地球を味わう海外調査員のブログ🌎

年間100日海外出張の世界で働く「上場企業の海外支援コンサルタント」✈️2013年に倍率2000倍の人気コンサル企業へ就職➡︎2015年150名の会社で1名のみ選ばれる全社取締役賞受賞👑➡︎2019年3月自己成長・勉強方法を発信するブロガーの卵🔰(https://twitter.com/yuro_tasteearth)

会社では教えてくれない会議・MTG時の議事録の書き方_vol.22

会社では教えてくれない会議・MTG時の議事録の書き方_vol.22

f:id:Enjoy_the_Earth:20190503203905j:plain

会社では教えてくれない正しい議事録の取り方


みなさんこんにちは!「地球を味わうコンサルタント」運営者のゆーろ(https://twitter.com/yuro_tasteearth)です。 いつもブログを見ていただいて本当にありがとうございます★


今回は第22回目ということで「会社では教えてくれない正しい議事録の書き方」について書いていこうと思います。皆さんは、普段会社でメモや議事録の作成を行っているでしょうか?


新人時代には、議事録をとる必要がある会社もそうでない会社もあるのではないでしょう。いざ議事録をとってみると

「会話が早すぎて、議事録作成についていけない」
「大事なところを聞き逃している」
「文章がまとまっていないため、読みにくく、やり直しを命じられる」
「毎回、どのように議事録を書けばいいのか型が決まっていない」

といった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

 

何を隠そう、僕のその一人でして、前回にもお伝えさせていただきましたが、会話を理解することも苦手でしたし、議事録を作成することも本当に苦手でした。


前職では1週間ごとに、議事録を担当しなければならず、議事録をとっていても、何を話しているのか意味が分からないし、話が早すぎて、ついていけないこともしばしばでした。


何を話しているのか理解が出来ないので、肝心な部分の会話を聞き漏らしてしまい、上司に確認を求めてもやり直しを命じられてしまう。本当に毎回議事録の担当が回ってくるのが苦痛で仕方ありませんでした。


30代になっても、会議の議事録は少なくなったとはいえ、やはりお客様との商談の場面でも議事録を毎回取るようになり、話は全業種×全商材の為、やはり議事録のスキルは必須でした。

 

問題はもちろん議事録の書き方について理解できなかった私のせいなのですが、何より議事録の書き方を教えてくれる人は誰一人いなかったということです。何が正解かもわからないまま、提出したものに対してあーだこーだ言われるのも本当に苦痛でした。

 

そこで私自身、自分で議事録に関する書き方を勉強することにしました。そして議事録必須の環境で真摯に2年間議事録を取り続けたことで、今では議事録をきちんととれるようになりました。※議事録なんて余裕でしょ。。。という方は今回の記事は飛ばしていただいてもかまいません。

 

他の人からしてみたら「議事録なんてかけて当たり前っしょ」と思う人もいるかもしれませんが、私の中ではそれくらい大きな出来事だったのです。今日はもし同じように悩んでいる人がいたらそんな人の後押しをしたいと思って記事を書きます。改めて、

 

「会話が早すぎて、議事録作成についていけない」
「大事なところを聞き逃している」
「文章がまとまっていないため、読みにくく、やり直しを命じられる」
「毎回、どのように議事録を書けばいいのか型が決まっていない」と感じている学生・社会人(特に20代)の方に向けて「正しい議事録の書き方」書いていこうと思います。

 

 


1.議事録が必要な理由(議事録の目的)

f:id:Enjoy_the_Earth:20190503205053j:plain

議事録の目的

議事録の目的は主に3つあります。

①社内会議の内容を、会議に出席出来なかったメンバーに共有・または記録

コンサルティングや調査会社(他の会社でも)の面会時に次回提案の備忘録・記録

③クライアントの出張同行時の備忘録・記録


要は①備忘録②会社の公式用の記録③アウトプットの要因で議事録を作成するわけですね。


特に、議事録が役立つ場面というのは

①会議に出席できなかった人が、後日閲覧する時や
②顧客への定期訪問(時間を数か月空けて訪問)の時や、2-3週間後の提案など、「期間が少し空いて、前回より前の訪問記録について確認したい場合」に活躍していきます。


この目的を理解したうえで、議事録作成に重要なのは
「会議に出席したメンバーが何の話をしているのか一目でわかる」
「重要な部分と決定事項について記載する」
「内容は冗長にならないように作成する」
といったこと
になります。


議事録作成を行うときは、この大前提をまず頭に入れておくことにしましょう。

 

2.議事録作成が苦手な理由

f:id:Enjoy_the_Earth:20190503205420j:plain

議事録作成が苦手な理由

 

次に、議事録作成が苦手な理由について書いていこうと思います。


①議事録の書き方をそもそも習っていない(何について書いていいかわからない)

まず覚えておいてほしいのは、学生もしくは新卒社員のあなたは「議事録作成」というものを学校では習っていないということです。そんな中で何のレクチャーもなく、議事録を書けといわれてもそれは無理な話なのです。


議事録には重要なポイントがありますし、書き方ももちろんあります。きちんと伝えるべき内容について習っていない限り議事録作成を行うことは難しい事であることを覚えておきましょう。


②何の話をしているのか理解できない

次に議事録作成の苦手な人はそもそも「今何の話をしているか」ということを理解していない人が多いです。前回の「会話を理解できない人の特徴」について記事を書きましたが、話の文脈を理解していない限り、頭の中に話が入ってきませんので、もちろん議事録を入力することも難しいと思います。まずは会話を理解する為の型を身につけましょう。

 

以下に、社会人に入ってからも中々会話を理解できなかった僕が、会話をどんどん理解できるようになった方法を書いていますので是非参考にしてみてください。


【第20回:理解力を高める為の7つの方法はコチラから↓】

www.taste-the-earth.com


③会話の全てを入力しようとしてしまう

僕もそうだったのですが、聞き漏れがないと非常にまずいと思い、会話の内容をとにかくベタ打ちで全部入力していました。


しかし、自分の頭の中で会話の内容を整理しないまま、ただ文章を打ち込んでいるだけなので、途中で、自分の知らない内容になった場合に、何の話をしているのかわからなくなったり、後から自分の議事録を見返しても、意味が分からなくなったり、重要な部分が抜けていたりしていました。


最初のうちは、録音した内容をすべて打ち込むことも練習にはなりますが、最終的には、必要な部分だけ簡潔に書き残すことが必要になるでしょう。

 

3.会社では教えてくれない議事録の書き方

f:id:Enjoy_the_Earth:20190503210024j:plain

会社では教えてくれない議事録の書き方

ここまで、「議事録の目的」と「議事録作成が苦手な理由」について書いてきましたので、個々からは「会社では教えてくれない議事録の書き方」について書いていこうと思います。


①議事録を書くときに必須内容

議事録を書くときの必須事項は様々だと思いますが、忘れてはいけない内容について書いていこうと思います。あなたの所属している会社によっては、必要ない内容や、もう少し足したほうが良い内容もあると思いますので、自分なりにアレンジしながら、書いていただければと思います。

 

しかし、基本的に議事録作成時に重要な内容は「5W1H」に集約されます。

誰が(Who)いつ(When)どこで(Where)何を(What)なぜ(Why)どのように(How)行ったのかを記載していくことで必要なことが網羅されていきますので、頭の片隅に入れておくようにしましょう。


【基本的な会議の場合】

*日時
(会議がいつ行われたのか思い出せるように/社内で検索しやすいように)

*場所
(会議室の確認/どの拠点で会議を行ったのか思い出す為※そこまで重要度高くない)
*出席者
(誰が出席したのか※自社の参加メンバーはもちろんの事、先方の担当者も必ず「部署名・役職・名前・その人の特徴も記載しておくこと)※上司は色々な人に会うため結構先方の担当者の名前や特徴を忘れていることが多い。
*テーマ
(何について話をするのか、何の目的で話をするのか)
*議事録
(聞いて言った内容をどんどん書いていきます)
*決定事項
MTGや会議で決定されたことを書きます。決定事項については社内共有必須の為、漏れの無いようにしましょう)
*次回予定
(次回までの宿題、取り組むべき内容)といった内容になります。

 

②議事録の書き方

次に議事録の書き方について説明していこうと思います。議事録は最初に伝えた通り、わかりやすく書くことが重要です。分かりやすい議事録を作成する為に、以下の事に気を付けながら議事録を書いていきます。


❶内容ごとに大テーマ(大スキーマ)/中テーマ(注スキーマ)を入れる。

あるテーマについて書いていくときは、大テーマ・中テーマ・小テーマ=詳細内容に分けてわかりやすく書いていきます。3段階で話を細分化していくことにより、自分の思考がよりクリアになります。ポイントは大テーマの情報の方が粒度が大きくなるように書くことです。

 

例えば営業会議の議事録をとる場合は
--【営業報告について】※大テーマ------------------
■Aチーム(中テーマ) 売上●●万/達成率●%(小テーマ=詳細内容)
■Bチーム(中テーマ) 売上●●万/達成率●%(小テーマ=詳細内容)
■Cチーム(中テーマ) 売上●●万/達成率●%(小テーマ=詳細内容)
--------------------------------------------------
のように分けていくことでわかりやすい文章になっていきます。

 

何回も議事録をとっていると気付くのですが、基本的に話の内容は、この大テーマ・中テーマ・小テーマ=詳細内容で分けることが可能です。

 

いつも3段階で、話の内容を分けられることを覚えておけば、思考整理も簡単になるので、まず頭の中で、話を大テーマ・中テーマ・小テーマに分けることを意識しましょう。

 

❷です・ます調はいらない

議事録作成はとにかくわかりやすく書くのがポイントとお伝えしました。つまり、文章が冗長になってはいけないということです。

 

その為、原則として文章は「です」「ます」にならないようにしましょう。

良い例:Aチーム売上:1000万
悪い例:Bチームの売上は1000万円でした。

 

良い例と悪い例を比べてみると、数文字ですが悪い例の方が長い文章になっています。このような文章が重なると、全体で見た時に文字数に非常に差が出てしまうので、体言止めを活用するなどして、削れる文章は削るようにしましょう。


❸重要なことは最初に書く

次の議事録作成のポイントは「重要な事を最初に書く」ということです。重要な事を最初に書くと何が良いかというと「相手に1番知ってもらいたいことをまず知ってもらえる」ということです。


また「1番重要な伝えたいこと」が頭にまず紐づく為、その後にかれた文章の理解度も格段に高まるのものポイントです。基本的に議事録を読む方々は出張などが忙しい上司のケースが多く、肝心なことをまず最初に書いておかなければ「結局言いたいことは何なんだ」と怒られてしまいますので気をつけましょう。


逆に言えば、簡潔に伝えたい要点だけを書いている場合、「お、この子は議事録の書き方をよくわかっているな」と好印象を持ってもらえますので、議事録に関しては、重要なことは最初に書くようにしましょう。


4.議事録作成を克服する為の書き方・方法

f:id:Enjoy_the_Earth:20190503211145p:plain

議事録作成を克服する書き方

僕もそうでしたが、議事録作成が苦手な人が議事録を克服する為の書き方・方法を書いてみましたので参考にしてみてください。

①会議の録音は必須

この録音は必須ですね。会議中の内容を聞き漏らしてしまった時に、周りの人に聞くのは気が引けますし、そういった心配をしなくてもよいように、必ず録音はするようにしましょう。


録音を行う際は、もしiPhoneの場合は「機内モード」に設定するようにしましょう。そうすることで、急な電話やメールが届いてしまい、録音が中断することを避けることが出来ます。


②議事録をとる前に「大テーマ」を予測し、事前にメモの準備をしておく。

議事録を打ち込むときはパソコンを使用すると思いますが、何の話をしているかを聞いたときに、そのテーマをパソコンに打ち込んでいると肝心の内容を聞き漏らす可能性があります。

 

そういった失敗を避ける為に、僕の場合は議事録を作成するときは、予めは無しの内容を予測して事前にテンプレートを用意しておきます。事前に準備をしておくことで、あるテーマの内容の話になったときに、事前に入力していた部分スムーズに会話内容を入力することが出来ます。


例えば、以下のような形でテンプレートを作っておきます。

----------------------------------------------------

190503_全体会議議事録
【前段内容】
*日時
*場所
*出席者
*テーマ
*実際の議事録
*決定事項
*次回予定


【社長からのメッセージ】
あああ
いいい

 

【各チーム売上報告】
*Aチーム
*Bチーム
*Cチーム
----------------------------------------------------
このように議事録の準備を行うことで、事前に話の内容を推測しながら議事録を取れる為、議事録のスピードも正確性も上がっていくので試してみてください。


③何の話をしているのかを一番に把握する

会話を理解する為に必要なのは「何の話をしているのか」という文脈を理解することです。

 

「そもそも何の話をしているのか」を理解することが出来なければ、絶対に議事録は書けないので、「今は、社長が全社の戦略について話をしているんだな」「今は、新規事業部長の●●さんが新事業のアイデアについて話しているんだな」ということを理解したうえで、議事録作成に取り組むようにしましょう。


議事録には、以下のように書いていきます。

----------------------------------------------------
【社長からのメッセージ】
■全社戦略について
*2019年は海外事業戦略について
 注力 ・エリアに関しては東南アジアの「タイ」「インドネシア」「フィリピン」  
 理由は、人口がある程度担保され、今後の人口推移も上昇傾向にある為。
----------------------------------------------------
何の話をしているのかを理解することが出来れば、どんどん下位段落に話に関する情報を入れていきましょう。


④大きな情報から小さな情報の順に議事録を書く癖をつける。

「大きな情報から小さな情報の順番」に議事録が書けるようになることも、議事録作成を克服する為には欠かせません。


上の社長のメッセージの場合

「社長のメッセージ」⇛「全社戦略」⇛「全社戦略の中の海外事業戦略」「海外事業戦略の注力エリア」といった形で情報がどんどん細分化されて、小さくなっているのが分かります。


この「大きな情報から小さな情報の順番に議事録を書く」感覚を身につけなければ、頭の中で情報を整理することが出来ていない証拠です。


「情報の粒度」とお伝えするケースが多いのですが、情報の大きさを区別して、頭にしまい込まないと、頭の中から情報を引き出すことが難しい為、最初は難しいかもしれませんが、必ず「情報の大きな順から議事録を書く」ということは意識するようにしてください。


⑤違う話になった時に「違う話」を別の場所にメモする。

会議の中で議題について、議論がされていればよいのですが、実際に会議中に話が脱線することがよくあります。議事録の担当者は、議論の内容がずれていることをいち早く察知して、別テーマとしてメモを取らなければなりません。


たとえば「君たちの売上が悪いのは、マーケティングが出来ていないからだよ!そもそも人材の採用はどうなっているのかね?」といった議論がされたとします。


こういった場合は、以下のように書いていく必要があります。

----------------------------------------------------
【各チームの売上報告】
■Aチーム:1000万円の目標に対して500万円(50%ショート)
<原因>
マーケティング的視点 TOP20%の重点顧客に対して営業が出来ていなかった
(マーケティング課題についてのメモを取る)
*人材の採用
採用予定人数がそもそも満たせていない為、営業人数が足りていない現状。
(採用課題に関するメモを取る)

----------------------------------------------------

 

議事録を取る際は、「今は議題に沿った話をしている」「今、別の話に内容が移ったな」といったことを区別して把握できるようになりましょう。

 

5.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190503211854j:plain

正しい議事録の書き方で内容を整理しよう

ここまで、「会社では教えてくれない議事録の取り方」について書きましたがいかがだったでしょうか?自分の議事録の取り方と似ている部分もあれば、新しい考えの部分もあったのではないでしょうか?


議事録をとれるようになると本当にいい事ばかりです。

 

たとえば

「会議の内容をすんなり理解できる」
「会社の注力事業や製品を理解したうえで、営業に臨むことが出来る」
「営業時に相手の情報を正確に把握することが出来、適切なソリューションをとることが出来る」
「企業に再訪問する際に、前回の面会内容を振り返ることが出来る」などです。

 

その他にも、議事録がきちんと作成できる人は上司に同行させてもらいやすく、勉強させてもらえる機会が増えたり、場合によっては上司のお客様を引き継ぐことも可能になります。


私が見る限り、やはり頭の良い人は議事録の整理の仕方が非常にきれいです。情報の粒度も適切で、頭の中にすーっと入ってくるような議事録の書き方をしています。


逆に議事録が書けていない人は、情報を頭の中で整理することが出来ていない為、何を書いているのかさっぱりわかりません。本当に読むのが疲れます。


営業成績も議事録と関連していて、もちろん営業成績がいいのは、きちんと話を聞けて、相手が求めているものを理解して提案できる前者になりますよね。


様々な場面でメリットを享受する為にも、議事録を書けるようになることはビジネスにおいて必須です。議事録は決しておろそかにしてはならないビジネススキルということをきちんと理解しておきましょう。

 

あなたがこの記事を読んで、少しでも議事録に対する不安がなくなり、営業活動に活かすことができる議事録作成が出来るようになれば私としても本当にうれしい限りです。

 

会話を理解し、理解したものをノートやPCに起こすことが出来るようになると、私のように、ビジネスの負担が本当に少なくなることを体験していただけると思います。

 

あなたのビジネスライフが少しでも楽しくなることを応援しています☆
なにかあれば、お問い合わせページから何でも相談してくださいね♪

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

また定期的にアップしていきますのでよろしくお願いします(^-^)

 

ゆーろ

【誰も理解していない】理解力をあげる為の7つの方法_vol.21

【誰も理解していない】理解力をあげる為の7つの方法_vol.21

f:id:Enjoy_the_Earth:20190502095737j:plain

【誰も理解していない】理解力をあげる7つの方法

みなさんこんにちは!「地球を味わうためのブログ」運営者のゆーろ(https://twitter.com/yuro_tasteearth)です。
いつもブログを見ていただいて本当にありがとうございます★

 

今回は第回目ということで"【誰も理解していない】理解力をあげる7つの方法"について書いていこうと思います。

 

この記事は
「仕事で色々な会話が理解できない」
「専門用語や色々な人が好きな事を話し始めた時に、どこの話をしているかがわからなくなる」といった方におすすめです。

 

今回この記事を書こうと思ったのは、何を隠そう、私が理解力がない為に、ビジネスマンになってからあらゆる会話を理解することがとても難しく、非常に苦労した経験があるからです。

 

「今この話は何について話しているんだろう?」
「今は会話の中のどこの部分について話をしているんだろう」
「やばい、、、会話が全く頭に入ってこない…」

 

このような失敗をたくさん経験して、本当に毎日苦しい想いをし続けていたからです。
もちろん、話がきちんと聞けないと、論点がずれますので、社内やお客様との会話もかみ合わず、社内でのイメージや、もちろん営業成績も芳しくありませんでした。

 

当時「論理的思考力や脳や暗記に関する本」を読んでみましたが、自分の求めている、もっとレベルの低い「なぜ自分は会話を理解することが出来ないのか」という答えは書いていませんでした。

 

今日は、
「今この話は何について話しているんだろう?」
「今は会話の中のどこの部分について話をしているんだろう」
「やばい、、、会話が全く頭に入ってこない…」


そんなあなたに対して、私が会話理解力を高めていった方法について書いていこうと思います。

 

ちなみに、実績のないコンサルタントにアドバイスされても、中々信用できないと思いますので、少し僕の成果についてお伝えさせていただこうと思います。

 

先ほどもお話した通り、私は前職のコンサルティング会社では、すべてが順風満帆というわけではなく、色々なビジネススキルを10年間コツコツと積み重ねながら、今のようなビジネススキルを身につけてきました。

 

社会人3年目には、前職のコンサルティング会社で過去9年間赤字続きだった飲食店を黒字に立て直し、150名いた会社の中で数名のみ選ばれる「全社取締役賞」を受賞しました。

 

現在の職場では
*新人最速で新規受注獲得
*新規顧客受注実績No.1
*アポイント取得数No.1
*アポイント取得率No.1
*会社HP制作担当

 

その他にも、昨年は中国・台湾・フィリピンなど複数か国でのビジネスに関わっております。30代前半までに身につけるべきビジネススキルが中心だと思いますが、少しでも、社会人になりたての方や、20代-30代のビジネスマンの方のお役に立てれば幸いです。

 

 

1.理解力とは


まず、はじめに理解力とは一体なんでしょうか?「話したことが何の事かわかる」とか「一度話したことは忘れない」とかいろいろあると思いますが、私の中で、理解力とは大きく3つの観点から成り立っていると考えています。


①何の話をしているのかを把握できる「文脈把握力」
②ものごとを構造的に理解する「構造的理解力」

③頭の中で構造的な図を描くことが出来る「構造イメージ力」


私の経験上、この①②③について、勉強していくことで、本当にわかりやすく文章を理解できるようになるでしょう。しかし正直な話、この記事を見てくれているあなたはある程度、理解力を高める勉強をしているかもしれませんし、

 

「文脈把握力ってよく聞くけど一体何」とか
「構造的に理解することって何?」が分からないから困ってるんだよ。

と感じている人は非常に多いと思います。

 

そういった方の悩みを解決すべく、理解力を高めるために、①②を含め次からどのように勉強していけばいいのかを考えてみようと思います。

 

2.理解力を高める為の7つの方法

f:id:Enjoy_the_Earth:20190502101035p:plain

理解力を高める7つの方法


早速ですが理解力を高めるためには7つの方法について書いていきます。

私が考える理解力を高める方法は以下の通りです。


①理解力を高めるために「何の話をしているかをまず捉える」
②理解力を高めるために「情報を構造的に整理する」
③理解力を高めるために「頭の中で図を描く」
④「違う話をし始めたら、頭の別の場所でまた理解し始める」
⑤何が一番言いたいことなのかを考える
⑥話で得られた情報を、何に活かすことかを考える
⑦話を頭のフォルダの中に構造的にしまい込む

順に説明していこうと思います。

 

①理解力を高めるために「何の話をしているかをまず捉える」


理解力を高める為の最初の方法は、まず初めに「何の話をしているのかを把握」しなければならないということです。これを「スキーマ/文脈を理解する」とも言います。

 

人の脳は「スキーマ」と呼ばれる文脈のかたまりに紐づくようになっています。例えばですが、人は「何か考えてみてください」と言われても考えることが出来ないようになっています。しかし「りんごについて考えてみて下さい」と言われると「まるい」とか「赤い」といったことを考えることが出来るようになります。


これは、人の理解力がスキーマと呼ばれるかたまりに紐づいている証拠です。理解力を高める為に最初にしなければならないステップは「何の話をしているのかを明確に把握する」ということを肝に銘じておきましょう。


②理解力を高めるために「情報を構造的に整理する」


次に理解力を高めていく為に、「話の構造」を理解する必要があると考えています。これを私の中では「構造理解力」と呼んでいます。

 

この構造力とは「関係情報を大きな順から小さな順に振り分けていく」ということです。たとえば、りんごについての話が出てきたときに、リンゴに関する情報を大きな情報から順番に並べていくということになります。

 

先ほどのリンゴのお話でいえば、例えばりんごに関するいろいろな情報が出てきたときには、

*国産の
青森県
*●●市の
*●●農家さんが生産している
*大玉の
*りんごが
*「まるくて」「赤い」といったように、構造的に理解していきます。

 

こうすることで、リンゴに関する情報を構造的に理解できるようになってきます。
どんな話を聞くときでも、このように理解していくのがポイントなのです。常に関連情報の大きさについて考える癖をつけましょう。

 

③理解力を高めるために「頭の中で図を描く」


次に理解力を高めるうえで「頭の中で図を描く」ことの重要性についてお伝えしていこうと思います。僕は最初にお伝えしたように、当時物事を理解するのがとても苦手で、記憶力も全然ありませんでした。前職の時は本当に苦しい想いをし「何でこんなに人の話を理解できないんだろう」と本当に悩んでいました。

 

現職になってからは、同じ悩みを抱えたままでは、同じわらじを踏んでしまうことになりますので、思い切って上司に悩みを相談してみることにしました。

 

話を聞いた上司は(現在会社の役員になりました)50か国で調査をしている天才的に頭のいい人なのですが、


僕は「何故●●さんはそんなに素早く物事を理解して、覚えることが出来るんですか?」と聞いてみました。

 

するとその上司は
「まず頭のいい人は、話している内容に関して、頭の中で図が浮かぶんやないかなー」
「そして頭の中で浮かんできた図をずっとイメージし続けることが出来ることも重要や」
「常に図をイメージし続けておくことで、今何の話、もしくは現在どこの話をしているかがずっと理解できるんや」と話していました。

 

初めは正直、何のことを言っているのかが全く理解できませんでしたが、
慣れないながらも、会社のNo2の人が言うのだから、取り組んでみようと思い、言われた通り、思考活動に取り組んでみました。

 

そうすると初めは頭の中でイメージするということが非常に難しかったのですが、
少しずつ頭の中で図を描くことが出来るようになってきたのです。
※まだこの段階では頭の中で図を描くと結構疲れが出ていました。

 

そして3-6か月経ってくると、何かの話をしたときに頭の中でより鮮明にイメージをすることが出来るようになっていきました。そして最近では、当たり前のように、頭の中で図を描くことが出来るようになってきました。

 

そして頭の中で
①何の話をしているのか理解したものを、頭の中の図の一番上に置く
②その話についての関連情報を、大きい順番から並べていく。(これもすべて頭の中で行っている)といったことが出来るようになっています。

 

さらにこの頭の中で図を描くことが出来るようになると、文字だけではなく映像や動画の状態でものごとを理解・記憶できるようになるので、ただ話を聞くよりも格段に理解力が高まるのです。

 

この「頭の中で図を描くスキル(イメージングと図解思考)」は自分の理解力を根本的に変えることきっかけになりましたので必ず実践してみるようにしてください。

 

④「違う話をし始めたら、頭の別の場所でまた理解し始める」


「違う話をし始めたら、頭の別の場所でまた理解し始める」というステップに入ろうと思います。僕もそうでしたが話をしているときに

 

「今は一体、何の話をしているんだろうか?」とか
「まだ同じ内容の話をしているのだろうか」とか
「今は全然違う話をしているんじゃないか?」とか思う人はいませんでしょうか?

 

僕は実際に「テーマごとに理解していない」という状態を25年間ずっと続けてきました。理解力がない人の大きな欠点は「いつも一つのテーマで話の内容が進んでいると勘違いしていること」にあります。

 

実際、話を文脈をとらえきれていない人や構造的に理解できていない人は話がよく脱線します。いつも一つの会話の中で、様々なテーマの話が繰り広げられているのです。

 

そういった人に限って、現在話している話から、突如全然違う話をしてしまうのです。
違う話をしてきたときに、以前の僕は「同じ話をしている」と思い込んでいますので、
理解できないのは当たり前ですし、ノートをとっても理解できないのは仕方ない状態でした。

 

そしてある時、
「話の内容が変わったらノートの違う部分に題名を書いてそこに書き始める」
「違う話になったら、頭の中の違う部分で、会話をイメージをしなおし、最高増加する」ということに取り組んでみました。

 

そうするとより、話の内容がテーマごとに、分かりやすく理解することが出来るようになってきました。

 

例で例えると、Aさんが
「最近、青森県産の●●市の■■農家さんのリンゴがとてもおいしいんだよねー」と話しているとします。※このときの僕の頭の中は「リンゴについての話」をしているんだな。頭の中の図で描かれています。

 

次にBさんが「いやいや、山梨県産の●●市の■■農家さんのリンゴもめちゃくちゃおいしいよ」と話をします。※このときも僕の頭の構造は「リンゴについての話(山梨県バージョン)※青森県りんご山梨県りんごの比較だな」と描かれています。

 

しかし、突如誰かが「いやいや、隣町のブドウ農家さんのブドウもめちゃくちゃおいしいよー」と話し始めた時は、※頭の構造は「ぶどうについての話」と僕の頭の中で切り替わります。

 

このブドウの話が出てきたときが重要でして、このブドウの話を、りんごの話を同じモノとして聞いてしまうと、理解がかみ合わなくなってきます。

 

日常会話では、常にこういった話のテーマの移り変わりが起きています。
特に語弊がありますが頭の悪い上司や、年配の方がいかにも正しそうに話をしているが全く違う話をしている。といったこともありますので、そういった理解力の無い人に惑わされないようにすることがポイントです。

 

理解力を高める為には「テーマごとに頭の中の違う部分で理解をすすめる」ことが重要になってきます。

 

⑤何が一番言いたいことなのかを考える


次に、理解した内容について「何が一番言いたいことなのか」と考えるようにします。
これを我々調査・コンサルティングの業界では「示唆」と呼んでいるのですが、
この「示唆」を考えることで理解力がより一層深まります。

 

たとえば
「最近、青森県産の●●市の■■農家さんのリンゴがとてもおいしいんだよねー」と話しているAさんがいるときに、


「このAさんはなぜこの話をしたのだろうか」
「Aさんはこの話をして、我々にどうしてほしいのだろうか」と考えるようにするのです。

 

答えは千差万別ですので、ご自身の解釈にお任せしますが、僕の場合
「最近、青森県産の●●市の■■農家さんのリンゴをアピールして販売したいんだな」とか
青森県産のリンゴは全国の中でも非常に良質なりんごが撮れるんだな」と解釈することが出来ます。

 

このように考えることで、理解力が格段に高まり、
次の⑥のどのように話を生かすことが出来るのかを考えることが出来るようになるのです。

 

⑥話で得られた情報を、何に活かすことかを考える

次に、得られた情報を何に活かすかを考えていきます。
これがいわゆる自己啓発本でも書かれている「アウトプット」というやつです。

 

⑤で何が一番言いたいことかを理解したとします。
「最近、青森県産の●●市の■■農家さんのリンゴをアピールして販売したいんだな」とか

青森県産のリンゴは全国の中でも非常に良質なりんごが撮れるんだな」と解釈した後に、

 

「りんごを買いたい人をAさんに紹介したら喜ばれるからAさんにりんごに興味がある人を紹介しよう」とか

青森県産のリンゴは全国の中でも非常に良質なので、果物需要がある中国や台湾で販売しよう」といったアウトプットが可能になります。

 

このようにアウトプットした経験は、自分の脳に強く焼き付けられますので、
理解力を高める為にはうってつけの方法なのです。

 

よく「アウトプットをよくする人は、たくさんの情報を持っている」とか
「物事を理解するための最適な方法はアウトプットをすることだ」と書いていますが、
その理由は「自分の経験や、イメージと記憶が紐づくから」です。

 

理解力を高める為に、話の中で聞いたことは常に「どの様に活用できるか」を考え
きちんとアウトプットするようにしましょう。

 

⑦話を頭のフォルダの中に構造的にしまい込む


最後に、理解力を高めるための最後の方法として、「聞いた話を頭のフォルダの中に構造的にしまい込む」ということについてお伝えしていこうと思います。

 

僕の場合、りんごの話を理解した後は、情報を「頭の中のフォルダ」に入れています。「フォルダ」とは皆さんご存知のようにパソコンのフォルダのことですね。


このように頭の中にフォルダをイメージして、各情報をしまい込む思考の事を僕は「フォルダ思考」と呼んでいます。

 

誰かがりんごの話をしたときは頭の中フォルダからリンゴについての話が出てきやすいようにしています。このときのポイントは、前段でもお伝えしたように、「大きな情報から情報を細分化」してフォルダ分けを頭の中でしておくことです。

 

例えばりんごの話が出てきたときに、僕の頭の中では
「農業」→「青果業界」→「りんご」→「青森県」というフォルダ分けがされています。

 

大きな情報から、情報を頭の中に入れることで、より理解力・暗記力が高まります。
また、そうすることで思考する疲れも軽減することが出来て一石二鳥です。

 

アウトプットをする際は、りんごの話が出てくると、この頭の中のフォルダからりんごに関する情報を取り出してくるイメージなのです。

 

恐らく、知識が豊富な人や面白い話が出来る人は、このようにありとあらゆる情報を頭の中のフォルダにしまい込んで、何か話をしているときは効率よく、自分のフォルダの中の情報を取り出しているのです。

 

だからこそとっさに情報をアウトプットできることが出来ますし、他の人から

「物知りだねー」とか
「なんでそんなことも知ってるの?」といった言葉をもらうのでしょう。

 

常に聞いた話は、自分の頭の中のフォルダに入れるようにしましょう。

 

3.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190502103501j:plain

理解力を高める7つの方法で、あなたの理解力を高めよう



ここまで【誰も知らない】理解力をあげる7つの方法についてお伝えしていきましたがいかがだったでしょうか?


自分が物事理解できていない理由や、理解力を高めるほうほうについて参考になったのではないでしょうか?

 

実際僕の場合、自分の理解力の無さに本当に苦しめられてきました。
脳に関する本や、アスペルガー症候群なんじゃないかとか、理解力・論理的思考力の本も合計で数百冊は読んだと思います。

 

そして最終的に行き着いたのが、今回の特に
①「何の話をしているかをまず捉える」
②「情報を構造的に整理する」
③「頭の中で図を描く」
④「違う話をし始めたら、頭の別の場所でまた理解し始める」
この①から④までの内容だということが分かりました。

 

この情報を理解できたことで、自分の中で「理解する為の型」ができ、理解力を格段に高めることが出来ました。

 

そして理解力を高めることが出来たことで
「お客様の話が1回聞いただけで理解できるようになった」
「話が理解できるので、適切な解決策(ソリューション)を提供することできるようになった」
「相手の話の論点のずれを指摘できるようになったことで、周りから頭が良いと思われるようになった」
「複数の意見をまとめられるようになって、よりリーダーシップを高めることが出来るようになった」

 

といった副産物を得られるようになりました。毎日不安だった
「今日の話はまた理解できないんじゃないか/話についていけなかったらどうしよう」
「面会の話が理解できずに、先輩に聞き直したり、迷惑をかけるんじゃないか」
「お客様にご迷惑をかけるんじゃないか」といった心配もかなり少なくなりました。

 

理解力を高めることが、人生をよりよくするためのスタートといっても過言ではないくらい、この「理解力」は本当に重要なビジネススキルだと感じています。

 

当時の僕と同じように悩んでいる、この記事を見てくれた一人でも多くの方が、
「理解力」についての定義について把握し、「わからないことがわかる為の方法を知る」ための手助けが出来ればこんなにうれしいことはありません。

 

初めは、中々僕の話していることがわからなかったり、イメージしにくい方もいると思いますが、少しずつ実践していくことで、この「理解スキル」が向上していくのを感じることが出来ると思いますのでこつこつ、こっそり試しながら、取り組んでみてくださいね♪

 

なにかあれば、お問い合わせページから何でも相談してください♪
私に出来ることがあれば、何でもお答えさせていただければと思います。

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
また定期的にアップしていきますのでよろしくお願いします(^-^)

 

YURO

 

海外で就職できる人の特徴_vol.20

海外で就職できる人の特徴_vol.20

f:id:Enjoy_the_Earth:20190427163450j:plain

海外で就職できる人の特徴

みなさんこんにちは!「地球を味わう為のブログ」運営者のゆーろです。
いつもブログを見ていただいて本当にありがとうございます★★★

 

今回は第20回目ということで「海外で就職できる人の特徴」について書いていこうと思います。


あなたは留学後や、大学卒業後に就職活動を始めたり、日系企業からの転職をしている可能性もあると思いますが、「海外で就職できる人の特徴」とはどんな特徴があるのでしょうか?前回では「英語を使って働くための必須条件」という、海外で働くための基本状況についてお伝えさせていただきました。


まずはビジネス英語力が必要ということを記載させていただいていますが、まずはこちらの記事を参考に見ていただければと思います。

www.taste-the-earth.com

 

まず初めにお伝えしなければならないのは、英語が出来るからと言って海外の仕事につけるとは限らないということです。


あなたは、英語を幼少期から勉強をしていたり、留学などをして語学力をつけているはずだと思います。しかし厳しいことをお伝えさせていただきますが、はっきり言って英語を使った仕事に就職する為には、英語を話せるだけでは難しいでしょう。


日本国内、そして海外にはあなた以上に英語を話せる人はごまんといます。
そのほとんどが帰国子女の場合がほとんどです。そして海外の人も英語はもちろん、中国語など3か国語を話すことも当たり前です。

 

そういった相手に、あなたの強みを企業に証明しながら「他の人よりも自分の事を選んだほうがいいですよ!」ということをアピールしなければならないのです。

 

今日は

「どうしても海外関連事業に関わる仕事をしたい」
「海外で働く仕事に就職したい」という方にお伝えしていこうと思います。

 

 

1.海外で就職できる人の特徴

f:id:Enjoy_the_Earth:20190427154744j:plain

海外で就職できる人の特徴



まずはじめに、海外で就職できる人の特徴についてお伝えしていこうと思います。海外で就職できる人の特徴には色々な要素があると思いますが、いくつかある特徴について、順番に書いてみようと思います。

 

①語学力が高い


まずは語学力についてお話ししていこうと思います。やはり語学力が高い人材であるとことは、海外で就職する為の一定の基準としては非常に重要になります。どのように指標を図るかといいますと、やはりTOEICやTOFLEのような資格をまず判断基準にすると思います。


その他にも、海外展開に注力している国では、面接の中で英語で話す場面もありますしそういった場合、もちろん面接や選考会の中で英会話が求められると思います。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、最低限の英語の読み書き・聞き取り・会話が出来ることは、やはり海外で就職できる人の特徴の特徴になりますので改めて肝に銘じておきましょう。

 

②専門性が高い


次に、専門性の高さが重要であることについてお伝えしていきます。冒頭で、英語を話せるだけではだめだとお伝えをしていきました。

 

個々から説明をしていきますが、海外市場を任せるからには、やはり社会人としてほかの学生よりも知識を備えている優秀な人、企業の注力している事業に関しての専門性が極めて高いことが求められます。

 

当たり前ですが、企業からすると、思ったよりも採用と育成にはお金と時間がかかりますので、やはり専門知識を持っている学生の方がコストも時間もかからずすむので採用したいのです。


例えばメーカーの海外営業として働きたい場合、製造関連の技術について学んでいたり、機械工学や化学について学んでいたり、その他の専門領域について勉強している人と言うのはやはり希少価値が高くどの企業も欲しがります。


更に、専門知識に加えて、語学力が高い場合は、「現地法人の採用人材」として育成することが多く、仮にそうでなかったとしても、「海外事業戦略室」や「経営企画部部」などの部署にアサインされることが非常に多いです。いずれにしても専門性をつけるといったところは非常に重要になってきます。

 

③社会人基礎力が固い


3番目の特徴とはやはり社会人基礎力が高いと言うことです。この社会人基礎力を備えているというのは、一般常識、マナー、論理的思考力などを一定水準備えていることが挙げられます。


企業の人事担当の人はこれまで、年間何万・何十万の学生を見てきていますので、その学生の話し方や素振り、それからマナーなどを見ただけで面接を受けている学生のレベルといったところ大体把握することが可能です。(基本的に健全な企業というのは、人材のクオリティが会社のクオリティを決定することを知っていますので、採用担当には非常に優秀な人を選ぶことが多いのです)


なので、あなたの事をアピールするときに、特定の部分で強みを出していくことももちろん重要ですが、トータルな社会人基礎能力を考えたときに、人事担当の人から足切りの対象にならないことが重要です。実力があり、経歴が優秀であれば採用されるに決まっているという考えは捨てるようにしましょう。

 

④清潔感がある

 

次に清潔感についてお伝えしていきます。これは男性にも女性にも言えることなのですが、企業は、あなた自身を見て清潔感があるかどうかといったところをよく見ています。


エンジニアやメーカーの技術職のメンバーなどは、作業服を着て作業をしますので、そこまで清潔感は求められないと思いますが、少なくとも営業部、海外営業部や海外事業推進部、経営企画部、その他の海外に関わる部署、お客様の前に立つケースが非常に多いため、やはり清潔感といったところ一定を求められると思っています。

 

ダボダボの服を着ていたり、シャツやネクタイが閉まっていなかったり、靴やカバンなどが汚いと、企業の担当者としては選びにくいといったところを覚えておきましょう。


またこの清潔感に関しては、その人の知識や技術と言うよりは治せる部分だと思いますのでこういったところでマイナスにならないようにしましょう。

 

⑤熱意がある


続いては熱意です。これまで4つほど「海外で就職できる人」の特徴について書いていきましたが、採用基準として絶対に忘れてはならないのがこの熱意です。


もちろん企業の人たちは、数多くの学生の中から数名の仲間を選んでいくわけなので、やはり会社のことが好きで事業や製品のことを好きな人を正直なところ選びたいと思っています。


どれだけあなたの能力やプレゼン能力が高くても、そこに想いがこもっていなかったり、熱意が伝わらなかったり、他の会社と並行して考えているような雰囲気が見えてしまうとそこはどうしてもあなたの事を選ぶことが難しいと思います。

 

また、同じ能力の学生が2人いた場合、最終的な決定要因となるのは熱意1つです。事業側としては熱意のあるメンバーの方が、現状の能力が低くても、今後成長していくと言う可能性を見出しているので、最後の最後に何が決め手になるかと言うと熱意と言ったことになるのです。


つまりあなたが本当に海外で働きたいのであれば、「海外でなぜ働きたいのか」「自分を海外で働かせると会社にとってどんなメリットがあるのか」といったところを明確にしてとにかく暑い思いを伝えるようにしましょう。

 

しかしこの「熱い想い」と言うのは勘違いしてはいけないと思っております。中には本当に後明るくいろんなことに声を大きくしゃべってしまう学生がいますが、これはかえって逆効果です。

 

あなたの熱意があるのであれば、しっかり淡々と冷静にそれを伝えていくようにしましょう。

 

優秀な人事担当者であれば、あなたがその事業にどれぐらい熱意があるのか行ったといったところは、たとえあなたが内気でも、あなたが話している内容から察してくれることができます。

 

たとえ、あなたに本当に熱意ややる気があって、そこであなたの熱意に共感であったり、理解してくれない人がもし人事担当の場合は、その会社はあなたが行くべきところではないのですぱっと諦めてしまいましょう。

 

いずれにしても、海外で働く為には、国内で働くのと同じように、あなたの1番好きな仕事や分野を選ぶことが最優先です。

 

⑥大学時代の実績


大学時代の実績も、海外で仕事に選ばれる人の特徴としては重要です。例えば留学で●●の国で何年ビジネスを学んだとか、論文を海外で書いたとか、その他にも海外でのアクティビティーに従事しているといったところがあれば企業の人事担当者はあなたが本当に海外に興味があるといったところを理解してくれます。

 

また注意点が1つありますが、サークルで海外の人と交流や団体活動に取り組んだ出会ったりは、最近の学生はどこでもやっていることだと思いますので、あまり差別化要因にはならないと思った方が良いでしょう。何かしらのアクティビティーをすれば企業の人が興味を持ってくれると思ったら大間違いですので気を付けるようにしましょう。

 

大学の在学期間というのは3-4年間あるわけですから、本当に自分のやりたいことや。自分の行きたい企業を明確にして、戦略的にあなたの大学実績を作るようにしましょう。

 

⑦資格

 

資格の中で最も重要なのは海外の場合TOEICやTOEFLE、その他英検とにかく海外に関わる資格だと思います。また近年ではプログラミング関連の資格なども非常にニーズがあります。

 

いずれにしても、あなたを海外に連れて行きたい、海外ではから働かせても大丈夫だと思ってもらえるような資格を事前に持っておくことが重要です。

 

ただ1点、気をつけなければいけないのは、語学関連の資格に関しては帰国子女の場合ほぼTOEICであれば950点以上、TOEFLEの場合でも満点に近い点数をたたき出してきますので、中途半端な資格と言うよりも大手上場企業が求める位の点数を取ることを目標にやっていきましょう。中途半端な点数で全く効果がありません、かえって逆効果だと言うことを知っておいてください。

 

⑧成長性・可能性

 

あなたがもし成長性や可能性を感じさせる人の場合、海外の仕事に選ばれやすいと思っています。

 

これの成長性・可能性は大きく2つあって、

1つ目は「これまで自分の意志でいろんなことに挑戦をしたか」と言うことです。海外事業を進めていくときに、日本国内でビジネスをするのとは違って、非常に不透明なことが多いのが海外ビジネスです。

 

そんな中で、答えのない世界から自分の答えを導き出し、その答えが確かであることを論理的に証明するような力が求められていきます。そして正しい答えを導いていくためには、1度や2度のチャレンジでは成功していかないことがほとんどです。


そういった中であなたが何度も何度もチャレンジした経験と言うものは、非常に企業の担当者に好印象与えます。あなたの人生の中で本当に困難な状況を乗り越えたこと、それからなかなか難しい状況にチャレンジしていたことがあれば思い切って浴びるようにしアピールするようにしていってください。


もう一つは「継続力と逆境を力に変える力」です。企業の担当者と言うのはあなたのポケットポテンシャルと言うところを見ています。

 

そのポテンシャルとは何かと言うと、当たり前のことを当たり前のように努力できると言うこと。効率よく努力をできるということです。

 

たとえ新卒採用で入って今はなかなか実力がなくても、きちんと努力する能力が備わっていれば、何とかなると企業担当者は思っていますので、あなたの成長性を感じさせるアピールが出来るようにしておきましょう。

 

⑨学歴

 

最後にここでお伝えすべきかどうか迷ったのですが、学歴ももちろん海外の仕事に選ばれる人の特徴としては重要です。

 

海外の大学で4年間学んでいたり、留学経験があったりすると、もちろん日本で働い日本で学校に行っている人よりもはるかにアドバンテージとなります。

 

正直日本で働いて日本で勉強している学生が海外に興味がありますといってもなかなかイメージが湧きません。なかなか海外の大学で勉強すると言う事は割合としては少ないと思いますし、チャンスも少ないと思いますので、出来る限り学生時代に海外に留学すると言う経験はしておきましょう。

 

2.海外で就職する為にすべきこと

f:id:Enjoy_the_Earth:20190427162228j:plain

海外で就職する為にすべきこと

次に海外で就職するためにすべきことについてお伝えをさせていただきます。基本的にはここまで述べてきた「海外に就職できる人の9つの特徴」を手に入れるための努力をすればいいと思っています。

 

まずは語学力を上げると言うこと、それから自分の働きたい会社のイメージをまず明確にして、その入りたい企業が求めているような専門性を手に入れると言うことです。

 

また社会人基礎力は、自分が発言していなくても体の外ににじみ出ていくようなものになりますので、普段から読書や人と話すことを心がけて、読解力、コミニケーション能力、プレゼンテーション能力、論理的思考力などは意識して磨くようにしておきましょう。

 

就職活動時代は、自分とはレベルにならない位優秀な学生と相手にすることになります。そんな相手と戦っていくときに基礎能力がないと話になりませんので、まだ戦う土俵に立つことを心がけましょう。

 

それから大学時代の実績を作ること資格を取る事もチャレンジをしてほしいと思っています。またその資格は、他の人が取れなければ取れないほど良いものとなるでしょう。会社が求めているかつ、希少な資格を取るようにしましょう。

 

後は、地味に大切なことなのですが、海外に多く出張するもしくは海外で駐在ができる企業と言うのは、大手上場企業のメーカーのことがほとんどです。もしくは場合によっては商社なども非常に海外出張、海外赴任が多い仕事です。このような上場企業は何万人という学生が応募してきますので、必ず基礎学力テスト(SPI)が行われます。

 

お恥ずかしながら私はあまり基礎学力が高いほうではありませんでしたので、このSPIには非常に苦労しましたし、自分の可能性の幅を縮めてしまったことをとても後悔しました。

 

あなたは私のようにならないように、事前にSPIなどのできることには取り組んでおくようにしましょう。

 

3.どうしても海外関連のビジネスで働きたい人は

 

この記事を読んでくれている人の中には、どうしても海外に関わる仕事をしたい人が多いと思います。ただ正直みんなが海外の仕事にはじめから着くことは非常にハードルが高いでしょう。なぜなら、企業にはたくさんの先輩が毎年入ってきますし、その先輩から先に海外に行くことが多いからです。

 

そんな人が海外ビジネスに関わる為には「人気のない企業」「海外に進出しているけれどもめちゃめちゃニッチな会社に入ること」をおすすめします。

 

日本には先端技術を持っているけれども、人数が少ない零細企業が沢山あります。もちろん給料や福利厚生の事を考えると、少し悩むことが多いかもしれませんが、海外に行くということにフォーカスを当てた場合は、このような企業に行く方がはるかに海外に行ける可能性は高いのです。

 

そしてこのような企業に入ったからには自分が海外事業責任を負って、会社をよりグローバルな企業にするという熱い想いを持って仕事しましょう。小さな企業は意識の低い社員も多く、あなたのようなやる気のある人が重宝される場面が必ず多くなってきます。是非参考にしてみてください。

 

4.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190427154114j:plain

戦略的に海外ビジネスに関われる自分になろう!


ここまで海外で就職できる人の特徴についてお話ししていきましたがいかがだったでしょうか。


最初にお伝えしたと思いますが、英語ができるからといって、海外の仕事につけるとは限らないということを皆さん改めて覚えておいてください。

 

私の友人でも英語が大好きだったり、外国語学部に所属していた学生の友達がいますが、やはり社会人としての基礎能力が低かったり専門性が低かったために海外の仕事に就くことができませんでした。

 

それぐらい企業の担当者としては、海外の担当者を選ぶことに慎重になっていますし、
海外で働こうと思った場合、現地での採用といったところは私の知る限り5人から10人くらいのケースが多いため、ほんとに優秀な人材を生アサインしないといけないと言う状況なのです。

 

私の所属していた大学でもそうでしたが、漠然としたやりたいことがある人、それからやることがやりたいことがない人に関しても、最初はなぜか海外で働きたいといいます。しかし本当に海外で働くといったところは非常に難しい責任が求められるものなのです。

 

考えてもみてください。製品や業界の知識もないあなたに、ましてや海外を任せると思いますか。私が企業の役員であればほんとに相当なポテンシャルがない限りあなたを海外に生かせると言う事はなかなか少ないと思います。

 

その中でとは言え企業としては海外の人材といったところ増やしていかないといけない事は必須事項なので、少しでも海外に連れて行ける人の中にあなたの名前はなったり、頭の中にあなたのことがイメージされるようにできることが伝えられる自分になりましょう。

 

私の経験をお伝えさせていただくと、私もあなた達と同じように海外で働きたいと思っていました。しかし客観的に考えたときに、どう考えても帰国子女の方を選んだほうがいいと思ったし、今の自分のレベルでは、他の同期のメンバーが海外で働いた方が良いと客観的に素直に思っていました。

 

しかし、私が2 3年で、英語の能力ビジネス英語能力などを備えて、専門性やその他海外の知見みたいなところをしっかりと理解した状態で、また話をしていけば、他のメンバーよりも私の方が可能性が高いと思ってもらえるような状況を作り出すことが不可能ではないと考えていました。

 

そのため、少し他の人よりは遅いかもしれませんが、もし企業が海外の事業に自分をアサインするとすれば、自分にはどういう能力が求められるからといったところから逆算して、大学生活でコツコツ地道にできることを増やしていきました。

 

その結果、前職では5年間そもそも海外で働くと言うこともこの会社のなかったのですが、海外で働く事は最終的にはかないませんでしたが、次の会社では海外にどんどん飛び回れる自分になっています。

 

大学時代に、自分の能力を客観的に判断せずに、でたらめに海外の仕事がしたいですと企業に言っていたら、企業担当者からコテンパンにされて私は自信をしなっていたと思います。

 

もちろん海外で働くのは1年目から働けることがベストですが、現場夢を持っていながらそこまでの実力に足していない人は、3年後年10年スパンで海外で働けるようになれば良いと考え、着実に自分のできることを増やすことを心がけていきましょう。

 

そして、もしそのチャンスが仮に巡ってこない場合でも、その時にあなたは海外で働ける実力をつけている状態ですので、海外の機会が多い企業に転職すればいいだけのことです。

 

最後に、海外で働くチャンスが巡ってくるのは、本当にふとしたタイミングが多いです。そしてそのチャンスは人生の中でも何十回もあるわけではなく、本当にできるかできないかの場面で急にやってくることがほとんどでしょう。

 

そうなったときに、あなた自身が「迷わず連れて行ってください、自分ならできます」と答えられる自分になっているのか、「いいえすみません、私は今まだ英語であったり海外の知識みたいなものが備わっていませんので、今回は適任ではないと思います」
答えてしまうのかここが大きな分かれ目になってきます。

 

予測できないチャンスが急に巡ってきた時でも大丈夫なように、
1日でも早く、自分がいつ海外に行っても大丈夫なような知識や技術を身に付けるようにしておきましょう。

 

あなたが海外で就職出来たり、海外事業に関われることを心から祈っています。

なにかあれば、お問い合わせページから何でも相談してくださいね♪

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
また定期的にアップしていきますのでよろしくお願いします(^-^)

 

YURO

 

 

英語を使って働くための必須条件_vol.19

英語を使って働くための必須条件_vol.19

f:id:Enjoy_the_Earth:20190427001943j:plain

英語を使って働く

みなさんこんにちは!「地球を味わう為のブログ」運営者のゆーろです。
いつもブログを見ていただいて本当にありがとうございます✈

 

今回は19回目ということで「英語を使って働くための必須条件」について書いていこうと思います。

 

これまでは、留学に行くまでの流れや、留学に行くまでの準備について話をしていました。※留学に行くまでの手順が分からなかったり、不安を抱えている方がいれば、まずこちらの記事を読んでください。

www.taste-the-earth.com

 

そして第19回目からは、実際に留学に行った後に、


「どうすれば留学後に、英語を使って海外で働くことが出来るのか」
「海外で働くための必須条件とは何なのか」について話していこうと思います。

 

ちなみに私は、英語が全く話せないところから(TOEIC250点スタート)現在では、中国・東南アジアのエリアを中心に、近年では中東・アフリカのエリアなどで英語を使って仕事をしています。


6月も予定ではフランスなど欧州に出張に行く予定です。留学に行くまでは、正直、英語を使って仕事をすることなど自分自身想像もできなかったし、まさか自分にはそんなことは、絶対不可能だと心から思っていました。

 

よくある、人生逆転ストーリー的な話もよく見かけますが、私は偏差値50くらいの普通かどちらかというとあまりレベルも高くない大学を出ている普通の学生でした。

 

留学時代も、周りのメンバーは東大・京大・早慶関関同立などの優秀なメンバーばかり。授業も置いてけぼりでしたし(1番下か2番目に下のクラスに入った。笑)ほかのメンバーは1回目のTOEICで800点以上取る人もざらでした。

 

本当にうさぎとかめの実話のようですが、そんな私でもコツコツ努力をすれば、英語を使って海外で働くことが出来るのですから、ここからの記事を読んでくれるあなたも、英語を使って働くことを絶対にあきらめないでください。諦めなければ絶対に海外で働くことが出来るようになるので、我慢するときはしっかり我慢することが大切です。

 

しかし海外で働けるようになる為には、そんじょそこらの努力では絶対無理だと断言できます。そんなに簡単に海外で働けるほど社会は甘くありません。事実、自分で言うのもなんですが、僕は紆余曲折しながら、滅茶苦茶勉強して今の状況を手に入れました。

 

トロントに行ってからも、小・中・高校の勉強をしてこなかった遅れを取り返すといわんばかりに毎日語学・能力開発に向き合ってきました。毎日10時間以上はとにかく、勉強や英語を使っての会話を繰り返していました。それくらい語学力を修得するには時間を要するということでしょう。

 

今回の記事だけで、英語を使って働くための条件について、語り尽くすのは難しいので、複数回に分けて、項目ごとに実体験も踏まえながら、お伝えしていこうと思います。

 

繰り返しますが、今日は

「どうすれば留学後に、英語を使って海外で働くことが出来るのか」
「海外で働くための必須条件とは何なのか」といった悩みを持っている人を対象に書いていきます。

 

 

1.英語を使って海外で働くための必須条件

f:id:Enjoy_the_Earth:20190427004753j:plain

英語を使って働くための必須項目




まず初めに、「英語を使って海外で働くための必須条件」についてお伝えしていこうと思います。


皆さんは、英語を使って海外で働きたいと思っているでしょう。では海外で働く為には、一体どんな必須条件があると思いますか。

 

詳細についてお伝えしていく前に、まず大前提として、英語を使って海外で働く為にはビジネス英語力が高いことが必須条件になります。そして具体的に「ビジネス英語力」というのは、8つの条件を満たしていることだと考えています。それでは早速、順に説明していこうと思います。

 

①単語力・熟語力

まず初めの必須条件が「単語力」です。海外で働く為に、単語を覚えていなければ、そもそものスタートラインに立つことは出来ません。なぜなら単語を覚えていなければ、英語を理解することは出来ないからです。半面、ある程度の単語を把握していれば、英語についてある低理解することが出来ます。

 

文章の読解・リスニング・スピーキングいずれに関しても、単語を覚えていくごとに、あなたの英語力は伸びていく可能性が高いです。しかし、単語が自分の中で頭に入っていなければ成長することが難しいので、改めて単語(語彙力)の取得は妥協しないようにしましょう。

 

単語を覚えながらも取り組むことは「熟語力」の向上です。ビジネス会話では、熟語が頻繁に出てきます。何年たっても現地では造語が生まれていますので、理解できない熟語もしばしばです。また、この熟語に関しては、単語だけを耳で聞いていると全く意味が分からないようなものなので、いきなりわからない熟語が出てくると、会話の中で話が理解できなくなってしまう可能性があります。会話についていけるようにするためにも、熟語についてもきちんと勉強するようにしましょう。

 

②文法力

文法に関しても英語の場合は必須です。文法を理解することで、読解力を向上させることはもちろん、文章の構造を理解してわからない単語があっても文章を理解することが出来るようにあります。例えば「I have a ●●」という文章があったときに、動詞の後に来るのは名詞と覚えておけば、たとえばapple とかpenなど、続く単語を予測することが可能になります。文章読解には推測が不可欠なので、文法を理解することは、英語力を高めるうえで必須の項目なのです。

 

③読解力


読解力について説明していきましょう。海外で働く場合、読解力は必須です。

 

ビジネス文書はもちろんですが、英語で読んでいく必要があります。文章といっても、製品紹介パンフレットであったり、契約書関連を読まなければならない場合もありますし、その他にも海外とメールのやり取りをするときも英語の文章を読まなければなりません。

 

その他にも新聞を読むときはもちろん英語ですし、やWEB上で検索するときも英語で文章を読むと思います。特に英語で検索した情報量は、日本語の検索情報量とは比べ物にならないため、英語で調べて英語を読むということはビジネスの中で間違いなく求められます。英語を読む場面が毎日訪れるからこそ、本当にこの読解力は必須な能力の一つです。

 

④リスニング力

リスニング力も英語を使って海外で働く為には必ず必要になる条件です。コミュニケーションとは、もちろん自分が話すだけでは十分ではありません。ビジネス会話では、相手の話していることを理解できて、初めて会話の土台に立っているといえます。

 

傾聴力という言葉がありますが、きちんと相手の言葉に耳を傾けることで、あなたは相手のことをよく理解できるようになります。また傾聴することで、相手にも自分のことを信頼してもらえるようになります。

 

しかしリスニング(傾聴)が出来なければ、数々の困難を引き寄せることになってしまいます。例えば、契約内容に誤差が生まれたり、英語がわからないと思われて信頼してもらえなくなります。

 

その他にも、営業メンバーの方の場合、話を理解できないまま提案を行うので、相手のニーズを把握できないまま(把握できたと思っているけれども全然焦点があっていないなど)提案するか帯になってしまうので、そういったことを避ける為にも、トレーニングをして完璧に英語を聞き取れるようになりましょう。

 

⑤発音


次に発音です。よく英語を話すときに「発音は関係ない」という人がいると思います。
そういった考えも間違いではないですし、もちろん、わかりやすい英語できちんと話すことが出来れば発音がそこまでうまくなくても、最低限はオッケーだと思います。

 

しかし、個人的には

「とはいえ、きちんとネイティブの発音が出来たほうがビジネス機会は生まれる」
「読んだり、聞いたりできるなら、ネイティブレベルで発音することも出来るだろう」というのが僕の結論です。

 

レーニングすれば発音は必ずうまくなるのに日本人は中々発音に取り組もうとしません。発音に関しては頭というよりどちらかというと運動神経の方が関わっている為、頭が良い人でも挫折してしまう場合が多いのです。いくら頭が良くても、自分の思ったように口を動かすことが出来ないので、発音がうまくならないのです。

 

僕の場合は「日本人の発音ってなんでこんなに下手なんだろう」という思いから色々な研究をしていきました。調べてみると、日本語の発音と、英語の発音というのは口の動かし方が根本的に違う為、きちんとした口の使い方から勉強する必要があるのです。

 

野球を例に例えると、走り方や、投げ方を最初に教わるのと同じように、英語に関してもまず基本となる口の動かし方や、発音記号を勉強しないと話にならないのです。

 

ちなみに僕は発音に関して勉強するときは「発音記号」から始めました。
単語帳には単語の記載がありますが、そんな時に発音記号を理解しながら読むと
発音は普通に練習しているよりもはるかに上達していきます。日本人が最もあきらめがちな発音ですが、必ず克服して、海外での勤務のチャンスをもらえるように頑張っていきましょう。

 

⑥コミュニケーション能力

次にコミュニケーション能力についてです。コミュニケーション能力とは、中々定義化されていませんが、相手に物事を理解させたり・説得する力であったり、他者を巻き込んだり、論理的に伝える力であったりします。

 

日本人で海外の人に対して、コミュニケーションに課題を抱えている人は多いです。しかし、不幸にも海外では自分の意見を正確に伝えていく必要があります。海外では自分の意見をはっきり論理的に言わなければ相手には理解してもらえませんし認めてもらえません。

 

「自分はこう思う。それは●●な理由である」と自分の意見を述べるようにし、なぜその答えになったのかという裏付けはいつもきちんととるようにしておきましょう。

 

⑦プレゼンテーション能力


海外ではよくプレゼンテーションが行われますが、プレゼンテーション能力が高く求められます。社会に出ても営業や報告会はいわばプレゼンテーションの為、プレゼンテーション能力が社会に出た際に求められているのを身を持って体験しているからです。とにかく現地ではあなたのスピーキング力がモノを言います。スピーキングがあなたの印象を決定づけ、将来チャンスをもらえるかどうかを決定する大きな要因であることを理解しておいてください。

 

声の大きさ/聞き取りやすさ/話の分かりやすさ/熱意などを磨くことで、あなたの事を回りがどんどん認めてくれるようになります。様々な要素が求められるスピーキング力をつけていくことであなたの海外就職の現実味は大きくなると思います。

 

⑧異文化概要(文化や歴史・商習慣・食習慣)理解力


英語能力とは少し離れていますが、「異文化理解能力」を高めることが、あなたが海外で働く為には必要になります。

 

例えば、あなたが中国やアメリカのビジネスプロジェクトにアサインされたときに、あなたは現地のマクロ情報からミクロ情報までを理解することが出来ているでしょうか?

 

もっとわかりやすく言うと、国の歴史や文化、商習慣や食習慣、人気の食べ物であったり、栄えているビジネス。人の性格はどのような特徴があるのかであったり、政府の方針などについて理解できているでしょうか?

 

よくPEST分析というものを海外進出の際に使うのですが、
P:politics(政治的な情報)
E:Economics(経済的な情報)
S:social(社会的な情報)
T:Tecnology(国家の技術や技術トレンド)などについてはもちろん現地でビジネスをするのであれば理解をしておく必要があります。

 

⑨現地留学・滞在経験

 

最後にm注力しているエリアに「行ったことがあるか、滞在経験があるか」どうかが重要です。


プロジェクトメンバーを決めるときに、会社としては、ビジネス進出エリアに詳しいメンバーを選びたいというに決まっています。そんな時に、もしあなたが進出エリアに住んでいたとしたらそれは大きな強みになります。


しかし、現地に住んでいるだけでは不十分で、⑦の国の概要について知っておく必要があります。ただ現地で話すことが出来るからと言って、ビジネスでアサインされることはないということを肝に銘じておきましょう。

 

3.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190427011301j:plain

英語を使って働く為に、努力し続けよう。


ここまで英語を使って働く為の必須条件についてお伝えしていきましたがいかがだったでしょうか?自分の中で、この能力は備わっているけど、ある能力は備割ってないなーといったことがあると思います。

 

私は年間で数百社の上場企業の海外事業担当者の方のお話を聞かせていただきますが、
正直日本人でこの上の能力をすべて備えている人は、本当に少ないというお話をよく聞きます。それくらい全ての能力を備えるには時間がかかるのです。


他にも必要な条件があるので、もちろん私も、この記事を見ているあなたもまだまだ自己研鑽を続けていかなければなりません。次回の記事でも書かせていただきますが、ビジネス英語力が高いことは必須の能力ではありますが十分ではないということです。

 

しかし逆を言えば、海外で働くための8つの条件を一つでも多く身につけることが出来れば、あなたは非常に国内では価値のある人間の第一歩を踏み出すことが出来ます。そして人と違った多くの経験を積むことが出来るようになるでしょう。

 

所属しているプロジェクトの人選から外されない為にも、最低限の条件は満たしていけるようにしましょう。

 

海外で働くと不断感じることが出来ないビジネスの難しさであったり、各国のビジネススピードやコミュニケーションの傾向など様々な事を学ぶことが出来るようになります。その経験はあなたの社会人生活にとってかけがえのないもの似なることは間違いありません。あなたの海外でのチャンスが広がっていくことを心から応援しています。

 

なにかあれば、お問い合わせページから何でも相談してくださいね♪

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
また定期的にアップしていきますのでよろしくお願いします(^-^)

 

YURO

留学・ワーホリに行くまでの手順・準備まとめ_vol.18

「留学/ワーホリ実現」の手順・準備まとめ_vol.18

 

f:id:Enjoy_the_Earth:20190425232319j:plain

留学・ワーホリを実現する為の手順・準備

第18回目ということで、【完全版】最初から最後まで分かる留学・ワーホリの準備というテーマで記事を書かせていただきます。

 

留学をしようと決断をしたはいいものの、

「留学・ワーホリに行く為の手順がわからない。。。」

「留学・ワーホリに行きたいけれど、何を準備すればいいのかわからない。。。」

 

こんな人はいませんでしょうか?何を隠そう、私はその中の一人でした。勇気をもって留学を決心したはいいものの、何をすればよいかわからない。どの様な準備すればよいのか全く分からない。本当に何も見えない中を泳いでいるかのようでした。

 

周りには留学をしている人もほとんどおらず、ネットで調べるということも一般的ではありませんでした。※そもそも僕の情報収集能力が極端に低いということもありますが…。また、当時は今ほど留学まとめ的な記事もありませんでしたので、もし情報収集をしようとしても今ほど情報はなかったように思います。

 

あの時、色々な情報がまとまっていたらどれだけよかったかということを本当に感じています。これまで、単独記事をたくさん書いてきましたが、留学に行くまでのすべてを書いていこうと思います。

 

今日は、あの時の留学・ワーホリに行きたいけれど情報がなくて困った自分。そしてこの記事を読んでくれている、同じように悩んでいる、

「これから留学を考えている方」

「留学/ワーホリに行きたいけれど、行くまでの手順が分からない」というあなたに向けてあなたが困らないように、

 

「このような順番で、色々な準備をしていけばいいんだよ」という記事を書いていこうと思います。

 

1.留学・ワーホリの為の手順・準備

f:id:Enjoy_the_Earth:20190425232558j:plain

留学・ワーホリに向けた手順と準備
①チケットを取る

まず最初に「チケットを取ってしまう」のが、留学の夢を実現する一番の近道です。留学を実現したい人は、とにかくフライトをとってしまうようにしましょう。

 

もちろん、留学に行く前の情報収集も重要だと思いますので、留学エージェントに行ったり、留学資金をためたり、休学届を提出した後にチケットを取ることも大事ですし、可能ですが、個人的な経験からすると、やはり一度チケットを取ってしまうと、後に引けなくなるので、留学が現実味を帯びてきますし、留学までに取り組むべき内容について非常に集中できる為、おすすめしています。

 

航空券の取得の方法は以下の通りです。HP上で、

「羽田 トロント 航空券 比較」/「カナダ トロント 航空券 最安」などで入力していくと、様々な航空券比較サイトが出てきます。比較サイトを見ていくことによって、一番安い航空券を選ぶことが出来ます。

 

https://blog.the-abroad.net/entry/airticket-cheapness-comparison

航空券の比較についてはこちらのページを参考にしてみてください。

 

 

僕の体験談ですが、このチケットを取るまでが一番億劫になります。このチケットを取るまで、

「本当に留学に行けるのだろうか」とか

「自分はいったい何から始めればいいのだろうか」と色々な事を考えていました。

本当に、このチケットを取るまでの期間が、一番もじもじしていたと思います。

 

しかしいざ、日にちを決めて航空券を取ってしまうと、今まで感じていた悩みが一気に吹き飛びました。「これで本当に後に引けなくなった」ととても身がしまる思いがしたのと同時により留学が自分の中で現実時見てきました。

 

そして、チケットを取った瞬間から、更に色々な情報が自分の中に格段に入ってくるようになりました。今思えば、なんで少しでも早くチケットをとらなかったのだろうと後悔したのを覚えています。むしろこの①のチケットをとることさえできれば、後は何とかなります。最初の段階でつまずかないように、是非勇気を出してチケットを取ってくださいね♪

 
②留学エージェントの決定

次に留学エージェントの決定です。留学エージェントはあなたに代わって、航空券や学校、ホームステイ先の手配を行ってくれる業者です。費用は掛かりますが、あなたに代わり手際よく、留学までの準備を進めてくれるので本当におすすめです。

 

実際に私も留学エージェントを活用していましたが、留学エージェントの話を聞いたことによって、留学に関するアンテナを非常に強く張るきっかけになりましたし、留学エージェントに話を聞くと、自分の興味のあるエリアに関する情報や、同じように海外留学や、ワーホリを行って人の体験談を聞けるので効率よく情報収集を行うことが出来ます。

 

なにより、留学エージェントにお金を払うことで、「留学をやめる」という逃げ道がなくなるので、あなたの留学の夢を決定づけてくれます。僕の場合これが何よりのメリットだったかなと思います。

 

「留学エージェントのメリット・デメリット」や「おすすめ留学エージェントの選び方」については過去の記事にまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

 【留学エージェントのメリットとデメリット】

【厳選!おすすめ留学エージェント4選】

www.taste-the-earth.com

 

いずれにしてもあなたが、留学エージェントを使うか、使わないかに関わらず、必ず留学エージェントに話を聞きに行くことは強くお勧めします★

 

③住む場所を決める

次に、住む場所については留学エージェントに決定してもらうのか、あなた自身が決めるかにかかっていますが、本当に住む場所は、自分にストレスをためないために絶対に妥協してはいけない部分です。

 

もっと言うと、あなたが留学エージェントを活用する場合も、この住居に関しては徹底的に条件を伝える必要があります。学校から家までの距離、ホストファミリーの国籍や母国語、ホストファミリーの仕事内容や宗教まで、実は検討しなければならない項目は数多くあるのです。

 

過去のブログでもお伝えしましたが、私の場合、トロントに留学した際の最初の家が学校から1.5h-2hくらいかかっていたため、本当に心身ともに疲弊してしまいました。結局1ヶ月で1件目の家を出ることになってしまいましたので、あの時、なんでエージェントにもっと色々な条件を自分で提示しなかったのだろうと本当に後悔しましたから。。。

 

繰り返しますが、あなたの留学・ワーホリに大きな影響を与える「住居」に関しては、私の失敗も含めて、選び方を書いていますので必ず確認するようにしてください。

 

【ホームステイ先の選び方】

www.taste-the-earth.com

 

④学校を決める

住居と同じく、あなたの留学生活の質を決定する学校は、最も注意を払いながら選択していく必要があります。

 

いくつか学校を決める際に重要な要因はありますが、例えば「世界各国の学生と触れ合える」なるべく「ビジネスに関する授業」があり、「レベルの高い学校に行く」ようにし、反面、「日本人が多すぎる学校」に行ってしまうと、私の経験でもありましたが、どうしても人間は弱い生き物なので日本語を使ってしまう為、そのような学校は避けるようにしましょう。とにかくその場所に関しては一切妥協しないようにしましょう。

 

⑤留学資金をためる

次に留学資金の貯めるフェーズです。裕福な家庭であれば、あなたの両親が学費を出してくれると思いますが、一般的にはそのようなことは少ないのではないでしょうか?「自分の夢を実現したければ、自分でお金を稼ぎなさい」と言われるでしょうし、僕自身も自分のお金で行った留学の方がはるかに自分の身になるという確信はあります。

 

お金を貯めていく特に、この記事を見てくれているあなたはアルバイトをしていると思いますが、どのようなアルバイトをして、留学資金を貯めているでしょうか。留学資金を最速で貯める為にも方にも、戦略的にアルバイトを選ぶようにし、なるべく無駄な時間を減らして、効率よく留学費用を貯めていかなければいけません。

 

僕も大学時代は4つのアルバイトを掛け持ちしながら月に2-30万円ほど稼いでいましたので、その経験を生かした「留学費用の貯め方」と「高収入アルバイト」の記事を参考に、効率よく留学資金を稼ぐようにしてください。

 

【失敗しない、おすすめアルバイトの選び方】

www.taste-the-earth.com

【高収入なアルバイト9選】

www.taste-the-earth.com

 

 

⑥パスポートの申請を行う

次に海外に行く為には、どこに行くにもパスポートは必須です。そこで次は、パスポートの申請方法についてお伝えしていきます。まずは書類を揃えていきます。基本的にパスポートは、ダウンロード版の申請書、もしくは手書きで申請することができます。

 

余談ですが、申請書は5年間有効なものと10年間有効なものに分けられています。あなたが今後、頻繁に海外に行くようであれば10年間有効なパスポートをお勧めします。理由は、海外に行きたくなったときに、意外とパスポートの期限が切れていたり、旅行に行きたいときに限って、更新日が迫っていることがある為です。

 

また5年間のパスポートにした場合、そこまでスパンが短いとは言いませんが、各回の更新の手間を省くためにも、お金に余裕があるようであれば(数千円の違いなので気にする必要もなし)10年期限のパスポートにしましょう。1次的な手間を今かけておくことによって、今後10年間パスポートに無駄な時間をかける必要がなくなります。

 

次に戸籍謄本を1通用意します。戸籍謄本に関しては、申請日前から6ヶ月以内に作成されたものでなければなりません。この戸籍謄本はパスポートを申請するために必ず必要なので忘れずに持っていくようにしましょう。

 

最後に、住民票の写しを1通用意します。その他にも、写真と本人証明ができる何かを持っていくようにしましょう。(例えば最近で言えばマイナンバーカードや運転免許証など)

 

パスポートを申請をするときは、自分が住民登録をしている県のパスポート申請窓口で申請するようにしてください。申請をしてからパスポートができるまで大体1週間位かかりますので、渡航日が迫ってきている人は、前もって申請しておくようにしましょう。

 

詳しいことについてはこの外務省のURLに記載がありますのでチェックしながら提出するようにしてください。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_2.html

引用元:外務省によるパスポートの申請から受領まで

 

さぁ、ここまで、できればあともう少しで留学と言う舞台が待っています。じゃんじゃん次に進んでいきましょう。

 
⑦留学に持っていくものを揃える

次に、「留学に持っていくモノ」について書いていこうと思います。留学というのはご存知のように、長期間海外にいますので、いざ留学に行ってみると結構忘れ物することがあります。

 

近年では日本製のものも海外でよく見かけるようになりましたが、場所によっては未だに日本で買えるもの(メイドインジャパン製品)が海外で買えない場合も結構ありますので、日本で準備できるものは事前に準備しておく必要があります。

 

特に勉強道具などは必ず多めにもっていくことをおすすめしています。例えば私が留学していたトロントの場合、日本語の教材が多くあるわけではないので、あらかじめ日本側で情報収集しながら勉強の教材を多めに持っていくようにしていました。それでも毎日必死に勉強していくと、単語帳・熟語帳・テスト形式の教材も何往復も学習をするようになりますので、出来れば複数種類の教材は現地に持っていくようにしましょう。

 

その他にも、たくさん持っていったほうがいいものがありますので、過去の記事を参考にしてもらえればと思います。私の場合、職業柄結構な回数海外に行くことがありますので、その都度「持っていくモノ」について考えていると時間が足りません。

 

そうならないためにも、毎回、自分の中で「持っていくモノ」をアプリに入れていますので、忘れ物がないような仕組みを作るようにしています。

 

過去の記事に留学・ワーホリにもっていく必需品とオススメについて書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【留学時の持ち物・必需品まとめ】

www.taste-the-earth.com

 

⑧休学届の提出

最後に休学届けの提出です。私も大学時代は3年生時に1年間休学をしてカナダのトロントに留学をしました。

 

当時は1年間も休むと、就職活動に影響が出ると言われていましたが、正直な話に全く影響ありませんでした。あなたが留学で様々な能力を身に付けて、日本社会にとって必要な人間になって帰ってきたのであれば、必ず企業側はあなたのことを採用してくれるので心配いりません。

 

私は仕事柄、上場企業のメーカーの部長と話をする機会が多いのですが、今は完全に売り手市場で、優秀な学生にはどんどんチャンスが巡ってくる時代と確信しています。日系企業は海外進出はどこの会社も既にしており、これからは各企業、現地語が話せる人材を現地専門要員として育て、より海外拠点の売上を開拓したいと考えているのです。

 

なので、躊躇せずに留学と言う選択肢を選ぶようにしましょう。大学の同期と卒業が1年間ずれることになると思いますが全く関係ありません。留学に行った僕からすると、留学に行かない理由は一切ありません。留学はそれくらいあなたの人生に影響を与えてくれるのです。

 

この留学の1年間は在学している時よりもはるかにあなたにとって重要な1年になりましあなたのことを成長させてくれる事は間違いありませんので、たった1回の人生後悔することなく今にしかできない判断を選択するようにしてください。

 

2.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190425233053j:plain

さあ!新しい一歩を踏み出そう!!

ここまで【留学・ワーホリの手順と準備】と言うテーマで記事を書かせていただきましたがいかがだったでしょうか。

 

私も最初は留学に行こうと決断した時から、本当に何をすればいいのか分からない状態からスタートました。そして紆余曲折を繰り返し、少しずつ様々な情報収集しながら、もちろん失敗もしながら徐々に準備をしていきました。

 

今回の記事は、私が留学に行くまでに取り組んだ内容や、準備の内容について書いていますので、①から⑧までの取り組みの順番に行うことで、あなたは迷うことなく、問題なく留学に行くことができるでしょう。

 

一つ一つの準備を進めていくことで留学に対しての現実味が増していき、毎日が楽しくてしょうがなくなります。不安もあると思いますが、その不安を楽しむくらいの気持ちが必要です。

 

少なくとも私はここに書いてある順番で留学を見に行くことができましたので、実績として1つの参考にしてもらえれば幸いです。

 

最後に、ここまで「留学・ワーホリのメリット」「留学エージェントの選び方」、「ホームステイ先の選び方」、「留学費用の稼ぎ方」、「留学時の持ち物」など、留学に向けたあらゆること必要事項についてお伝えしていたいきましたが、ここまでの情報があれば後はあなたが決断するだけです。

 

どれだけの情報があっても最終的にあなたが決断しなければ、留学と言う夢を実現することができません。どれだけ他の人にいろんな情報を教えてもらっても、それを生かすか生かすことができないかはあなた次第なのです。

 

私の経験上、自分が不安や恐れを感じながらも挑戦したことに関しては、必ずそれと同じか、それ以上の成長が待っていたように思います。

 

不安や恐れを感じる時こそが行動すべき一番のタイミングなのです。不安や恐れを感じた時が絶好のタイミングなのです。どうかそのタイミングに気づき、自分からチャンスを離さないようにしてください。

 

この記事を見てくれているあなたは少なくとも、後悔することなく自分の夢に向かっていっぽ踏み出してもらいたいと思います。

 

この記事を読んでくれた方は、最初にお伝えをしていた留学、ワーホリと言う夢を叶えていることを心から期待しています。

 

なにかあれば、お問い合わせページから何でも相談してくださいね♪

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
また定期的にアップしていきますのでよろしくお願いします(^-^)

 

YURO

留学費用を最速で貯蓄する方法_vol.17

【留学者必見‼】留学費用を最速で貯蓄する方法_vol.17

f:id:Enjoy_the_Earth:20190424221429j:plain

留学費用を最速で貯蓄する方法

「地球を味わうコンサルタントのブログ」運営者のゆーろです。

今回は第17回ということで【留学費用を最速で貯蓄する方法】についてお伝えしていこうと思います。


ここまで、留学エージェント・学校・家の決め方についてお話をしてきました。※ここまでのお話について読んでない方は、合わせて是非この記事も参考にしてください。

www.taste-the-earth.com

 

今回は、具体的に留学に行く為に「留学費用を貯しくする方法」についてお伝えしていこうと思います。

 

この記事は
「留学に行きたくて、その為に留学資金を最速で貯める方法が知りたい」
「留学資金を最速で貯める為に、他の人は何をしているのか知りたい」
「留学資金をためる為にやってはいけない事」について書いていければと思います。

 

ちなみに僕は大学3年生の時にカナダに1年間留学に行きましたが、
留学資金の130万円を大学時代に貯めて、全額自費で行きました。

 

他の学生が飲み歩いているときに、実はコツコツ夢の為にお金を貯めていました。

正直大変な事や我慢すべきところもたくさんありましたし、自分だけなんでこんなことしてるんだと、涙に明け暮れたこともあります。


バイトのし過ぎで、ヘロヘロの状態が続いたこともありますし、メンタルがやられそうになったことも何度もあります。

 

それでもようやく、自分で最後まで貯めたお金で、初めてカナダの地に立った時の感動は今でも忘れられません。初めて、カナダの地に訪れた時、極寒の中吐く息は白く、当たりは自然が広がっており、あのイメージ通りの家が並んでる感じでした。


リスとかも普通に走ってて、「これがカナダかー!!!」と思ったことを鮮明に覚えています。

 

この「留学資金を貯める」という挑戦は僕にとって、大切な勉強になりました。
それは社会人になった今でも、大変役立っています。

 

とにかく大学で「お金を貯めて、自分の夢を実現する能力」を身につけることは
社会人になっても必須項目です。

 

例えば「海外に行きたい」「投資をしたい」「車や家を買いたい」といったときも
この「お金を貯める力がなければ、何も成すことが出来ないからです。

 

社会人になっても、必ず必要となる「費用を貯蓄する技術」を
「留学費用を最速で貯蓄する方法」というテーマでお伝えしていこうと思います。

 

 

1.留学費用を最速で貯蓄するシンプルな法則

f:id:Enjoy_the_Earth:20190424221342j:plain

留学費用を貯蓄する為の法則はとてもシンプル。

まず最初に留学資金を最速で貯めるシンプルな方法についてお伝えしていきます。

それは何かというと「稼いだ以上にお金を使わない」ということです。

 

シンプルすぎて拍子抜けした方もいらっしゃると思います。しかしこれが真実です。もう少しわかりやすく言いますと、「稼いだお金から、全ての支出を引いた金額が【プラス】になるようにする」ということです。

 

例えば、月に25万円稼いだとして、家賃・公共料金・携帯代・移動費・食費・交際費の合計が20万であればあなたは既に5万円が貯められるということです。

 

お金を貯めることが出来る人はこの真実が徹底できているのです。そしてより稼ぐことが出来るようになるよりも、より支出を抑えることが出来るようになったほうが、圧倒的にお金がたまるサイクルに入ることが出来ます。

 

あなたがもし留学費用を貯蓄したいのであれば、このシンプルに「お金を稼いで、稼いだ以上に使わない」ということまず一番に覚えておいてください。

 

2.留学費用を最速で貯蓄する3つの方法

f:id:Enjoy_the_Earth:20190424222144j:plain

留学費用を貯蓄する為の3つの方法


次に留学資金を最速で貯める方法についてお伝えしていこうと思います。
ポイントは大きく3つあります。それは

 

①稼ぐ金額を増やす(時給を上げる)
②稼ぐ量を増やす(量の増加)
③支出を減らすということです。

それぞれ順番に説明していこうと思います。

①稼ぐ金額を増やす

まず初めに、給料を上げる為にやるべきことは①稼ぐ金額を増やすということです。

これはどういうことかというと、「アルバイトの時給を上げる」ということです。

 

例えばあなたの時給が100円上がったとします。「100円くらいでしょー」と思う方も正直いるかもしれませんが、これをアルバイトが例えば5時間だったと考えると500円も違うわけです。

 

考え方によっては、お昼ご飯一食分、本当に節約している人であれば1日分の食費も賄えるくらいですよね。あなたが留学に長期で行くとき、留学の終盤はとにかく金欠の状態が起きます。これが本当に辛いんです。僕も「学生時代にこんなことになるならもっと貯金しとけばよかったー」と何回思ったかわかりません。

 

働く時間が長くなればなるほど、時給の影響は大きくなり、更に1年2年と積み重なれば、もっと給料の差は大きくなって現れます。


「塵も積もれば山となる」という言葉のとおり、小さな積み重ねがやがて大きなものになりますので、時給100円アップというところにこだわるようにしてください。

 

注意しなければならないのが、100円の給料を上げようと思うと、アルバイトの場合結構大変だということです。例えば経営がうまくいっていない企業の場合、「あともう少し頑張れば給料があげれるんだけどなー」とか「店が厳しくて今は中々給料があげてもらえないんだよなー」という話をされるケースをよく聞きます。

 

あなたのたった一度の学生生活を、企業のせいで無駄にすることは本当にもったいないので、給料を上げる為にあなたが注意すべき以下の事を覚えておいてください。


❶基本給が高いところ(スタート段階から給料が高い)
❷経営状況が良い会社のアルバイト
❸コミッションがアルバイトを選ぶことが大切だということです。

 

初めから給料が高いアルバイトを選んでおけば、給料が下げられるということはあまり聞きませんので、「時給を上げなきゃ」と肩ひじを張る必要がなくなりストレスの軽減につながります。

 

給料が高いアルバイトはもちろん難しかったり人気の無かったりすることが多いのですが、いずれにしても給料を払えるという観点からすると、健全であるということは間違いありません。

 

働くときには主導権をしっかり握って働くようにしましょう。

 

②稼ぐ量(回数)を増やす


次に「稼ぐ回数を増やす」ということです。当たり前ですが、毎回同じ時間を働くのであれば3日より5日間働く方が稼げます。とにかく留学を目標にしている間は毎日働くことを意識しましょう。私も月に5-6日は必ずバイトに入るようにしていました。

 

毎日アルバイトに入るためには「人が足りていない」「自分がいないと店が回らないようにする」等の環境を作るとよいと思います。あなたが絶対にアルバイトに入らないと店が回らない状態を早い段階で作り上げるのです。


例えば、居酒屋の場合、店長がやっている仕事・店長にしかできないを全部教えてもらい、代わりに自分がその業務をできるようにします。それだけ店長の時間は空くわけですから常にあなたがいたほうが良い環境が生まれます。ほかのアルバイトよりもあなたの価値があるわけで、自然とあなたがアルバイトに入る確率は高くなります。そうなればこっちのもので、あなたは毎日アルバイトに入ることが出来るでしょう。

 

もう一つおすすめなのは「アルバイトを複数かけ持つ」ということです。こうすると何が良いかというと、他のバイトに行っていると察した店長がよりアルバイトに入れてくれるようになります。

 

ちなみに私は「居酒屋」「ブライダルスタッフ」「イベントスタッフ」「高級モールでのケータリング」のアルバイトを4つかけ持っていました。

 

「居酒屋」は平日の学校終わりに無駄なく毎日遅くまで働くことが可能になります。「ブライダルスタッフ」は土日に10時間以上ほぼ入ることが出来ていたので、土日で4万円弱稼ぐことが出来ます。仮にブライダルのパーティがないときは、他のイベントスタッフのアルバイトであったり、ケータリングサービスに入ってより高額な給料をもらうようにしていました。

 

ここで私があなたにお伝えしたい大事なことは、あなた自身がオーナーや店長に対して「お金を稼ぐためにとにかく毎日アルバイトに入りたい」ということを伝えることです。そして「しっかり稼げないならやめる覚悟を持っている」ということを伝えることです。

 

そうすることで、真っ当なリーダーであればもっと働きたいというあなたの熱意を感じて、もっとアルバイトに入れてくれるはずですし、あなたの事を手塩にかけて育ててくれることでしょう。いずれにしても、時給を増やした後は、回数を増やすことを心がけましょう。

 

③支出を減らす

最後に③支出を減らすことについてお伝えしていきましょう。この③番が、一番大学生が苦手な事です。私もここの部分で一番苦労しました。大学生でも比較的稼ぐことは可能な人が多いのですが、このお金の管理が出来ない人が圧倒的に多いです。


特に男性は女性に比べて非常に貯蓄が苦手な人が多いと感じています。以下に支出が増える原因についてお伝えしていこうと思います。


【支出が増える原因】
■自分でお金を引き出せてしまう
支出が増えてしまう理由はいくつかありますが、私自身の経験から話すと支出が増える理由は「口座のお金を自分で引き出せる」ということにあります。

 

自分が稼いだお金だという理由で、お金が無くなっては口座から引き出すという癖がついているとまずお金はたまりません。何を隠そう私がこのダメパターンでずっと生活していたので、その時は全くお金がたまらなかった経験をしているからです。

 

まずお金を貯める為の第一ステップは「自分で引き出せる口座をなくす」ということです。そういったことを回避する為に両親に預かってもらったり、一定額まで引き落としが不可能になる「定期預金」に取り組むことで自分でお金を引き出せない環境を作り出しましょう。

 

■給料が手渡しの場合は要注意
給料の支払われ方が「手渡し」の場合と「口座振り込み」の場合があると思いますが、
「手渡し」の時は注意が必要です。財布にお金があると、まだお金があると錯覚してしまい無駄な出費を行ってしまう可能性が高くなります。基本的に給料は「定期預金口座」に振り込むようにして、ぎりぎりの生活を行いましょう。

 

■固定費が高い
固定費が高いことはあなたの支出を大きく増やしてしまう要因となりますので注意が必要です。たとえば固定費で支出の大部分となるのは
❶家賃
❷公共料金
❸通信インフラ(携帯代・Wi-Fi代)
❹交通費といったところがあげられますので、この4つの固定費はとにかく下げることが必須です。


特に❶については安い物件に住むようにしましょう。※実家がある場合は迷わず実家から通うようにしましょう。僕の経験上、実家暮らしであれば当時の倍は貯金できたと感じています。

 

また❸の通信インフラも重要です。今では楽天モバイルUQモバイルなど格安SIMを購入することで通信代金も格安に抑えることが可能です。学生時代はラインをしたりYouTubeを見たりするくらいだと思いますので、削れるものはとにかく削るようにしましょう。

 

❹に関してはとにかく一人暮らしの場合であれば大学から近場に住むようにしましょう。そうすることで家賃も安く抑えることが可能になります。

 

変動費がかさんでいる
変動費も、あなたの支出を増やしている大きな要因です。例えば変動費の中で大きなものといえば
❶食費
❷交際費(不用意な飲み会/彼氏彼女へのプレゼントや各イベント)といったものがあります。

 

❶食費に関してはランチは出来るだけ学食でがっつり食べるようにしたり、パスタを買って大量にゆでた後に、100円のソースかけて食べるとか、袋ラーメンとご飯を毎日食べたりとかして固定費を下げていました。そして夜ご飯は絶対に居酒屋のアルバイトの賄を食べるようにしていました(あまりにも食べる為めちゃくちゃ怒られたことも何回もありましたが…笑)。アルバイトを選ぶときは賄が出るところは僕の中で固定費を抑える為には必須です。

 

❷交際費に関しては「意志の強さ」と「誘われない仕組みや雰囲気」を作ることが重要になります。最初はせっかく誘ってもらった誘いを断るのがつらいかもしれませんが、次第にみんな「あいつは留学費用を貯めている」「誘ってもどうせ来ない」と思って誘われなくなります。そうすればこっちのものです。1日でも早く「誘われないキャラ」を確立するようにしましょう。

 

最速で資金を貯める方法としてはこの変動費を抑えることがとても重要になります。
そして、変動費を抑える為には「強い意志」が必要になるのです。

 

突拍子もなく友人や彼女からご飯やデートに誘われたとき中々断れない方もいるのではないでしょうか?この誘いは悪気もなく年中無休で突然やってきます。あなたの事が大好きな人が良かれと思って誘ってくるのです。


そんな誘いを断れるかどうかが留学を決定づける重要なポイントになることを覚えておいてください。


<番外編:奨学金はもらって手を出すな>
支出を減らすとは関係なのですが、最速で奨学金を貯める方法の一つに
奨学金を使わない」という方法があります。

 

奨学金には一切手を出さず、きたるときに留学費用として奨学金を使うのです。
「どうしても、授業のコマ数が多くてアルバイトをする時間がない」
「部活を一生懸命やっていてアルバイトをする体力が残っていない」そんな方もいるのではないでしょうか?

 

そういった場合は、ためておいた奨学金を使って留学に行けばいいと思います。
留学に借金してでも行くということは、人生において非常に効果的な投資だと思います。

 

僕の場合は留学の経験が社会人になって何倍にもなって帰ってきていますので。
いずれにしても、奨学金は無償で4年間借りるようにして、いつでも投資が出来る環境を整えておきましょう。


3.留学費用を最速で貯蓄する為のアルバイト一覧

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423231013j:plain

学びが多く時給が高いアルバイトを選ぼう

実際に留学費用を最速で貯蓄する為のアルバイトは何なんだ?時になる方も多いと思いますのが、「最速でお金を貯める為のアルバイト」と「大切な学生生活で失敗しない為のアルバイト選び」については、過去のブログで記事を書いていますのでこちらを参考にしてください。

www.taste-the-earth.com

4.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190424230144j:plain

貯蓄する為の3つの方法を意識してお金を貯めよう

ここまで【留学資金の最速で貯める方法】についてお伝えしていきましたがいかがだったでしょうか。

 

留学資金を最速で貯める為の方法をまとめると

①とにかく夢を持ち、夢を鮮明に描くこと
(何かをどうしてもやりたいという自分を作り上げる)
②稼ぎをとにかく増やす
(単価×量の増加)
③お金を使わない(お金を貯める仕組みを作る)ということになります。

 

この中でも、最も重要なのは①の夢を持ち、その夢を鮮明に頭の中に描くということです。お金を貯めることが出来る人と、そうでない人の違いの一番はここにあります。

 

お金を貯められる人は、何か未来にどうしてもやりたいことがあるからこそ、お金を貯めらることができるんですね。裏を返せば、特にやりたいことがない人は中々お金を貯めることが出来ないということです。これは真実です。

 

僕も正直「何が何でも留学する」という目的がなければお金は貯められなかったと思います。そして、社会人になっても、使いことにお金を無意味に使う自分になってたと思います。お金を貯めることが出来ない人、過ぎに使ってしまう人は厳しいことを言うようですが、本当にお金を使いたいことがないということを認識しておきましょう。

 

「どうしてもやりたいことをみつける」お金が貯められない人は、「お金がいくらでもあったら本当は何がしたいか」について考え始めてみてはいかがでしょうか。制限なく自分が何でも買える状態になったことをイメージすると自分の求めているお金の使い方が見えてきます。是非一度試してみてください。

 

最後に、留学資金を貯めるということは本当に孤独です。そんな時に支えてくれるのはあなた自身の夢と目標です。これは間違いありません。それから、同じくあなたを散財から律してくれるのは、絶対にお金の減らないための仕組みだということを理解しておきましょう。

 

毎日、現在お金がいくら貯蓄されているのか。残りいくらで自分が貯めたい目標金額に達成するのか。期限まであと何日間あり、それまでに残りいくら貯める必要があるのか。自分の貯金を見ながら、目標までの経過を見つめることが重要です。

 

初めはなれないかもしれませんが、徐々にお金がたまっていくことを事実として経験できることで、次第にお金がたまっていくことが快感になり、口座にお金がない事がとても不快になる時期がやってきます。

 

そうすれば、あなたはお金を貯める技術を手に入れつつあるという証拠です。そのように感じた時は一気にお金を貯めるようにしましょう。

 

最終的に、留学やその他のやりたいことが実現したとき、「やっぱりお金を貯めといてよかったなー」と思う日が必ずやってきます。「お金が全てではないけれども、何をするにもお金は必要だなー」としみじみ感じる時が来ます。

 

それまでの道のりは長く、本当に大変だと思いますが、コツコツと着実に資金を貯めていきましょう。あなたの留学の夢がかなうことを心から応援しています!

 

なにかあれば、お問い合わせページから何でも相談してくださいね♪

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
また定期的にアップしていきますのでよろしくお願いします(^-^)

YURO

【最短希望の方向け】大学生がお金をすぐ貯める為の高収入アルバイト9選_vol.16

 

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423232435j:plain

高収入なアルバイト9選

 第16回は大学生が最短でお金を貯める為の「高収入アルバイトまとめ」についてお伝えしていこうと思います。

 

大学生活を送るうえで必要になる「お金」。皆さんはどうしていますか?

学費や食費などをを全て両親から援助してもらっている人はごくわずかで、ほとんどの人は自分で稼いでいるのではないでしょうか?

 

本当に何をするにもお金は必要ですよね。お金は何をするにも付きまとうものです。

お金を稼ぐためには働かなければいけないわけです。それと同時に、何か夢を達成したい場合は、もちろんお金を貯めならければなりませんが。

 

突然ですが、この記事を見ている学生の方はどんなアルバイトしていますか?

居酒屋、コンビニの定員。。。日本にはたくさんのアルバイトがありますよね。

 

今行っているバイトって、本当に効率よく稼ぐことが出来ているでしょうか?時給は1000円とかではないですか?場合によってはもっと安い金額で働いていませんか?

 

何をしたいかにもよると思いますし、とにかくお金を稼ぎたいと思う人もいると思うので本当に人それぞれだと思います。当然アルバイトの中には、稼げるアルバイトとそうでないアルバイトがあります。

 

しかし、いずれにしても大学生活でお金があるに越したことはないのです。

繰り返しますが何をするにもお金は必要なのです。どうせなら沢山稼げるバイトのほうがいいに決まっています。

 

今日は

「どんなアルバイトが一番稼げるのかわからない」

「留学に行く為に高収入のアルバイトを知りたい」

「学生生活でいろんなことをしたいのでお金が欲しい」

 

というあなたの為に、とにかく最短で稼ぐための「高収入アルバイトについて書いていこうと思います。※もちろん、大学生活を謳歌したい、貯金なんていらないという方はこの文章を読む必要はないかもしれません。では早速見ていきましょう。

 

 

1.高収入なアルバイトとは

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423231013j:plain

高収入なアルバイト


高収入なアルバイトとは一体いくらいくらい稼げるアルバイトの事を指すのでしょうか。個人的に、一般的に世間の高収入アルバイトは「時給が1200円から1500円のレンジ」のアルバイトが現実的かと思います。今回は最低でもそれくらい稼ぐことが出来るアルバイト業種を探しています。

 

高収入なアルバイトを選ぶ重要な観点として、他に重要になってくる指標については
■平均的な自給
■労働時間
■労働環境
■成長度などの観点からもチェックをして、おすすめしていこうと思います。

 

2.高収入なアルバイト8選


❶ブライダルスタッフ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423231311j:plain

ブライダルスタッフ

■おすすめ度:★★★★★
■平均時給:1200-1300円
■労働時間:1日8時間以上/長いときで14-5時間働ける
■労働環境:本当にきつい。場合によっては昼食も15分くらいの場合有り。
■成長度 :非常に成長できるし、社会人になってからも必ず生きる基礎ビジネスマナー、婚礼時のマナーも学べる。
■その他 :土日しか働けない

 

何を隠そう、私もこのブライダルスタッフで稼いでいました。このブライダルスタッフがおすすめの理由は、とにかく労働時間が長い事です。

 

ブライダル業界では1会場当たり、1日2-3パーティが行われる為、とにかく労働力が足りていません。その為、アルバイトの人数は必須で、圧倒的な売り手市場になっています。


しかも、人が足りてないので土日限定にはなりますが、場所によっては1日10時間以上働くことが出来ます。

 

僕も福岡でアルバイトをしていながら時給は1200円以上、8時間以上は給料25%アップ、22:00以降も25%アップだったため、1日の日給は2万円を超えることもしばしばでした。

 

本当にこのブライダルは体力的にも精神的にもきついのですが最高におすすめです。
理由としては、毎回ポジティブな環境でお客様の一生に一度の感動的な場面に携わることが出来るからです。


また、基本的なビジネスマナー、気配り、忍耐力、仕事における体力アップなど様々な成長を感じることが出来ます。

 

❷イベントスタッフ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423231408j:plain

イベントスタッフ

■おすすめ度:★★★
■平均時給:1000-1200円
■労働時間:1日8時間以上/長いときで10時間以上働ける
■労働環境:立ちっぱなしがきつい。比較的休憩時間はもらえるが朝が早い。
■成長度 :優秀な社員の人と仕事が出来ればとても勉強になるが、ダメな社員と仕事になると結構苦痛。
■その他 :時間外労働や移動時間が長い

 

イベントスタッフもブライダルスタッフと同様、1日長時間労働が必要になる為ガッツリ稼ぐことが出来ます。

 

平均給与も1000-1200円くらいで非常に高いです。労働環境的には立ちっぱなしの仕事が多いので、仕事に夢中になっているときはいいのですが、暇な時間が出来ると結構苦痛になります。

 

マーケティングや、どのようにイベントを運営しているのか、人をどのように回せば効率が良いのかを考える優秀な社員がいればいいのですが、その時その時で気分が変わったり、仕事を仕事としか考えていない上司と仕事をすると結構大変なので、面接を受けて「この人は大丈夫だ」と思えるような人が担当にいるようであればそこで働いてみましょう。

 

❸家庭教師・塾講師

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423231552j:plain

家庭教師・塾講師



■おすすめ度:★★★★
■平均時給:1700-2500円
■労働時間:1日3-4時間
■労働環境:基本的に3-4時間くらいのサポートなので労働環境も良い。
■成長度 :人に教える技術を得ることは社会人にとって役立つためおすすめ。
■その他 :生徒の成績に影響を与える為、真剣な人ほどストレスを感じる可能性もある。夏休みも出勤の可能性がある。学力が求められる為、採用してもらうためのハードルも高め。

 

家庭教師・塾講師も非常におすすめです。短時間で多いときは2500円くらいのアルバイトを行うことが出来ます。


労働時間も比較的短い為、アルバイトの中では最も効率よく稼げるバイトの一つだと思います。学びも多く、生徒のテストの点数や成長を感じられることは本当にやりがいがあります。


デメリットを上げるとすれば、アルバイトのタイミングが固定出ない事や、
大切な生徒に対して職務を途中で投げ出すことも出来ないため、責任と自覚を持つ必要があります。


夏休みなどもアルバイトに入る必要がある場合がありますので、長期休暇を取りたい人は注意が必要です。

 

❹引っ越し業者

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423231636j:plain

引っ越し業者


■おすすめ度:★★★
■平均時給:1200-1500円
■労働時間:1日8-10時間以上
■労働環境:アルバイトの中で最もきつい。頭を使う必要がない為、体力勝負をしたい人にはチャンス。
■成長度 :正直筋肉はめちゃつきます。後は体力と、社会人になって工事系・引っ越し系の世界にも触れることが出来ます。
■その他 :朝はめちゃくちゃ早いです。そして怖い上司も多いです。腰を痛めます。笑

 

次に引っ越し業者です。給料はとにかくいいです。中々やりたいという方も多くないと思いますので、年々アルバイトの給料も上がっているように感じます。

 

私も高校野球をやっており、体力に自信があったので1か月間取り組みました。
いやー、しかしこの仕事は本当にきつかったです。特に夏場は本当に死にます。。。

 

頭を使うことが比較的少ないので、体力がある方には非常におすすめできるアルバイトではありますが、上司に怖い人が多かったり、2-3人で回るときに2人とも意地悪な人や厳しい人だと本当に辛くてすぐに辞めたくなります。


体力や筋力に自信がない人は、本当にやめておいたほうがいいです。引っ越しのアルバイトはきつい世界です。

 

❺PRスタッフ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423231716j:plain

PRスタッフのお仕事

■おすすめ度:★★★★
■平均時給:1300-1500円以上
■労働時間:1日8-10時間以上
■労働環境:比較的良いと思います。女性の場合は待遇もいいです。
■成長度 :営業力やマーケティングについて学ぼうと思えば学べます。
■その他 :結構意地悪な女性スタッフがいる場合があります。笑

 

PRスタッフは給料もよく、女性が活躍できるアルバイトだと思います。
チラシを配ったり、商品の説明を行ったりするお仕事です。

 

色々なモールや店頭に行ける為、遠方の移動が多い方はお勧めです。
また、企業がPRしたい商品を販売することになりますので、「この会社は何でこの商品をPRしたいんだろう」とか「どんな人がこの商品を求めているんだろう」とかマーケティング思考を身につけることで社会人になって役立ちます。

 

デメリットとしては1日が丸々つぶれてしまう可能性があることですので、
友達と約束をする場合は、PRスタッフの仕事がない日を選ぶようにしましょう。

 

❻交通量調査のアルバイト

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423231907j:plain

交通量調査

 

■おすすめ度:★★★
■平均時給:1100円-1200円
■労働時間:1日12-24時間
■労働環境:ただ座っているだけなのでとても楽ですが、ある意味辛いです。笑
■成長度 :全くありません。成長は度外視です。
■その他 :アルバイトでは最も長い時間働くことになる場合もあります。

 

交通量調査のアルバイトについてです。給料はそこそこの値段ですが、特にすごいのが労働時間の長さです。


1回当たりの拘束時間が長い為、非常に稼げます。一気に稼ぎたいという人には本当におすすめのアルバイトです。

 

また、肉体労働も、思考活動も特に必要としないため、仕事が楽なところもメリットです。しかし、イメージできると思いますが、とにかく暇です。。。
お金を稼ぎたいという目的のみで働ける人にとってはおすすめのアルバイトでしょう。

 

❼治験

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423231940j:plain

治験

■おすすめ度:★★★
■平均時給:ーーー
■労働時間:数日間
■労働環境:テレビを見たり、パソコンをしたり、読書が出来るので最高です※個人的には。
■成長度 :本を読むことが好きな人にとっては最高の環境ですね。
■その他 :もちろん人体に影響がない状態で投与はされますが、何もないとは限りません。私の友人が治験を行ったのですが、初日の投与で蕁麻疹が出て1日で帰ってきたこともあります。

 

皆さんは「治験」というアルバイトをご存知でしょうか。こちらは薬剤などの新薬を投与して経過を監視するモニターアルバイトです。費用に関してはまちまちですが、10日で20万とか、20日で50万とか高額のものがあります。


しかし、モニターになれるかどうかの選考に時間がかかることと、倍率が非常に高いので、治験のアルバイト一本に絞ることは現実的ではないと思います。

 

❽パチンコ屋

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423232102j:plain

パチンコ屋のアルバイト

■おすすめ度:★★★
■平均時給:1200-1400円
■労働時間:4-6時間
■労働環境:受動喫煙のオンパレードです。あとは音がうるさい為、毎日行くと耳に影響が出る可能性もあります。
■成長度 :特にありません。パチンコやスロットが好きな人は色々研究できるかもしれません。
■その他 :パチンコのアルバイトをする際はリール(777)を揃える必要がありますので練習が必要です。

 

パチンコ屋も給料が高いアルバイトの一つです。しかしパチンコ屋はたばこの量がすごいのと、音がすさまじくうるさい為、正直あまりお勧めすることは出来ません。

 

ただ、ギャンブルが行われている場面を目の当たりにすると、結局は負けている人が大半な事に気づく為、着実に稼げるようになったほうがいいんだなと社会勉強の一環としては少し働いてみるのも勉強になるかもしれません。

 

❾居酒屋/BAR/コンビニ/カラオケ屋の深夜バイト

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423232142j:plain

深夜のアルバイト

■おすすめ度:★★★
■平均時給:1100-1300円
■労働時間:4-6時間※長時間働ける方がおすすめです。
■労働環境:お酒も飲めるし、賄いも出る場合があるのでおすすめです。
■成長度 :接客能力、ヒアリング能力、人間関係構築能力が身につきます。
■その他 :沢山の友人や、知り合いが出来るのでアルバイトの中で最も金銭外のメリットがあると思います。

 

最後に、居酒屋やコンビニのアルバイトです。居酒屋の深夜給料の場合、通常よりも少し給料が高いです。終電を逃す場合があるので注意する必要がありますが、あなたが終電を気にせず自転車やバイクで帰れるのであれば重宝されるので、バイト時間も長めに入れてもらえると思います。

 

また賄いが出るので、食費の節約になるのは大きいと思います。最後に、居酒屋で働くことで、接客能力、ヒアリング能力、人間関係構築能力など沢山の成長を感じることが出来るので個人的にはお勧めです。

 

3.高収入なアルバイトで働くときの注意点

高収入名アルバイトで働くときの注意点とは一体何でしょうか。やはり上の職業を色々見ていきましたが「中途半端なものがない」ということでしょうか。

 

労働時間が長かったり、ずっと何もできない時間が長かったり、移動時間が長いものもあります。いずれにしても給料が高いということは、それだけ「大変かつ需要がない」ということも意味していますので注意が必要です。

 

私もブライダルスタッフ/イベントスタッフ/引っ越し業者/深夜のアルバイトを経験しましたが、どれも楽なものなど一つもありませんでした。

 

お金をもらう為には、それに伴う大変さがあるということは理解したうえで職場を選ぶようにしましょう。


4.まとめ

f:id:Enjoy_the_Earth:20190423233509j:plain

お金を稼ぐことも大事だけれど、何かを学べるアルバイトを選ぼう



ここまで「高収入アルバイト」について書いていきましたがいかがだったでしょうか。
自分に合いそうなアルバイトもそうでないものもあったかもしれません。

 

アルバイトを選ぶときに僕の個人的な意見としては、「学ぶことが多いアルバイト」を選ぶことをおすすめします。

 

社会人になって、お金というものはある程度稼ぐことが出来るようになってきます。
しかし、皆さんもご存知のように社会人になって最も足りなくなるものは「時間」です。

 

この社会人になってからの「時間」を得ることは容易ではありませんので、
もしもう一回僕がアルバイトをするとしたら、より社会人になってから役に立つバイトを選ぶと思います。

 

たとえば、以下のように
*プログラミングのサポート会社とか
*英会話講師(英語・英会話・リスニング)とか
*ディズニーランド(ホスピタリティ・マーケティング)とか
スターバックス(マニュアルの浸透・商品開発)で働機ながらでも、自分のビジネスに活かせるようなアルバイトを行うと思います。

 

そうすることで、ほぼ毎日の4-5時間を自分の成長の為に使うことが出来ます。
毎日4-5時間を4年と考えると結構な時間ですよね?

 

この時間を何も学ばずに、単にお金を稼ぐ為だけの為に使うのは本当にもったいないと思いませんか?


今回のテーマは「お金を稼ぐための高収入アルバイト」ということでしたが、もしこれからアルバイトを決めていこうとしているあなたは、是非給料面と、学べることの両方の観点からアルバイトを選ぶようにしてくださいね。

 

あなたが毎日沢山の事を学びながら、高収入で楽しい仕事が出来る環境に出会えますように!