよ、原因が分からなければいつまでも人間関係に悩むので、必ず最初に原因追及を行いましょう。

詳しく【人間関係がうまくいかない要因と対処法】が知りたい人は上司とうまくいかない人の33の特徴をご覧ください。

3.2.対処法②:仕事をプライベートを分ける

2つ目は仕事とプライベートを分ける方法です。

なぜなら、仕事の人間関係で一喜一憂すると、人生に疲れるからです。

『仕事は仕事』と割り切ることで、人間関係に疲弊することも減ります。

  • 相手から何を言われても、反応しない。
  • 相手の言葉を真に受けない「こんな言い方してかわいそうな人だな」と思う
  • 仕事は仕事だから、悪い部分は自分でも直すように心がけよう。

このように仕事と割り切ることで、人格を否定されたり、怒られてもダメージを最小限にできます。

会社の中には、部下を怒鳴り詰めることを生きがいにしている場合もありますので、無駄に疲弊しないようにしましょう。

注意
とはいえ、何度も不適切に怒られ続けると自信を無くしたり、人間不信に陥ってしまいます。その場合は、自分を守るために、部署移動や転職を検討しましょう。

3.3.対処法③:正直に生きる

人間関係に悩むときの解消法の3つ目は「正直に生きる」ことです。

理由は、人間関係に悩むときは「大切にすべき考えが、会社や上司・相手に合わないことが多い」からです。

  • きちんと伝えれば理解できるのに、あえて怒鳴り散らす。
  • 売上第一で、お客様を大切にしない。
  • 頭を使わず、体力勝負で(長時間労働)で売上達成を目指す

このように、自分と合わない人たちに合わせて生きると、価値観が合わないので自然と衝突が増えストレスも溜まります。

自分に正直になることで「あの人たちとは考えが違う」と割り切った人間関係をつくれて、悩むこともなくなります。

3.4.対処法④:嫌いな人と無理に仲良くなろうとしない

4つ目は嫌いな人と無理に仲良くしないことです。

なぜなら、好きでもないことで相手に合わせると疲れますし、相手に「興味がない」ことがばれるからです。

  • 好きでもない上司と御飯に行く
  • めんどくさい飲み会に付き合いでいく
  • メリットもない人たちとの付き合いで昼ご飯を食べる

今の時代にそんなことは少ないと思いますが、これらの行動は好きでもないならやめるべきです。

でんさん
好きでもない人たちにこび売ったり、偽ってつくり上げた関係なんて後から公開するだけだよね。

限られた時間を苦しい時間で埋めてしまうのは、後々後悔するので無理に人と仲良くなるのは辞めましょう。

3.5.対処法⑤:コミュニケーション能力を高め、会話数を増やす。

5つ目はコミュニケーション能力を高めて、会話数を増やすことです。

なぜなら会話がスムーズに成立すると、相手がフラストレーションを感じず、人間関係が良くなるからです。

また、会話数を増やすことで、人はあなたに興味関心を持ってくれ、より仲良くなります。

これはザイオンス効果(単純接触効果)と呼ばれ、文字通り何度も繰り返して接触することにより、好感度や評価等が高まっていくという効果です。

事実、人間関係で悩む人は、自分の殻に閉じこもりがちな傾向にあります。

上司や同僚を避けることも重要ですが、接触回数が少ないと相手も「自分のことが嫌いなのかな」と感じてしまいます。

嫌いな人と仲良くなる必要はありませんが、興味がある相手には積極的に話しかけるようにしましょう。

3.6.対処法⑥:仕事で成果を出す。要領の良い仕事をする。

会社に行きたくないほど人間関係に悩む人は、仕事で成果を出してしまいましょう。

なぜならなんだかんだ人は『仕事ができる人、成果を出す人』には優しくなるからです。

また、仕事の成果を出すことで、周りもあなたのことを認めてくれ、互いに理解しようと歩み寄ってくれます。

  • あいつは成果を出しているから、穏便に仲よくしておこう
  • 成果を出しているくらいだから相当努力してるな。彼の頑張りをこちらも理解してあげよう。
  • 成果を出してないやつに、言われると腹が立つ

仕事の成果が出ていないと、相手は強気で冷たい言葉や、強めの口調で責め立ててきます。

どんな状況であれ、成果を出すことは自分を守ることだと覚えておきましょう。

3.7.対処法⑦:相手とのパーソナルスペースを理解する。

7つ目の対処法は『相手との距離感を意識する』ことです。

なぜなら、相手によって不快に感じる距離感(パーソナルスペース)が明確に違うからです。

パーソナルスペース(英: personal-space)とは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリア、個体距離、対人距離とも呼ばれる。
一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある。
引用元:wikipedia

  • あまり話しかけてほしくない人に、馴れ馴れしく話しかける。
  • 飲み会などでコミュニケーションを取りたい人との会話数が少ない

など、相手に合わせた行動がとれないと、人間関係が悪くなっていきます。

まずは話の中で、相手のパーソナルスペースを理解して、適切な距離感でかかわるようにしましょう。

3.8.対処法⑧:優しい言葉づかいを意識する。

人間関係に悩む人の対処法の8つ目は『優しい言葉づかい』を意識することです。

なぜなら、相手は言葉に冷たさを感じると、自分を守ろうとあなたに攻撃的な態度を取るからです。

  • なんでそんなこともできないんだ!⇒どうすればそれができるようになるかな?
  • 悪いのはあなたでしょ!⇒僕も悪かったので、一緒に改善していきませんか?
  • 自分はこんなに頑張ってるのに!⇒あなたも本当に頑張ってますよね!

このように優しい言葉を意識するだけでも、人間関係は徐々に変わっていきます。

自分の発言は思った以上に攻撃的・冷たく聞こえる場合がありますので、常に客観的に自分の言葉を見つめなおしましょう。

3.9.対処法⑨:相手の立場になって考える。

9つ目の対処法は『相手の立場になって考える』ことです。理由は大きく2つあります。

  1. 相手の立場になって考えた発言をすると、相手が喜ぶ発言ができるようになる。
  2. 相手の立場になって考えると、未然に相手を傷つけるはつげんを防ぐことができる
  • 相手のことを褒めると、相手が喜んでくれるかもしれない。
  • 今このタイミングで、強く言うと相手が傷ついてしまうかもしれない。
  • 上司の発言は、上司の立場から見ると自分の成長のために言ってくれているかもしれない。

相手の立場になって考えることで、言葉づかいもより優しくなります。

3.10.対処法⑩:どうしても人間関係で悩むときは環境を変える

最後に仕事に行きたくないほど人間関係に悩む人は『環境を変える』ことです。

環境を変えることが、実はもっとも即効性と効果があり、自分を助けてくれます。

理由は、環境を変えると悩みの根源である人間関係を一新できるからです。

  • 僕自身も上司との人間関係が悪く、うつ病を経験した時に、あまりのつらさから部署移動を依頼しました。
  • その後の上司は厳しい方ですが、人間的に素晴らしいかたで、人間関係のつらさから解消されました。
  • あの時、環境を変えたことでうつ病から抜け出せて、本当に良かったと感じています。

環境変化は、あなたが思っているより人生を大きく変え、あなたを救ってくれます。

辛くてしょうがないときは、勇気を振り絞って、環境を変えてもらうように人事部や会社に申し出ましょう。

人間関係が悪くて、部署を変えてほしいことは逃げでも何でもなく、あなたと相手がより生き生き働くための方法なんですから。

4.人間関係を理由に会社を辞める前にやるべき4つのこと

人間関係を理由に会社を辞めたいと思っている人は、その前にやるべき4つのことがあります。

  1. まず休んで、心と体を正常に判断できる状態に戻す
  2. 自分でゆっくり考える時間をとる
  3. 信頼できる人に相談する
  4. 人事部に相談する

 

4.1.まず休んで、心と体を正常に判断できる状態に戻す

会社を辞める前に『心と体を正常に判断できる状態』に戻しましょう。

なぜなら、心身ともに疲弊した状態で決断すると、今後に向けて最善の選択ができないからです。

具体的によるあるパターンで(僕もそうでした)、疲れた状態で決断すると『とにかく辞めたい』『なんでもいいから転職したい』と妥協してしまい、結果的に進路に影響が出ます。

会社を辞める前に、休職でも休みでもとって、自分の心身の健康を取り戻して決断しましょう。

会社に行きたくないときの休む理由25選【当日・前日などタイミング別】会社に行きたくないときの休む理由25選【当日・前日などタイミング別】

4.2.自分でゆっくり考える時間をとる

会社を辞める前(何かを決断するとき)にやるべきことの2つ目は『考える時間をゆっくりとる』ことです。

理由は、突発的な決断をしてしまうと、良い結果を得られないからです。決断と選択をするときのポイントは、3つあります。

  1. まずは100%情報収集した状態を作る
  2. 自分の大切にしたい軸を決める
  3. 今後のキャリアや、やりたいことを考える。
  4. 長期的観点から逆算して、今できる最善の決断をする

 

ゆっくり考える時間を取ることで、上記4つをきちんと考えることができ、今後の進路に良い影響が出ます。

必ず会社を辞める決断をする前は、ゆっくり考える時間を取りましょう。

社会人の勉強時間の作り方社会人の勉強時間の作り方17パターンを暴露!【超激務なコンサルが効果実証済み】

4.3.信頼できる人に相談する

人間関係を理由に辞める前には、必ず自分の信頼できる人に相談しましょう。

なぜなら、信頼できる人はあなたに客観的な、忖度なしの意見を伝えてくれるからです。

信頼できる人の話を聞いたうえで、最終的にあなた自身で決断するようにしましょう。

注意
信頼できる人を選ぶ時のポイントは2つです。

①あなたに正直に意見を言える人を選ぶ(家族や上司、忖度なし何でも言ってくれる友人)

②重要な決断の時は『なんでも同意する友人』は絶対に相談しない。

相談するときに重要なのは『客観的かつ忖度なしの意見』です。この時ばかりは何でも「共感」してくれる人には相談しないようにしましょう。

何でも聞いてくれる人に相談するくらいなら、必ず自分一人で考えて決断しましょう。

4.4.人事部に相談する

人間関係を理由に辞めたいときの最後は『人事部に相談』しましょう。

なぜなら、人事部に相談すれば部署移動など『環境変化の選択肢』を与えてくれるからです。

  • 人間関係に悩み続けるときの一番効果的な対処法は環境を変えることです。
  • なぜなら、人は相手の気持ちや考え方を変えることはできないからです。上手くいかない人間関係を修復するのは相当困難なのです。

環境を変えるために①休む②考える③相談したの後に、人事部に相談してみましょう。

それでも、環境が変わらない場合は、有無を言わさず転職を考えましょう。

5.それでも人間関係で悩むときは転職を考えよう

5.それでも人間関係で悩むときは転職を考えよう

辞める前に、色々考えたもののどうしても人間関係の悩みや環境が変わらない場合は、迷わず転職しましょう。

なぜなら、転職することでもっとも最短で人間関係の悩みの解決できるからです。

  • 今の環境がつらくてしょうがないなら「転職先でも人間関係で悩んだらどうしよう」と不安がらず、まず環境を変えましょう
  • 経験上、次の複数の転職先で人間関係で悩むようであれば、あなたの性格や行動・発言に問題がありますので、誠実に向き合って直しましょう。

第5章では、僕自身の涙が止まらない環境を変えてくれたおすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントを選ぶときのポイントは、次の3つです。

  1. 求人の量や質:好条件の求人を保有しているか
  2. ニーズ把握・提案力:あなたのニーズを理解した求人提案をしてくれるか
  3. サポート内容:面接・書類対策サポートが充実しているか

相談はすべて無料ですし、話を聞くだけでも辛い環境から抜け出すきっかけになります。

気になったエージェントに複数社登録して、まずは話を聞いてみることをおすすめします。

5.1.全ての人におすすめの転職エージェント

まず、全ての人におすすめする転職エージェントは次の2社です。

  1. 『リクルートエージェント』
    \求人案件数業界No.1まず登録すべき1社‼/
  2. 『doda』
    \求人案件数No.2,顧客満足度No.1のバランス型‼/

リクルートエージェントもdodaも業界No.1・2の求人案件数を誇り、求人を網羅するために、8割以上の人が登録しています。

また、転職サポート数が圧倒的に多いため、転職のノウハウを知り尽くしていることもポイントです。

  • 会社に行きたくないときは『今の会社がすべて』と感じてしまいますが、日本には今より好条件の会社がたくさんあります。
  • 求人情報を眺めるだけでも、気持ちが楽になることは僕が体験済みなので、だまされたと思って色々な求人を見てみてください。

5.2.転職が初めての人に、おすすめな転職エージェント

転職が初めての人におすすめな転職エージェントは次の4社です。

  1. 『マイナビエージェント』
    \初めての転職・20-30代の人に超おすすめ‼/
  2. 『パソナキャリア
    \年収アップ率67%で未経験者・第二新卒におすすめ‼/
  3. 『ハタラクティブ
    \フリーター&第二新卒に特化した転職サービス‼/
  4. 『いい就職.com』
    \第二新卒・新卒・既卒未就職者・留学帰国者にオススメ/

どの会社も20代の初めての転職者に特化したサービスを展開しています。

転職の流れ、履歴書・職務経歴書の書き方から、面接まで優しく親身になって教えてくれるのがポイントです。

  • 転職する以前に、アドバイザーに話を聞くだけでも気分が楽になります。
  • あなたのつらい状況を、正直に打ち明けてみましょう。話した後は、今よりも少し前に進めるはずです。

5.3.経歴やキャリアに自信がある人に、おすすめな転職エージェント

最後にご自身の経歴やキャリアに自信がある人は、次の4社を活用しましょう。

  1. 『JACリクルートメント』
    \外資系・グローバルポジションに転職したい人におすすめ‼/
  2. キャリアカーバー』
    \ハイクラス求人に転職したい人におすすめ‼/
  3. 『アクシスコンサルティング』
    \コンサルタント・ITキャリアに転職したい人におすすめ‼/
  4. 『ランスタッド』
    \年収800万円以上を目指したい人におすすめ‼/

4社の特徴はグローバル・外資企業の求人を多く取り扱っていること。

更には年収600~800万円以上のハイクラス求人の数が豊富であることです。

上記4社を使えば、次回以降の転職でも生かせるキャリアを歩むことができるようになります。

転職エージェント,20代,おすすめ20代転職で自分を救ってくれた、おすすめ転職エージェントと転職サイト 【会社に行きたくない】あなたの危険レベルをチェック‼うつ病になる理由と対処法【会社に行きたくない】あなたの危険レベルをチェック‼うつ病になる理由と対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です