世界で働くコンサルタントのTwitter

文章執筆に一切迷わない『ブログ記事構成』の書き方と『事前情報リサーチ』テンプレート

ゆーろ

本記事では【超初心者向け】で最速で簡単に『ブログ記事の構成』が作れる書き方テンプレートを紹介していきます!!

こまっ太くん

  • 文章が書けない…書き始めてもすぐ止まってしまう‥泣
  • ブログ記事の構成ってどうやって考えればいいの?
  • ブログを書く前に何をどのようにリサーチすればいいの?
  • 記事構成を考えた後にどうやって活用するの?

本記事はそんな悩みを抱える方の悩みを解決する記事です。

なぜなら、本記事の記事構成シートを活用しながら僕人身記事構成に考えており、

入念に練った記事構成通りに書いていくことで毎月PV数が上がり、上位表示記事も増えているからです。

下のグラフをご覧いただけるとわかりますが、表示回数やクリック数は毎月伸びています。

更にはブログを始めてから上位表示記事も10件以上生まれています。

本記事の前半ではブログの記事構成が重要な理由

後半では具体的な記事構成の作り方についてご紹介します。

本記事を読み終えるころには、ブログの記事構成を執筆前に完璧に作り上げて、いざ書き始めるとすらすら記事を書くことができるはずです。

それでは早速行ってみましょう!

目次(クリックすると見れます)

1.ブログの記事構成とは?

記事構成シートを作成する前に、そもそも『ブログの記事構成とはなにか?』について説明します。

『記事構成』とは記事設計書・記事企画書のことで、

ブログに記事を書く前に

  • タイトルを説明するために、どのような見出しで構成するか
  • それぞれの見出しで何を伝えるか・名前はどうするか
  • 見出しや情報はどの順番で伝えるか

と考える工程や作業のことを言います。

2.ブログの記事構成が重要な5つの理由

記事構成が重要な理由は大きく5つあります。順に説明していきます。

  1. 読者の問題が解決できる
  2. 記事の網羅性を担保できる
  3. 競合サイトを比較して、他の記事にないオリジナリティ情報を追加できる
  4. 正しい順序でわかりやすい文章が書ける
  5. 論点がズレずにすらすら記事が書ける

2.1.読者の問題解決ができる

記事構成を考えるうえで、まず読者のニーズを把握していきます。

キーワードに対して調べたニーズ・対象者(ペルソナ)を記事構成シートにいれていくことで、常に読者のニーズを把握して、記事執筆にとりかかれます。

記事構成シートを見ながら執筆することで、読者の問題解決のための一貫した記事が書け、Googleが大切にしている「ユーザーファーストの理念を追求した記事が書けるのです。

2.2.記事の網羅性を担保できる

記事構成シートを活用すると、記事の網羅性が担保できます。

記事構成シートに見出しを書き込んでいくことで、足りない情報が目に見える形で現れるからです。

更には『こんな内容について書いた方が読者が喜ぶかもしれないな』と読者にとって役立つ情報を追加することも可能です。

2.3.競合サイトと比較して、他の記事にないオリジナリティを追求できる

読者のニーズを把握して、見出しを考えるうえで競合調査を行います。

キーワードを検索した読者の課題を解決する方法を競合サイトから収集します。

記事構成シートに課題解決のための情報を書いていきますが、競合調査を進めていくと競合サイトが書いていない情報がどんどん出てきます。

これが記事におけるオリジナリティ情報になります。

丁寧に記事構成シートを作成することが自分のサイトのオリジナリティの追及につながります。

その他にもブログの独自性の追求方法は【独自性は簡単に習得できる‼】面白いブログ記事の7つの書き方で解説しています。

2.4.わかりやすい文章が書ける(読者が記事の概要を掴むことができる)

記事構成シートで見出しを読者にってわかりやすい順序で並べることで、読者の理解度が高まり満足度が高まります。

適当な順序で見出しを並べた記事ほど、読みにくく頭に入りにくい記事はありません。

優秀な方であれば、見出しを見ただけで『作者は話を理解しているか』判断できます。

素晴らしい記事は、見出しを見ただけで記事全体の概要・流れがつかめます。

リサーチ・コンサル業界でよく作成される報告書も、上記見出しの条件は必須です。

常に読者にわかりやすい見出し、文章をを書くためにも記事構成シートの作成は必須です。

2.5.論点がズレない(確認作業も可能)

先に記事構成シートで見出しの大枠を作っておくことで、話が途中で違う方向に行ったり関係ない話をすることもありません。

  • いま自分はどの部分の見出しについて書いているか?
  • 今具体的になにについて書いているのか?
  • タイトルからずれた見出し内容になってないか?

を確認しながら書くことができます。

記事構成シートを活用することで論点のズレた記事作成頻度を極限まで減らすことができます。

2.6.ブログの記事構成を作る前に『良いキーワード』を選定しよう

ブログの記事構成を作る前に「良いキーワード」を選定する必要があります。

良いキーワードが選定できていないと、以下の状態に陥ってしまいます。

  • そもそも検索量が少なく読んでもらえない
  • 競合が多く、上位表示されない
  • 読んでもらえず上位表示されないのでドメインパワーが上がらない
  • ユーザーのピンポイントなニーズが把握できない

実際に本記事も「ブログ記事 構成 書き方」のようにキーワードを選定して、記事構成シートを作成しています。

  • キーワードってなに?
  • キーワードってどうやって選べばいいの?
  • キーワードの探し方を教えてほしい

キーワードの選び方・探し方が分からない人は【ブログ初心者向け】上位表示されるブログキーワードの選び方と4つの手順で解説していますので、こちらから読んでみてください。

3.ブログ記事構成の作り方は2STEP

ブログの重要性と、キーワード選定の重要性についてお伝えしたところで、具体的なブログ構成シートの作り方を紹介します。

  1. 読者のニーズを徹底的に分析する
  2. ユーザーが読みやすい流れに並び替える

また、STEP3では記事構成シートの活用方法について解説します。

3.1.ブログの記事構成STEPその1:読者のニーズを徹底的に分析する

まず、『上位表示を狙っているキーワード』で、以下について考えます。

  • ユーザーはなにに悩んでいるのか?
  • 何を解決したいのか?

最初にニーズを把握すべき理由は、ニーズが理解出来ていないと、適切な問題解決の情報や方法を提供できないからです。

ここに面白い統計があります。コンサルタントで最も求められる資質は、

アイデアでも解決方法の提供でも、プレゼンでもなく「お客様の課題を正確に把握・理解してくれる」ことだということです。

多くのブロガーやアフィリエイターは「お客様の課題を正確に捉え切れていない」「潜在的な課題」を理解できていません。

まず記事構成シートを作成するために、課題把握に最重点を置きましょう。※販売にとって必要な要素を知りたい人は全て「無敗営業」に書いてあります。

ユーザーニーズの分析方法は以下の4つです。

  1. 検索意図の徹底的な把握
  2. 競合サイト
  3. Yahoo知恵袋
  4. ペルソナ設計

3.1.1.検索意図(ニーズ)の徹底的な把握

まず読者がなぜあるキーワードを検索するのか?

どんな問題を解決したくてGoogle検索窓に、キーワードを入力するか『検索意図=ニーズ』を徹底的に考えましょう。

実は「検索意図(インテント)」は大きく5つに分けられており、それぞれ解決の方法が違います。

  1. 検索パターンその1:【とは】検索(基本情報が知りたい)
  2. 検索パターンその2:【HOWTO】検索(目の前の課題を解決したい)
  3. 検索パターンその3:【比較検討】検索(比較検討したい)
  4. 検索パターンその4:【感情】検索(なんとなく悩んでいる)
  5. 検索パターンその5:購入前検索(購入前の最終判断をしたい)

それぞれの検索パターンがどのような意図で検索されるか理解すれば、ある程度ニーズを絞り込むことができます。

具体例を挙げると『ブログ 記事構成』というキーワードで記事を書きたいときは、想定読者は恐らく【HOWTO】検索になるでしょう。

ブログ記事構成を事前に書いた方がいいのはわかってるんだけど、どうやって書けばいいかわからない。

つまり目の前の課題を解決したいけど、方法や手順が分からない人です。このような人には方法や手順を解説してあげると問題が解決されます。

記事を書きたいキーワードがどの検索意図に該当するのかをまず考えましょう。※時間は大体5~10分くらいでできるはずです。

検索意図について詳細な考え方が知りたい人は【プロ直伝】誰も知らない「5種類の検索意図」の調べ方と上位表示記事の書き方で解説してます。

3.1.2.競合サイトの分析

次に競合サイトの分析を行います。ここが最も重要なテーマです。

競合サイトが上位表示されている理由は、以下を満たしているからです。

  • 検索意図が正確に把握できている
  • 問題解決の方法が網羅されている
  • 図や動画を使って、わかりやすく説明されている

そのため、競合のサイトを20~30分分析して、読者の必要としている情報と、ニーズを把握しましょう。

僕自身競合や7社くらい分析して記事を書くようにしています。

競合のサイトの確認項目は以下に記載しています。

競合サイトの分析において確認すべき項目は9つです。

  1. タイトル
  2. URL
  3. キーワードの把握
  4. 顕在ニーズの把握
  5. 潜在ニーズの把握
  6. ユーザーにとっての不足情報
  7. 見出し
  8. 使われている図・動画・SNSなどの見せ方

徹底的に、競合サイトを分析することで、読者の悩みや書くべき内容が見えてきます。

記事構成の厚みを増すための、最も重要な作業なので手抜きせずに毎記事取り組むようにしましょう。

3.1.3.Yahoo知恵袋

Yahoo知恵袋を活用することで、読者の具体的な悩みについて把握することが可能です。

理由はユーザーが『なぜ、その悩みについて悩んでいるか?』について具体的に書いてあるからです。

例えば『ブログ 書き方』と検索すると以下のような悩みが出てきました。

こまっ太くん

  • ブログの書き方がうまい方や文書を書くのがうまくなるにはどうしたらいいですか?

このような文章があれば、僕としてもこの人は

ブログの書き方・ブログの書き方がうまい参考にすべき人の情報が知りたいんだな。と理解することができます。

3.1.4.デモグラフィック分析を活用したペルソナ設計を行う

最後にデモグラフィックを活用したペルソナ設計を行っていきます。

デモグラフィックで顧客データ区分を切り分けて、具体的に情報を欲しがっている人の「人物像」を把握することです。

ペルソナを設定することで具体的な人物像を設定でき「その人の悩み・考え・思考・目的」を想定でき、より顧客視点かつ顧客に寄り添った記事が書けるからです。

ポイントは「記事を届けたい対象者を具体的な1人に絞り込むこと」です。

万人に届くような記事では記事は刺さりません。1人の対象者を明確にイメージすることで、似たような人物にも刺さる記事が書けます。

ペルソナを設定することでキーワードを検索するユーザーの具体的なニーズを想定できるので、必ずペルソナは設定しましょう。

3.2.ブログの記事構成STEPその2:記事構成シートを作成する

読者のニーズを抽出した後に、記事構成シートに落としこむために、以下の4つに対応しましょう。

  1. 顕在ニーズと潜在ニーズを棚おろしして、解決策を考える
  2. ユーザーが理解しやすい流れに、見出し(H2/H3)を並び替える
  3. ユーザーが理解しやすい流れに並びかえる
  4. 記事構成シートに落とし込む

3.2.1.顕在ニーズと潜在ニーズを棚おろしして、解決策を考える

ニーズ把握フェーズで収集した情報を、顕在ニーズと潜在ニーズに整理しましょう。

MEMO
  • 顕在ニーズ:本人が認識しているニーズ
  • 潜在ニーズ:本人が気づいていないニーズ

またそれぞれのニーズに対して、解決策を考えましょう。【顕在&潜在ニーズ掘り起こし&解決シート】を活用すると楽になります。

『ブログ 記事構成』の場合だと、以下のような感じになります。

顕在ニーズと潜在ニーズをたなおろししたら、具体的な解決策について書きます。

たとえばブログの記事構成シートを作りたい人がいたら、その人に記事構成シートの作り方と手順を提供すれば喜びますよね?

解決策が具体的にあなたが書くべき内容(コンテンツ)です。

3.2.2.解決策をH2見出し/H3見出しに分解する

次に、解決策を見出しに書き換えます。

例えば解決策のうち3つを見出しに書き換えてみると、以下のようになります。

  • 記事構成の方法と手順を提供→【見出し2】ブログ記事の構成STEP
  • 記事構成とは何かの定義を教えてあげる→【見出し2】記事構成とは?
  • 記事構成シートの重要性について提示→【見出し2】記事構成の5つの重要性

見出しを作るポイントは、以下の3つです。

  • 見出しを読んだだけで何が書いてあるかわかる
  • 主語・述語が明確(誰の何について話しているかが分かる)
  • 興味をひきやすい

また文章を書く前に、H3見出しも先に作ってしまうことをおすすめします。

そうすることで、H2を説明するための補足説明の方向性をあらかじめ決めたうえで、文章執筆にとりかかれます。※具体例は次に図で説明します。

読者は見出しを見て、話の流れを理解しますので、認識のミスが起きないわかりやすい見出しをつけましょう。

3.3.3.ユーザーが理解しやすい流れに並びかえる

見出しができたら、見出しをわかりやすい流れに並び替えます。

例えば今回の場合だと

  1. 記事構成とは?
  2. 記事構成の重要性
  3. ブログ記事の構成STEP

のように説明してあげたほうがわかりやすいですよね?

自分が読者になった気持ちで、自分が読んでもわかりやすいように見出しを並び替えましょう。

3.3.4.記事構成シートに落とし込む

最後に記事構成シートに情報をあてはめたら完成です。

今回僕が作った記事構成シートは以下のようになります。

ここまで記事構成シートが書ければ、ああとは記事を書いていくだけです。

本当にここまでお疲れさまでした!

最初は慣れるのに時間がかかりますが、毎回情報が整理された状態だと迷いなく記事を書くことができます

そして、なにより読者の問題解決ができます。

またプラスアルファの特典として、今後youtubeを始めるときはこの記事構成シートのまま話せばいいだけなので、トークスクリプトの時短になること間違いなしです!

4.ブログの記事構成の活用方法(記事の書き方)

ブログ記事構成シートもできたので、STEP3では記事構成シートの活用方法について解説します。

具体的に意識することは5つです。

記事構成シートを元に

  1. 基礎・基本情報は最初に伝える
  2. 見出しで伝えたいことは一つにしよう
  3. 最初にH2見出しを書く
  4. 「フォルダ思考」を使ってH3見出し情報をブレイクダウンする
  5. 1つの見出しで書く文章は4-5行

4.1.基礎・基本情報は最初に伝える(3つのDon’t)

まず初めに、記事を書くときは基礎・基本から書きましょう。

なぜなら、読者がサイトを読みに来るのは基礎情報がない場合が多いからです。

基礎・基本情報がないままで話を進めても、話がイメージできず読者が離脱してしまいます。

具体的に本記事でも、最初にお伝えした基本情報がないとかなり読むのが難しいと思います。

  1. 記事構成とは?
  2. 記事構成の重要性

常に、読者に対しては3つのDon’t(できない)の意識で文章を書きましょう。

  1. Don’t Know (知らない)
  2. Don’t research(調べない)
  3. Don’t Understand(理解できない)

常に読者は知らない、調べない、理解できないので検索を活用していますので、

  • そもそも、何について教えてあげればいいのか?
  • 基本情報は何か?
  • 何が重要なのか?

分かりやすく前半部分で設置してあげるようにしましょう。

4.2.H2・H3見出しが書けるまで本文を書かないを

記事を書くときは、文章をいきなり設定せずに、見出しを全て書き出してください。

見出しを読んだだけで、タイトルの説明ができるようになったら、本文を書きだしてOKです。

理由はいきなり文章を書き始めると、論点がズレたり、読者のニーズとは違う文章を書いてしまうからです。

実際僕は以下のような見出しを作ってから、本文を書き始めます。

見出しを書くまでに時間がかかりますが、一度書き始めればほとんど止まることなく文章を書き終わります。

見出しをまとめた状態で記事を書くので、途中で論点がズレることもありません。

最初のうちは記事構成シートを活用して、見出しを書き終えてから文章を書きましょう。

4.3.伝えたいことは見出し1つにつきワンメッセージ(ブレイクダウン文章)

見出しが決まったら、文章を書き始めますが、伝えたいことメッセージは見出しことは1つにしましょう。

1見出し1メッセージが重要です。

1つの見出しでいくつもメッセージを書いてしまうと、話が散漫してしまい、読者が理解できません。

たとえばリンゴの良さについて話すときに、以下の例だとわかりにくいです。

1.りんごについて(H2)

1.1.りんごの味・形・色・触感・食べ方について

リンゴの味は甘みがあって、形は丸い形で、色は赤で、触感はしゃりっとして、食べ方はそのままでもアップルパイでも、隠し味としてカレーにも入れることができます。

これだと何が言いたいかわかりにくいですし、くどいですよね。

上記が1つの見出しに、いくつもの内容が入っているイメージで、このような書き方をしてしまうと、読者が離脱してしまいます。

1見出し1メッセージを意識して、見出しを作ると

1.りんごについて(H2)

1.1.味:甘みがある

1.2.形:丸い

1.3.色:赤

1.4.触感:しゃりっとしている

1.5.食べ方:そのまま/アップルパイ/カレーの隠し味として

こんな感じで、めちゃくちゃすっきりしますよね?これをブレイクダウン文章と僕は読んでいます。

文章は、1見出し1メッセージにするとすっきりするので、常に意識しましょう。

4.4.「フォルダ思考」を使って、見出しをカテゴリー分けしよう

1見出し1メッセージと同じくらい、重要なのが見出しのカテゴリー分けです。

会話内容が適切にカテゴリー分解されていないと、、話の内容が分かりにくいのです。

具体例でいうと

1.りんごについて(H2)

 

1.1.リンゴの色は赤くて、形は丸いです(H3)

1.2.みかんの色はオレンジで、形は丸いです(H3)

みかんの話は別でしてくれ!って思いますよね?リンゴの話じゃないやん!ってなりませんか?

このような場合は、以下の見せ方の方が分かりやすいはずです。

1.りんごについて(H2)

1.1.リンゴの色は赤くて、形は丸いです(H3)

 

2.みかんについて(H2)

2.1.みかんの色はオレンジで、形は丸いです(H3)

カテゴリーごとに、話を分解する思考を僕は「フォルダ思考」と呼んでいます。

フォルダ思考を意識して、書くと、話の内容やカテゴリーが違うときに、話の内容をきれいに分類することができます。

話の内容が変わる場合は、H2/H3/H4見出しを使って見出しをカテゴリー分解しましょう。

4.5.1つの見出しで書く文章は4-5行

最後に、文章を書くときの分量は、1見出しあたり4-5行にしましょう。

理由はスマホで見た時に、1つの画面で表示できるのが4-5行くらいだからです。

中々難しいのですが、5-6行以上になると文章が上長になる可能性があります。

※ただし、読者に伝わるのが一番なので、最初のうちは文字量を意識せずに書くことをおすすめします。

5.まとめ:ブログの記事構成の作り方はたったの2STEP

ここまで簡単にできる『ブログ記事構成』書き方と『事前リサーチ』テンプレートを紹介しました。

話をまとめていくと、ブログ記事構成シートの作り方は2STEPです。

  1. 読者のニーズを徹底的に分析する
  2. ニーズ情報の整理と情報を並び替えて、シートに落とし込む

本記事の2STEPを行うことで、確実にブログを書き始めるときに悩むことがなくなり、すらすら文章が書けるようになります。

  1. 読者のニーズを読み取る、事前リサーチが可能になる
  2. ブログ記事構成シートが作成できる
  3. 記事構成シートを活用できるようになる

最初は情報収集・ニーズの把握や、記事構成シートの作成に時間がかかると思いますが、

この過程を丁寧に行うことで、確実に読者に刺さる記事が書けるようになり、周りの記事と差別化が出るようになります。

焦らず、丁寧に取り組んでいきましょう。

記事構成を読んだ後は、魅力的な書き出しが必要です。

魅力的な記事の書き出しは【とにかく本文読んでもらえ‼】読者が離脱しない魅力的な5つの「書き出し」のかき方解説しています。

本日は以上です。

「ゆろなび」では、生活の質を1UPさせるビジネス /  スキルアップ / 勉強 /ブログ運営に関する上質な情報を公開しています。

プロフィール画像 【地球を味わい尽くしたい‼】ゆーろのプロフィール&ブログ開設由来

是非、お時間がある時に他の記事も是非読んでみてくださいね★

これからもゆろなびをよろしくお願いします^^

ゆろなび~taste the earth~
生活の質を1UPさせるビジネス情報ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です