年収2.5倍を実現した『鉄板3社』

【アンテロープ転職の評判&口コミ】外資系転職に強いのは本当かコンサル歴10年の僕が解説します。

アンテロープ,転職,評判

アンテロープがおすすめな人

アンテロープと併用すべきエージェント

本記事では【アンテロープ転職の評判&口コミ】について、コンサル歴10年の僕が解説していきます‼

アンテロープキャリアコンサルティングは金融業界・コンサルティング業界への転職を支援する業界特化型の転職エージェントです。

金融業界の専門領域に対応すべく、銀行・証券会社・コンサルファームから優秀なアドバイザーを引き入れているプロフェッショナル集団です。

でんさん
アンテロープはコトラ(KOTORA)転職エージェントと双璧をなす2大金融系転職エージェントとして有名だね。

アンテロープの金融業界転職における実績と専門知識は、他のエージェントを圧倒しています。

本記事ではコンサル歴10年の僕がどこよりもわかりやすく『アンテロープの評判&口コミ』と『実際に使うときの注意点』を解説します。

MEMO
金融業界への転職は人気度が高くキャリアアップもしやすいですが、難易度が高く専門性も求められるのが現実です。金融業界転職への成功の秘訣は、企業と繋がりのある転職エージェントを利用して求人紹介をもらうことです。

 

本記事では、金融系の転職につよいアンテロープを紹介していますが、既に年収が500万円以上ある人は以下のエージェントも合わせて利用しましょう。

【金融業界に強い転職エージェント】

コトラ,転職,評判【コンサル歴10年の僕が使った感想】コトラ(KOTORA)転職エージェントの評判&口コミは?
でんさん
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は30代で、現役戦略コンサルタントとして10年働いています。
当ブログ『ビジネスギーク』で転職情報や年収を上げる方法を発信しています
https://twitter.com/yuro_tasteearth

1.アンテロープ転職とは?会社概要をわかりやすく紹介

アンテロープは『金融業界・コンサル業界に強い』と評判の『業界特化型転職エージェント』です。

金融業界の専門領域に対応すべく、銀行・証券会社・コンサルファームから優秀なアドバイザーを引き入れています。

国内最大規模の求人数を誇る職種は次の通りで、細心の転職情報や内定ノウハウを無料で提供しています。

【国内最大規模の求人数】

  • 投資銀行
  • 投資ファンド
  • 資産運用
  • 不動産金融
  • 戦略系コンサルタント

アンテロープは求職者と長期的に関係構築することを前提にキャリアアドバイス、求人紹介を行うことに価値を置いています。

ゆーろ
アンテロープは5年・10年・20年と付き合うことを前提としているから、大量マッチング方式ではなく、本人の長期的なキャリアプランにあった案件を数社紹介しているんだよ。

結論、アンテロープは金融業界を本気で目指す人であれば、絶対登録しておくべきエージェントです。

なぜなら、金融業界転職の求人数と専門知識はコトラ(KOTORA)とアンテロープがTOP2だからです。

MEMO
コンサル業界もおすすめと書いていますが、コンサル業界を目指すなら、実は他にもいいエージェントがあります。

 

別記事コンサル転職に強いエージェント12社をご覧ください。

コンサル【25記事を調べてわかった】現役コンサルおすすめのコンサル転職エージェント12社をランキング比較!!

2.アンテロープ転職の口コミは?良い口コミと悪い口コミを暴露

2.アンテロープ転職の口コミは?良い口コミと悪い口コミを暴露

次はアンテロープの口コミについて集めてみました。

アンテロープの転職成功事例が知りたい人は『転職ケーススタディ』から見ることができます。

参考 転職ケーススタディ|金融転職・コンサルタント転職のアンテロープアンテロープ

Twitterからいくつか口コミをピックアップしていこうと思います。

【アンテロープの良い口コミ】

  • 金融系転職なら超有名(みんな使ってる)
  • アドバイザーの質が高い

【アンテロープの悪い口コミ】

  • ハイキャリアが多く、未経験者には厳しい
  • 年齢も40代までが限界、学生での利用はほぼ不可能

その他にも下記のようなコメントがありました。

【MBA卒おすすめ転職エージェント】
日本でのキャリアチェンジを考える際におすすめの転職エージェントは以下のとおりです。
人材のレベルも高く、ポストMBAの転職支援実績も豊富です。
・コトラ
・アンテロープ
・アクシアム
特にアンテロープは使って良かったという声が多いです。

口コミは総じて『金融業界に強みを持つ』が大多数を占めました。

『キャリアアドバイザーの質も高い』との口コミも多く、パートナーとしても頼りになることがわかります。

よめさま
金融業界で経験や実績がある人は絶対使った方がいいってことね‼
MEMO
一方、アンテロープはハイクラス求人向けのため、厳しいようですが業界未経験者は難しいでしょう。

 

未経験から金融業界に転職したい人リクルートエージェントdodaマイナビエージェントを活用しましょう。

3.アンテロープ転職の良い評判と『7つの強み』

3.アンテロープ転職の強みや特徴は?

まず初めに、アンテロープ転職の良い評判や強みについて7つ紹介をしていきます。

結論、記入業界を目指す人であれば、必ずと言っていいほど利用すべきエージェントですよ。

3.1.金融・コンサルティング業界転職に強い

アンテロープの一つ目の強みは『金融・コンサルティング業界転職に強い』ことです。

なぜなら、金融専門転職エージェントであり、金融企業とのつながりが強いからです。

創業15年と比較的新しいエージェントですが、金融・コンサル求人に特化しているため企業からも採用依頼が多いです。

3.2.外資系・グローバル求人が多い

2つ目の強みは外資系・グローバル求人が多いことです。

理由はアンテロープがシンガポールエージェントと提携するなど『ハイエンド層の選択機会を増やそうとしているから』です。

【グローバル求人が多い理由】

  • 外国籍の応募に対応するため(外国語ができるスタッフも在籍)
  • 金融系は実績を詰めば海外需要もあるため(外資系転職のサポートの為に英文レジュメ添削の対応も可能)

コロナ以降、グローバル求人が求められる中で外資系企業への転職サポートがかなり充実していると言えます。

3.3.転職アドバイザーの質が高い

アンテロープ,コンサルタントの質が高い

3つ目の強みは『転職アドバイザーの質が高い』ことです。

理由はアンテロープが元金融・コンサル業界の精鋭コンサルタントを採用しているからです。

金融業界・コンサルティング業界への転職サポートは、より一層専門知識が求められます。

【アドバイザーの専門領域】

  • 投資ファンド(PE・VC・不動産)
  • 投資先企業マネジメントポジション
  • 戦略・総合・再生系コンサルティング領域
  • M&Aアドバイザリーなど

代表や取締役の方もサポートをしてくれるアンテロープの実力は相当高いため、安心してサポートがもらえます。

3.4.クオリティの高いデータベース

アンテロープではクオリティの高いデータベースを利用することができます。

アンテロープの登録者の多くは、外資系投資銀行、日系大手金融機関、プライベートエクイティファンド、アセットマネジメント、外資系戦略ファーム、大手会計系ファームなど一流に所属しています。

また、登録者の出身大学も超有名大学がずらりと並びます。

【登録者の出身大学】

  • 更に55%以上が東大・京大を中心とする旧帝大
  • 一橋大、東工大などの国立大
  • 早稲田、慶応、上智、ICUと言った私大トップ高
    ※年収レンジは60%以上が700円超え

これらの優秀な登録者が3万人を超えており、金融業界・コンサル業界の成功パターンやキャリアパターンデータが豊富にそろっています。

そのため、レベルの高い求職者を長期的な視点でサポートできるのが強みです。

3.5.転職ナビゲーションが便利

5つ目の強みは『転職ナビゲーション機能』です。

転職ナビゲーションは各業界の転職を実現するために、次のようなコンテンツを紹介しています。

【転職ナビゲーションのコンテンツ例】

  • 基礎知識
  • 現場で活躍しているプロフェッショナルへのインタビュー
  • 人材マーケット情報
  • 関連用語解説

またアンテロープの転職ナビゲーションは次の業界で紹介されています。

  1. 金融業界への転職ナビゲーション
  2. コンサル業界への転職ナビゲーション
  3. スタートアップ企業への転職ナビゲーション
  4. 事業会社への転職ナビゲーション

未経験業界への転職にも役立つので、是非コンテンツを読み込んでみてください。

参考 金融業界 転職ナビゲーション|金融転職・コンサルタント転職のアンテロープアンテロープ

3.6.書類選考通過率が高い

アンテロープは金融・コンサル業界の書類選考通過率が高いのが特徴です。

なぜなら専任コンサルタントが【選考を勝ち抜く履歴書・職務経歴書の作成を無料でサポート】してくれるからです。

金融企業側の採用ニーズを理解し、ニーズに対応した職務経歴書をまとめるために力を貸してくれます。

単に経歴を並べるだけの従来の職務経歴フォーマットではなく、採用企業にとってあなたがいかに有益な人材かをわかりやすく伝えるフォーマットも紹介してくれているのでぜひ活用してみましょう。

参考 職務経歴書サンプルアンテロープ

3.7.面接対策が充実している

最後にアンテロープは面接対策が充実しているとの評判です。

アンテロープのアドバイザーは業界出身者のため、金融・コンサル企業の採用担当者が質問する内容を熟知しているからです。

金融業界・コンサル業界への転職を実現するには、専門転職エージェントからサポートしてもらうのがマストです。

でんさん
未経験者以外は、大手総合エージェントの何も知らないアドバイザーにサポートしてもらうことがないようにしような。

4.アンテロープ転職の悪い評判と利用注意点

5.アンテロープ転職を利用する上での注意点

第4章では、アンテロープ転職の悪い評判についてお伝えしていきます。

アンテロープの悪い評判は下記の通りです。デメリットを理解したうえで他社とあわせて利用していきましょう。

ゆーろ
一緒に【アンテロープの弱点をカバーする方法】もお伝えしますね!

4.1.実績と経験がないと求人を紹介してもらえない

1つ目の注意点は、金融・コンサル業界での経験と実績がないと求人を紹介してもらえない場合あることです。

なぜなら金融・コンサル業界では高いレベルでの『経験と専門知識』が求められるからです。

実績がない求職者を企業に紹介するとアンテロープの信頼が下がるため、実績や経験がない人は案件を紹介してもらえないのが現実です。

実績と経験がない場合は、大手総合エージェントでベンチャー企業に転職して、まずは経験値を積みましょう。

注意
ベンチャー企業をおすすめする理由は、ベンチャー企業の方が早期からプロジェクトを任せてもらえるからです。

大手企業に転職しても雑用ばかり任されると実力が付きません。偶然転職できても実力がなければ転職先で干されてしまいますので、まずは確かな実績と実力を身につけましょう!

ゆーろ
未経験者から金融・コンサル業界へ転職するなら未経験者へのサポートが手厚いリクルートエージェントdodaマイナビエージェントJACリクルートメントでおすすめです。

4.2.ハイキャリア層がターゲット(年収500万以上)

アンテロープは少数精鋭のため、厳しい話ですが低年収の対象者は相手にしている時間がありません。

一般的にアンテロープが扱う金融・コンサル求人の転職報酬は20~30%と言われています。

金融・コンサル業界への転職年収は他業界より高いため、1件の転職が成功すれば他業界よりも稼ぐことができます。

【一般的な業界の場合】

  • Aさんが500万円でメーカーに転職した場合のエージェント報酬:
    ≫500万×30%=150万円
  • Bさんが1000万円で金融会社・コンサルファームに転職した場合のエージェント報酬:
    ≫1000万×30%=300万円(Aさんをサポートした場合の2倍の報酬

報酬が高い一方、転職ハードルも高いため、必然的にハイキャリア層がターゲットになるのです。

ゆーろ
未経験者から金融・コンサル業界へ転職するなら未経験者へのサポートが手厚いリクルートエージェントdodaマイナビエージェントJACリクルートメントでおすすめです。

4.3.コンサルタントが上から目線すぎる

最後の注意点はアンテロープのコンサルタントが上から目線過ぎることです。

アンテロープはハイキャリア・ハイクラス向けなこともあり、キャリアアドバイザーの年齢も高く・キャリアがある人が多いです。

そのため、転職者に対して上から目線の物言いになってしまい。求職者を不快にさせてしまうことがあります。

また金融・コンサル業界(特に学歴・キャリアで失敗してない人)は失敗したり、上手くできない人の気持ちがわからない・寄り添えないケースも目立ちます。

転職は人生を決める重要なイベントなので、コンサルタントが合わない場合は迷わず担当者変更を依頼しましょう。

5.アンテロープ転職はどんな人におすすめ?

4.アンテロープ転職はどんな人におすすめ?

結論、アンテロープがおすすめな人は、次のような人です。

おすすめな人は絶対に活用して、条件に当てはまらない人は別のエージェントの可能性も検討してください。

【アンテロープがおすすめな人】

  1. 既に金融業界・コンサル業界で働いている人
  2. 金融・コンサル業界でキャリアップしたい20代後半から30代
  3. 外資系企業・グローバルで活躍したい人
  4. 年収500~600万円以上ある人

既に金融業界・コンサル業界で働いている20代~30代の人は、絶対にアンテロープを使いましょう。ここは、マジで使わない理由が全くありません。

また金融系外資企業やグローバル企業で活躍したい人もアンテロープはおすすめです。

また、年収面で言えば最低500万以上年収がある方がベストです。

まなぶ君
年収300-400万円台の人は、まずリクルートエージェントで300万円台の年収でどのような求人を紹介してもらえるのか把握しておきましょう。
\金融業界に圧倒的な強み/

年収アップと金融業界求人が豊富

 

6.アンテロープ転職との併用で成功率が高まるエージェント

6.アンテロープ転職とあわせて利用すべきエージェント

第6章では、アンテロープとあわせて、利用すべきエージェントを紹介していきます。

年収別によって、利用すべきエージェントが変わりますので、自分の状況に合わせて使い分けてください。

6.1.年収500万円以上の場合

年収が500-600万以上あれば、ある程度の求人を紹介してもらえます。

ゆーろ
ただしアンテロープだけでは求人数が少ないので、コトラ(KOTORA)キャリアカーバーで求人数を確保しましょう。

コトラは金融・コンサル・IT・製造業などハイクラス転職に強い専門転職エージェントです。

コトラのアドバイザーはコンサル業界の専門知識が豊富で、金融系だけでなく、戦略系・業務関連・財務・・IT・企業再生コンサルタントなど様々な職種から選ぶことができます。

キャリアカーバーはリクルートエージェントが運営している無料のヘッドハンティングサービスで、あなたの希望の金融業界求人を紹介してもらえます。

ヘッドハンティングサービスは、先方から「入社してほしい」と声がかかるので、転職や年収交渉を優位に進めることができます。

6.1.年収500万円以下の場合

一方で、年収が500万円以下の場合は、求人を紹介してもらえない可能性があります。

なぜなら金融・コンサル業界は業界知識や、ビジネス経験が必須であり、ハイクラス求人を求めているからです。

何億という単位でお金が動くビジネスなので、年収1000万なんて、全然余裕な金額なんですよね…。

金融系・コンサル系でキャリア形成したい人もアンテロープを利用すべきですが、キャリアが浅いと案件を紹介してもらえません。

ゆーろ
その場合はリクルートエージェントdodaマイナビエージェントで金融系ベンチャー企業に転職してから実績を積みましょう。

ぼくもそうでしたが、いきなりラスボスを倒すことはできないので、まずは中ボスを倒すくらいの気持ちで、ワンクッション置くことも必要です。

8.アンテロープ転職の評判まとめ

7.アンテロープ転職の評判まとめ

最後にアンテロープの評判をまとめていきます。

【アンテロープの評判&口コミまとめ】

  • 金融系転職のプロフェッショナルで、業界経験者は絶対使うべき
  • アドバイザーの質が超高い。長期視点で転職キャリアを考えてくれる
  • 金融・コンサル・外資系・グローバル求人が豊富
  • ハイキャリア(年収5-600万円以上)人材のキャリアアップにおすすめ

コンサル・金融業界は人気ですが、実績や経験豊富な人材が多いため厳しい選考を潜り抜ける必要があります。

そのため専門エージェントであるアンテロープをうまく活用できるかで、転職成功率が大きく変わります。

本記事で紹介した『アンテロープがおすすめの人(金融業界はマスト)』は使わない理由がないので絶対使ってみてください。

アンテロープを利用して、金融業界への転職を実現してくださいね。

参考 コンサルティング・金融業界専門の国内最大級転職エージェント | アンテロープキャリアコンサルティングアンテロープ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です