世界で働くコンサルタントのTwitter

会社に行きたくなくて涙や吐き気が止まらないのは超危険‼最適な対処法は?

会社に行きたくなくて涙や吐き気が止まらないのは超危険‼最適な対処法は?
ゆーろ
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は、コンサル歴10年の戦略コンサルタントです。
当ブログで『コンサル転職情報』を発信してます。
現在ブログ歴1年3か月ほどです(30代前半)
→ビジネスギークの使い方【コンサル転職の実現とコンサルとして成長する方法】
Twitter:https://twitter.com/yuro_tasteearth
■コンサル業界歴が10年目になりました
■現在は海外専門リサーチャーもやってます(海外ビジネス経験:10か国以上)
■50名組織のコンサル会社のシニアコンサルタント

本記事では【会社に行きたくなくて涙や吐き気が止まらない理由と適切な対処法】についてお伝えします。

でんさん
・会社に行きたくなくて涙が止まらない。
・会社に行きたくなくて、吐き気がする。
・会社に行きたくなくて、涙や吐き気が止まらないときの対処法が知りたい。

本記事を読みにきてくれている方は、上記のような悩みを持っているのではないでしょうか?

僕自身も、前職の超ブラック企業で始発終電、月に400時間働いていたときに、気づいたら涙が止まらなくなった経験があります。

ちょうど3年目の一番働いていたときに、感情がなくなり、ただただ涙があふれ、悲しみに絶望していました。

  • 会社に行きたくなくて、気づいたら涙が出る。
  • 夜になると、会社に行きたくなくて涙が止まらない。
  • 会社が嫌すぎて、吐き気や嗚咽がする。

会社に行きたくなくて涙が止まらない人は、本記事を読むことで『仕事に行きたくないことによる涙や吐き気』と決別できます。

もっと言うと、明るく笑顔で、心身の不安がなく、日の光を浴びながら楽しい仕事や人生を歩むことができます。

※悲しい話、僕は社会人3年目の時、朝から晩まで建物の働いていたので、夕陽を見たことがありませんでした。

危険信号‼
涙や吐き毛が止まらない状態は、すでに限界のサインです。もう一度言いますが、超危険な状態です。早めに環境を変えないと、うつや精神病から抜け出せなくなります。本記事を読んだ後は、どんなことでもいいのですぐアクションして環境を変えましょう。

目次(クリックすると見れます)

1.【現状問題】会社に行きたくなくて涙が出るのは『限界のサイン』

1.【現状問題把握】会社に行きたくなくて涙が出るのは『限界のサイン』

『会社に行きたくないと涙が出る』のは限界のサインです。

なぜなら、自分の感情や体をコントロールできないほど心身が疲弊しているからです。

当時の僕や、今のあなたの症状がどれだけ危険かを理解することで、改善の1歩を踏み出すことができます。

『会社に行きたくなくて、涙が止まらない人』は次のような症状があります。順に説明していきます。

  1. 些細なことで、感情が揺れ動く
  2. 夜眠れない・朝起きれない
  3. 体が動かない・頭が回らない・動悸がする
  4. 仕事のやりがい・達成感を感じられない
  5. 笑顔が作れない・感情がなくなる

1.1.限界のサイン①:些細なことで感情が大きく揺れ動く

些細なことが気になり始めたり、感情の起伏が激しくなる場合は、限界のサインです。

なぜなら、感情をコントロールできないほど心身が疲弊しているケースが多いからです。

また、そのようなケースは、感情のコントロールができないほどの環境にいることも多くあります。

何かにイライラしすぎる、誰かに何か言われただけでも涙が出るなどの場合は危険信号です。

1.2.限界のサイン②:夜眠れない・朝起きれない

夜に眠れない、もしくは朝起きれない場合も限界のサインです。

理由はストレス状態が続きすぎて眠れない場合や、単純に体が疲れすぎている場合があるからです。

  • 寝たら明日がやってくる…
  • 朝起きれなかったらどうしよう…
  • 朝起きた時に会社に行きたく無くてしょうがない

具体的に、上記のような状態の人は、危険ですので注意しましょう。

1.3.限界のサイン③:体が動かない・頭が回らない・動悸がする

体が動かない・頭が回らない場合も限界に近づいています。

なぜなら、体が動かない・頭が回らないほどに心身のダメージを受けているからです。

具体的に、僕の前職時代は次のような状況がありました。

  • 体が動かなくなり会社から帰れない
  • 相手が何を話しているか、そもそも理解できない
  • 何も考えたくない…誰も話しかけないでほしい

脱力感・無力感があまりにも続く場合は、うつ病かうつ病前なので早急に休むことを選択しましょう。

1.4.限界のサイン④:仕事のやりがい・達成感を感じられない

仕事のやりがいや達成感を感じない場合も、心身が限界のパターンがあります。

なぜなら、人は自分が好きではない仕事を永遠とやらされると苦痛を感じるからです。

前職時代、営業から外されてバックオフィス業務をさせられたときは、本当に苦痛でした。

やりたくない仕事が続くと、人生をあきらめたり、仕事の達成感を得られず無力感に見舞われます。

1.5.限界のサイン⑤:笑顔がつくれない・感情がなくなる

最後に笑顔や感情がなくなるケースですが、この状態になると手遅れのことが多いです。

なぜなら、笑顔や感情がなくなるのは次のような理由があるからです。

  • 仕事や人生をあきらめている
  • 楽しいことが何一つない
  • 人からの関与を極限まで拒否している

笑おうとしても作り笑いになる。笑えない。そもそも話しかけてほしくない。

このような状態の人は、今の現状にかなりの苦痛を覚えていますので、通院もしくは転職などで環境をすぐに変えるべきでしょう。

2.社会人3年目、僕は仕事に行きたくなくて気づいたら泣いてた。

2.僕は社会人3年目の時、仕事に行きたくなくて気づいたら泣いてた。

社会人3年目、僕は気づいたら涙が止まらないときがありました。

理由は月400時間に及ぶ長時間労働・低賃金・報われない仕事がいつまで続くのかという不安からでした。

  • 当時の自分の状況がみじめで、現状が変わりそうな兆しがなくて、突如不安と無力感に襲われました。飲食店で毎日同じように働く中で、自分の将来が不安で仕方なかったのを覚えています。
  • また、別のキャリアを歩もうと思って辞めたくても、雇ってくれるところがあるかわからず、不安で押しつぶされそうになっていました。
  • 更には、転職したいと思っていても、長時間労働から転職をする気すら起きないのが一番の問題でした。

人は、極限の状態が続いたときに、ふと涙が出ます。

だからこそ、家で涙が出るということは、環境や今の状況がかなりきつい、異常ということです。

3.会社に行きたくなくて涙が止まらない7つの理由

3.会社に行きたくなくて涙が止まらない7つの理由

次に、会社に行きたくなくて、涙が出る理由を解説していきます。

『涙や吐き気が止まらない7つの理由』を正しく理解することで、僕は現状から逃げ出すことができました。

3.1.会社の人間関係が嫌すぎる。

涙や吐き気が止まらない理由の1つ目は『会社の人間関係』です。

僕の場合は特に上司と、役員との人間関係でした。

  • 当時入社したばかりで、僕が仕事ができなかったことも要因ですが、上司から毎日怒られるのが苦痛でした。
  • ときには、自分の能力や場合によっては育ってきた環境を否定されることも耐えられずませんでした。
  • 最終的に、上司とは会いたくない・話したくない・同じ場所にいたくないほど、拒否反応が出ていました。

会社の人間関係が悪いと、会社に行くのが苦痛すぎるときに、涙や吐き気が止まらなくなるのです。

3.2.仕事のストレスとプレッシャーで押しつぶされそう。

仕事のストレスとプレッシャーに押しつぶされそうな毎日が、人を追い込みます。

なぜなら、次のような気持ちが、人を追い詰めるからです。

  • 目標達成できないと評価が下がる。
  • 「仕事ができない無能な人材」と思われたくない。
  • クライアントから怒られたくない。

具体的に僕も会社から、毎日・毎週・毎月のように売上について怒られていました。

毎日がストレスとプレッシャーとの戦いでした。

ちなみに、売上に関するプレッシャーは『コントロールできない未来の出来事』のため、今後も一生消えません。

張り詰めた状態が続くと、ふとした瞬間に緊張の糸が切れ、涙や吐き気になって現れます。

3.3.やりたくない仕事を続けている。

やりたくない仕事を続けていると、人は苦痛を感じるとお伝えしました。

入社直後・未経験・お金がない場合は、すぐ辞めるわけにもいかず、いやな仕事でも続ける必要があります。

苦手・やりたくない仕事を続けると「なんでこんなことを毎日しているんだろう」と空虚感に襲われます。

  • 僕自身も、営業マンとして成果が出せず、別部署に異動させられたことがあります。
  • 成果が出なかったので仕方ないのですが、嫌いな仕事を永遠と続ける状況は苦痛でしかありませんでした。
  • 特に入社5年目くらいまでは、早く辞めすぎても次のキャリアに影響すると思い、転職に動けませんでした。

また、変えたくても変えられない現状に悲しくなり、涙が出るケースがあります。

3.4.完璧主義者の人で、重大なミスを犯す。ミスが続く。

完璧主義者の人ほど、自分のミスが許せなくなります。

そして、普段の基準が高いため、少しの失敗が未達感・不足感に繋がります。

また大きなミスをすると、自分を傷つけてしまう傾向にあり、ミスが続くと精神的に病んでしまいます。

でんさん
自分が完璧主義者だと思う人は、ミスを許せる自分にならなければうつ病になる可能性が高いから、気を付けよう‼

3.5.他人と比較して自分がみじめになる。

自分と他人と比較してしまう人も、会社に行きたくなくなります。

なぜなら、会社に行くと『他人よりもできない自分』に毎日向き合う必要があるからです。

  • 前職の営業時代、僕は毎月同期の中で営業成績がビリでした。
  • 周りが褒められる、昇給昇格する中で、自分がみじめになり泣きたくなりました。
  • すぐ成長できるわけでもない中で、毎日現実を突きつけられるとが続くと、人は会社に行きたくなくなります。

自分を苦しめる比較をする人は、みじめな自分を見続けて会社に行きたくなくなります。

3.6.寝不足・長時間労働・休日が少なくて体がボロボロ。

寝不足・長時間労働・休日が少ない人は体に限界がきて会社に行きたくなくなります。

会社に行きたくなくなるのは、長時間労働が続き、休みが取れないと体が悲鳴を上げるからです。

また、疲弊していると失敗が増えて成果が出なくなります。

成果が出ないと、会社からの評価も得られないため、負の悪循環に陥るのです。

最終的に、疲れて現状を変える気力もなくなり、変わらない現状に絶望して涙が出るようになります。

3.7.どれだけ頑張っても評価や給料が上がらない。

最後は、どれだけ頑張っても評価や給料が上がらないケースです。

あなたも、会社の評価にこたえようと頑張ったことがあると思います。

残業して、自分の時間を削って頑張っても、思うような評価が得られないと無力感や諦めを感じます。

これらの『できない烙印を押された、否定された気持ち』が悔しくて、涙が出ることがあります。

4.会社に行きたくなくて夜に涙が止まらないときの対処法

4.会社に行きたくなくて夜に涙が止まらないときの対処法

会社に行きたくなくて、涙や吐き気が止まらない理由が分かった後は、対処法をお伝えします。

内容を実践すれば、『仕事に行きたくなくて泣きたくなる』こともなくなります。

注意
本記事を読むだけでは現状は変わらないので、対処法のうち、どれか1つでも絶対に実践してください。

具体的な対処法は7つあります。順に説明していきます。

 

4.1.対処法①:【悩みの9割は人間関係】転職で人間関係を一新する

『会社に行きたくない、涙が止まらないとき』の一番の対処法は、『転職すること』です。

なぜなら、涙が出るほどつらい今の環境は、今後も変わらない確率が高いからです。

  • 僕もそうでしたが、一人の社員が会社の環境を変えることは不可能に近いです。
  • だからこそ、今の状況が嫌で仕方ないなら、転職するのが心身に対して最も良い選択になります。

超ブラック企業から逃げ出して、僕が今、幸せな生活ができているのも転職のおかげです。

当時活用したエージェントは、第5章:おすすめ転職エージェントで紹介しています。

4.2.対処法②:【根本原因解明】仕事に行きたくない理由を探す

次に、仕事に行きたくない理由を探す対処法です。

なぜなら仕事に行きたくない理由を探すことで、問題を的確に解決できるからです。

探すときのポイントは、次の3つです。

  1. 自分に正直になる
  2. 紙にすべて書き出してみる
  3. 解決したら一番うれしい問題を探してみる

 

  1. まず自分に正直にならないと、正しく問題を見つけられないので、必ず正直に問題に向き合います。
  2. 次に、涙が止まらない理由を、紙に全部書き出します。
  3. 最後に、解決したら心から嬉しい&助かる問題を見つけ出します。
  4. 根本的な問題を解決することで、仕事に行きたくない状況から徐々に抜け出しましょう。

涙や吐き気が止まらない理由がわからなければ、解決も不可能です。

一刻も早く根本的な問題は探しましょう。

4.3.対処法③:【積極的休養】とにかく休む/マッサージも効果的。

心身共にボロボロなときはとにかく休みましょう。

これは『積極的休養』とも呼ばれています。

理由は、心身が疲弊しているとネガティブに考えたり、つらい環境から逃げ出す気力すら起きないからです。

  • 職場が嫌な場合、元気なうちに早期から転職情報を仕入れておきましょう。
  • 僕の場合は、長時間労働で心身が疲弊して転職する気力がなくなってしまいました。
  • 会社や上司が怖い・将来が不安・お金がないなどの理由から、気力を失い、結果的に会社から抜け出せず5年も働いてしまいました。

涙や吐き気が止まらないときは、積極的に休んで気力があるうちに、いつでも逃げ出せる情報収集と準備をしておきましょう。

4.4.対処法④:【足るを知る】朝と夜に瞑想を取り入れる。

4つ目の対処法は『朝と夜に瞑想を取り入れる』方法です。

瞑想をおすすめする理由は、次の3つです。

  1. 自分の現状に正直に向き合える
  2. 今の自分に何が足りていないのか、考える機会が生まれる
  3. 足りてないと感じることは、本当に必要か『足るを知れる』

 

  1. 朝と夜に、5~10分と短い時間でよいので、目をつぶって正直に今と向き合います。
  2. 今の自分に足りないことを考えることで、改善すべきことがわかります。
  3. 今足りてないものは、自分の高望みではないか?考えます。たとえば、お金が欲しい、仕事で成功したい、時間が欲しいなどです。
    そして『今の収入で十分満足』『少しずつ成長している』など、足るを知ることで、満足感のある日々を過ごせるようになります。

『会社に行きたくない状況』や『仕事での不足感』を自分で作り出しているケースもあります。

今の自分がどれだけ恵まれているか、今のままで充分かを見つめなおし、自分を常に瞑想で満たしましょう。

4.5.対処法⑤:【意識改革】気持ちや意識を変える。

意識改革も自分で簡単にできる上にとても大切です。

なぜなら、仕事に行きたくない・つらいと感じる人は物事をネガティブに考えるケースが多いからです。

物事をネガティブに考える癖がついていると、自分自身を追い込んでしまいます。

考え方をポジティブにすることで、つらい環境も前向きにとらえることが可能です。

  • 長時間労働がきつすぎる⇒これ以上きつい仕事はないから、乗り越えられたらどんな仕事もクリアできる。
  • 給料が低い⇒今が最低だから、あとは上がるだけ。そもそも今もらってる分があれば死にはしない。
  • 上司との人間関係が悪い⇒上司にも何か理由があるんだろう。少なくとも自分からは前向きに接しよう。

4.4.対処法⑥:【逃げるのは甘えじゃない】涙が続く場合は、休職も一つの手。

どうしても、仕事に行きたくなくて涙や吐き気が止まらないときは休職しましょう。

なぜなら、涙や吐き気が止まらないときケースは、休んでも1日で回復しないことがほとんどだからです。

1週間以上休んで、まずは体を休める。回復して気力が戻ってから、今後について考える。

僕自身も、鬱になって会社を1週間休んでから「もう一度今後の人生について考えよう」と気力が戻りました。

休職したり、会社を休むのは甘えや逃げじゃありません。もう一度、人生を楽しく生きていくための準備です。

最後に自分を守れるのは自分だけです。

4.5.対処法⑦:【プロの手を借りる】心療内科に相談する。

体や心に異常を感じたら、心療内科に相談しましょう。体や心の状態を専門医からチェックしてもらうのは超需要です。

なぜなら、専門医から診断してもらうと、今の現状を正しく理解できるからです。

また、お医者さんから「あなたはうつです」と言われると、頑張り屋さんでもさすがに休もうと思います。

自分自身で休めない、休むことに後ろめたさを感じる人は、医学的な事実を自ら確認することも時には必要です。

5.涙が止まらない状況から救ってくれた転職エージェント

5.涙が止まらない状況から救ってくれた転職エージェント

涙が止まらないときの対処法において、最も効果があるのが『転職』でした。

第5章では、僕自身の涙が止まらない環境を変えてくれたおすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントを選ぶときのポイントは、次の3つです。

  1. 求人の量や質:好条件の求人を保有しているか
  2. ニーズ把握・提案力:あなたのニーズを理解した求人提案をしてくれるか
  3. サポート内容:面接・書類対策サポートが充実しているか

相談はすべて無料ですし、話を聞くだけでも辛い環境から抜け出すきっかけになります。

気になったエージェントに複数社登録して、まずは話を聞いてみることをおすすめします。

5.1.全ての人におすすめの転職エージェント

まず、全ての人におすすめする転職エージェントは次の2社です。

  1. 『リクルートエージェント』
    \求人案件数業界No.1まず登録すべき1社‼/
  2. 『doda』
    \求人案件数No.2,顧客満足度No.1のバランス型‼/

リクルートエージェントもdodaも業界No.1・2の求人案件数を誇り、求人を網羅するために、8割以上の人が登録しています。

また、転職サポート数が圧倒的に多いため、転職のノウハウを知り尽くしていることもポイントです。

  • 会社に行きたくないときは『今の会社がすべて』と感じてしまいますが、日本には今より好条件の会社がたくさんあります。
  • 求人情報を眺めるだけでも、気持ちが楽になることは僕が体験済みなので、だまされたと思って色々な求人を見てみてください。

5.2.転職が初めての人に、おすすめな転職エージェント

転職が初めての人におすすめな転職エージェントは次の4社です。

  1. 『マイナビエージェント』
    \初めての転職・20-30代の人に超おすすめ‼/
  2. 『パソナキャリア
    \年収アップ率67%で未経験者・第二新卒におすすめ‼/
  3. 『ハタラクティブ
    \フリーター&第二新卒に特化した転職サービス‼/
  4. 『いい就職.com』
    \第二新卒・新卒・既卒未就職者・留学帰国者にオススメ/

どの会社も20代の初めての転職者に特化したサービスを展開しています。

転職の流れ、履歴書・職務経歴書の書き方から、面接まで優しく親身になって教えてくれるのがポイントです。

  • 転職する以前に、アドバイザーに話を聞くだけでも気分が楽になります。
  • あなたのつらい状況を、正直に打ち明けてみましょう。話した後は、今よりも少し前に進めるはずです。

5.3.経歴やキャリアに自信がある人に、おすすめな転職エージェント

最後にご自身の経歴やキャリアに自信がある人は、次の4社を活用しましょう。

  1. 『JACリクルートメント』
    \外資系・グローバルポジションに転職したい人におすすめ‼/
  2. キャリアカーバー』
    \ハイクラス求人に転職したい人におすすめ‼/
  3. 『アクシスコンサルティング』
    \コンサルタント・ITキャリアに転職したい人におすすめ‼/
  4. 『ランスタッド』
    \年収800万円以上を目指したい人におすすめ‼/

4社の特徴はグローバル・外資企業の求人を多く取り扱っていること。

更には年収600~800万円以上のハイクラス求人の数が豊富であることです。

上記4社を使えば、次回以降の転職でも生かせるキャリアを歩むことができるようになります。

6.まとめ:涙が止まらないなら今すぐ転職して逃げよう。

6.まとめ:涙が止まらないなら今すぐ転職して逃げよう。

ここまで【会社に行きたくなくて、涙が止まらない原因と対処法】についてお伝えしました。

結論、涙が止まらないときは環境を変えるのが一番です。

なぜなら、僕自身も環境を変えたことで、嘘のように悩みがなくなったからです。

  • 今の会社で問題が解決できればいいですが、90%以上の確率で会社の仕組みや制度は変わりません。
  • いつしか気づけば心身ともに疲弊して、ブラック企業にいることを不思議に感じなくなり、最終的に逃げ出す気力もなくなります。
    もちろん、今の会社で頑張りたいと思う人は、無理に辞める必要など全くありません。

環境を変えるのが遅くなると、次のキャリアにも影響して人生が詰んでしまいます。

今思うと、エージェントに藁にすがる思いで相談したのが、間違いなく僕の人生の転機でした。

勇気が必要だと思いますが、環境が変われば驚くほど人生も変わるので、あなたの元気と可能性があるときに思い切って逃げ出しましょう。

たった一度の人生ですので、つらい仕事なんて今日でやめにしましょう。

『涙にあけくれて仕事に行きたくないあなた』ではなく、『会社が楽しみで仕方がないあなた』になれるよう、勇気を振り絞って環境を変えてみてください。

【会社に行きたくない】あなたの危険レベルをチェック‼うつ病になる理由と対処法【会社に行きたくない】あなたの危険レベルをチェック‼うつ病になる理由と対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です