年収2.5倍を実現した『鉄板3社』

【30代で人生詰んだ】お金・時間・恋人無しから逆転する方法

30代,人生,詰んだ

≫30代から人生を逆転する方法

≫最短で30代で成果を出す方法

・30代なのに仕事で大失敗した…
・30代で借金をしてしまって返済が苦しすぎる…
・長年付き合っていた恋人と結婚できなかった…

人生では八方塞がりで絶望的な状況に陥ると、「もう終わりだ」「人生詰んだ」と感じてしまうものです。

特に、30代は若くないと考えている人は、今さらやり直すのは大変だと心が折れてしまう人も少なくないでしょう。

そもそも人生が詰んでしまうのは、人生の見通しが甘く、無計画で保険(逃げ道)を準備してこなかったことが原因です。

この記事では、『30代で人生詰んだと諦めかけている人』に向けて【人生逆転するための考え方や具体的な方法】について紹介します。

本記事を読むことで、諦めかけていた人生に希望が持てるようになり、30代からでも人生を逆転できます。

つらい現実から目を背けていても、誰も助けてはくれず、苦しい人生がずっと続いてしまいます。

今、30代で人生が詰んでいると感じている人はこの記事を読み、再スタートするための参考にしてみてください。

【30代で人生詰んだと思ったら、絶対環境を変えよう】

  • 30代で人生詰んだ状況から逆転するには、好条件で転職できるなら環境を変えましょう。
  • なぜなら、職場環境、人間関係、あなたの評価などすべてを大幅に変えられるからです。
  • 経験上、会社や上司が30代であなたに抱いたイメージを払しょくするのは不可能です。
  • そのため、独立・転職・転職など何でもいいので、今いる状況から職場環境と付き合う人を変えるのが一番です。
でんさん
【本記事の信頼性】
この記事を書いている僕は30代で、現役戦略コンサルタントとして10年働いています。
当ブログ『ビジネスギーク』で転職情報や年収を上げる方法を発信しています
https://twitter.com/yuro_tasteearth

目次※クリックで好きな場所に飛ぶ

1.30代で人生詰んだ状態とは

30代で人生詰んだ状態とは

「詰んだ」とは、もともと将棋が語源で、王将がどこにも逃げられない=負けの状態、に追い込まれた状況を意味しています。

お金・時間・恋人・健康・仕事(キャリアなど)・大きな事故や警察沙汰を起こして、行き詰って絶望的な状況にあることを指します。

「人生終わった」「もうダメだ」と同じ表現の意味合いになります。

でんさん
とにかくどうしようもない状況のことはよくわかったぞ…なるべくなら、そんな状況にはなりたくないもんだな。。。

2.30代で人生詰んだと考えるあなたに

2.30代で人生詰んだと考えるあなたに

30代は社会人になって10年以上の年月が経ち、責任感のある仕事や家庭を持つイメージを持つ人が多いでしょう。

一般的なイメージから外れると、人生を脱線してしまったと感じて「人生詰んだ」と感じてしまいます。

しかし、人生の脱線は本当に人生が詰んだ状態なのでしょうか。

第2章では、30代で人生詰んだと考えている人に向け、客観的な状況把握ができるよう解説をします。

2.1.30代で人生詰んでも逆転できます

30代に限らず、人は年齢に限らず詰んだ状況から逆転することができます。

たしかに、年齢を重ねることによって体力や残り時間が少なくなることから、逆転する方法も少なくなるうえに、かかる労力も多くなることは否めません。

しかし、人生100年時代といわれる現代において、30代で失敗してもその先60~70年の時間が残っています。

でんさん
定年退職の年齢で考えても30年以上残っていると考えれば、まだまだ折り返し地点です。

これまで生きてきた時間よりも倍近くの時間が残されていることを考えれば十分に逆転でき、希望を持つことができるでしょう。

2.2.とはいえ、20代よりは相当頑張らないとやばい

前述したように、いつでも逆転はできますが年齢を重ねることで方法をはじめとする選択肢が狭まってきます。

・年齢制限によって採用選考に応募できない
・体力が落ち、活動できる範囲が狭くなった
・新しいことを習得するのに時間がかかるようになった

上記は一例ですが、年齢を重ねることによって、若い頃にはできていたことができなくなるため、20代の頃よりも努力が必要です。

ただし、これは悲観することではなく「経験が豊富」「人脈が広い」など、20代の頃にはなかったアドバンテージもあることを忘れてはいけません。

20代よりも頑張りは必要になりますが、武器も増えているので、手法を変えながら努力していきましょう。

2.3.同じ会社にいても人生は100%変わらない

仕事関係で「人生詰んだ」と感じている30代は、残念ながら同じ会社にしがみついていていても人生を変えることはできません。

かつてのように、年功序列文化であれば年齢を重ねるごとにそれなりの役職に就くこともできましたが、現代では実力・成果主義です。

40~50代になると転職活動時の選択肢が非常に少なくなるので、30代のうちに見切りをつけて、次の会社に転職することを視野に入れるようにしましょう。

3.30代で人生詰んだと感じる理由

30代で人生詰んだと考える理由

そもそも30代で人生詰んだと感じる理由には、どのようなことが状況によるものなのでしょうか。

何事にも因果関係があり、人生を逆転させるためには状況を作っている原因を解決しなければなりません。

第3章では、多くの人が30代で人生詰んだと感じるケースを8つ紹介します。

自身の状況と照らし合わせながら読み進めていきましょう。

理由①:給料・キャリアが上がらず経済自立できない。

会社員の平均年収は約430万円です。

「平均より稼げていない」「支出が多くて給料じゃ追い付かない」などの理由から人生詰んだと感じる30代は少なくありません。

また、人生100年時代といわれる現在、老後資金は2,000万~3,000万円といわれています。

年金だけでは生活費をまかなうことができず、残念ながら「老後破産」という言葉が市民権を得るほど、一般的になってきている状況です。

こうした情勢を見て「老後に備えなければ」と意識している人は多いものの、思ったように給料やキャリアが上げられない状況に陥ると「人生詰んだ」と感じてしまうのです。

≫【給料が上がらない人の特徴7選】給料を上げる方法と昇給交渉術を解説!!

理由②:社会不適合すぎて、人生詰んだ

社会不適合者であることを自覚してしまい、生きづらさを感じている人も「人生詰んでいる」と感じてしまいがちです。

・社会に求められていることができない
・仕事が長続きしない
・コミュニケーションが苦手で人間関係が築けない

フリーランスや副業といった働き方が多様化したことで、会社員として仕事が長続きしなくても収入を得る方法は沢山あります。

しかし、仕事とは「人から求められることを提供する」ことで成り立っているので、協調性に欠ける人は相手から高い満足度を得るのが難しいといえます。

また、人は一人で生きていくことはできず、人間関係を構築しなければいけないため、これらが苦手な人は生きづらく感じるものです。

ゆーろ
社会不適合者だと、この先もつらい状況が続くことを考え、精神的につらくなり「人生詰んでいる」と感じてしまいます。

≫会社に居場所がないときに人生をリセットする方法【左遷された僕の実体験】

理由③:事故や警察沙汰で、人生詰んだ

事故や警察沙汰などを起こしても人生詰んだと感じてしまいます。

・事故で障がいが残るような怪我を負った
・警察沙汰となり前科前歴がついてしまった
・事故や警察沙汰で会社をクビになった
・損害賠償の金額が膨大で支払いできない

上記は一例ですが、事故を起こしたり警察沙汰となったりすると日常生活は一変し、精算するまでに時間を要します。

また、いずれも会社から減給や懲戒免職になる可能性もあるうえに、前科前歴があれば再就職も非常に厳しいのが現状です。

こうした現実に直面すると、誰しもが「人生詰んだ」と感じてしまいます。

理由④:人間関係がうまくいかず、人生詰んだ

人は一人でいきていくことができません。

友人知人だけではなく、職場や近所付き合いなど多くの人と関係を構築しながら生きていくものです。

30代ではマイホームを購入している人も少なくありませんが、近所付き合いでのトラブルによって絶望を感じることもあるでしょう。

また、職場の人間関係が上手くいかず転職したいものの、なかなか内定をもらえず人間関係に加えて自身が無価値のように感じてしまうこともあるかもしれません。

状況に陥ると、人生詰んだと感じてしまうのです。

≫人間関係でうつになる人の悩む原因と解決法10選

理由⑤:恋愛がうまくいかず、周りが結婚していく

晩婚化が進んでいるといわれていますが、30代となると周囲では結婚していく人が非常に増えてきます。

・結婚していない人が周りにいなくなった
・30代後半で恋人と別れた
・そもそも恋人ができない

自身に結婚願望があるものの、恋愛が上手くいかないと自身に価値が無いように思えたり、生涯独身なのではないかと不安を感じるものです。

「このまま孤独死するんだ」と悲観的になり過ぎると、人生詰んだと感じてしまいます。

理由⑥:仕事が多すぎて、家族との時間が取れない

家族のために一生懸命働くものの、仕事が多すぎて家族との時間が取れないことは多々あります。

一見、家族のために頑張る姿は良いものに映りますが、次のようなトラブルの要因にもなり得ます。

・仕事で疲れ過ぎて家事ができない
・時間が取れず家族との時間を取れない
・仕事ばかりで家族のことをパートナーに任せっきり

状況が続くと家族から愛想をつかされてしまい、最悪の場合には離婚や別居といった事態を招いてしまい「人生詰んだ」と感じてしまうのです。

理由⑦:仕事で大失敗してクビ。無職になった。

仕事をクビになり、無職(ニート)となってしまうことで人生詰んだと感じてしまうケースは非常に多いものです。

・再就職しようとしても上手くいかない
・周りの同世代はしっかりと働いている
・収入源が無くなり支払いができなくなった

実際は会社に勤めることだけが全てではなく、フリーランスや派遣社員など収入を得る方法は無数に存在しますが、どこにも所属していない状況から不安を感じ、人生が詰んでしまったと感じてしまうのです。

≫【ニート・無職から就職できるおすすめエージェント

理由⑧:変わらない平凡な毎日に人生詰んだ。

特段成功した人生を歩んでいるわけではなく、毎日平凡な日々を過ごしていると「人生終わっている」「人生詰んでいる」と感じてしまうものです。

刺激が無い日々を過ごしていると非常に退屈で、代わり映えもしないことから

「このまま同じような毎日をただ何となく生きていくんだ…」とネガティブな気持ちを感じることもあることでしょう。

このように、生きていくうえでの楽しみを見い出せないでいると、人生が詰んでいるように感じてきてしまうのです。

≫【人生に飽きた】ありきたりな日常から抜け出して『人生を最高に楽しむ方法』

4.30代で人生詰んだときの大切な考え方

4.30代で人生詰んだときの大切な考え方

「人生詰んだ」と考えてしまうと、悲観的かつ自己否定の気持ちでいっぱいになってしまいます。

ネガティブな状態だと、チャンスがあっても掴み取ることができません。

ここでは、30代で人生が詰んだと感じている人が持つべき5つの考え方を紹介します。自身の状況に応じて、参考にしてください。

特徴①:自分のやりたいことに正直になる

まずは「自分のやりたいことに正直になる」ことが大切です。

30代は、社会人になって10年以上経っており、任される仕事も大きな責任が伴います。

こうした責任ある仕事も好きなことや意欲的に取り組めるものであれば充実した日々を送れますが、

仕方なくやっている状態だと成果を上げることができず、昇給や出世も遠のいてしまうものです。

それでも「簡単に仕事を変えられない」人は、プライベートで自分のやりたいことに打ち込むのも良いでしょう。

よめちゃん
リフレッシュや目標を持って行動することで気分が晴れ、仕事に対しても前向きな気持ちで取り組めるようになるわよ!

≫本当にやりたいこと&天職を見つける8つの方法

特徴②:自分を追い詰めすぎず、まず休む。

人生詰んでいると感じている人のなかには、自分を追い詰めて自己否定をしてしまう人も少なくありません。

30代は、責任ある仕事や家庭を持っている人も多く、人と比べて劣っていることを負い目に感じ、焦る気持ちから追い詰めてしまうのです。

しかし、焦ったり追い詰めたりしたところで事態は好転しません。

まずは心身を休め、冷静になってから自分ができることを一つずつこなしていくことを考えましょう。

≫会社に行きたくないときの休む理由25選【当日・前日などタイミング別】

特徴③:先入観にとらわれないこと

先入観にとらわれていると視野が狭くなるため、掴めるチャンスを逃してしまったり、取れる選択肢に気付けなくなったりしてしまいます。

・企業に所属していないとダメだ
・バツイチになったら終わりだ
・借金をしてしまったら取り返しがつかない

上記のような先入観を抱いている人も多いことでしょう。

しかし、次のように考えることもできます。

・企業に所属していないとダメだ → 独立やフリーランスで働くこともできる
・バツイチになったら終わりだ → 再婚でやり直すことができる
・借金をしてしまったら取り返しがつかない → 地道に稼いで返済していけば良い

このように「もうダメだ」と感じても、そこから抜け出す方法は無数に存在します。

でんさん
「こうなったらダメ」「もうおしまいだ」などの先入観を捨て、多角的に物事を見られるようにしましょう。

特徴④:周りの目や評価を気にしない

人から評価されることで、自身の社会的価値を見出したり、存在意義を感じたりする人は、周囲の目や評価を気にし過ぎないことも重要です。

周囲ばかり気にしていると、非常に窮屈でストレスが溜まることも多々あります。

時には、周りを気にせず、自分のやりたいように行動してみると良いでしょう。

行動することで、あとから思いがけない評価を得られることもあります。

≫絶対評価される9つの逆転ノウハウを伝授

特徴➄:第二の人生をゲームのように楽しむ

「人生詰んだ」と思うのは、大きな失敗をしたときや、八方塞がりの状況に陥った際に感じやすいものです。

また、「若ければやり直しができるけど…」「もう30代だし…」と、やり直すことを諦めてしまう人も多いことでしょう。

しかし、人生100年時代では30代はまだまだ若く、やり直しがしやすい年代であることを忘れてはいけません。

ゆーろ
失敗してマイナスになってしまっても、「ハードモードで再スタート」「クリアするためにはどう攻略したら良いのか」など、ゲーム感覚で楽しめるような、心に余裕を持つようにしましょう。

5.30代で人生詰んだときの逆転法

5.30代で人生詰んだときの逆転法

人生詰んでしまった原因の分析や、考え方を変えることで、対策を見出したり視野を広げたりすることができます。

しかし、これだけでは人生を逆転させることはできず、行動に移すことが必要不可欠です。

第5章では、30代で人生詰んだときの逆転方法を8つ紹介します。

方法①:やりたいことを考える時間を取る

30代で人生を逆転したいなら、まずやりたいことを考える時間を作りましょう。

なぜなら「仕事に追われている」「家族と過ごさなければならない」と、常に何かに追われているような状態だと、自分に使う時間がなくなり心が摩耗してしまうからです。

・自分はこれからどのような人生を歩みたいのか
・その人生を歩むためにはどうしたら良いのか
・いつまでに何をしたいのか実現可能な計画を立てる

このように、自分がやりたいことを考える時間を取ることも自己投資の一つです。

ゆーろ
つらい現状を脱出するためのプランを立て、それらを夢や目標として行動する準備を進めていきましょう。

≫社会人の勉強時間の作り方17パターンを暴露!【超激務なコンサルが効果実証済み】

方法②:自分の強みを棚卸しする

人生を軌道修正するためには、まず自分の強みを理解することが重要です。

「人に負けない強み」までいかなくとも、一般的な人より優れている部分や得意なことを棚卸しましょう。

その際には、頭の中で考えるのではなく、実際に紙に書き出してみることをおすすめします。

自身の強みや得意なことを書き出し可視化することで、整理がしやすくなるのです。

強みを活かした働き方や生き方は成果を出しやすいので、人生を軌道修正しやすくなります。

方法③:自然体で生き、周りの声を気にしない

周りの声を気にし過ぎて生きることは非常に窮屈で、つまらない人生になりがちです。

また、周囲の人のなかにはあなたの成功を羨んだり、足を引っ張ったりする人もいるかもしれません。

「周りの声を気にしない」とは、人の意見を聞かないことを指すのではなく、人の話は聞きながらもそれに流されるのではなく、自分自身の意思で行動することを指します。

自然体で生きられるようになると肩の力抜け、ストレスフリーで生活できます。

方法④:他人と比較しない

誰しも、つい他人と比較してしまうものです。

自分より劣っている人を見れば安心し、逆に優れている人を見れば落ち込んだり羨んだりしてしまいます。

隣の芝生は青く見えるもので、自分の人生が上手くいっていない状況では後者であることが多いでしょう。

しかし、他人と比較したところで自分の人生が改善されるわけではありません。他人は他人、自分は自分なので、やるべきことは変わらないのです。

比較ばかりしていると、少しずつでも前進しているのに「自分には才能がない」「向いていない」など考えるようになり、挫折の原因にもなりかねません。

他人と比較しても人生は改善しないので、比較することをやめましょう。

方法➄:生活環境を見直す

詰んだ人生を過ごしている環境に身を置き続けていると気が滅入るものです。

断捨離や模様替えを行うなど、生活環境を整理整頓することで気持ちがリフレッシュされます。

また、自宅で勉強や作業ができる環境が確保できているのか見直すことも重要です。

でんさん
物が多いと、複雑に考えてしまったり、余計なことを考えてしまうから、なるべく部屋には物を置かないようにするんだぞ

方法⑥:住む場所・付き合う人を変える

失敗した人生を歩んでいる人は、思い切って住む場所や付き合う人を変えてみることも方法の一つです。

たとえば、次の例を見てみましょう。

・会社へのアクセスが良いところに引越して通勤時間を削減
・リモートで仕事ができるので郊外に引越しゆっくり働く
・周囲は同じような境遇の人ばかりなので、これまでにいないタイプと付き合ってみる

上記は一例ですが、引越すことで新しい気持ちで人生を再スタートすることができます。

また、通勤時間が減ればその分を自分の時間に充てることができるので、新しいことを始めやすくもなります。

郊外においても同様で、リモートで仕事をすれば通勤時間がかからないほか、都心の人混みに疲弊しなくて済むでしょう。

人間関係については「類は友を呼ぶ」の言葉の通り、周囲には自分と同じような境遇の人が集まりやすいです。

同じような境遇の人に囲まれていると傷の舐め合いばかりで改善が図れないので、目標となる人や成功者と交流を持つことをおすすめします。

方法⑦:転職して働き方を変える

会社勤めをしている場合、1日8時間、週5日と人生の多くの時間を仕事に費やします。

・雇用条件が悪い
・職場が遠く、通勤時間が無駄
・将来性が低い業界にいる

条件下で働いていても人生を逆転させることは難しいです。

・雇用条件が悪い → 良いところに行けば収入アップ
・職場が遠く、通勤時間が無駄 → テレワークが導入されていれば通勤不要
・先細りの業界にいる → 将来性の高い業界に入れば安心して働ける

 

よめちゃん
職場環境を変えれば、収入アップや自分の時間の確保、将来性の高い業界であれば倒産の心配もなく安心して働くことができるわよ。

30代転職は『即戦力人材』が求められ、20代以上に履歴書・職務経歴書をコンサルタントと魅力的に作り上げる必要があります。

厳しい話、語れる実績がないと好条件での転職が難しいので、少しでも魅力的に見せるために、絶対自分だけで履歴書・職務経歴書は書かないでください。

あとは、30代は年を重ねるごとに、転職ハードルも上がっていきますので、転職を希望するなら30代前半で必ずアクションしてください。

エージェントは役割別で、3社を併用するのがおすすめです。

【優良企業への転職におすすめのエージェント】

  1. リクルートエージェント:非公開の上場企業求人数が最も多く、あなたに実力があれば優先的に採用してもらえる
  2. JACリクルートメント:サポート力がNo.1。書類・面接対策、その他サポートもめちゃくちゃ丁寧。
  3. ビズリーチ:営業マネージャーなど年収800万を超える求人が多数。低年収で転職しないためのストッパーとして活用

リクルートエージェントは、非公開の上場企業求人数が最も多く、あなたの転職チャンスと選択肢が1番広がります。

また、リクルートは社員営業力がピカイチなので、あなたの強みをプレゼンしてくれたり、年収交渉段階でも心強いです。

またJACリクルートメントのコンサルサポートは20社以上のエージェントに登録する僕の中でも1番です。

充実したサポートにより、転職成功率が確実に引きあがるので、特に転職や未経験者の方は必ず活用してください。

またビズリーチは課長職以上の800万求人を狙います。

チャレンジすることで自分の市場価値がわかったり、着実な年収UPが狙えるので必ず併用しましょう。

3社のメリットは、それぞれ全く異なるので、必ずこの3社を併用することをおすすめします。

ゆーろ
僕も転職するときは必ず上記3社を併用していますよ!

30代におすすめの転職エージェント9社【最後の逆転チャンス】

【30代向け】ニート・無職から就職できるエージェント

方法⑧:IT関連のキャリアを築き上げる

さまざまな業界でIT技術の導入が進んでおり、今やパソコンを使用していない企業はないといっても過言ではありません。

一昔前まで、IT技術というとエンジニアやIT企業で必要なものとイメージされがちでしたが、こうした背景からあらゆる業界でIT人材が求められています。

つまり、IT関連のキャリアを築いていくと、その後の転職やキャリアマップがしやすくなるメリットがあるのです。

全くの異業界にいてITに携わることが難しい人は、資格取得やスクールに通うなどして転職する際の武器を手に入れるのも良いでしょう。

6.30代で人生詰んでも、第二の人生を始めればOk!

6.30代で人生詰んでも、第二の人生を始めればOk!

ここまで【30代でお金・時間・恋人無しの詰んだ人から逆転する方法】をお伝えしました。

30代で失敗をすると「この歳になって軌道修正は難しい」「今さらどうすることもできない」など、八方塞がりのような状況から「人生詰んだ」と感じてしまう人は大勢います。

しかしそれは大きな間違いで、人生100年時代といわれる現代において、30代はまだ人生の半分以上もの時間が残されています。

これまで生きてきた以上の時間が残っていると考えれば、十分にやり直しができる希望を持つことができるでしょう。

ゆーろ
人生を逆転させるためには、悲観的に物事を見たり、自己否定の気持ちでいたりしては、視野や選択肢が狭くなり、掴めるチャンスも逃してしまいます。

物事を柔軟かつ多角的に、ポジティブな思考や行動に移すことが必要不可欠です。

ただし、お伝えした通り20代よりも転職や再起のハードルは圧倒的に高いので、これまで以上に自分を奮い立たせて頑張る必要があります。

30代前半の人は、チャンスはなかなか巡ってきませんので、ハードルを上げて頑張っていきましょう。

本記事を読んでくれた新名が、現状を打開して第二の人生を成功させることを応援しています!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です